ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

第7回巡回展のお知らせ

展覧会への参加まで
(搬入日まで)10日を切り
ました。

個人的もろもろな事柄も
一句切りつきました
ので、、
a0199297_17133763.jpg
(いやいや自分のコトでやるコトは
いっぱいいっぱいあるのだけれども、、ホントウは)
(なのに何でも二つ返事で引き受けてしまうこの性格は
なぜか何とかならないだろうか、、ホントウにね)(ははは)
準備を始めなければ
なりません。


もう5年も前のコトなのに、
当時子どもたちが描いた「小さな作品たち」を
前にすると、、
a0199297_17204760.jpg
その時の状況が鮮明に映像として再生されて
出来事までも細かに覚えているコトに
自分でも驚いてしまいます。

音楽や絵画って、
その当時のあらゆる事柄と共に
記憶されているから
不思議です。


(微笑)




『復興の祈り』(美術展覧会)参加のお知らせ

東日本大震災から1年後の2012年、僕が主宰する『かいがきょうしつリベラ』(福島県白河市)の子どもたちの作品は海を渡りスペイン . カタルーニャ州バルセロナ市に到達しました。「リベラの子どもたちの作品展をバルセロナの美術教室で開かない?」そう言ってくれたのは、僕がスペインに暮らしていた頃の友人、ガラス陶芸作家の村田由紀子でした。彼女は、震災後に僕がブログで発信し続けていたリベラの子どもたちの作品と当時の福島の状況を現地の言葉に翻訳し、スペイン国内だけでなく世界各国の彼女の友人たちに配信してくれていました。そんな中でリベラの子どもたちとバルセロナの美術教室に通う子どもたちとのコラボレーション展の話しが持ち上がり、実現へ向けて動き始めたのでした。「リベラの子どもたちの絵を見てバルセロナの子どもたちがその絵の続きを描いてゆく」一枚の絵から次の一枚へ。一人の子から次の誰かへと、絵はどんどん大きく成長し、長く長く繋がってゆく。
『ふくしまから  生きている展覧会』(Des de Fukushima l'exposicio viva )と名付けられたその展覧会は、予定していた「バルセロナ」での開催だけにとどまらず新しい出会いに導かれるように「アルヴェンドレイ」「ビック」「サンキルザデバイェス」「スリア」と、カタルーニャ州の4つの町で巡回展を重ねました。そしてスペインでの5回の展覧会を経て、2015年・夏に(展覧会と子どもたちの絵は)日本へと里帰りし、昨年の8月18日から8月30日まで石川県金沢市の『金沢玉川こども図書館』にて第6回目の展覧会が開催されました。(金沢は村田由紀子の故郷です)会期中のワークショップで今度は石川県の子どもたちによって新たな絵が描き加えられ、日本とスペインの子どもたちが繋げてきた絵はついに、全長100メートルに達したのでした。金沢市での展覧会を終えた「絵」は福島県に帰って来て、いま僕の手元に保管されています。
二年前の2014年3月、「東京芸術劇場」(東京都豊島区池袋)にて開催された「国民みらい出版」主催による美術展覧会『復興の祈り』には、リベラの子どもたちが2011年の震災直後に描いた作品で参加させていただきました。
同展が2016年3月11日(金)より13日(日)までの三日間、「コラッセふくしま」( 福島県福島市 )で開催されるコトとなり、今回の展覧会には『ふくしまから  生きている展覧会(Des de Fukushima l'exposicio viva )』の作品で参加させていただけるコトが決定しています。
国籍も言語も育った環境すらも違う子どもたちによって描かれ、長く長く100mにも渡って繋げられてきた作品は、視覚的に認識出来る「色」や「形」だけの表現物ではなく、『生きている展覧会』に関わってくれた全ての人々の真心と愛の結晶です。展覧会場に足を運んでいただき、5年振りに福島に里帰りした子どもたちの作品をご覧いただけたら嬉しいです。初日3月11日(金)午後2時30分からはオープニングレセプションが開催され僕もご挨拶させていただくことになっています。みなさんのご参加(入場無料)をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。               

かいがきょうしつリベラ主宰 スズキヨシカズ/画家




a0199297_1734868.jpg



『ふくしまから 〜生きている展覧会〜』
(DES DE FUKUSHIMA - L'exposició viva)
第7回巡回展『復興の祈り』(福島県福島市「コラッセふくしま」)篇


東日本大震災復興応援アート展
『復興の祈り ふくしま2016』

会場:コラッセふくしま 3F
福島県福島市三河南町1−20
会期:2016年3月11日(金)〜13日(日)
10:00〜18:00 *最終日は15:00まで
レセプション:3月11日(金)14:30(受付は14:00から)
主催:東日本大震災・復興の祈り事務局(国民みらい出版)
TEL (03) 3556-3771
102−0072 東京都千代田区飯田橋2−1−5
http://www.japannation.jp




今回はすべての作品を展示することは出来ないのですが、
会場壁面の条件などを考慮して
半分ぐらいの作品は展示できたら良いなと思って準備しているの
ですが、、、
a0199297_17264091.jpg
やっとこ1ステージが完成です。

プラスチックダンボールから支持体を切り出して
両面テープで作品たちを貼り付けてゆく、、
a0199297_17322659.jpg

a0199297_1732433.jpg
、、だけの作業にたっぷり2時間半
かかりました。(これから福島県内で巡回展示してゆくことを考えて
移動と展示が容易になるような作りにしています)

これをあと5ステージ。 f^^;


「由紀ちゃん?
やっぱりあなたは
スゴかった!」

あらためて由紀ちゃんの尽力に
敬意を表します。


(^〜^)




さあ!

なんとか明日で
全ステージを
完成させるぞ!

おおーー!!






(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2016-03-03 00:03 | 繋がる想い | Comments(0)