「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

隙間のない場所

部屋中ウロウロ隙間ばかり探して回っている「ふう」には申しワケないけど
ヨシさんのココロに余裕の隙間がございません! (ははははは、、
と乾いた笑い) f^^:

昨日の白河保育園での3・4歳児との紙皿お絵かきのコトとか
夜中にずぶ濡れで帰って来たパトをお世話したら右腕を思い切り咬まれた事とか
今日の中島幼稚園で遭遇した笑顔にみちた素敵な出来事とか
点検に出したプリウス君の健康状態のコトとか
コラム原稿の締め切り日をすっかり忘れていたコトとか
福島市の「珈琲楓舎」で開催されている江口敬写真展『風の向こう側』を観て有無を言わさぬように唐突に頭の中に滑り込んで来た、紀元前3世紀頃の日本人が五感で感じていたであろう風景(それは視覚的には風景だけれども感覚の隙間にしみ出して来るかのような象徴にして抽象的なイメージに近いモノかもしれない)の事であるとかを書き記しておきたいのですが、、

頭の中にもココロにも何故だか隙間がなくなってしまっているのでした。(毎日の睡眠時間が短すぎて感じるコトで得られた記憶を夢の中にファイルするコトが出来ずにいるのが疲労困ぱい余裕無さの原因です、、たぶん)


白河市立小田川小学校での授業が始まります。
明日は2年生4年生5年生の授業。

5年生は物語りの絵を描きます。

宮沢賢治『鹿踊りのはじまり』(ししおどりのはじまり)
a0199297_041470.jpg
、、を描きます

今夜はソレをとことん読み込んでいるのですが、、
a0199297_044056.jpg
「ふう」がやってくるのです。

なんどもなんども
隙間(すきま)をさがして、、
a0199297_051497.jpg
やって来るのでした。



「具現化された隙間の象徴」



あすは早起きせねば。



「ああ、、ポムじいさんがいる坑道に迷い込みたい」



本気で
思っている。



ポムじいさんに会いたい、、
a0199297_020413.jpg
なあパト?




(ははははは、、
 と乾いた笑い) f^^:








by yoshikazusuzuky | 2016-06-02 00:22 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)