「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

第10回『東北の建築を描く・展』出品作品紹介(3)

第10回『東北の建築を描く・展』
出品作品のご紹介を
させていただきます


3回目の今日は、
中学生と高校生の作品です。





ムロヒマリ(中1)
a0199297_16560692.jpg
『白水阿弥陀堂』





ヤマダアオイ(中1)
a0199297_16570576.jpg
『灯台をのぼる』
(塩屋崎灯台)





アオキアンナ(中1)
a0199297_16581741.jpg
『星を観る場所』
(旗宿の天文台)





サイトウリュウノスケ(中1)
a0199297_16590531.jpg
『守るために』





オカダユウカ(中2)
a0199297_16594736.jpg
『守り神』





コンドウトマ(中2)
a0199297_17002744.jpg
『街角にて』





ハンザワルナ(中2)
a0199297_17010516.jpg
『胎動』





イケウチジュンヤ(中2)
a0199297_17020696.jpg
『青いのれんと赤レンガ』
(七日町通り)





イナダコユキ(中3)
a0199297_17025591.jpg
『石灯籠』
(白水阿弥陀堂)





サイトウマリ(中3)
a0199297_17040032.jpg
『ムササビの「かいうん」眠いのです』
(山本不動尊)





アオキエマ(中3)
a0199297_17050184.jpg
『時間(とき)を踏む』
(鹿島神社)





イザワタイゾウ(中3)
a0199297_17055869.jpg
『火の見櫓の錆びた脚』





カワムラカズイ(高2)
a0199297_17070107.jpg
『波消しブロック』






以上13作品。

きょうは中学生と高校生の作品を
ご紹介させていただきました。




(もちろん小学生の子たちもだけど)
きょうご紹介した中学生と高校生たちは
うちの(かいがきょうしつリベラの)
(あるいは僕の)宝物たちです!!  *^〜^)/(^〜^*




(おおきくおおきく
でもこそっと微笑)





などと言ったあとに唐突に俗世界な話題ですが、、

『お迎えですよ』

(もう随分前に終わってしまったTVドラマだけど)
「何だコレ?」と思いながらも毎週(録画したのを)楽しく
涙までしながら観てしまいました。

『お迎えです』とてもよかった。 (^〜^)

昨日(一昨日になるのか?)のコトだけど
小学校授業日の朝、
心臓をワシヅカミにされて取り出される夢を見て目覚めたら
ヒドい不整脈でした。(体型を見て納得されてしまいそうだけど僕は入院レベルの不整脈持ちなのです)
で、、行間の休み時間を車中でこっそり休憩しながら何とか学校とその後の教室を乗り切って
夕方遅くには回復していたのですが
その夜と言うか朝のコト、

先ず始めに、亡くなった祖母が来ました。
父も、
母も、
叔母たちも来ました。
そして、お会いした記憶も無くお顔に覚えも無い方々が
次から次へと来ました。
全員が黒の紋付の着物を着て
とても凛とかしこまった出立ち
佇まいでした。

僕は自分が「死んだのだ」と思いましたよ。

(さわさわさわさわ)←思い出して鳥肌をたてている f^^:

いちばん最後に部屋に入ってきた女性(日本画家の松井冬子さん的妖艶さを漂わせた美女)が「これから発表会があるので開演時間までここで休ませて下さいね」と言って微笑んだところで僕は我に返り朝が来ているコトに気づきました。眠ったのが朝方の4時過ぎだったので「朝の境界」がわかりませんでしたが明るくなって朝になっていました。

ナンだったのでしょうか?

「お迎えだったのかな?」
と本気で考えて
しまいました。 (ははははは)




そんなワケで、、(なにがそんなワケなのだ?) f^^:



あすは一般生徒の作品
(リベラ新白河教室、コットマンサークル、棚倉絵画愛好会)
をご紹介させていただきます。 (^〜^)






いかんいかん
日付けが変わってしまいました。
明日は滑津小学校だった
だったのだった。
1年生と6年生の授業です。


いかんいかん
もう帰宅せねば
眠らねば。




(微笑)







by yoshikazusuzuky | 2016-09-15 00:07 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)