ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

三森たか子先生の展覧会

鉱物(いし)を愛し
子どもたちを愛し
何より石川町を愛し続けた
ひとりの人間の
唯一無二の生き様を
観ました。

a0199297_14384596.jpg
(三森たか子先生愛用の野外採集用品)

「スゴいなあ」
心からそう思いました。

a0199297_14440616.jpg
a0199297_14465474.jpg
(未出版の研究原稿)

「情熱を傾けるとは愛するというコトなのだなあ」


三森たか子先生93年間の生涯を目と指先で辿り終えたあとに
そう思いました。


a0199297_14470673.jpg
(三森たか子先生採集の標本)
鉱物の展覧会ではありません。

三森たか子先生という
ひとりの人間の展覧会です。

生きるコトの意味を
見せてもらえた気がしました。

「たくさんの方に
感じてほしいなあ」

そう思いました。


三森たか子先生には沢山の著書があるのですが
そのなかの一冊、
『石川の山の岩石』(平成19年 85歳で出版)
の中に書かれた「詩」の一遍です。

  私の思い

  私が、若くなったならば
  もう一度学びたい
  私が、若くなったならば
  子供と共に自然を学びたい
  ミクロの世界をもっとさぐりたい
  生きている力、石の世界を
  ミクロで高度の世界をさぐりたい

  私に体力を神がつけてくれたら
  子供と共に野山を歩いてみたい
  石川の子よ、もっと全国にはばたけ
  先輩の名が、全国に報道されたように
  自然の力を学んで行こう
  石川の子は優れた力のあることを信じて
                     」


この詩を読んで
涙が止まらなくなり
ました。


僕は、三森たか子先生の名前を夏に知ったばかりです。
その功績も何もかもを
文字で読んで知ったばかりです。
三森たか子先生の情熱は
すべてを超越し
僕の心に入り込んできます。
そして激しく揺さぶります。

「こんな大人になりたい」

目標となるひとが
またひとりできました。 (微笑)




a0199297_14382722.jpg
(資料館3階企画展示室)

『石川の大地教育の母 三森たか子先生93歳の生涯』

展覧会は「石川町立歴史民俗資料館」にて
(福島県石川郡石川町字高田200-2 TEL : 0247-26-3768 )
11月6日まで開催されています。
(開催時間/9:00〜16:00 入館15:30まで)
(休館日/月曜日 *月曜日が祝日の場合は翌日休館)


a0199297_14380692.jpg
(石川町立歴史民俗資料館正面玄関)


この展覧会は
鉱物の展覧会ではありません。
三森たか子先生という
ひとりの人間の展覧会
です。



素晴らしかったです。




(感動)





by yoshikazusuzuky | 2016-10-04 00:02 | 理科室の記憶 | Comments(0)