「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

個展三日目と三色ボールペン画

個展3日目の日曜日が
盛況の内に
仕舞いとなりました

「ありがとうございます」


(微笑)




今夜は、、
a0199297_22294279.jpg
三色のボールペンで描いた
5枚の絵を
ご紹介させていただきます





向こうの席の(渡り鳥の)燈台看守が
いつか黄金と紅でうつくしくいろどられた大きな苹果(りんご)を
落とさないように両手で膝の上にかかえていました。
a0199297_22302042.jpg


『何だか苹果(りんご)の匂いがする
僕いま苹果(りんご)のことを考えたためだろうか』


a0199297_22320828.jpg
この場面の「渡り鳥の燈台看守」のモデルは「黒猫のパト」です







見えない天の川のずうっと川下に
青や橙や、あらゆる光でちりばめられた十字架が、
まるで一本の木という風に川の中から立ってかがやき、
その上には青じろい雲がまるい環になって後光のようにかかっているのでした。
「ハレルヤ、ハレルヤ。」
a0199297_22322662.jpg


『北十字と南十字』


a0199297_22332240.jpg
「ジョバンニ」は「フウ」
「カンパネルラ」は「クウ」
です







大きな活版所にはいって靴をぬいで上がりますと、
突き当たりの大きな扉をあけました。
中にはまだ昼間なのに電燈がついて、たくさんの輪転機がばたりばたりとまわり、
きれで頭をしばったりランプシェードをかけたりした人たちが、
何か歌うように読んだり数えたりしながらたくさん働いて居りました。
a0199297_22344644.jpg


『活版所』


a0199297_22354689.jpg
「ジョバンニ」のモデルは「風(フウ)」です







そして昨日
額装されて展示となった作品、、
a0199297_22362493.jpg


『プリオシン海岸』


a0199297_22380641.jpg
時刻も場所も何もわかりません。
一匹の子猫(フウでもありクウでもあります)が佇んでいます。
子猫を取り囲むように漂っているモノたちは
あらゆる精霊のやわらかな結晶です。
それは漂いながら子猫に何か囁きかけます。
子猫は宇宙(せかい)の謎に目を輝かせ
時間(いのち)のそのずっとずっと先を見つめています。







ボールペン画の5枚目は
古い額縁におさめられた作品。
a0199297_23211084.jpg
『いかがですか
こういう苹果(りんご)はおはじめてでしょう』

、、です


右目を指で隠すと「空(クウ)」の顔に、
左目を隠すと「風(フウ)」の顔になります。
この絵はいつの間にか気づかぬ内に
描かれていました。なぜそんなふうに描いたのか
自分でもワケガワカラナイ作品です。(なぜだろか)f^^:







a0199297_23280535.jpg
「風(フウ)」と「空(クウ)」の展覧会は
11月6日まで続きます



(微笑)








a0199297_19344769.jpg


a0199297_19414216.jpg




スズキヨシカズ 一人展
白イ銀河ノ真ン中デ
ココニイルボク

960-2156 福島県福島市荒井字横塚 3-252
tel : 024-593-0450

2016年 10月28日(金)〜11月6日(日)
午前11時〜午後7時(会期中無休)


スズキヨシカズ在廊日 : 11月3日(木・祝日)、5日(土)6日(日)






どうぞよろしくおねがいいたします。




(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2016-10-31 00:22 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)