ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

ニブちゃんの夢

2012年の12月、
14歳だったニブちゃんは
「医師になりたい」
と言いました

a0199297_18255384.jpg


「僕は福島に残って、これからあらわれてくるであろう様々な『病気』という問題に医師として取り組み、福島の人たちの役に立ちたい」

ニブちゃんが語ってくれた『夢』です。



2013年の2月、
その『夢』の第一歩である高校受験に挑むため
ニブちゃんは
長いリベラのお休みに入りました




それから一ヶ月後の
2014年3月、
ニブちゃんはリベラに
高校受験合格の知らせを持って来てくれました



高校生になってからも時々
リベラに顔を見せてくれていたニブちゃんでしたが
さすがに勉強が忙しくて
しばらく姿を見かけませんでした。



今日(2016年11月29日)
ニブちゃんがリベラに
やって来ました。


ニブちゃんは高校3年生になりました。


ニブちゃんの『夢』である「医師」になるコト、
その第二ステージである大学受験を1月にひかえたニブちゃんは
一回りも二回りも大きくなって
声も男らしく太くなっていました。

「福島医大を受験するよ」

ニブちゃんが言いました。(って書くだけで涙出る)


ニブちゃんは夢に向かって歩いているのではなく
夢の中を歩いていました。



ニブちゃん、
浜田省吾を聴くようになったそうです。

僕が初めて買った浜田省吾のアルバム(もちろんLPレコード)は
『PROMISED LAND 〜約束の地〜』  
でした。

ニブちゃんに、、
a0199297_00404689.jpg
そのCDを持たせました

『消えない流れ星』
も持たせました。


ニブちゃんには必要ないかもしれないけれど
ヨシさんに出来るコトは
コレくらいです。





ニブちゃん、、



ありがとう!





(おおきく微笑む)








by yoshikazusuzuky | 2016-11-30 00:58 | 繋がる想い | Comments(0)