ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

教室で、F100号の作品を描いているので
とうぜん子どもたちは(絵の内容はともかくとしても)F100号という大きさに
圧倒される筈なのですが、一週間を通して見ていても
この絵について質問して来る子やじっと見ているだけの子、
そして、僕を盗み見ながらそ〜っと画面に触ってみたりする子は
ほんの数人なのでした。

1.6m x 1.3mの大きな大きな絵にはまったく目もくれず
その存在にすら気づきもしないで2時間を過ごすなんて
信じ難いコトですが、
子どもたちの多くが「ごくごく自然に身にまとっている
無関心な空気感」が(残念なコトに)それを可能にしているの
でした。

どうしてそんなに無関心でいられるのか?

何にでも必要以上の興味を抱いてしまうヨシさんには
ナゾを解明するのは不可能に近いコトなのでした。





今日は、
東北の建築を描く展に個人出品する
小学生3名の作品
をご紹介。


a0199297_19595091.jpg
『電気の生まれる所』
〜鮫川水力発電所の水門〜
サクライカナメ
(小4)


a0199297_20015312.jpg
『昔と今』
〜白河図書館と小峰城石垣跡〜
イズミコウキ
(小6)


a0199297_20040576.jpg
『神社の鈴』
*未完成(来週完成予定)
クボキコハナ
(小6)




そして、
高校生からも
1作品

a0199297_21400879.jpg
『雨上がりの和菓子屋』
〜会津若松七日町通りの菓子店〜
イナダコユキ
(高1)



そしてそして、
鉛筆で描き込んでいる
リュウノスケ(中2)の作品も
、、
a0199297_21411894.jpg
完成の時が
近づいています

(微笑)




アンナちゃんの妹のココネちゃんが梨を持って来てくれました。
その中の一個がとても好く冷えていたので
しゅるしゅるしゅるしゅる
と皮をむいて
しゃりしゃりしゃり
といただきました。


a0199297_21414541.jpg
「甘くて美味しかったなあ」



(^〜^)




土曜日お仕舞いになりました。

お疲れさまでした。

でも僕は
今夜はもう少し
、、
a0199297_21425285.jpg
仕事して行き
ます








by yoshikazusuzuky | 2017-09-03 00:02 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)