ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

雨と音

雨が降っていました。


窓枠の隙間に
栖んでいる、
雨蛙(アマガエル)も
雨宿り、、

a0199297_17534037.jpg

白い窓枠に擬態して見せているのですが、
まるで砂浜の白い小石のように目立ってしまっていたのでした
。(自己催眠にかかっているような
遠い目をしていました)



白猫のノラさんは
お隣の縁の下で
雨宿り
a0199297_17591839.jpg
(ノラ?
なんだかちょっと、、雰囲気変わりましたか?
なんだかちょっと、、女の子のように見える
ね?
ノラ?)



そのころの
黒猫のパトさん
a0199297_18181107.jpg
(ぬくいぬくい)


ストーブ前で
「ぬくいぬくい」
とお留守番でした

(温々)



パトがお留守番してくれている間に
僕は棚倉町立図書館での教室へ。

そして昼からはその足で塙町(はなわまち)へ
と向かい「藤田礦業(ふじたこうぎょう)」さんを訪れて
今月号の『つくりびと』(化石標本作りの回)を
届けました。

社長さんが応対して下さって
「また次回があるならば、、」
と快く、
さらなる協力を申し出て下さったのでした。(有り難いです)


塙町から棚倉町に戻り
白河とは反対方面の
山へ山へと車を走らせ、、

a0199297_19454063.jpg
『藤田貝化石鉱山』にて
(僕にも雨降り)



化石たちも僕と一緒に
静寂と呼べそうな
「森の音」
の中で
、、

a0199297_19473709.jpg
雨に濡れておりました


化石の森も
、、
a0199297_19560937.jpg
もうすぐ
冬に
沈みます




小学生の教室が終わって
中学生の教室が終わって
、、

今夜は妙に静かです



化石の森に眠る、
太古(とおいむかし)の
イキモノたちに吸収されてしまった
「音」
は、

雨とともに地中深くにしみ込んで

夜を
「静寂の海」
へと、
沈めてしまったのかも
しれません





(沈黙)






福島県福島市
「風花画廊」で開催中の
『猫をめぐる物語』
も残すところ2日間となり
ました。

a0199297_21402482.jpeg
出展作家

越後しの
加茂幸子
齋藤ナオ
スズキヨシカズ
樋口佳絵
三浦麻梨乃
矢島幸枝
吉川裕子

Ω

『猫をめぐる物語』
2017年10月6日(金)〜10月15日(日)
11:00 ~ 19:00(会期中無休)

「風花画廊」
福島県福島市荒井字横塚3-252
024-593-0450



明日土曜日は教室で
明後日(最終日)日曜日は白河市総合美術展覧会のお手伝いで
僕は在廊するコトが出来ないのですが
、、

どうぞよろしく
お願いします




(微笑)








by yoshikazusuzuky | 2017-10-14 00:00 | 理科室の記憶 | Comments(0)