ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

夜明けに黒猫

a0199297_17173954.jpg
我が愛猫
黒猫のパトさん
と、、
a0199297_17135917.jpg
夜が明けるの
を見ました



吸い込むとノドの奥がヒリヒリするくらい
空気は冷えていて、全ての景色は
真白く霜に覆われてありました






午前中は棚倉町立図書館の教室でした。
来週の木曜日の午前10時から
棚倉町文化センター『倉美館』に搬入して飾り付けをします。

棚倉町教室の生徒さんが作品を発表する
棚倉町文化祭は
17日(金)
18日(土)
19日(日)
の三日間
開催されます。

愛子さんに
、、
a0199297_17334486.jpg
「おにぎり」
いただいちゃいました
。 (いひひひひ)





『いつかの未来に』

、、

a0199297_17395338.jpg


今週から子どもたちは

a0199297_17401612.jpg

(相変わらず足並みは
そろっていませんが)「未来の植物」について
も考えを巡らせています

巡らせて
いるのですが
、、
a0199297_23301610.jpg

きょうは植物ではなくて
マサトが二週に渡って描いている
生き物(イキモノなのか?)
ご紹介。


a0199297_23310895.jpg

スクラップにされた機械屑なのか
ナンなのか?
とにかく無数の「部品」が組み合わさる
、、と
言うよりは、
「集合」
して誕生した
「イキモノ」
です


「ヨシさんコレ好き」(^〜^)

前にも書いたコトあったかもしれないけれど、僕が子どもの頃、絵画教室リベラの目の前は廃車置き場になっていました。文字通りのスクラップ車以外にも農業機械や家電や何やらが山のように積み重ねられていて、僕は、ネジ回しとペンチを持ってそれら機械の中にもぐり込み、いろいろな部品を物色して取り外して家に持ち帰り(ストレートな言い方すれば「ドロボー」だね)、それらを組み合わせて組み立てて、何やら不思議な機械ばかりを作っていたのでした。想像世界の中でしか動作しない機械ですが、僕にとっては、はるかはるか未来に存在するであろう機械たちだったのでした。マサトの描く不思議な未来生物を見ていると、あの頃の記憶が鮮明に甦ってくるのでした。ある意味、僕にとっては素敵な素敵な時代でした。


(微笑)




今夜も
、、
a0199297_23314591.jpg

冷え込みがキツい
です



黒猫のパトさん
は、大きな毛布を出してもらったの
で、、
a0199297_19023973.jpg
(ナニみてるニャん)


毛布の中で
もふもふして過ごしています。


(微笑)



さあ
あしたは
土曜日
です







by yoshikazusuzuky | 2017-11-11 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)