ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

賑やかな夜明け前

水曜日はきほん的に制作日として空けてあるので
昨夜は明け方近くまで「つくりびと」コラムを下書していました。

体力的な衰えは感じているのだけけども若いときからの夜更かし癖は抜けないモノで
しんと静まり返った世界に一人とり残されてしまったかのような感覚は
僕の想像力を刺激してくれます。「くぷくぷくぷくぷ」いろいろなモノが湧き出して来るの
でした。
そんなワケですので、、
夜中から何回も外出と帰宅を繰り返していた黒猫のパトと寝床に入ったのは
東の空が淡く白み始めた時刻になってからでした。
しかし、、
実はここ一週間ほどなかなか寝付けない日々が続いていました。神経が高ぶっていてとか言う理由ではなくて騒々しくて寝付けないのです。ナニが騒々しいのかと言うと大勢の子どもたちがはしゃぎ回っているようなそれはそれは賑やかな気配が天井を突き抜けた(「空」というか「天」というかの)辺りから聴こえてくるのです。頭の中が静かになって眠りに落ちそうになるとその気配に起こされてまた眠りそうになると起こされるの繰り返し。その間パトさんの出たり入ったりもあるのでもうほとんど眠れていない状態で毎日を過ごしているようなものなのでした。ところが今朝に突然にその騒々しさの理由がわかってしまいました。何故わかったかは長くなるすたぶん上手く順序立てて説明もできないのでココでは書かないけれど騒がしくしていたのは寝室に覆い被さるように枝を伸ばしている大きな桜の木だったのでした。「木」と言うか「木精」ですかね。さらに詳しく言えばその枝にはたくさんの蕾(つぼみ)が宿されていてその一つ一つがはち切れて破裂せんばかりの膨らみを持った状態にあって咲きたい喜びとソレに伴う痛みとで蕾たちはついつい大きな「声」を出してしまっているようなのです。毎年この季節になると書きますが僕は桜の花が好きではありません。でも桜の花が嫌いだからと言って蕾たちの味わっている喜びと痛みまで否定的に捉えるほど傲慢ではないので当然の自然のコトとして「君たちも大変だよね」と天井(天上)に向かって心の中から声をかけたのでした。コレを読んで「ヨシカズさんいよいよもってヤバそうですよね」と思ったあなた!いやいやいやいやヨシカズさんははじめからかなり「ヤバい人」なのですからソレを理解した上でお付き合い下さい。大切なご子息を預けておくコトに不安を感じたら即刻防衛策を講じ子どもたちを僕から引き離すべきです。(むふふ)でもねこの頃しんけんに考えてしまうのですが僕という人間の八割方は想像するコトや空想するコトから生じたモノで組み上がっていると言っても過言ではないと思います。でもソレも度を過ぎると、、などと寝床の中であらぬ方向に拡がってしまう現実の中の非現実的な妄想にあらたな不安を覚えつつも、

外が騒がしい理由はわかったし
さすがに疲れもたまっていたの
とで、、
a0199297_15345518.jpg
パトといっしょに昼すぎまで
眠ってしまっていたのでした
。(7時間眠れたかな?) /^^


いちども目を覚まさず
眠っていたので
、、
a0199297_15355047.jpg
たぶん
深く深く深く深く
眠り込んでいたのだと思うのでした
。(でも7時間足らずの睡眠は普通に普通の睡眠時間であって
大袈裟に書き記すほどのコトではないのでしょうがね) f^^:






a0199297_16170416.jpg

a0199297_16173117.jpg

a0199297_16174932.jpg

a0199297_16180608.jpg




そんなワケで今日はパソコンに向かって文字を打ち込むコトで
一日をすごした僕だったの
でした



(まる)







by yoshikazusuzuky | 2017-04-13 00:02 | 非日常 | Comments(0)