ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

2011年 04月 01日 ( 1 )

新しい月の第一日目です。

昨晩「よこく」した、リベラの子どもたちに起こったステキなステキな出来事のお話しから、、、。

子どもたちに渡す手紙の中からそのままの文章を引用します。



4月1日、リベラの小学生のみんなへ『お守り』が届きました。a0199297_17114166.jpg
贈ってくれたのは、東京で『ウプティンチナ』と言う石屋さんをしている晴香さんと沙羅さん、そして郡山市の画家、齋藤ナオさんです。
晴香さんと沙羅さんは、キレイなキレイな石たちの一粒一粒に、「みんなが元気ですごせますように、、」と願いを込めながら、小さなかわいいブレスレットのような『お守り』を作ってくれました。
齋藤ナオさんは、一枚一枚に「みんなが、ほわん、、とした優しい気持ちになれますように、、」と想いを込めながら絵を描いてくれたんだよ。
『石のお守り』も『絵のお守り』も、それぞれが世界中を探してもそのひとつだけしか存在しない、、みんなの為だけの『お守り』なんだ。
みんなは、晴香さんのことも、沙羅さんのことも、齋藤ナオさんのことも、何も知らない。 晴香さんも、沙羅さんも、齋藤ナオさんも、みんなのことは何も知らなかった、、、 ヨシさんのブログでみんなの『絵』に出逢うまではね。 晴香さんと、沙羅さんと、齋藤ナオさんは、みんなの『絵』を見て、素晴らしいと感じてくれた。そしてみんなが元気ですごせるように、、優しい気持ちですごせるように、、みんなの為に何かしてあげたい、、と想ってくれたんだよ。
a0199297_17492883.jpg
a0199297_17494626.jpg

「知っている人」とか「知らない人」とかは問題じゃないんだ。
大切な事は「一人じゃない」ってことなんだ。
誰かが何処かで、「僕のことを、、」「私のことを、、」想ってくれているってことなんだよ。
「想いは繋がっているんだよ」
晴香さんと沙羅さんが作ってくれた『石のお守り』、そして、齋藤ナオさんが描いてくれた『絵のお守り』を、大切に大切にして下さい。
みんなの心が少しだけ弱くなってしまった時には、きっとこのお守りたちが、みんなの力になってくれるはずです。
『石のお守り』と『絵のお守り』に姿を変えた、晴香さんと沙羅さんと齋藤ナオさんの『想い』が、みんなを守ってくれますよ。



a0199297_20255796.jpg

晴香さん、。
沙羅さん、、。
齋藤ナオさん、、、。

「ありがとう」

それ以外の感謝の言葉が思い浮かびません。

僕と、
子どもたちみんなの心を、、
一つの心として、、、

心から、心からの「ありがとう」を。



きょうは5人の子どもたちとの教室でした。

a0199297_2041198.jpg
a0199297_20415543.jpg

a0199297_20422221.jpg







地震後はじめて会えた子が2名。

新学年で6年生になる男の子と女の子、、、。
なんだか少し大人びて見えたのは気のせいかな?

大人になりたくなくとも大人にならなければならないような出来事ばかり、、
そんなニュースばかりだものね。

でもね、、、。
a0199297_2315310.jpg

a0199297_21101371.jpg















でもね、
晴香さん?
沙羅さん?
齋藤ナオさん?

子どもたちは笑顔でしたよ。

ステキなステキなお守りたちにまけないくらいの、
ステキなステキな笑顔でした。

「ありがとう」

(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2011-04-01 23:11 | 繋がる想い | Comments(0)