ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

2017年 04月 04日 ( 1 )

雪が降った
冷たい雨になった
晴れた
曇った
カミナリ落ちた(落ちてないけど)f^^:
、、とじたばたどたばた
している内に
、、
a0199297_13350708.jpg
リベラに花が咲きました


何もしなくとも
掘り返されてあちこち転がされたり(転がしてないけど)f^^:
していても、決まった季節に決まった場所で
花を咲かせます。(微笑む)


フェアリーのチューリップもまた、、
a0199297_13363001.jpg
同じ場所に芽を出して
葉をたくさんにひろげていました
。(こんにちはこんにちは)


(^〜^)



「東京の桜は満開だそうだよ」
 カメちゃんが言いました。


a0199297_13374304.jpg
月曜日の午前9時45分から50分までの定刻に
カメちゃんはやって来ます。

そして僕の日常が始まりました。

『光のうろこ』が
きらめく森から帰還した僕は、
カメちゃんが描く森を見ていました。

a0199297_13542112.jpg
カメちゃんの森には
ニンゲンとブンメイの痕跡(まだ滅んではいないけど)
が描き込まれました

けれども森は自然の中の異物のごときそれらを
すっぽりと包み込んでくれていました。

(やさしくやさしく)

きのうひとばん僕は
「光の森(ヒカリノモリ)」
の夢を見続けていたので
何故だかガイア(意識としての地球)と交信していたかのような不思議な感覚の中にいて
カメちゃんの絵までが(カメちゃんが持つ筆の穂先から滲み出す色絵具までが)
ガイアからの啓示のように読み取れてしまっていたのです。

、、が

午後からの教室と夜の教室が仕舞いとなる頃に
その感覚は軌道が修正され、
さらに日常へと引き戻されていました。

でもね、
日常と非日常の隙間にもう一度生まれ直そうと思うのならば
ほんの少し息を吐き出すだけでよいのです。
ほんの少し吐き出したその息で、
真空の世界では簡単に軌道は再修正されます。
そしてその一息(ひといき)が推進力となり、
光のトンネルを(或は闇のトンネルを)
抜け出るその場所まで飛び続けてゆけるのです。

(どこまでもどこまででも)

、、なんてコトを
考えてしまうのは、、

光の森の妖精たちの鱗粉を
長く呼吸し過ぎたせいかもしれないですね。 (微笑)



昨夜ご紹介出来なかった
僕の「鉱物(いし)たち」を展示している部屋
の画像をご紹介します。(「石の地図」と数点の鉱物が加わったので
今の段階では展示は落ち着いた感じかな?)

a0199297_14393313.jpg
a0199297_14394985.jpg
a0199297_14400617.jpg
a0199297_14405394.jpg
a0199297_14413630.jpg
a0199297_14413082.jpg
a0199297_14421404.jpg
a0199297_14423541.jpg
a0199297_14430110.jpg
a0199297_14425928.jpg
a0199297_14434483.jpg
スズキヨシカズ・ワールドへ
「いしたちのないしょばなし」
〜石が話してくれたコト〜

耳をすませてごらん
「聞こえるかな?」
地球のひみつをつぶやいている
石たちのないしょばなしが


「りょうぜんこどもの村 〜遊びと学びのミュージアム〜 」
えほんのへや(絵本の部屋)にて
9月24日(日)まで開催中です。(水曜日休館)


『光のうろこ』ワークショップも
あす4月4日(火)の
午前10時30分〜午後12時と午後1時30分〜午後3時
の2回で最終回となります。

ぜひぜひぜひぜひ!
「光の森」に足を運んでみて
下さい



a0199297_00042150.jpg

a0199297_00043705.jpg




「どうぞよろしくおねがいいたします」




(微笑)













by yoshikazusuzuky | 2017-04-04 00:04 | 日常 | Comments(0)