ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

2017年 04月 10日 ( 1 )

心配は的中して今朝を雨降りで迎えました。

昨夜のうちに
搬入するS30号の作品(額装/箱入り)はビニールシートで
三重に厳重に包んでありましたので
屋根に積んで運んでも浸水する心配は無かったのですが、
作品を雨に濡らしながらの搬入は
やはり気持ちが「しゅん」としてしまうのでした。

そんな雨の中の作品移動を終えてから
『りょうぜんこどもの村』
に向かい
、、

a0199297_23135987.jpg

ファイバーアーティスト:石田智子さんのワークショップ
『紙のスキマ』
に参加させていただきました


3cmほどの高さにカットされた紙筒の枠の中に
紙筒の高さと同じ幅に裁断された長さ30cmほどの様々な種類の紙を
「くるくるくるくる」
と丸めて詰めて隙間(スキマ)を埋めてゆくのです。


a0199297_23220494.jpg
僕も「きらきらのみ〜つけた!」の広告
を裁断したモノをつかって作らせていただきました


そしてこの「くるくる」が詰まった紙の造形が光を透過させると、、
a0199297_23280205.jpg
たまらなくびっくりするくらい
に質感を変化させます


「ガラスなの?」

「金属なの?」

a0199297_23312420.jpg

「あなたはナニなの?」






a0199297_23315465.jpg

a0199297_23320669.jpg

a0199297_23322053.jpg

a0199297_23323650.jpg




ため息が出るほどに美しい
光景の中で
、、

a0199297_23325082.jpg

a0199297_23330579.jpg
日常が非日常と溶け合って
「不思議の世界へと繋がる扉」
が開かれたのでした


(素晴らしきモノたちへのため息)

そして
、、

(微笑)




次回『紙のスキマ』のワークショップは4月22日(土)と23日(日)に開催されます。



「ぐっ」と来たら「作る」べきです。
(心からおすすめします)
「常識にとらわれた心」が
 解放されます。

子どもであっても
大人であっても、
囚われた心は解放するべきです。

(「べき」という言葉を2回も使ってしまったけれども
まちがいなくこの作業は「やるべき」です)




仕舞いに
、、
a0199297_23523802.jpg
『光のうろこ』と『紙のスキマ』
いっしょの姿
です






(微笑)




a0199297_00042150.jpg



a0199297_00043705.jpg





@







by yoshikazusuzuky | 2017-04-10 00:00 | 繋がる想い | Comments(0)