ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

2017年 04月 22日 ( 1 )

窓もなく四方をコンクリートに囲まれたその部屋は
まるで海中に沈められた人工魚礁の様だった。

部屋の真ん中には、置かれてから数十年はその位置を変えてはいないのではないかと思われる艶を失ったアルミ製の机が一台。机の上に置かれた電気スタンドの裸電球が強い光を放っている。しかしその光でさえもこの部屋に、ほんの僅かな希望を運んで来るコトにさえ失敗している様だった。僕に与えられたパイプ椅子は僕の体重を支えるコトに必死で「キシキシキシキシ」不吉な音を発していた。机を挟んで男が一人、僕と同じパイプ椅子の背もたれに体を投げ出すように座っていた。頭には白茶けて毛の擦り切れた山高帽を被り、犬だか猫だかの毛が付着した皺だらけの背広と草臥れた革靴を履いていた。節くれ立った無骨な指には指輪も指輪の跡も無く、唯一装飾品と呼べそうな右手首にはめた古い型の腕時計を(秒針は微動だにしていないように見えた)男はじっと見つめ続けていた。

男からは(それはもうすでに男の体臭なのだろう)
煙草と地下室の臭いがした。

「なぜ、、」
いつの間に置かれたのか机の中央に現れた
a0199297_18574353.jpg
「ソレ」

を見つめて
男が言った。「なぜこんなモノを購入したのかね?」


「わかりません、、」男の質問に僕は応えた。
「わかりません。
気づいたらコレを抱えてレジに向かっ、、」


「コレに、、」僕の言葉を遮るように男が続けた。
「コレにいくら払ったのかね?」

「540円です」

男は興味の対象が消滅したかのように(いやはじめから存在していなかったように)
その答えもまた耳には入っていないようだった。

(ならば何故この男は僕に質問をしているのだろうか?)そう考えたとき
再び男が口を開いた



「コレはナニかね?」



a0199297_18584165.jpg
「コレは熊です」


僕は男に言葉を重ねる機会を与えぬ様
間髪入れずに応え
さらに続けた。

「可愛いでしょう?」

男は完全に沈黙した

a0199297_19002198.jpg
「可愛いですよねーっ!!」


僕は弾んだ声で力強くそう叫んだ。



次の瞬間アルミの机も裸電球の電気スタンドも軋んだ音を発てるパイプ椅子も、
そして煙草臭い男の姿も魚礁のようなコンクリートの部屋さえもが
水に滲んだ青インクの様に
空間の中に溶け入るように消滅し
僕と熊は教室へと戻されたのだった
a0199297_19051759.jpg
親近感を覚えずにはおられず気のおけない
丸太彫刻のコノ「熊の像」を僕は
「珪化木(けいかぼく)」*瑪瑙化した樹木化石
とならべて飾ることにしました(ヨ)



(微笑)





黒猫パト:「ヨシくんヨシくんちょっとイイかニャん」


僕:「はい何でしょうかパトさん?」

a0199297_20151767.jpg
黒猫パト:「ヨシくんのあたまはだいじょうぶなのかニャん?」


僕:(ははは)


黒猫パト:(やれやれニャん)






春の絵がなかなか進まずコラージュまで進めない金曜日の子どもたち、、
a0199297_21043942.jpg
ムリムリ始まりを慌てて急ぐコトもないので
まあユルユルと入ってゆきましょう


今日が仙台への学習旅行だったという18時半からの中2女子の二人組は
(チーズ入りかまぼこをお土産にもらった:ありがとね)
、、
a0199297_21050727.jpg
いつになく真面目な態度で二時間半絵を描き続ける(スプレー缶をデッサン)
という奇跡のような光景を見せてくれたのでした。




あすは土曜日です
土曜日教室は明日が4月の最終回です。
今回はカレンダー通りに祝日の29日は
お休みですのでお間違いなく。




ではまた明日。




しかし
540円って
、、 




by yoshikazusuzuky | 2017-04-22 00:06 | 非日常 | Comments(0)