ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

2017年 05月 11日 ( 1 )

断続的な雨降りの中ではありましたが
無事に化石採集を終えるコトが(まだ選別作業をしていないので追加採集が必要になるかどうか
わからないのですが今日の作業は無事に終えるコトが)出来ました。

a0199297_22292059.jpg
a0199297_22293911.jpg
a0199297_22301058.jpg
a0199297_22302759.jpg

かつての坑道跡地の貝化石露頭で
2時間半ほど(夢中で)ハンマーを振るい
タガネを叩き続けました。

雨雲の切れ間から
時折陽は射すもののあまり気温は上がらず
しっとりと湿った衣類に発汗による体温低下も心配だったので
採集作業にひと句切りつけて
塙町の藤田礦業さんの事務所にご挨拶とご報告に伺いました。

事務所にはちょうど社長さんがお出でになって、
お話しするうちに
、、
a0199297_23170073.jpg
「いま現在採掘を進めている現場に行ってみませんか」
と誘っていただきました。(久保田層と呼ばれるこの場所は
今から5000万年前には海の入り江だったのです)


もちろんお断りする理由はなく
、、(どころかなかなか入れない貴重な採掘現場に入れるのに
「承諾」以外の選択肢があるでしょうか?)
a0199297_23193475.jpg
a0199297_23184563.jpg
a0199297_23195359.jpg

お言葉に甘えてその場所でも化石採集させていただいたの
でした。


「私たちは、、」と
社長さんは言いました。
「私たちは樹を伐採し山を切り崩すコトで利益を得ています。ですから恩返しと言うワケではありませんが子どもたちの役に立てるならばと小学校や各種団体からの発掘体験の要望には全て応えているのです。地元塙町だけではなくて遠方からも依頼をいただきます。現在は貝化石の資料館や幼稚園児など山に入れない小さな子どもたちが発掘を行える施設を作る計画も進行中なのです。」


素晴らしい方です。


うわべだけで「子どもたちの未来」について語る人がたくさんいますね。実際に子どもたちに関わるコトに時間も労力も割かないくせにキレイごとだけをならべてみせます。自分の利益にならないコトには手は出さない人々です。理屈はあっても信念はありません。「名誉」という言葉の意味も「プライド」という言葉の意味もはき違えています。そしておなじような人々を周りに集めて壁を作り自己を顕示してみせます。

社長さんのような信念を持った方に出逢うと
自分が生きてゆくコトに価値を見いだせます

ただ単に化石を採集するための一日ではなくて、
きょうは特別な素晴らしい一日になりました。

有り難うございました。

感謝します。

心から
感謝します



(微笑)




a0199297_23215162.jpg
「りょうぜんこともの村」ミュージアムスタッフの
Mさん、Iちゃん、
F~子さん、
きょうはお疲れさまでした



3人の笑顔に
僕は自分の存在意義を確認します

a0199297_23203388.jpg
子どもたちのために
素敵なワークショップを
一緒に準備
しましょうね




(^〜^)






社長さんに丁重にお礼を言って
藤田礦業貝化石鉱山を離れ、
3人を東北自動車道矢吹インターチェンジ付近で見送って
から教室に戻り、、
a0199297_23273454.jpg
夜はフミヤ(かつては小さなリベラっ子だったフミヤも
いまでは26歳で京都に住んで絵を描いています)
とお酒を飲み、いろいろについて語り合いました



ほんとうに
特別で素敵な一日
でした。



(ぱたり)



(ぐうぐうぐう)














by yoshikazusuzuky | 2017-05-11 00:15 | 繋がる想い | Comments(0)