ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

2017年 05月 25日 ( 1 )

a0199297_15290423.jpg
すれ違う二匹(ふたり)





a0199297_15304266.jpg
見つめあう二匹(ふたり)





a0199297_15321771.jpg
黒猫のパトさんなに思う












まだお話しは始まったばかりで場所も含めて仔細は明かせないのですが
ある街にアート・ギャラリーを開設するお手伝いをしています
。きょうは全く手つかずの状態のその場所を訪れました。
そこはかつての工場(こうば:土蔵作り)と大谷石を使った石倉なのでした。

a0199297_17550272.jpg

a0199297_17560473.jpg

a0199297_17562088.jpg

a0199297_17563620.jpg

a0199297_17565189.jpg

a0199297_17571741.jpg

a0199297_17573064.jpg


そこは『始まりの記憶(ハジマリノキオク)』が残された場所でした。

a0199297_17581821.jpg

a0199297_17583303.jpg

工場(こうば)の天井を見上げた時
その機械たちは静かな唸りを上げて回転をし始め
忙し気に動き回る工員服の人たちが機械の唸りに負けないくらいに大声で交わし合う
音や声さえもが映像となって頭の中に再生されたのでした。


a0199297_17585435.jpg
「こんなカタチで記録され再生される記憶があるのだ」


そう思いました。






a0199297_17591669.jpg

頭の中に様々な光景が思い浮かびました。
その一つ一つをブロック玩具のように組み直しながら
この場所に残された「始まりの記憶」を再生出来る
理想的なカタチを探しています。


「計画が実現に向けて動き出したら素敵だろうなあ」


また新たな何かに
首を突っ込んでいる
僕です。



(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-05-25 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)