ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

2017年 06月 20日 ( 1 )

僕が子どもの頃〜とは今から40年以上前
というコトになるのですが、、
ココでいきなり今回のテーマには直接関係のないお話しを一つ。最近年齢を尋ねられたり記載したりする機会が続いた僕は、そのたび「52歳になりました」と答えていたのですが、僕はまだ「51歳」であったコトに気づいたのでした。そのコトを、先週の金曜日に毎年年齢Tシャツを更新してくれるヒマリちゃんに話したら、「なんのために毎年ヒマリが(Tシャツの年齢表記を)貼り替えてあげてんの!」と真顔で叱られた最近ますます記憶力が低下〜と言うより記憶が次々消去されてゆくヨシさんだったのでした。(とほほ)
では話しを戻しますが、、
僕が子どものころ観光地や駅売店のお土産モノで嬉しかったのは
金属製のキーホルダー
でした

a0199297_15090091.jpg
(アポロ11号月面着陸記念?)


みんながみんな
キーホルダーに興味惹かれたワケではないと思うけど
金属の心地よい重さと質感、
そしてその手のひらの中の宝物感に僕は
すっかりヤられてしまっておりました。



今はその形状も変わって
強度のある糸(紐)状のモノ(ストラップ?)や
留め金の部分もお洒落なデザインに進化しているけれど
、、
a0199297_15071067.jpg
(僕がキーホルダーを考える時の定番は東京タワーです)


僕はコノむかしながらの留め金と
チェーン部分が蛇腹構造になっている
モノが好きなの
です




愛を込めて言うならば
「素敵な子どもダマし」
でしょうか

a0199297_15100000.jpg
(月のキーホルダーの裏面)


どんな造形師さん(彫刻家?)が
どんな想いでコノ原型を彫刻し
こんなにも魅力的なデザインのモノが出来上がるのか?
考えただけで(手のひらの上にながめているだけで)
ますます好きになってゆくの
でした



金属製ではないけど
変わり種
、、
a0199297_18071047.jpg
「マッコウクジラの歯」(ホンモノ)
のキーホルダーです。




コチラは
プラスチック製
ですが
、、
a0199297_18110249.jpg
大好きな「木彫りの熊」を模したモノ
。振り子のようにカラダが揺れて
楽しそうに笑っているように見えるのです




出し始めたらキリがないので
この辺でやめとく。(笑)



「キーホルダーってステキです!」


、、って
お話しでした



(微笑)





a0199297_19323426.jpg
(定刻に始まるカメちゃんの教室)

a0199297_19331104.jpg
(今日は海に青色が重ねられました)


カメちゃんの教室の後は
コットマンサークルの教室で
、、
a0199297_19350582.jpg
僕の絵の道具は邪魔なので
ぜ〜んぶ外に行きます。

a0199297_19360687.jpg

カメちゃんの時間は雨が降って来そうな空模様だったけれど
午後からは日が照って気温も上がり暑くなりました。
ココまでモノを整理出来ないと
片付けられない人が住む住宅の末路的外観
となるのも時間の問題かもしれません。



葛飾北斎を扱った或るテレビ番組で
北斎は片付けるのが嫌いで部屋がゴミでいっぱいになる度に
引っ越しを繰り返した、、と話していたけど
僕も引っ越そうかなあ〜などとバカなコトを考えながら画材を出したり入れたりして
夜の教室が始まる前に
黒猫のパトの様子を見に帰宅すると
、、
a0199297_19364242.jpg
やっぱりパトは鳴いておりました

昨夜も今朝まで騒いでいたので
僕が帰宅するまでは眠っていたようなのですが、
僕の顔を見れば当然アピールタイム再開ですよね。


そんなワケで
今夜も荒れ模様となりそう
です
。(ふむ)



あ、、そうだ
きょうもカメちゃん
教室の仕舞いに
、、
a0199297_19381291.jpg
猫さまを塗って
おりました




a0199297_19385617.jpg


(ふふふふふ)










by yoshikazusuzuky | 2017-06-20 00:02 | 記憶の欠片 | Comments(0)