ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

2017年 08月 21日 ( 1 )

ブログのアクセス数が
一日に100〜200人ずつ減ってゆくの
を見ると

「ああもうすぐ夏休みが終わるのだなあ」

と思うの
です。(残っている宿題は
たぶん作文とか読書感想文だけなのでしょう)(びしょう)

日曜日
でしたが
、、
a0199297_20084991.jpg
教室
でした



a0199297_20092788.jpg
フウカ(小4)


a0199297_20111210.jpg
アイリ(小5)



小6男子の二人は
小学校最後の夏休みの課題と言うコトで
気張って二枚目に挑んだけれど
、、
a0199297_20114045.jpg

残念ながら時間切れ
下描きをリベラでは完成させられないまま
持ち帰りとなりました。(どんな絵になるハズだったのかなあ?)



中3女子のコノ子の絵
も時間切れのハズなのだけれど
、、
a0199297_20180758.jpg
「あ!大丈夫だから!!」
と謎の捨て台詞に作品まで置いて
「タンタカタンタンターン」
と自転車で帰宅してゆきました。

とうぜん期間内に仕上げて提出するのが
当たり前だし(お母さんの言う通り!)
何が「大丈夫」なのかナゾなのですが、、

a0199297_20315595.jpg
トマ(中3)

完成するのを目の前で見たかったので
そのまま黙って帰らせたヨシさん
だったのでした、、が
本当にナニが大丈夫なのかなあ?

(ねえ?) f^^;





久し振りに一日雨が降らなかったなあと思っていたら
夜になってまた土砂降り
降ったり止んだり
です。

雨の音にも敏感になってしまいました。

倒木事故を起こしてから(今朝も教室開始前にお邪魔して被害者の方とお話しをして来ましたがなんだかすべてが良くない方向に進んでゆきます)雨の音にも風の音にも胸締め付けられます。しかし被害に遭われた方はその怯える気持ちを日々味わっていたワケで、松喰虫が樹幹を喰い荒らしたように僕は言い逃れ出来ない罪悪感に心幹を喰われています。まだ他にも倒れそうな木が点在しているのですが、土地の所有者がナゼなのか意味なく細分化されているうえに境界線も無いのです。しかも塞いでしまった農道の突き当たりを行ってみたら、そこには墓地がありました。数家族分の墓地。倒木したのがお盆の15日。僕はお盆で家に帰る御霊の障害にもなってしまっていたのです。どうしたらよいのだろうか?ほとんど頭の中はコノ問題でいっぱいで、子どもたちに子どもたちにとって意義ある宿題の絵を持ち帰らせるコトだけで精一杯。今夜はなんとか今夜中に送信する〆切りの4,000字の文章に向き合っているけれど、途切れ途切れの時間の中で描いていた自分の絵のイメージなどは姿を隠してしまいました。個展搬入の一ヶ月前になりました。それは二紀展の搬入一ヶ月前でもあります。明日はカメちゃんにコットマンサークルにカズイ君の教室だけなの。火曜日に目一杯やって子どもたちの夏休み教室は終わります。夏休み教室は終わったその時、自分の気持ちはどうなっているのか想像出来ないし何とかなっているとは思えないのが苦しいなあ。いつも大きくなったリベラっ子たちに言っていた。「いつ何が起こるかわからないんだから大切なのは準備が整っているコトだよ」「準備が全く整っていないのは僕じゃなか」と思ってしまった時点で何かに負けてしまった気がします。

日付け変わるから
頑張って文章を仕上げてしまわないと。


(びしょう)







by yoshikazusuzuky | 2017-08-21 00:01 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)