ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

2017年 12月 07日 ( 1 )

我が愛車
白のプリウス君、
本日が
『 最後の走行( Last Run )』
でした

a0199297_23515231.jpg
『 291, 911 Km 』(今日までの走行距離)

明日の午前中、
白のプリウス君を車屋さんに送り届けたら
青のプリウス君と
帰って来ます

今夜はね、
白のプリウス君との今までのコトを
思い起こして書き綴りたいなと思っていたのですが
夕方リベラの生徒さんから電話が架かり
非日常の世界へと引きずり込まれて(戻されて)
しまいました。

例の手紙がとうとうリベラの生徒さん個人のお宅にも
送りつけられてしまいました。

手紙の消印は白河市から遠く離れた場所です。内容は教育委員会で見たモノとほぼ同じようですが、手紙を書いている匿名の誰かが言うところの「変態男スズキヨシカズを処罰してほしい」と訴えている先には、役所や教育委員会や学校名の他に「〜図書館館長」や「〜警察署長」が書き加えられ、その生徒さんに関連した画像と僕の画像も同封されていました。封筒裏に書かれた差出人の名前は「かいがきょうしつ リベラ・スズキヨシカズ」僕本人になっています。

戸惑い
消え入りそうな
電話の向こうの涙声



電話をしたり手紙を書いている
「あなた」
に言います。

僕を誹謗中傷する内容の手紙に
関係のない生徒さんまで巻き込んでおいて、
その手紙を警察署長に宛てて解決を求める
人の道にも理にもかなわぬ「あなた」に対して、
僕の中にはもう寛容さは存在していません。

僕の大切な大切な生徒さんが二人も悲しい思いをさせられたのですから
もう許してはおけませんよ。

教育委員会に届いた手紙は役所から持ち出すコトは出来ず
警察に届けられませんでしたが今回は現物が僕の手にあるのですから
その手紙が何処に行き、どうなり、これから何が始まるか、
「あなた」にも想像はつきますね?

いくら僕が憎くても、
僕以外の誰かを傷つけては
いけなかったのです。

電話をしたり手紙を書いている「あなた」には、
「あなた」が僕の処分を訴えた先から、
近く電話が入るコトになるでしょう。
その電話で手紙の内容を
直接「あなた」自身の声で伝えていただいて
僕は一向にかまいません。

これ以上はダメです。

これ以上僕の大切な生徒さんに悲しい思いをさせてはダメです。



a0199297_23571815.jpg
きょうは僕と我が愛車
白のプリウス君にとっては大切な日でした。





「あなたは僕の大切な生徒さんに
こんなコトをするべきではなかったのです」








by yoshikazusuzuky | 2017-12-07 00:01 | 非日常 | Comments(0)