ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

2018年 01月 07日 ( 1 )

カッターナイフの刃先は鉛筆の芯を
「スルスルスル」と気持ち良く
滑り下りて、、
a0199297_21264998.jpg
『鋒(きっさき)』

という漢字を使ってしまうくらいに鋭い芯先を削り出すコトが出来た
今日でした。(昨日の「ポキポキ鉛筆削り」とは大違いな
ストレスの無いひと時でした)


(微笑)


教室日を勘違いして「何処かに遊びに行ってしまって
(自転車で飛び出して行ってしまったので)
つかまらからないんです〜」(泣)
なんて子もいましたが
、、(笑)
a0199297_21284710.jpg

a0199297_21290779.jpg

みんな元気に集まってくれた
今年を始める土曜日の教室
でした




『いつかの未来に』

どうしても「未来未来」と「未来」に
こだわってしまう僕なのですが、、
a0199297_21293715.jpg

a0199297_21301425.jpg

a0199297_21310910.jpg


、、と言うか
「未来世界」をテーマに描いてもらいたいワケだから
「もう少し未来感を出せないモノか?」とか口を挟んでしまうのも
当然と言えば当然ムリもない話だと思うのですが
僕がどう騒いでも、子どもたちの耳には届かないの
ですから仕方がありません

。 f^^:


子どもたちが感じた「未来」を
感じたままに描いてもらうより仕様がないのはわかっているので
口を挟むのは「良くないな」と思いながらも時々、
子どもたちに「何かを要求」(提案だと思いたい)してしまったり
します。


しかし、98 ~ 99%の「要求」は
何一つ検討される余地もなくはね除けられるのだから、、

a0199297_21414425.jpg

a0199297_21420287.jpg

a0199297_21421999.jpg


「コレって要求していないのと同じなのではないだろうか?」
と思ったりするのですが、受け入れてはくれないクセに
「何かを強要されている」と感じた子どもたちから反対に僕が
厳しく文句されたりするのですから立つ瀬無いですね

。 f^^:

でもホントウは抜け目ないんですよ子どもたちは。

聞くべきトコロにはちゃんと「ピンピン!」って聞き耳立てて
いつの間にやらちゃっかりと
ソレを自分のモノにしてしまってたりするのですから

。 (^〜^)




16時から21時までの中学生と高校生の教室も
とても良い雰囲気で、、
a0199297_21490384.jpg
なんか「絵画教室」って感じ(笑)
がしました

。(なんとも言えず心地よくて
嬉しい雰囲気に満ちていたなあ)


(微笑)




明日の日曜日はお休みですが
8日(月)成人式の祝日は通常時間割りでの教室
です






by yoshikazusuzuky | 2018-01-07 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)