ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:かいがきょうしつ リベラ( 1057 )

某小学校で最近配布された
『不審者情報』
より(子どもたちからの聞き取りなので一言一句正確ではない)

● 白髪まじりの髪の毛の40代くらいの大男
● 落書きだらけのシャツを着ていて歩き方がぎこちない
● コンビニエンスストアの買い物袋を下げて携帯電話で話しながら下校途中の生徒をチラチラ見ていた
● 大人のヒトと出会ったら顔を背けた
● 通学路からそれて別な道に消えて行った

(新白河地区から通学の生徒4名からの情報)


「コレってヨシさんのコトなんじゃネ?」
「配られたプリント読んだ瞬間にヨシさんのコトだってわかったよ!」
「不審者じゃなくて変質者って書いてあったかも?」

某小学校に通う複数の子からそう言われました
、、が

『白髪まじりの髪の毛の40代くらいの大男』
(これはその通りだから仕方ないね)

『落書きだらけのシャツを着ていて歩き方がぎこちない』
(たしかに落書きだらけのシャツは着てたけど
歩き方はぎこちなくないからねしっかり歩けているからね)

『コンビニエンスストアの買い物袋を下げて携帯電話で話しながら下校途中の生徒をチラチラ見ていた』
(コンビニで買い物すればコンビニの袋も下げているだろうし
携帯電話に着信あれば話しもするけど
下校途中の生徒の様子をうかがうような真似はしていないからね)

『大人のヒトと出会ったら顔を背けた』
(そんなに世間に背を向けて生きてはおりません)

『通学路からそれて別な道に消えて行った』
(教室に戻っただけだから)

それに『変質者』ってナンだよ!! (ははははは)



しかしこの話、
笑ってばかりはいられないな
と思いました。(当たり前だね)

「子どもたちの話し」は
どんどんカタチを変えながら伝わってゆくので、
下手したら本当に『不審者』とか『変質者』にされてしまう
「かも」しれないし、
この情報は警察署とも共有するらしいので
何をどう気をつければ良いのかはわからないけど
気をつけよう。 (ははは)



文化の日で祝日だった今日、
(子どもたちは3連休です)
申し分なく晴れ渡った行楽日和で
みんなお出かけしてしまったかな?
と思いきや、、
a0199297_20471134.jpg

お休み少なく
ほとんどの子が
集まってくれました



a0199297_20481171.jpg
(コレな〜んだ?)

a0199297_20483327.jpg
(子どもたちがとことん遊んでボロボロですが)

a0199297_20492865.jpg
(僕が子どもの頃に遊んでいた『クラッカーボール』で
リベラっ子には『けん玉』と並んで一番人気の遊具です
なつかしねなつかしね)



(お出かけ先の水族館〜巨大古代魚ピラルクがいる水族館から
急ぎ駆けつけてくれた子もありましたし午前8時から午後3時まで
バスケットボール〜スポーツ少年団の練習でヘトヘトになりながら来てくれた子もありました)

賑やかな小学生たちのあとは中学生。

なんだか真剣に見つめられ
ちょっと緊張気味に照れたりしますが
(あ〜でもないこ〜でもないと
ナゼか言いワケされながら、、)f^^:
a0199297_20522019.jpg
「ヨシさんの似顔絵」
を描いてくれました
。(「でもけっこう似ていると思う」とは
作画者のAちゃんの弁でした)

(にてるにてる)

(微笑)




明日の土曜日も
もちろん通常時間割りのリベラです。



こんやは月が綺麗です。




(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-11-04 00:19 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
冬を迎えるにあたって
かなり緊迫した状況にあるのでせうか?
悲し気にか細い声で鳴いてみせる
白猫のノラさんです。
a0199297_19445033.jpg
(しかし黒猫パトさんと鉢合わせすれば鳴き声は一変し
相変わらずパトさんに襲いかかるコトもわかっているし
実際に襲うので
ノラさんとの距離を以前のように詰めるワケ
にはいかないもんなあ)


「なんと身勝手な人間なのでしょうかボクは」


a0199297_19455983.jpg
(何か言いたげな白猫のノラさんはヒト的横顔)




ゴミ集積場を巡る
子猫たち(もうかなり大きくなって見た目には立派な猫たち)
と近隣住民との攻防も相変わらず過酷を極めていて
いつ保健所が介入してもおかしくない状況なので
何とか出来るモノなら何とかしてあげたいけど
どうにも手は出せないもんなあ)

もうすぐ
本物の冬
になります。


冬、

乗り切ってほしいなあ

と思います

。 (いま真夜中近くの23時51分白猫のノラが裏玄関前で鳴いています)





『帰り道を見つける地図』(いま思いついたけど良いテーマ名なので
コレに決定)を描き終えた木曜日の2人組は、、
a0199297_20033289.jpg
今日から
新しい題材に着手
しました。



a0199297_20050791.jpg

a0199297_20053163.jpg


今週は未来の生物(人間や動物や昆虫などすべての生き物)

来週は未来の植物(地に根ざしたすべての生き物)

再来週は未来の環境(町や自然のすべてをふくむ))


それら全てを設定画として
スケッチブックに描きとめ
、、
a0199297_20055280.jpg
さいごは大きな画用紙に
未来世界を完成させます。

『未来(みらい)』の定義は子どもたちに委ねます。

近未来なのか
遥かに遠い未来なのか?
あるいは別な惑星(世界)へと
全ては移行されているのか?

子どもたちが考える
未来世界、、

『いつかの未来に』

、、を
12月までかけて
描いてもらいます


コレらの作品は
来年3月に福島市で開催予定の展覧会
に展示するコトを考えています。

子どもたちには見えている
いつか訪れる未来の姿を、
僕らも覗かせてもらいましょう






(微笑)




明日は祝日の金曜日ですが
リベラは通常の教室です。




by yoshikazusuzuky | 2017-11-03 00:05 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
金曜日が午前2時55分に終わり
午前6時48分には土曜日が始まりました。

午前7時前だと言うのに
白河市在住の絵を描く方から電話が入り
起床したのでしたが、
夜中や早朝に鳴る電話は
「何かあったのでは?」
と不安になります。

今朝の電話は
「なぜこんな早朝に?」
と頭が混乱するような内容
でしたので、
「別な意味で不安になりました」


そんな電話から始まった
土曜日、

午前中の教室は6名休みの
2名の参加。

a0199297_19300291.jpg
2人は県外から通ってくれている6年生、
先週は修学旅行で東京だったそうで
おみやげを届けてくれました。 (おお〜パンダじゃパンダじゃ)


(ありがとー!)


a0199297_19305861.jpg


午後からの教室は
7名全員が参加

a0199297_19371124.jpg

a0199297_19373355.jpg

「発表会で疲れてんだから〜」
とか言いながらもパワフルさは変わらない
。(「パワフル」を直訳すると
「やかましい」ってコト
です ははは)

かなり消耗した(僕の)バッテリーは
18時30分から21時までの中学生・高校生教室で充電し
1/3くらい持ち直します。(2~3分間のコトだったけど
久し振りに受験休室中のユウカちゃんが顔を出してくれたので
今日は2/3くらいチャージされました にににん)


きょうもお疲れさまでした。

一週間も
「お疲れさま」
でした。


(微笑)






第71回『 二紀展 』
会期も残すところ2日間
となりました

a0199297_22154830.jpeg


第71回『 二紀展 』
「国立新美術館」(東京・六本木)
2017年10月18日(水)〜10月30日(月)
午前10時〜午後6時(最終日:午後2時30分まで)




(微笑)




明日の僕は
福島市と伊達市(霊山町)
に行ってきます。

「猫をめぐる物語」
の搬出をします。(おそくなってしまいました)

あす我が家に
黒猫さんが一匹
新たに加わります。(ニコニコ)
あの子はどんな性格の黒猫さんかなあ。(ニコニコニコ)

風花画廊では現在『斎藤真実 絵画展』
(同時点時:「からくり箱」角田遥)
開催中です。
(こちらも30日の月曜日まで)


コチラの搬出は
もっと遅くなってしまっっているのですが
『りょうぜんこどもの村 〜遊びと学びのミュージアム〜』(伊達市霊山町)
「鉱物(いし)たち」を迎えに行きます。




あすもやるコトが
いっぱいあるんだあ。




(^〜^)





by yoshikazusuzuky | 2017-10-29 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
夜の中学生(夜の教室の中学生、、って意味です
もちろん)の約1名が
それはもうめちゃめちゃに素晴らしく
「ディズニー・ファン」
でして、毎週のコトではアルのですが
今夜もディズニー音楽を聴かされまくりながらの教室だったの
です。


a0199297_20440024.jpg
今夜のメインは
『Happiness is here』
という題名の曲でした。

「Happiness is here」とは「しあわせはココにある」という意味である
と教えてくれたので、「ココってリベラのコトかな」と返そうと思ったらすかさず
「ココってもちろんディズニーランドのコトだからね!」
と念を押されてしまったのでした。 (ははは) f^^:


「ディズニーランドって行ったコトないんだよね〜」
と言うと子どもたちから「え”え”え”〜!!」という反応をいただくのですが
どうしてもディズニーランドにもディズニーのキャラクターにも
興味がわかないヨシさんなのでした。 (ゴメンナサイ)




午前中は棚倉町立図書館で熱い教室をしてきました。(11月には棚倉教室生徒の
作品発表会があるのです)

午後から
は、、
a0199297_20452291.jpg
金曜日の子どもたち。

a0199297_20460322.jpg
コレは完成した状態なのか
未完なのか?
よくわからないので
、、
a0199297_20462290.jpg
(古墳の壁画みたいだな)


a0199297_20470668.jpg
(シンプルなのに深海のように深い)


「誰のお家の地図」
なのかは
また次回



明日は土曜日です。

土曜日なのですが
(午前中は)
お休みの子
多し。

なぜならば
『音楽会(おんがくかい)』
だからです。(今は「音楽会」とは呼ばないで
「学習発表会」と言うのでしたね)

音楽会かあ〜?

う〜む

何も覚えていない。 ><













by yoshikazusuzuky | 2017-10-28 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
「カード・リーダー」を新調しました。
今まで使用していたモノの調子が悪かったのを(読み込みエラーが頻発)
放っておいたらついに今回データの半分が消えてしまったのです。
消えてしまってから慌てても仕方ないのですが
慌てて新しいのを買いました。

で、、消えてしまった残りのデータの半分が
きょうのブログのお話しです。

ずいぶん前のコトですが、
懐中時計型の方位磁針(コンパス)を
古道具屋さんで見つけました。
しかし残念なコトに、
水没したか雨にあたったまま放置されていたか?
錆々で蓋も開かないヒドい状態
だったのです。(内部もヒドくて
針や文字盤だけではなくてガラスまで
溶けた錆で茶色に染まっていたのです)

なかなか修理に手を出せずにいたのですが、
何と言うか気分的に迷子になっているような
きょうこの頃の自分の状況に
「コンパスを修理しよう」
と思いました。

ヒドい状態を撮った写真が
カードリーダーのトラブルで消えてしまって
お見せ出来ないので、
このあと載せる写真を信用してもらえるかどうか心配なの
ですが、、
a0199297_21161016.jpg
分解して修理をしました。 

この段階でも
かなりキレイになっていますが
、、
a0199297_21182229.jpg

錆び取り研磨剤のついたクロスと紙ヤスリが
こんな状態になるほどの汚れだったの
ですよ。



当然「ピクリ」とも
動かなかった針
も、、
a0199297_21203606.jpg
滑らかに動くようになって
ほぼ正確に
「北」
を指すように
なりました。



a0199297_21225776.jpg
ピッカピカに
磨き上げました



汚れを落とした文字盤には
『KEUFFEL & ESSER . Co 』
の文字がありました。

a0199297_21335047.jpg
1867年創業
製図や測量のための器具(機器)を製作する
由緒ある会社の方位磁針だったのでした。
(素敵な雰囲気だものね
この子)




コレで
僕は
迷わずに
、、
a0199297_21254793.jpg
目的の場所へと
帰り着くコト
が出来るかな?(コンパスは僕を
導いてくれるの
かな?)


(微笑)





ハル坊とヨシキちゃん
、、
a0199297_21372951.jpg
木曜日の教室
でした


先週、二人が「きっかけ」を作ってくれた
おかげで、他の曜日の子どもたちの『地図』に
不思議な変化が起こりました。


二人の地図が完成したようです。

a0199297_21400758.jpg
(完成した地図を前にしてくつろぐ二人の図)




ハル坊の家
は、、
a0199297_00073410.jpg
ドコだろう?




ヨシキちゃんの家
は、、
a0199297_00082771.jpg
ドコにあるの
かな?


(^〜^)



この地図があれば二人とも、
きっと迷子にはならないですね。



(微笑)





明日は金曜日です。

明日は
棚倉町の教室から
始まります





by yoshikazusuzuky | 2017-10-27 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
「カス」とタイトルには
書きましたが「削りカス」は、
決して言うけど
「カス」
などではないのです。 (むむん)


鉛筆の削りカス
、、
a0199297_17402369.jpg
数年分です


べつにコレで
「出汁(ダシ)」
をとるワケでは
もちろんなくて(当たり前だろっつ〜の!)
鉛筆芯粉(削られた芯の粉)
を集める為に
ためているの
でした
a0199297_17464303.jpg

上澄みの削りカスは順繰りに処分し
箱の底に芯粉が溜まってゆく
という、

まるで
「パンニング皿で砂金採り」
をしているかのような
採集方法なのでした。(って違うか?)f^^:


集めた芯粉は絵の画面に擦り込んだりして作品の仕上げに使います。


きょうは
鉛筆削りッ子倶楽部副部長のアオイちゃん(小3)
が、、
a0199297_17490452.jpg
何がそんなに気に入ったのか
教室終了間際の半時間、

ずっと
「芯粉集め」
に熱中しておりました
のでした。 (ははは) f^^:




きょうも一日中
雨降りな土曜日でした。

a0199297_18110267.jpg

a0199297_18112094.jpg

a0199297_18113860.jpg

a0199297_18115800.jpg



明日は、
『白河市総合美術展覧会』
最終日であり
表彰式の日
です。

『第63回白河市総合美術展覧会チラシ』の画像


教室で受賞された生徒さん方には
嬉しい日になりますね。 (微笑)


僕は、
昼の12:30〜15:00まで
受付の担当になっていて、
地下1階の『写真部門』展示室におります。
その後は会場の撤収作業です。


明日も一日中
雨降りになる筈
です




(一週間がんばったひとぜんぶぜんぶにお疲れさまでした!)





by yoshikazusuzuky | 2017-10-22 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
「敗北の画像」
です
a0199297_18104115.jpg
ドコがどう「敗北」しているか
と言うと、
僕のシャツが「半袖」から「長袖」に変わったの
でした
。(今朝ついに寒さに負けたのですが
今年はまだ半袖半ズボンで「ハックション!」とクシャミも出ていなかったのに
なぜこんなにも早く敗北を認めて仕舞ったのだろうか僕は?
歳をとったからだろうか僕が?
思いました)




a0199297_19101582.jpg
「鳥」

が好きで
鳥ばかり描いている子がいます。



a0199297_19135881.jpg
「ミリタリー」

ファンで
軍艦や戦車や戦闘機ばかり描いている子
もいます。



a0199297_19155135.jpg

「鉛筆削り」
が大好きな子もいるし
、、

a0199297_19272530.jpg
a0199297_19292994.jpg

みんな「イロイロ」の
「色々」が大好きなの
です。

(^〜^)



16時からは21時までの中高生の教室では
5時間通しの子が二人もおりましたので(月曜日提出の宿題
があったのです)賑やかに教室をしたの
でした。




明日は
『猫をめぐる物語』
最終日です。


a0199297_21402482.jpeg
出展作家

越後しの
加茂幸子
齋藤ナオ
スズキヨシカズ
樋口佳絵
三浦麻梨乃
矢島幸枝
吉川裕子

Ω

『猫をめぐる物語』
2017年10月6日(金)〜10月15日(日)
11:00 ~ 19:00(会期中無休)

「風花画廊」
福島県福島市荒井字横塚3-252
024-593-0450



ですが僕は
『白河市総合美術展覧会』
作品受付けのお手伝いで
在廊するコトが出来ないのです。

本当は猫たちのいる会場で一日を過ごしたいのですが
お手伝いはしなければならないのです。

今年度は写真部門から絵画部門の実行委員に移動になっているので
ちょっと寂しかったりするのですが、
お手伝いはちゃんとしてきます。



『猫をめぐる物語』


どうぞよろしく
お願いします





(微笑)








by yoshikazusuzuky | 2017-10-15 00:08 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
昨夜日付けが変わる頃に起きた地震は大きかったです。

僕の住む福島県白河市は震度4との表示が出ていましたが
体感的には「もっと」大きな揺れでした。
天袋のアルバムやら何やらがドカドカと落下し
縦揺れでは神棚のお神酒の徳利の蓋が
天井に向かって勢いよく吹っ飛びました。

周囲から聞こえて来る音も
体感震度を大きくする要因のひとつなのでしょうね
きっと。

教室は大丈夫だろうか?
、、と
ちょっとドキドキしながら
朝を迎えたのでしたが、
片付けられない僕に管理されている
「不幸な絵画教室」
と呼ばれて久しい
「かいがきょうしつリベラ」
の至る所は全て包み隠さずアカラサマに周知の通りご覧の通りの
混沌としたこの状態であったにもかかわらず
、、
a0199297_16323336.jpg

a0199297_16325255.jpg

a0199297_18082829.jpg

落下していたのは
高校生が作って天井近くに放置(設置?)されていた
『ミレニアムファルコン号』(全長約25cm)のプラモデル
1個だけで(操縦席とレーザー砲が数機ヤラレてしまってた)
他のモノたちは倒れてもいなかったのでした。


先の震災の時にも書いたけど、
自宅建物は畑を造成した土地に建っているので
そもそも地盤はかなり不安定なのです。
それに対して教室のある「新白河」地区一帯は
固い岩盤の上にのっているので
揺れ方も振動の強さも、
比べモノにならないくらいに違っているのでした。

あれ以上揺れが大きくならなくて良かったけれども
久し振りで身に危険を感じた
「地震」
でした

。 (コワかったコワかった)





混沌とした絵画教室に集う
混沌とした面々です。

a0199297_17102834.jpg

a0199297_17132192.jpg

この子たちの顔を見ると
「ああ一週間が終わるのだ」
という気持ちになります。


半分冗談で(冗談とは言っても
「もう少し本気になってくれよ!」
との想いを込めて)今週は各曜日の子どもたちに
「こんな調子では続ける意味がないからヨシさんリベラやめようと思う」
と話したら
、、
a0199297_17164323.jpg
過半数を越えて
「イイんじゃないやめれば〜」
と言う真顔の返事をもらいました。(うっ)

「訊かなければ良かった」(泣)

自分で言っておいて
ちょっと本気で落ち込んだ
ヨシさんです。(トホホホホ)



小学生の後の16時から21時までの
中高生の時間帯からは、
受験勉強を優先させるべく3名+1名が
リベラを長いお休みに入りました。

中高生の教室時間になると気持ちが切り替わって
「ほっ」
としたものですが、
「勉強に頑張る子たちを応援せねば!」
と思う気持ちと同じくらいの寂しさに
「シュン」
としているヨシさんなの
でした。

「はやく合格して戻って来ておくれよね」

(微笑)


とにかく久し振りに
、、

a0199297_21042595.jpg
(鉛筆を削るリュウノスケの手)

「土曜日だったなあ」
と感じた

「土曜日」
でした






猫たちの展覧会
2日目

朝のうちは雨降りだったけれど
会場は猫たちと猫好きさんたちと
猫憑きさんもかな?
、、で賑わった
だろうか。 (^〜^)

明日は僕も短時間ではありますが
午後から在廊させていただく予定です。

a0199297_21402482.jpeg

『猫をめぐる物語』
2017年10月6日(金)〜10月15日(日)
11:00 ~ 19:00(会期中無休)

「風花画廊」
福島県福島市荒井字横塚3-252
024-593-0450



出展作家

越後しの
加茂幸子
齋藤ナオ
スズキヨシカズ
樋口佳絵
三浦麻梨乃
矢島幸枝
吉川裕子

8人の作家が
猫への想いを綴った
8とおりの物語

いろんな猫たちに出逢える展覧会
です。





(微笑)








by yoshikazusuzuky | 2017-10-08 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
赤いウインナーが大好きです!

a0199297_19584775.jpg
(赤いウインナーの図)


この話題は広がりません。

ただただ僕はたまらなく
赤いウインナーが好きなのです
と言うだけのお話しでした。

(礼)




仕事仕舞いに喉を潤すべく、冷蔵庫からよく冷えた炭酸飲料(淡い青緑色のガラス瓶入り)を取り出して封を切った途端に電話が鳴り、急きょ外出を余儀なくされ、1時間15分後に帰宅するも炭酸飲料の瓶はテーブルの上に放置されたまま忘れ去られていて、やりかけていた仕事を仕上げてTVをつけたらやっていたドラマのラストを観て、「やっぱり始めから観ないとワケがわからんな」と呟きながら洗面所に移動。バスタブにお湯を張りながら歯をみがく。湯船につかりゆっくりとあたたまってから風呂を出て、大きな茶色のバスタオルで濡れた髪をごしごししながら台所に行って冷蔵庫から何か冷えた飲み物を、、と考えてハタと気づくテーブルの上の炭酸飲料のガラスの瓶。もう冷えてはいない。結露が下に落ち溜まって出来た水溜りの中に佇むガラス瓶を持ち上げ、ぽたぽた落ちる水滴を手のひらに受けながら炭酸飲料を口にふくんでみる。開封からたっぷり2時間半以上は経っている。すっかり炭酸が抜け切ってしまったその味に、

思わず小さく
「甘っ!」
と呟いた時のような
、、
a0199297_20264087.jpg
そんな
金曜日の教室
でした


a0199297_21460522.jpg
(どーいう意味だい?)



a0199297_21464804.jpg
(さあさっぱりわからんね)


 


f^^:





きょうから
福島市の風花画廊(かざはながろう)
で猫たちの展覧会が始まりました。



a0199297_21402482.jpeg

『猫をめぐる物語』
2017年10月6日(金)〜10月15日(日)
11:00 ~ 19:00(会期中無休)

「風花画廊」
福島県福島市荒井字横塚3-252
024-593-0450



出展作家

越後しの
加茂幸子
齋藤ナオ
スズキヨシカズ
樋口佳絵
三浦麻梨乃
矢島幸枝
吉川裕子

8人の作家が
猫への想いを綴った
8とおりの物語

いろんな猫たちに出逢える展覧会
です。


a0199297_21394989.jpg
「みにきてほしいニャん」






(微笑)











スゴく揺れた、、
地震だ
地震だ


by yoshikazusuzuky | 2017-10-07 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
子どもたちの教室が再開しているのですが
3週間半会えなかった空白の時間など存在しないかのように
3週間半前にお仕舞いになった「あの瞬間」からの続きが始まっただけのような
混乱するくらいに見慣れた教室風景なので画像に残すコトも忘れてしまうのでした。(は x 15.5回)

描く気満々の希望者のみで参加した、
今年の『東北の建築を描く』の展覧会。
参加した子どもたちは素晴らしい結果を残してくれましたが
「やりたくない」し「かきたくない」し「らいねんでイイや」と言う子が多数いたコトに
ヨシさんは、ちょっと考え込んでしまいました。
毎年「みんなで出そう!」と躍起になって
子どもたちにも自分にも忙しさを強いていたヨシさんは何だったのだろうとか?
やっぱり今年のように出したい子だけ出品すればイイのかなあとか?
ココは(一応)絵画教室なワケだから絵を描くのが好きな子とか絵を描くコトに興味のある子とかが集っているのだと思っているのですが、毎回の教室状況に「そこんとこホントはどうなのよ?」と質問したくなってしまうのですよヨシさんは。「自主性に任せる」或は「自主性を尊重する」と言うのは、ヨシさんが毎回やるコトを決めて下準備をしておかないと成立しない考え方なのだろうか?もっと習い事としての絵画教室にするのは容易いコトなのだけど、その方がイイのかなあ〜と考えてしまいます。それなら2時間も必要ないもんね。他の芸術系の習い事と同様に30分間とか長くて1時間の短時間集中型。そうなると子どもたちは自宅でも課題をこなしたり考えたりして来なければならないし、かなりの緊張感も必要になると思うのです。子どもたちはソレを望みはしないだろうと思うのです。

お金と場所と時間が欲しいね。(僕が信頼している方々の手助けも
何よりも欲しい)
3階建て以上の建物一軒丸ごと買い取ってフロアーごとに受け入れ態勢を整えて、
様々な状況にある様々な年齢の子どもたちを受け入れられる場所。
曜日も時間も関係無し。
本気で泣くほど描きたい子は泣かせてでも泣きながらでも描かせてあげるし
楽しくハミングしながら描きたい子はほわほわしながら描けばいい。
ただ居たい子はいつまででも居れば良いしね。
僕が高校3年生の時に出逢い、
僕を絵を描く世界へと導いてくれた画家 佐久間利正 氏の絵の教室がそうだった。
生徒はみな各自で入口の鍵を渡され持っていた。(それは一般の生徒さんも同じだった)
曜日に関係無く好きな時間に教室に来て好きなだけ絵を描いていられた。
僕は朝まで居たコトがある、、と言うかしょっちゅう朝まで居た。(「スズキ君のおかげで光熱費が大変だった」と佐久間先生が嬉しそうにこぼしていたと、ずっと後になってから知らされた)友だちと一緒に毛布にくるまって朝まで絵を描いていたコトもあったし、絵も描かず話しをして夜明かししたこともあった。
「僕」はあの場所で生まれ、
あの場所に育てられたのだと思のです。

まあそんな夢のような建物を実現する為には、
精神的にも物質的にも「イロイロなモノ」がたくさん必要になるので
甲斐性の無いボクには無理なのだろうなあ
と思ったりもするのです






昨日『風花画廊』に作品を搬入展示をした時に
題名カードの大きさと作品とのバランスが気になってしまったので
70%に縮小して作り直しました。

a0199297_22484462.jpg
こんどは
イイ感じに展示出来る
かな?



日曜日、この題名カードと一緒に
(昨日持って行くのを忘れてしまった)
『箱写真(はこしゃしん)』
も持って行きます。


a0199297_22514256.jpg
『箱写真(はこしゃしん)』
〜黒猫編〜




a0199297_22522726.jpg
(未発表の箱写真ニャ)



今回は猫の集会なので
黒猫価格で販売させていただきます

a0199297_22542342.jpg
(黒猫価格ってなんニャ?)


展示をお楽しみに









a0199297_21402482.jpeg

『猫をめぐる物語』
2017年10月6日(金)〜10月15日(日)
11:00 ~ 19:00(会期中無休)

「風花画廊」
福島県福島市荒井字横塚3-252
024-593-0450


越後しの
加茂幸子
齋藤ナオ
スズキヨシカズ
樋口佳絵
三浦麻梨乃
矢島幸枝
吉川裕子


8人の作家による
猫への想いを綴った物語
の展覧会は
明日開幕です








by yoshikazusuzuky | 2017-10-06 00:02 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)