ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:かいがきょうしつ リベラ( 972 )

僕の少年期の数少ない記憶を探ってみても、
小学6年生から中学一年生になるといきなり女の子が大人びて見えて
なんだか声もかけられないくらい遠い存在になってしまったように
感じたものですが、、うちの子たちときたら
いったいぜんたいどうしたコトなのでしょうか?(「うちの子」とは「リベラっ子」のコトですね)
きょうも中1女子にからまれるはからまれるは、、
もうひとりの子が学習塾の冬期講習を終えて来るまでの1時間、
たっぷりとからまれてへとへとに(精神的にボロボロに 笑)なってしまった僕でした。
もうホントに小っちゃな小っちゃな幼稚園の年少さんの頃からの
お付き合いも10年目ともなれば、
(対ヨシさんに関して言えば)思春期も何もあったモノではない、、と言うコト
なのでしょうね、、きっと?
いつだっかのブログにも書いたけど
「ヨシさんはヨシさんであって男でも女でもない」
のだそうですからね。(やれやれ)

ほんと疲れて(憑かれて?)f^^;へとへとの
ボロボロになった夜の中学生の教室でした。(ははははは)




先ずはいつもいつもの代わり映えしない教室の
この光景をご覧いただきます。

a0199297_20231233.jpg
何かお気づきになられた点はございましたでしょうか? (誰に話してんだ? 笑)

毎日見ている僕でさえも気づかずに
過ごしているのです。

いつ誰が置いたのか?
標本鉱物や化石の合間のあちらコチラにさりげなく、
道端に落ちている丸石や
教室駐車場の粉砕砂利が並べてあったりするのです。


コレとか、、
a0199297_20365539.jpg
(川流れのガラス片といっしょに心地よさ気ですね)


コレとか、、
a0199297_20373943.jpg
(カタツムリが抜けた殻も三葉虫のなかまのふりして並んでいますね)


コレも、、
a0199297_20381279.jpg
(雷水晶と似て非なるモノなのに兄弟のよう?)
*『雷水晶』とは落雷が地中の水晶を通り抜けるとき
                  水晶に溶解した痕跡(雷の通った痕)を
                  残したモノ


コレも、、
a0199297_20473047.jpg
(三葉虫を孕んだ硬質な岩盤のようです)


そして、
僕が駐車場で下地作りをした時の赤い絵具が付着した
コレもです。
a0199297_20503974.jpg
(なんだか願掛けしたくなる佇まいです)



子どもたちはこれらの石に何かを感じて室内に持って来て
この場所に置いたのでしょうね。

こうして仲間外になるワケでもなく自然と交じりあっている石になったモノたちを見ていると
「やっぱり石は区別なく石なんだよな」
と納得し、またさらに愛でたい気持ちになってしまうのでした。 (微笑)



なんだか生暖かな(生温かな?)雨降りの日でしたが、、
a0199297_21102515.jpg
夕方からグンと気温が下がりました。



a0199297_21134906.jpg
a0199297_21140583.jpg

風も
相変わらず強く吹いています

明朝は
冷え込みがキツくなりそうな気配
です



土曜日教室は明日が年内最後です。



順繰り順繰り

今年も残すところ一週間

となりました




(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2016-12-24 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
あまりの暖かさに
季節を勘違いしていまいそうな一日でした

a0199297_17300092.jpg
ギラギラな太陽光の
照返しが半端ではなかったです
。(車内温度急上昇でした)



教室の入口では
野良さんが、、
a0199297_17332083.jpg
仕合わせそうな顔をして
ひなたぼっこをしていました。


けっこう仲良しになれそうな気がするんだけど、、
a0199297_18030347.jpg
やっぱり野良さんは野良猫的感覚が曇るコトを懸念して
人間とのかかわりは極力避けるのでしょうか?(いつだったか「ニャーニャー」言いながら教室に
夜中入って来てくれたコトがあったのは、あれはどんな心境だったのかなあ?)


膝にのっけて
ゴロゴロゴロゴロ言わせたい
ものです

。 (^〜^)





教室に入って室内蛍光灯のスイッチを入れたらば
8本中3本がハレーションを起こしてチカチカチカチカ止まらなくなった
ので、、
a0199297_18075808.jpg
年末だし蛍光管を8本全部
交換しました

今日の教室は先週よりも
かなり明るかった筈なんだけど
なあ、、?
a0199297_18092048.jpg
それに気づいて
指摘してくれる子はいなかったねい。(ははは) f^^:




12月に入ってからの僕は、
ナニがナンだかワカラナイのだけれど
サルガッソ海の意志持つ藻に体を絡めとられて海底へと引きずり込まれているかの様に
覇気無く想像力にも貧困な毎日を送っており、
毎年子どもたちの為に準備するクリスマスの飾り付けのアイディアも
やっぱり何も思い浮かばないので
、、
a0199297_18424907.jpg
3色ボールペン画を描いてもらった
火曜日教室の子どもたち
でした



子どもたちも
けっこう夢中になってくれるので
面白いのですが、、
a0199297_18440920.jpg
「アヒルちゃん」 作画:イク(小1)


ね f^^:




a0199297_18490944.jpg

「赤青黒の三色は無敵なのだ!」


、、そうですね
Z さん



(ははは) f^^:






あまりにも暖かい一日だったので「大雪」という言葉が頭に浮かんでしまったのですが
夕方から(子どもたちの教室中から)雨が降り始めています。
いまは止んでいるけど夜空模様は、、う〜む?
明朝起きたら外は真っ白?とか考えると
おそろしおそろし。



あ、、パトさん帰宅です。






by yoshikazusuzuky | 2016-12-21 00:12 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
通過した自動車のタイヤに踏み割られても
なんども繰り返して
凍りついたのでしょう
、、
a0199297_13453477.jpg
そこいら一面
空の窓が外れて落ちたかのような
ありさまでした




星の宵、
蒼白い明け方でしたので
月の吐いたため息は
すべてのモノを
凍りつかせた様なのでした。




生徒さん方の一年間の頑張りをねぎらった
棚倉町々立図書館での教室を終えて正午過ぎに帰宅すると
、、
a0199297_13554239.jpg
黒猫のパトさんは
温室にいました。


「パトさん寒いから家の中に入りましょうか?」

そう声をかけながらパトさんの
黒くつややかな毛なみをなぞってみると
びっくりするくらいに温かでした。

陽のあたる時間では
家の中よりも温室が心地よさそうだったので、、
a0199297_13595139.jpg
「ふあにゃ〜ん」

、、と大あくびのパトさんは
そのまま温室にのこっての、
「ひなたぼっこ」
となりました



(ふあにゃ〜ん)






金曜日の子どもたちで
、、
a0199297_18523756.jpg
自画像描きも一巡します


今日は僕も
子どもたちといっしょに、、
a0199297_18550641.jpg
自画像を
描きましたよ


いやあ
子どもたちが自画像描きを忌み嫌う理由もワカラナイではないなあ
と思ったくらい、、
a0199297_19013236.jpg
自分で自分の顔に
ビックリしました。(としとったとしとった)




まあね、
自画像ですから自分が感じたまま描いてもらって
一向に構わないの
ですが、、
a0199297_19151079.jpg
(う〜む?)

でももう少しなんとかならないものか?
と思うけどならないんだなこれが!  f^^:

ある意味ヨシさんの自画像がいちばんつまらない顔してますしね。 (ははははは)


でもね、
こんな格好イイ一言が
ありました。
a0199297_19194683.jpg
6年生のオウガの一言
潔くて格好イイです。

ね、、パトさん!?


a0199297_19224413.jpg
「おうがカッコいいニャン」(パトさんんもシブくてカッコいいです)



(^〜^*






こんやは雪が降り続けております。
(さむいさむい)


明朝がすこし心配
(あわあわ)









by yoshikazusuzuky | 2016-12-17 00:02 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
ちょっとびっくりするくらいに大きくてふかふかした雪片が
ときどき空から落ちてくるのです。

ねえパトさん、
いまの雪片
大きかったよねい
a0199297_17505063.jpg
(凝視)

(にくきゅうにうけて「ぺろり」とやったら
あまいあじがするのかにゃあ?)




目覚めたら真っ白く雪景色、
そんな朝はもうすぐですね。(たぶん)





木曜日のふたりも
、、
a0199297_21185257.jpg
自画像描き
です


寒いだろうに、、
トレーナーを脱いで
a0199297_21210886.jpg
絵柄を観察、
忠実に再現中です
。 (^〜^)





a0199297_21224942.jpg

ヨシキちゃん(左)は
ことしからのリベラっ子なので
コレが第1枚目、

ハル坊(右)は2枚目の自画像
です

絵の中のハル坊も1年間で
現実世界でと同じに大っきく(園児☞小1)
なりました。  ^〜^)/(^〜^*





夜の教室は
2時間ぶっ通しで完全に座談会となってしまいました。

人生の先輩(特に女性側の視点)から学ぶべきコトは
多々あります。

勉強になりました、、と言うか
強い無力感(俺自身が無力であると言う意味)
に支配された2時間になりました。(学ぶコトと理解するコトは似て非なるモノ、、なのかな?)




あすの午前中は棚倉町々立図書館での教室です。

棚倉教室は明日が年内最後の教室となります。




では、

明日の子どもたちが使う画用紙を切り出したら
片付けして帰宅しようと思います。




雪が舞っています。



寒いね、、パト

。。。。

a0199297_17520827.jpg
。。。

。。





by yoshikazusuzuky | 2016-12-16 00:12 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
今朝は寝坊するコトなく
起床しましたので
、、(ごくあたりまえのコトをもっともらしく言ってみる)
a0199297_13373523.jpg
パトさんとすこしだけ
ひなたぼっこをしてから
出かけてきました


温室からパトさんが、、
a0199297_13380066.jpg
ぼくの後を送ってくれました。(微笑)




教室までの道すがら
田んぼや用水路の溜まり水が
「バチバチ」
に凍っていましたが(白河は氷点下でした)
陽光まぶしく輝いていれば大丈夫!
「やっぱり太陽はエラいなあ」
と思いながら自動車を運転しました




カメちゃんは遅刻などはしません。

定刻(午前10時10分前)
には必ず到着しています


a0199297_13401246.jpg

a0199297_13405230.jpg

カメちゃんきょうは下塗りでした。



a0199297_13411543.jpg

「なんだかふわりとわたがしのようだ」
(あるいは心象風景のようでもあります)




a0199297_13414664.jpg
黙々と絵具を塗り込んでいる
カメちゃんの後ろ姿をながめながら
そう思いました。



(微笑)




カメちゃん教室終了後はカズイ君が来る時刻まで
なんやかやと用足しに
白河中を走り回っておりました。「年末だから忙しい」と言うワケではなく
何故だか自分からすすんで用事を作ってしまうのです。
悪い癖です。(てへ)
亡くなった母がそうでした。
バリバリのキャリアウーマンだった母は
平日休日祭日祝日関係なく家にいたためしがありませんでした。
「血の為せる業」
なのかなあ。(てへへ)

話し変わりますが
「おいしくたべて健康づくり」の『シライシパン』(岩手県のパン屋さん)
の「長年愛されている山型食パンのサンドです」でおなじみの
『ネオトースト』はやっぱりめちゃめちゃ美味しいですね。

「うん美味しかった!」(もう食べちゃったから画像はないのです)(てへ)




あ、、

a0199297_23481934.jpg
月の虹だ




(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2016-12-13 00:35 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
「ねぼうしました」

あわてて飛び起きてコンタクトレンズを入れて(あ、僕はコンタクトを入れているのですが初めて眼鏡からコンタクトレンズになった日に子どもたちから「ヨシさんコンタクト似合わないね」と真顔で言われてとてもショックを受けました。ガ〜ン!)パトの食事を温室に準備してから僕のベッドで気持ち良さげに眠っていたパトを「ガバッ」と小脇に抱えて温室へ移動、、

a0199297_17005895.jpg
切羽詰まった顔の僕に
寝ぼけ眼(まなこ)で温室へと運ばれるパトさん
ベロをしまうの忘れています
f^^:




a0199297_17023952.jpg
「ごめんねごめんね
 行って来るからね
 ごめんね」とパトさんのあたまをくしゃくしゃにしてから車に飛び乗り
教室へと向かいました




教室到着は9時55分。(教室開始の5分前 ><)
すでに教室前には送迎の車が列をなし
入口では「わらわらわらわらわらわらわら」と子どもたち、
「ヨシさんおそい〜」「きょうしつさむい〜」
と口々に責め詰め寄られたヨシさんでした。(ううう)


「ごめんなさい
、、でした」(ふかぶかと反省)





12月の教室もあと3回を数えるのみとなりましたので
(今年も残り3週間かあ)今日からは、
リベラ毎年の恒例課題となっております
『自画像 ~将来の夢添え~』
を描きを始めました。


a0199297_17032783.jpg

a0199297_17035889.jpg

a0199297_17041247.jpg

a0199297_17043317.jpg

a0199297_17045470.jpg

a0199297_17050992.jpg






もちろん、、
a0199297_21183932.jpg

a0199297_21185220.jpg

中高生も自画像を描きます




みんな今年はどんな『夢』を
見せてくれるのでしょうか?


「夢はない」と書くリベラっ子が毎年増え続けてしています。

無制限に夢見るコトは
万人に許された贈りモノです。

a0199297_21193375.jpg

a0199297_21194738.jpg
「夢を想い描いてほしいなあ」

毎年この時期ヨシさんは
切実にそう願うのです。




『将来の夢』のお話しはコチラから ↓


さていちにち雪が舞っていた土曜日も仕舞いとなりましたので
(一週間お疲れさまでした)もちろん明日は日曜日です








by yoshikazusuzuky | 2016-12-11 00:05 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
夜通し降っていた
雨も、、
a0199297_11245394.jpg
朝には上がっていました
a0199297_11251996.jpg
(しらかわから望む
那須連山の頂の雪が消えていました)





リベラ教室の
赤いポスト、、
a0199297_11261724.jpg
(南部鉄器の鋳物)


重い蓋を「よっこらしょ」と持ち上げたら
一通の手紙が、、

a0199297_11271759.jpg
瞬時によみがえる記憶
「ヨシさんわたしがかえったらポストあけてね」
し、、しまった!(ううう)
土曜日教室のS・Aちゃんからそう言われていたのを思い出した、、いまごろ(ううう)

手紙を開くと、、
a0199297_11314854.jpg
なんか自己嫌悪に陥りそうなくらいに素直な文面が
老眼なヨシさんを気づかう大きな字で書かれていました。(うううううううううううううううううううううう)

「ごめんねS・Aちゃん」

「そしてS・Aちゃんおてがみありがとう」 (びしょう)




「ボクの目はスケールなんだよ」

カメちゃん語録? (微笑)



a0199297_11322992.jpg
カメちゃんは P20号のキャンバスをつかって新作の下描きに入りました。

『青い薔薇』
を描くのだそう
です



滞るコト無く動き続ける鉛筆について話していたとき、、
a0199297_11324423.jpg
「ボクの目はスケールなんだよ」

カメちゃんがそう言ったのでした。



真っ白キャンバスは
カメちゃんの目には「無」とは映っていないと言うコトですね。


a0199297_11525030.jpg

真っ白いキャンバスの中にカメちゃんは
神秘的に咲き誇る青い薔薇たちを見ているのです。


また月曜日のワクワクするような楽しみが始まりました。



(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2016-12-06 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
うちの子自慢をします。(微笑)

来年2017年1月21日(土)・22日(日)の両日に白河文化交流館コミネスにて開催される
「しらかわ演劇塾」(一般クラス)の第一回公演、
『新・私の家の太陽』の宣伝ポスターの絵を
リベラっ子でもあるヨシキちゃん(マキタヨシキ・小2)が描きました。



a0199297_19533740.jpg


        耳を澄ませてください。
         心を開いてください。
聞こえてきませんか?花たちの声が . . .

白河で創り、白河から発信する、、
これは、震災後の福島県に生きる、すべての生きとし生けるもの達に捧げる物語です。


、、とは
広告に添えられた言葉
です




『しらかわ演劇塾(一般クラス)』第一回公演
新・私の家の太陽    原作:岩田 隼
           脚本・演出:十文字 律子
                 和知 健明

2017年1月21日(土)14:00開演(13:30開場)
             18:00開演(17:30開場)
2017年1月22日(日)11:00開演(10:30開場) 全3回公演*上演予定時間約90分

会場:白河文化交流館コミネス(小ホール) チケット(全席自由)大人:1,000円
                              高校生以下:500円

問い合わせ:しらかわ演劇塾事務局(ダルライザープランニング内)
      TEL・FAX:0248−21−5336
     :白河文化交流館コミネス
      TEL:0248−23−5300(9:00〜21:00 火曜日定休)



ヨシキちゃん
素敵な向日葵が描けたね! (微笑)

a0199297_19551421.jpg
ヨシキちゃん
ステキなヒマワリがえがけたね! (^〜^)



リベラ教室にもポスターが貼ってあります。
大きな大きなポスターです。
白河の町あちこちでもポスターを見かけるコトがあると思います。
見かけたら足を留めて
ヨシキちゃんの向日葵を見て下さい。

元気になれる
ヨシキちゃんの大きな向日葵です。




(微笑)







by yoshikazusuzuky | 2016-12-05 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
冬の陽が落とす影は
、、
a0199297_17350935.jpg
冬の色を映します




粗いけれども滑らかな
光の粒子の中に存在するモノたちは
、、
a0199297_17354383.jpg
「月光」にプリントされた
モノクロームの写真の様です

(微笑)






午前中も午後からも
久し振りに賑やかな土曜日
小学生の教室になりました

a0199297_18415838.jpg


a0199297_18421991.jpg


a0199297_18423562.jpg

a0199297_18425571.jpg


a0199297_18432294.jpg


面白いですね。 (^〜^)



ツキナミな言い方ですが
『十人十色』
、、
a0199297_21163345.jpg
同じモノが同じ様に描かれるコトがない絵画とは
ナンと素晴らしい表現なのでしょう。 (^〜^* 





明日27日(日)、
参加させていただいている
『風花画廊 collection 展』が
最終日を迎えます。

『風花画廊 collection 2016』
2016年11月18日(金)〜11月27日(日)
午前11時〜午後6時(会期中無休)

961−2156
福島県福島市荒井字横塚3−252
TEL:024−593−0450


出品作家

絵画 :齋藤ナオ 斎藤真実 スズキヨシカズ
硝子 :伊藤嘉輝
木、漆:遠藤 翔 木内啓樹 小関敏明 原  清
彫刻 :加茂幸子
陶芸 :金山 忍 後藤五木 志賀暁吉 島見美由紀 吉川裕子
版画 :三浦麻梨乃



僕は明日は埼玉県にいます。
『吉岡正人 展』〜永遠なる物語をつむぐ画家〜
を観に行ってきます。
明日は吉岡正人先生のミュージアムトークも開催されるのです。



最終日の風花画廊には残念ながら在廊出来ませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。



(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2016-11-27 00:02 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
教室で使っている会議室用長テーブルの裏側に黄色いガムテープで100万円の束が二つ(200万円ですね!)貼り付けられているのを見つけた夢を見てビックリして目を覚ましました。なぜビックリしたのかと言えば100万円の束を見た途端にそのお金が良くないお金であるコトを瞬時に感じ取ってしまったからなのでした。一日の始まりに何て夢を見ているのだろうかとバカらしくて起きがけにひとり苦笑いしてしまったのでした。(はははははぁ〜脱力感)


朝方には気温が氷点下3℃まで下がり
冷え込みがキツかったのですから、、
a0199297_19595537.jpg
軒先には3cmほどの小っちゃくて可愛らしい氷柱(つらら)が生えていたのでした。



本日のパトさん

午前中は青空が広がっていたので(午前中僕は棚倉町での教室でした)
温室で、、
a0199297_20022638.jpg
伸び〜〜〜〜〜〜って
伸び切って、
機嫌良く留守番してくれて
いたのでした


a0199297_20081329.jpg
(ふあぁ〜い)



(微笑)






昨日から仙台市でもう一つの展覧会が始まりました。

第10回『東北の建築を描く展・入賞者作品展』が
「東北工業大学一番町ロビーギャラリー」(宮城県仙台市青葉区一番町1-3-1)
で開幕しました。http://suzuky.exblog.jp/23307847/

リベラっ子からの展示は、、


サカウエアオイ(小2)
『特別賞受賞』
a0199297_19291209.jpg


『おねがいごとをした日』
(山本不動尊)




サクライカナメ(小3)
『特別賞受賞』
a0199297_19390467.jpg


『僕らが描いた大きな夢』
(コミネス壁画)




イズミコウキ(小5)
『優秀賞受賞』
a0199297_20014034.jpg


『白いお蔵の赤い扉』
(七日町通り)




クボキコハナ(小5)
『学長賞(小学生の部)受賞』
a0199297_20025606.jpg


『城門に向かって』
(小峰城)




アカギカレン(小6)
『特別賞受賞』
a0199297_20044720.jpg


『橋の下の宮殿』




ハンザワソラ(小6)
『大賞(小学生の部)受賞』
a0199297_20054664.jpg


『かつて船小屋があった場所』
(小名浜漁港)




サイトウリュウノスケ(中1)
『学長賞(中学生の部)受賞』
a0199297_16590531.jpg


『守るために』




アオキエマ(中3)
『特別賞受賞』
a0199297_17050184.jpg


『時間(とき)を踏む』
(鹿島神社)




小学生6名
中学生2名の計8名の作品です。




どうぞよろしくお願いいたします。 (^〜^)













金曜日の教室
でした

a0199297_20115471.jpg


a0199297_20120956.jpg




描き始めて3週目なので
モチーフにしていた野菜はどれも
しなしなしなぁ〜っと萎びれてしまいましたが
、、

a0199297_20122068.jpg

子どもらの描いた野菜たちは
いまだぴちぴち色鮮やかに
瑞々しさを保っているのです。


(^〜^)





さてそろそろこの課題も仕舞いにしてリベラのクリスマス飾り作りにも取りかかりたいところです。

今年はどんなのにしようかなあと考えちゅうです。 (^〜^)







あすは土曜日です。
久し振りに全員揃っての教室になるとイイなあ。




(^〜^)







by yoshikazusuzuky | 2016-11-26 00:03 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)