ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:かいがきょうしつ リベラ( 1057 )

僕は、ここの小学校と幼稚園に8年間通いました。
a0199297_1929515.jpg
通いましたと言っても、

もちろん生徒としてではなく、

図工のお手伝いをしに通いました。

幼稚園の体育館が新築された時は、

その体育館で『一日だけの不思議の博物館』と言う展覧会(個展と創作お話会)も開いたコトがありましたね。

語り口ががちょっとだけ過去形なのは、ここ2年ほどは他の小学校におじゃまする機会も多くなったので、ご無沙汰していたのです。


今回は3年生のひとクラスに(ひとクラスしかないのですが)おじゃまして来ました。

前回会ったのは、みんなが1年生の時だったから「もしかしたら忘れられちゃってるかもしれないな?」と少しだけ緊張して2階の教室へと向かったんだけど、、、
すごくすごくステキな笑顔と笑い声で出迎えてもらえました。(微笑)
みんなが僕を憶えていてくれました。
みんなが僕を憶えていてくれるのって、、「なんだか『永遠』みたいだ」、、と、ひとり感激に浸りながら授業開始です。

今回は、『まほうののりもの』と言うお題です。

実は、みんなはこのテーマですでに一度、絵を描き上げているのです。
だから子どもたちにしたら同じテーマの絵を2回描くコトになるのですが、、(いろいろ事情がありまして 笑)、、もちろん子どもたちを飽きさせるようなコトはいたしません。
前回は、各自が自由なモチーフを選んで作画したそうなので、今回は題材を統一するコトにしました。

教室の窓辺に金魚が飼われていたので『金魚』に一役買ってもらうコトにしたのです。

「金魚がみんなにお世話になっているお礼をしたいと言ってるよ、、、」

「金魚が乗り物になってみんなを乗せて、、みんなを不思議な世界へと案内してくれるんだってさ!」

「さあ!? 金魚はみんなをどこに連れて行ってくれるんだろう?」

というわけで、、、みんなの絵です。

a0199297_2011752.jpg
a0199297_20152880.jpg

a0199297_2058725.jpga0199297_2018394.jpg
a0199297_20351738.jpga0199297_20555390.jpg
a0199297_20221539.jpg
a0199297_20331848.jpg
a0199297_2051012.jpg

a0199297_2115620.jpg
a0199297_21115755.jpg
















というわけで

(写真を上手く並べられずに、、並びが「ガチャガチャ」で観にくくはありましたが、、、)

みんなの絵でした。


なんだかんだ言っても、やっぱり子どもたちが内に秘めたアイディアと想像力は無尽蔵です。


「金魚がこんなに大変身するんだもんなあ〜〜〜」


子どもたちは自分が考えた金魚の『まほうののりもの』に乗って、いろんな世界に旅する夢とか観ながら眠ったのかなあ?


素敵な夢をね!


(^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2011-10-13 23:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
              
                  「おかえりなさい」

              リベラのひまわりが帰って来ました。


                  「おかえりなさい」

             遠く遠く茨城県は石岡市まで旅した種は、
          その新しい土地の「土」と「水」と「光」と「風」と、、
                     そして、
        育ててくれた彼女の愛情もいっぱいその身に蓄えて
                  新たなる未来へとその命を繋いだのでした。


            彼女が送ってくれた写真とメッセージを添えます。

                     (微笑)


a0199297_17345053.jpg


         『リベラからやってきた種たちが、リベラにもどりました!』



                    「アリガトウ」


            「アタタカナ アタタカナ モノヲ、、 アリガトウ」



                     (ホホエム)
by yoshikazusuzuky | 2011-10-10 21:50 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
小学生31名による31通りに修復された小峰城の姿はいかがでしたか?

同じ写真を見て描いても、一枚として同じ絵は出来ないのですね。
a0199297_17104239.jpg

31名の31通りの表現方法による作品たち、、、。
展覧会(コンクール)という性格上の「入選」「選外」の評価はありましたが、それは決して作品の内容を否定されたモノではありませんからね。
審査員の先生方の心の中に、31名の子どもたち全員の気持ちはしっかりと印象されたのではないかな? 
、、、と僕は思います。

この画面を通して子どもたちの絵を見て下さっている皆さんも、これらすべての作品の内、どの15点が「入選」で、どの16点が「選外」か? なんて、きっと解らないと思うのですが、、、どうですか?

ここにあるすべての作品は素晴らしい作品ばかりです! (^〜^)


では、今日は 総集編 として子どもたちの作品を一挙公開です!


子どもたちの溢れんばかりのパワーを感じて下さい!!


(^〜^)(^〜^)(^〜^)





a0199297_16222636.jpg

                   アオイちゃん(小2)


a0199297_16244227.jpg

                   ヒマリちゃん(小2)


a0199297_16291280.jpg

                    ケンセイ(小4)


a0199297_16305796.jpg

                   カンタロウ(小2)


a0199297_16321024.jpg

                   リュウノスケ(小2)


a0199297_1633559.jpg

                   シズクちゃん(小3)


a0199297_19592413.jpg

                  チヒロちゃん(小5)


a0199297_2014460.jpg

                  ケイノちゃん(小4)


a0199297_2024388.jpg

                  アヤナちゃん(小3)


a0199297_2033351.jpg

                  アイカちゃん(小5)


a0199297_2044549.jpg

                   ヨシアキ(小6)


a0199297_2054782.jpg

                  カレンちゃん(小3)


a0199297_2064289.jpg

                  カミヤマユウタ(小6)


a0199297_2083911.jpg

                     カイト(小2)


a0199297_2094477.jpg

                   ミサキちゃん(小2)


a0199297_2011216.jpg

                   イクリちゃん(小2)


a0199297_20124185.jpg

                   マリンちゃん(小5)


a0199297_2014526.jpg

                    ハヤト(小3)


a0199297_20145583.jpg

                    ツバサ(小5)


a0199297_20153447.jpg

                   スズちゃん(小5)


a0199297_20161269.jpg

                  ダイキちゃん(小5)


a0199297_2019128.jpg

                    テルくん(小2)


a0199297_20203955.jpg

                    タケル(小4)


a0199297_20212874.jpg

                    サトシ(小2)


a0199297_20223957.jpg

                   カスミちゃん(小4)


a0199297_20233929.jpg

                   チグサちゃん(小4)


a0199297_20273856.jpg

                   マコちゃん(小4)


a0199297_20283339.jpg

                   シュンちゃん(小4)


a0199297_2030594.jpg

                   ソウイチロウ(小4)


a0199297_20305351.jpg

                   ヨコムラユウタ(小4)


a0199297_20315898.jpg

                   ミナちゃん(小5)



               『絵にできるコト』
    〜みんなでチカラを合わせて
      こわれたお城山を作り直そう!〜




『東北の建築を描く展』は10月28日(金)〜11月2日(水)まで『せんだいメディアテーク6Fギャラリーa』(仙台市青葉区春日町2−1/TEL:022−713−3171)にて展示されます。入館時間は10:00〜19:00(最終日は16:00まで)です。

入賞者(特別賞4名)の表彰式は10月29日(土)13:00から同会場において行なわれます。

なお、入賞者の作品は11月25日(金)〜30日(水)まで東北工業大学『一番町ロビー』1階ギャラリー(仙台市青葉区一番町1−3−1)に展示されます。




                   お知らせ

あしたの幻燈画室では、、、今月4日(火)より10日(月)まで四国は『松山三越』で開催されている『齋藤ナオ』の個展の様子を紹介しますよ。 ちなみに明日8日(土)の午後より最終日10日(月.祝日)までの3日間は『齋藤ナオ』本人が会場に詰めています。

a0199297_1710090.jpg

                十日月と三日月 〜ふたつ月〜


            『齋藤ナオ』ファンの方、どうぞお楽しみに!


                    (^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2011-10-07 23:10 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
『東北の建築を描く展(小学生作品)5』

子どもたちの作品を紹介する5回目です。

きょう紹介する5名で、
展覧会に出品した小学生31名全員の作品を紹介したコトになります。

かいがきょうしつリベラから計40名(41作品)が出品し、22名(22作品)が入選を果たしました。入選作品22点の中から、小学3年生のカレンちゃんと小学2年生のサトシ、中学2年生のユメヒト、高校1年生のチアキちゃんの4名が『特別賞』を受賞しました。

入選作品は10月28日(金)〜11月2日(水)まで『せんだいメディアテーク6Fギャラリーa』(仙台市青葉区春日町2−1/TEL:022−713−3171)にて展示されます。入館時間は10:00〜19:00(最終日は16:00まで)です。

入賞者(特別賞4名)の表彰式は10月29日(土)13:00から同会場において行なわれます。

なお、入賞者の作品は11月25日(金)〜30日(水)まで東北工業大学一番町ロビー1階ギャラリー(仙台市青葉区一番町1−3−1)に展示されます。

どの作品も素晴らしい作品ばかりです。
ぜひ展覧会に足を運んでいただければ、、、と思います。


「子どもたちの絵を楽しんで下さい?」


(^〜^)




a0199297_20273856.jpg

                   マコちゃん(小4)


a0199297_20283339.jpg

                   シュンちゃん(小4)


a0199297_2030594.jpg

                   ソウイチロウ(小4)


a0199297_20305351.jpg

                   ヨコムラユウタ(小4)


a0199297_20315898.jpg

                   ミナちゃん(小5)








例年ならば白河市の様々な建物を写真に撮り、それぞれがその中から描きたい建物の写真を選んでもらって描いているのですが、今年は『小峰城』のみを題材にして制作してもらいました。
a0199297_17104239.jpg

              使用したのはこの白黒写真のみです。

子どもたちは毎週、例外なくこの写真を見ながら、壊れてしまった小峰城の修復作業を絵の中で行なったのです。
それぞれが、それぞれの気持ちを込めて、小峰城を自分の小峰城として修復したのです。(上手に表現できないけれど、、、そう言うコトです)

『題名』も全員が同じ題名です。


               『絵にできるコト』
    〜みんなでチカラを合わせて
      こわれたお城山を作り直そう!〜



これが、子どもたちの素晴らしい作品の『題名』です! (^〜^)






明日は子どもたちの絵を一挙公開!『総集編』をお送りしますよ。

どうぞお楽しみに!

by yoshikazusuzuky | 2011-10-06 23:32 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
『東北の建築を描く展(小学生作品)4』

子どもたちの作品を紹介する4回目です。

かいがきょうしつリベラから計40名(41作品)が出品し、22名(22作品)が入選を果たしました。入選作品22点の中から、小学3年生のカレンちゃんと小学2年生のサトシ、中学2年生のユメヒト、高校1年生のチアキちゃんの4名が『特別賞』を受賞しました。

入選作品は10月28日(金)〜11月2日(水)まで『せんだいメディアテーク6Fギャラリーa』(仙台市青葉区春日町2−1/TEL:022−713−3171)にて展示されます。入館時間は10:00〜19:00(最終日は16:00まで)です。

入賞者(特別賞4名)の表彰式は10月29日(土)13:00から同会場において行なわれます。

なお、入賞者の作品は11月25日(金)〜30日(水)まで東北工業大学一番町ロビー1階ギャラリー(仙台市青葉区一番町1−3−1)に展示されます。

どの作品も素晴らしい作品ばかりです。
ぜひ展覧会に足を運んでいただければ、、、と思います。


「子どもたちの絵を楽しんで下さい!」


(^〜^)




a0199297_2019128.jpg

                    テルくん(小2)


a0199297_20203955.jpg

                    タケル(小4)


a0199297_20212874.jpg

                    サトシ(小2)


a0199297_20223957.jpg

                   カスミちゃん(小4)


a0199297_20233929.jpg

                   チグサちゃん(小4)






例年ならば白河市の様々な建物を写真に撮り、それぞれがその中から描きたい建物の写真を選んでもらって描いているのですが、今年は『小峰城』のみを題材にして制作してもらいました。
a0199297_17104239.jpg

               使用したのはこの白黒写真です。

子どもたちは毎週、例外なくこの写真を見ながら、壊れてしまった小峰城の修復作業を絵の中で行なったのです。
それぞれが、それぞれの気持ちを込めて、小峰城を自分の小峰城として修復したのです。(上手に表現できないけれど、、、そう言うコトです)

『題名』も全員が同じ題名です。


               『絵にできるコト』
    〜みんなでチカラを合わせて
      こわれたお城山を作り直そう!〜



これが、子どもたちの素晴らしい作品の『題名』です! (^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2011-10-05 23:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
『東北の建築を描く展(小学生作品)3』

子どもたちの作品を紹介する3回目です。

かいがきょうしつリベラから計40名(41作品)が出品し、22名(22作品)が入選を果たしました。入選作品22点の中から、小学3年生のカレンちゃんと小学2年生のサトシ、中学2年生のユメヒト、高校1年生のチアキちゃんの4名が『特別賞』を受賞しました。

入選作品は10月28日(金)〜11月2日(水)まで『せんだいメディアテーク6Fギャラリーa』(仙台市青葉区春日町2−1/TEL:022−713−3171)にて展示されます。入館時間は10:00〜19:00(最終日は16:00まで)です。

入賞者(特別賞4名)の表彰式は10月29日(土)13:00から同会場において行なわれます。

なお、入賞者の作品は11月25日(金)〜30日(水)まで東北工業大学一番町ロビー1階ギャラリー(仙台市青葉区一番町1−3−1)に展示されます。

どの作品も素晴らしい作品ばかりです。
ぜひ展覧会に足を運んでいただければ、、、と思います。


「子どもたちの絵を楽しんで下さい!」


(^〜^)




a0199297_2083911.jpg

                     カイト(小2)


a0199297_2094477.jpg

                   ミサキちゃん(小2)


a0199297_2011216.jpg

                   イクリちゃん(小2)


a0199297_20124185.jpg

                   マリンちゃん(小5)


a0199297_2014526.jpg

                    ハヤト(小3)


a0199297_20145583.jpg

                    ツバサ(小5)


a0199297_20153447.jpg

                   スズちゃん(小5)


a0199297_20161269.jpg

                  ダイキちゃん(小5)





例年ならば白河市の様々な建物を写真に撮り、それぞれがその中から描きたい建物の写真を選んでもらって描いているのですが、今年は『小峰城』のみを題材にして制作してもらいました。
a0199297_17104239.jpg

               使用したのはこの白黒写真です。

子どもたちは毎週、例外なくこの写真を見ながら、壊れてしまった小峰城の修復作業を絵の中で行なったのです。
それぞれが、それぞれの気持ちを込めて、小峰城を自分の小峰城として修復したのです。(上手に表現できないけれど、、、そう言うコトです)

『題名』も全員が同じ題名です。


               『絵にできるコト』
    〜みんなでチカラを合わせて
      こわれたお城山を作り直そう!〜



これが、子どもたちの素晴らしい作品の『題名』です! (^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2011-10-04 23:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
『東北の建築を描く展(小学生作品)2』

子どもたちの作品を紹介する2回目です。

かいがきょうしつリベラから計40名(41作品)が出品し、22名(22作品)が入選を果たしました。入選作品22点の中から、小学3年生のカレンちゃんと小学2年生のサトシ、中学2年生のユメヒト、高校1年生のチアキちゃんの4名が『特別賞』を受賞しました。

入選作品は10月28日(金)〜11月2日(水)まで『せんだいメディアテーク6Fギャラリーa』(仙台市青葉区春日町2−1/TEL:022−713−3171)にて展示されます。入館時間は10:00〜19:00(最終日は16:00まで)です。

入賞者(特別賞4名)の表彰式は10月29日(土)13:00から同会場において行なわれます。

なお、入賞者の作品は11月25日(金)〜30日(水)まで東北工業大学一番町ロビー1階ギャラリー(仙台市青葉区一番町1−3−1)に展示されます。

どの作品も素晴らしい作品ばかりです。
ぜひ展覧会に足を運んでいただければ、、、と思います。


「子どもたちの絵を楽しんで下さい!」


(^〜^)




a0199297_19592413.jpg

                  チヒロちゃん(小5)


a0199297_2014460.jpg

                  ケイノちゃん(小4)


a0199297_2024388.jpg

                  アヤナちゃん(小3)


a0199297_2033351.jpg

                  アイカちゃん(小5)


a0199297_2044549.jpg

                   ヨシアキ(小6)


a0199297_2054782.jpg

                  カレンちゃん(小3)


a0199297_2064289.jpg

                  カミヤマユウタ(小6)






例年ならば白河市の様々な建物を写真に撮り、それぞれがその中から描きたい建物の写真を選んでもらって描いているのですが、今年は『小峰城』のみを題材にして制作してもらいました。
a0199297_17104239.jpg

               使用したのはこの白黒写真です。

子どもたちは毎週、例外なくこの写真を見ながら、壊れてしまった小峰城の修復作業を絵の中で行なったのです。
それぞれが、それぞれの気持ちを込めて、小峰城を自分の小峰城として修復したのです。(上手に表現できないけれど、、、そう言うコトです)

『題名』も全員が同じ題名です。


               『絵にできるコト』
    〜みんなでチカラを合わせて
      こわれたお城山を作り直そう!〜



これが、子どもたちの素晴らしい作品の『題名』です! (^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2011-10-03 23:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(4)
『東北の建築を描く展(小学生作品)1』

9月26日(月)、展覧会事務局より『第5回 東北の建築を描く展』の審査結果が届きました。

小学生:31名(31作品)出品中、15名(15作品)入選。
中学生:2名(2作品)出品中、2名(2作品)入選。
高校生:2名(2作品)出品中、1名(1作品)入選。
一般:5名(6作品)出品中、4名(4作品)入選。

かいがきょうしつリベラから計40名(41作品)が出品し、22名(22作品)が入選を果たしました。
入選作品22点の中から、小学3年生のカレンちゃんと小学2年生のサトシ、中学2年生のユメヒト、高校1年生のチアキちゃんの4名が『特別賞』を受賞しました。

今日から毎日、小学生の作品を紹介しますね。

どの作品も素晴らしい作品ばかりですよ。


「子どもたちの絵を楽しんで下さい!」


(^〜^)





a0199297_16222636.jpg

                   アオイちゃん(小2)


a0199297_16244227.jpg

                   ヒマリちゃん(小2)


a0199297_16291280.jpg

                    ケンセイ(小4)


a0199297_16305796.jpg

                   カンタロウ(小2)


a0199297_16321024.jpg

                   リュウノスケ(小2)


a0199297_1633559.jpg

                   シズクちゃん(小3)






例年ならば白河市の様々な建物を写真に撮り、それぞれがその中から描きたい建物の写真を選んでもらって描いているのですが、今年は『小峰城』のみを題材にして制作してもらいました。
a0199297_17104239.jpg

              使用したのはこの白黒写真のみです。

子どもたちは毎週、例外なくこの写真を見ながら、壊れてしまった小峰城の修復作業を絵の中で行なったのです。
それぞれが、それぞれの気持ちを込めて、小峰城を自分の小峰城として修復したのです。(上手に表現できないけれど、、、そう言うコトです)

『題名』も全員が同じ題名です。


               『絵にできるコト』
    〜みんなでチカラを合わせて
      こわれたお城山を作り直そう!〜



これが、子どもたちの素晴らしい作品の『題名』です! (^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2011-10-02 23:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)

先月は小学校図工授業のお手伝いに行ってました。


a0199297_1047316.jpg
a0199297_10575796.jpg小学生の頃は
「どうやって学校を休むか、、」ってコトしか考えていなかったけど(笑)

a0199297_110377.jpg
いま冷静になって小学校の中を見回すと、「なんて楽しい世界なんでしょう!」と思えるのは勉強もテストもないからだね、、、きっとね。(笑)

a0199297_113177.jpg僕の場合、
非常に限定された
狭い範囲での
偏愛的な
感情ではありますがね。

(苦笑)

校内をくまなく歩き回ったりしたら怒られそうなので、教室のあるフロアーまでの短区間でしか探索(探るなよ! 笑)は出来ないけれど、そんな短い道程の間にもあちこちで様々なモノたちに引き止められてしまうほどに、『素敵』にあふれる世界です。


この小学校では毎年4年生を担当させていただいてます。
a0199297_11211672.jpg
今年の4年生はどんな4年生かなあ? (微笑)
a0199297_1120964.jpg
今年のテーマはね、、

『まほうの力を
    もつ時計』


です。

配られたプリントには短いお話が書かれているので転載します。


〜言葉やお話しから想ぞうしたことをくふうしてかく〜

『月のきれいなある夜、まほう使いがおもしろい形の時計をあなたにとどけてくれた。時計をすきな時こくにセットしてねむったら、とてもふしぎなことがおきた。 さて、どんなことがおきたのだろう? 夜中の2時にセットして、チクタク、チクタク、、、。』

こんなお話しです。

そして子どもたちが描いた『まほうの時計』たちがこちら。
a0199297_1140872.jpg
a0199297_1142459.jpg
a0199297_11423796.jpg

「ナシはナシだから!」
(何でもアリだから!)

『こうでなければならない』なんて考えにとらわれてはダメ!
絵は自由なモノなんだからね!

、、なんていう前説など、子どもたちには必要無いですね。
a0199297_1214291.jpg
a0199297_11412538.jpg


子どもたちそれぞれの前に置かれた、
四つ切りの大きなセピア色のコットマン紙は「どんどんどんどん」不思議な魔法たちでうずめられていったのでした。(微笑)a0199297_11525650.jpg
a0199297_12193369.jpg














「おもしろいでしょう?」

「ふしぎでしょう?」

(微笑)


たくさんのかくさんの不思議な不思議な時計たちですよね。

a0199297_139626.jpga0199297_1392384.jpg













この『魔法の時計』たちは、みんなをどんな時空に存在する、どんな世界へと導いてくれるのだろうか?

今年も4年生の子どもたちから、たくさんのインスピレーションをもらったのでした。


(微笑)





追伸:

       最終日、子どもたちに『繋がる絵』を見てもらいましたよ。

a0199297_1357557.jpg


「子どもたちが子どもたちの描いた絵に歓声をあげている光景というのはとてもとても素晴らしい光景ではないですか!?」、、、と僕はひとり感動してソレを眺めていたのでした。 (微笑)



さあ、いよいよ次回からは『東北の建築を描く展』に出品した小学生のみんなの作品を紹介しますよ。
たいへん長らくお待たせしてしまいましたが、「待ってでも観れてよかった!」と思えるような素晴らしい作品ばかりです。

どうぞお楽しみに!


(微笑)



 
by yoshikazusuzuky | 2011-10-01 23:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
先週の金曜日は仙台に絵の搬入に行って教室をお休みしたので、
秋分の日の今日でしたが午前中は子どもたちの教室でした。

、、、とそこに大きな段ボール箱のお届けものがありました。
a0199297_202802.jpg

子どもたちに急かされながら

その段ボール箱の

封を開けると、、、



「わわわわわわぁwwwwwwwwwwwwっ!」

子どもたちの歓声とともに
でてくるでてくる!
たくさんたくさんのお菓子です!!

「びっくりです!」

子どもたちばかりでなく僕もビックリでした。

差出人欄に書き込まれたお名前は、初めてのお名前。
添えられた手紙にはこんなふうに綴られていました。(以下いただいたお手紙より抜粋です)

『はじめまして、、、(中略)、、、リベラ絵画教室のブログを拝見させていただいております。私の親戚は白河と石川に、、、(中略)、、、友人は南相馬に住んでおり、皆、不安な日々を送っています。こんな時に、「リベラのひまわり」や「繋がる絵」を見させていただき、リベラの子供達から、元気をもらっています、、、(中略)、、、少しですが、お菓子を送りますので、子供たちと楽しんで下さい。何か、私にも出来ることがあれば、協力させて下さい。、、、(中略)、、、一日も早く、安心して生活できる環境と、皆の笑顔が続くことを願っています。』

a0199297_20491466.jpg
そしてお菓子と手紙の他にもう一つ。

この方のお母さまが
「明日への希望」をこめて
手づくりして下さった
お地蔵さまが二人、、、。


「うわぁ^^^^^^^かわいい^^^^^^^^!」

「おいおいこわれちゃうから、、」
と心配して掌を宙に泳がせてしまうほどに子どもたちは大喜びでお地蔵さまを取り合い握りしめましたよ。 (微笑)

「ヨシさんすぐにお礼しなきゃダメじゃん!」
(おいおい)
でもその通りですね。

さっそく手紙に記されていたメールアドレスにお礼のメールを書きました。
そのメールに添えられた写真がこの二枚です。
a0199297_20581877.jpg
a0199297_20585354.jpg

















いつもは顔が写らないように撮るんですが今回は「イイからこのまま撮って!」と子どもたちに言われてソレに従いました。
「だよね!」
「この笑顔を伝えないわけにはいかないね!」

(微笑)


とても心が温かになりました。

家の雨漏りのことも何やかやも、、、ひと時わすれてしまえるくらいに、

幸せな気持ちになりました。


こころからこころから、、、ありがとうございました。
by yoshikazusuzuky | 2011-09-23 21:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)