ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:日常( 148 )

カテゴリ『日常』に分類されるのか
どうなのか?
それは「不明」ですが
、、
a0199297_23213811.jpg

a0199297_23220744.jpg

a0199297_23222446.jpg

「カナダの熊」
です
。(正確には
「木彫りのカナダの熊」
です)


高校の先輩から修学旅行のお土産にもらったタイちゃんが
「ヨシさんあげる」
とくれました
a0199297_23301323.jpg
「もらっちゃってイイのかな?」とか言いながら
もらっちゃったヨシさん。(ははは) f^^:


「だって可愛かったんだもの」 (^〜^*


カナダだから「グリズリーベア」なのでしょうが
トコロかわればクマかわる
木彫りのクマのナイフ使いのテクニックも
かわるモノですね。(子どものころに観た
『グリズリー』
って映画コワかったなあ)






ヨシキちゃんとハル坊の時間に
猫の下絵を描いていたら
、、
a0199297_23401453.jpg
いつの間にかヨシキちゃんとハル坊も
ネコを描いていたの
でした
。 (^〜^)



なんだか今夜は
申し合わせたかのように
入れ代わり立ち代わり
リベラを卒業して行った子たちから
電話が入った夜でした
。(しばらく消息を心配していた子からも電話があり
「ほっ」
ともしました)(「ともした」は「灯した」だといまちょっと思った)



下絵の続きを描くぞ!
と思っていたけど
もう午前0時になるし
こんな時間なのにリベラっ子が現われたりして
あーでもないこーでもないとしているので(避難所かココは?)
まだしばらく仕事どころではないし
明日も早起きしなければならない用事があるので今夜はココまで
頃合いみて帰宅です。



取りあえず
お仕舞い




by yoshikazusuzuky | 2017-06-30 00:02 | 日常 | Comments(0)
昨日は夕方に
今日は昼に激しい雨が来ました。

しかもカミナリを
ともなって。

ずっと頭上でカミナリは鳴り続けていました。

教室からもほど近い場所に落雷し
その一帯は停電になりました。

(クワバラクワバラ)


a0199297_22455757.jpg

a0199297_22461241.jpg

a0199297_22462817.jpg

a0199297_22464367.jpg

a0199297_22470048.jpg




たぶん気圧配置と肩こりが原因なのですが
昨夜は久し振りに目眩で動けなくなりまして
ぐるぐるしながら眠りについたのですが
気分が悪い時はおかしな夢を見るもので
「私を死んだコトにしてほしい」
と知人に頼み込まれて困惑する夢を朝まで繰り返し繰り返し見続けて
(終わりの場面になると始まりの場面に巻き戻されるのです)
おかしな気分のままで目を覚ました今朝でした。



なんとか気力で目眩を押え込み
きょうも一日
いそがしくしていました。



しかし今日以上に一週で
いちばん忙しい土曜日がやって来るので
、、
a0199297_22482267.jpg
今夜はココまで
です






明日は黒猫のパトさん
帰宅する予定です。 (微笑)

、、
a0199297_22495272.jpg
黒猫白猫
どうしたモノか



(むむむ)





by yoshikazusuzuky | 2017-06-17 00:00 | 日常 | Comments(0)
いつからか鉛筆を削っていなかったので
教室の鉛筆立ての中の鉛筆たちは
みんな丸まった頭をしていました。(僕がなかなか削らないので
シビレを切らした誰かが削ったのでしょう「ちんちくりん」な格好になった鉛筆も
たくさんまじってありました)

気持ちがしっかりとしていないと鉛筆は削れません。

カッターナイフの刃の微妙な角度によって
細く削れた先っぽは
「ポキポキ」小さな声を発て
折れてしまいます。(それは僕の所為なのです)

気持ちがしっかりとしていないの
でしょうか (?)

a0199297_17172891.jpg
たった
コレだけ
削るのに
、、
a0199297_17191339.jpg
1時間48分
もかかってしまいました




終始「ポキポキ」鳴らしながらの
鉛筆削りになりました




子どもたちが使い始めると
あっという間に「ツンツン」に尖った先っぽも
「まあるくまあるく」
丸まって
、、
a0199297_17253548.jpg
子どもたちの絵の一部分と
子どもたちの一部に
なるのです
。(なるのだと強く強く信じたい)






昨夜帰宅して夕食したのは
午前3時でした。
上手く眠れたような眠れなかったようなまま
朝には教室に戻り
a0199297_20080469.jpg

a0199297_20152007.jpg

昼まで下地作りを続行してから
個人レッスンに向かいました。


a0199297_20194961.jpg



汗みどろになりながら下地を作ります。


刷毛が一体化した指先から迸り出る
白濁したモノは画面にボタボタと積み重なって
僕という人間の欲する何かをカタチ作ってゆきます。

、、と書くと大袈裟に聞こえるかも知れないけけど
大袈裟ではなくて(一緒にしたら叱られるかもしれないけれど)
ラーメンのスープを作っている気持ちです。

ん?

ちがうか? f^^:


a0199297_23232243.jpg
今夜も教室に戻って
作業しています。





今日のパトさん
隠し撮り
。(「隠し撮り」って言葉は
何か淫らな響きがあって良くないですね) f^^:



ずいぶん元気が
もどってきて
、、
a0199297_23270624.jpg

「げんきにしてますニャん」

両の前足を床に着けて
「ぐ〜ん」と伸びが出来るようになりました


治療続行中ですが
土曜日には退院できるかも、、
と先生に言っていただけました。



(うれしいにゃん)








by yoshikazusuzuky | 2017-06-15 00:18 | 日常 | Comments(0)
白河と言えば「白河ラーメン」的な感覚が
広く定着しているのではないかと思う昨今
(白河と言えば「白河蕎麦」の日本蕎麦が有名なんだけどね
ホントはね)
名前も味も全国区な行列店ももちろんございますが
僕の好みは『月の家(つきのや)』の味で
『月の家』が僕の有名店です。

月の家に行って僕が注文するのは
「味玉ラーメンの大盛り」と「餃子」
に決まっています。

『月の家』オープン以来毎日出勤するように
週に3〜4回は通っていた『月の家』から足が遠退いてしまって
半年とも一年とも言われていますが(どこでだれがいっているのだ?)(わら)
別に僕の味の好みが変わってしまって
気持ちが『月の家』から離れてしまったワケではもちろんなくて、
ちょうど『月の家』の営業時間帯(昼のみ営業)と重なる時間に
用事(仕事ではなくて用事)が入るようになってしまったので
食べたくとも食べられず行きたくとも行けない日々が続いていたのでしたが
今日は「用事」が1時間早く仕舞いとなって
暖簾が仕舞われる30分前に
間に合ったのでした



ほんとうに
ほんとうに久し振りの
、、
a0199297_21374670.jpg
「味玉ラーメンの大盛り」と「餃子」
でした



いつも食べる度に思うけど
やっぱり僕は「月の家」のラーメンの味が
とてもとても
とても好みなのです。


a0199297_21393167.jpg
「うまかった!」


健康診断で何を言われようとも
ラーメンのスープを飲み干さねば
ラーメンを作った人の気持ちはわからぬままで
心の底から「うまかった!」と言いながら店から出るコトは出来ないのである
と僕は信じているので、
スープは最後の一滴まで味わいます。


間違いなく美味かったです。


なんか
頑張れる気
元気になれる気
がしました





そんなワケで
今夜は教室の終了後に出かけて行く用事があったのですが
出かけられずに
、、
a0199297_00090038.jpg
(手が止まらないので出かけられない)
まだ教室で頑張っているのです




明日は個人レッスンの一日なので
その分の制作も今夜の内に
がんばって仕舞うのでした




(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2017-06-14 00:09 | 日常 | Comments(0)
① 明け方に黒猫のパトさんと白猫のノラさんが大喧嘩をして
  白猫のノラさんは完治しかけていた頭に再度傷を負ったもようです。


② 自動車の運転席側のドアを開けようとしたら
  車体下の日陰で長い長いシマヘビが涼んでいるのを見た僕は大変に驚いて
  どぎゃびはばあー!
  と叫んだらシマヘビは僕以上に驚いて
  「ずさささささささ」
  とその場から去って行きました。(「ずさささささささ」の姿もコワかった)


③ 教室の向かいのおばちゃんから新鮮穫れたてのレタスをもらいました。
  猛暑の中での畑仕事お疲れさまでした。(きょうはキュウリの苗を植えて来たそうです)


④ 自動販売機で140円のある特定銘柄の飲み物を買おうと思ったら
  財布の中には130円しか入っていなくて(マジでソレしか入っていなかった)
  う〜10円足りないう〜10円足りないと辺りを見回したら
  自動販売機脇を流れる用水路の中(水中)に10円玉が沈んでいるのを発見!
  140円の飲み物を買うコトが出来て喉の乾きを潤せました。(落とし主に感謝)


⑤ 昨日掘って来た「炭化した木の化石」をやわらかな刷毛を使って
  やさしくやさしく水洗いクリーニングをして現在乾燥中。
  炭化の段階を順を追って観察出来る標本に仕立て
  触感も含めて子どもたちに観てもらえるようにするつもりです。
  ミュージアムスタッフの子たちから
  「ありがとうございます」との感謝メールをもらったけど
  「自分が化石掘りたくてワークショップにカコつけて掘りに行ってるダケなんじゃね」
  との指摘も受けますが「そうかもしれない」と我思う。(むふ)


⑥ 僕に感化されてしまい教室から貝化石を持ち帰ってはクリーニングして
  標本作りを楽しんでいる H・オウガ(小5)。
  その姉(中3)と兄(中1)からの情報によるとH家は現在家中に靴墨の匂いが充満し
  ダイニングテーブルは傷だらけであらゆる場所が砂でジャリジャリしているそうです。
  (「いひひひひひひ」ヨシさん:談)


⑦ 超常現象を扱う雑誌などの見開きや裏表紙などに載っているパワーストーンのペンダント
  (隕石が落下した衝撃で形成される自然ガラス/インパクトガラスが
  銀のフレームの中に入っているペンダント/29,800円)を
  リサイクルショップで300円で買いました。
  「パワーストーン」と言う言葉に興味はないけど
  中身のインパクトガラス『モルダバイト』が嬉しい嬉しい。


⑧ 電車男のカズイ君(高2)が「家の和室の襖(ふすま)を開ける度に
  ◯◯線の電車の扉が開く時に鳴るチャイムが鳴ったらイイのになあ〜」と呟いていました。
  (どぎゃびはばあ〜)





そんなワケで今日は昨日以上に気温が上がって暑かったので
話をまとめて順序立てて構成する気力無しなので箇条書きで失礼。



ちょっと涼し気な
ちいさな星の欠片のような
ホタル石を見ながらお別れです

a0199297_20365941.jpg

お疲れさまっした。






あじじじじ @

by yoshikazusuzuky | 2017-05-23 00:03 | 日常 | Comments(0)
化石の発掘作業は飛び上がらんばかりの大喜びで労力などは微塵も惜しまないのに
庭の手入れや草木の土いじりなどには喜びはおろか全く興味すら感じるコトが出来ない僕
ですが、、
a0199297_17144287.jpg
庭草は日々勢い増して成長し続けているし
日曜日には気温が30℃を越えると言うし今日の午前中の棚倉町教室も
お休みだったので仕方なく (てへへ)
「草刈り」と「草取り」
をしました


毎回々々切ってはイケナイ草花を切ってしまっては
お叱りを受けている僕です。「葉っぱの色もカタチも違うでしょう」と教わるのですが
興味を持てないとはおそろしいモノで(カズイ君の電車の話と一緒で)何度説明を享受しても
覚えられずに切ってしまうのですが、、
a0199297_18275455.jpg
きょうはかなり慎重に作業をしたつもりなので
たぶん失敗してはいないのではないだろうかと思う

ます(まる)



先週に続いて明日も運動会の子どもたち多数で
高学年の子たちは明日の準備ですでにヘトヘトな感じでした
a0199297_19485168.jpg
(お疲れさま
お疲れさま)


今日も暑かったけど明日はもっと暑くなる
予報なので(明後日はもっともっと!)
水分補給をしっかりとして戦いに挑んでいただきたい!

ちなみにヨシさんはコノ体型からも想像出来ると思いますが運動会なんて大嫌いです。運動会に参加していた唯一の理由は昼のお弁当が豪華で嬉しかったからに他なりません。ヨシさんが小学校の頃の運動着は伸縮性の生地のジャージではなくて、綿なのか化繊なのか素材は全くわかりませんが白のズボンや短パンでした。今でこそ「大きなサイズ」の体操着がありますが当時はLサイズが最大で、ヨシさんはLサイズを以てしても「ぱっつんぱっつん」状態で穿いているので、しゃがむとかなりの確率で(ほぼ毎週)股の部分の布が裂ける(破ける)のです。それはもう漫画に出てくる擬音のような感じで大音を発しながら
「ビリっ!」
と破けてかなり恥ずかしい思いをしていたのでした。
鉄棒で逆上がりも出来ないし走るのも遅いしズボンは破れるし体育なんて
「大っ嫌いだぁ〜!」
状態で過ごした小学校時代のヨシさんだったコトを久し振りに思い出して悲しく空しい気持ちになってしまったので、子どもたちの運動会での活躍を応援するつもりが、明日の朝を思い眠れぬまま「運動会なんて大嫌いだー」と叫びながらてるてる坊主を逆さまに吊るして太鼓を叩きながら雨乞いの踊りを踊り狂っているかもしれない「誰か」に思いを馳せて、静かに東の空に向かって祈りを捧げる、、
a0199297_19560577.jpg
今夜のヨシさんなの
でした(まる)




制作途中ではありますが
アオイちゃん(中2)が作っている
この女性
、、
a0199297_20175618.jpg

アオイ(中2):作 コラージュ作品(部分)
パブロピカソ:画 『ドラマールの肖像』より

「雨乞いの唄」
とか唄いそうじゃね?




(^〜^)







by yoshikazusuzuky | 2017-05-20 00:00 | 日常 | Comments(0)
多田:行天(ぎょうてん)、、?
行天:なに?
多田:わかったよ。
行天:何が?
多田:「極力引き受ける」っていうのは間違いだった。
   極力っていうのは、めいいっぱいギリギリ頑張るって意味だよ。
   『便利屋』は、そんなに頑張んなくてイイんだよな。
   俺、どっかで便利屋じゃない何かになりたがってたんだって気づいたよ。
行天:じゃあやめるの?
多田:やめる。
   『多田便利軒』は、もう終わりだ。
   なんか別の仕事見つける。
行天:(笑)
多田:何だよ!?
行天:何やっても、あんたまた極力頑張っちゃうんじゃないの?
   多田は、カッコつけたがりだからね。
多田:俺、カッコつけてるか?
行天:え?自覚無かったんだ。(笑)ウケる。






多田:依頼して下さい。
   うちは依頼されたコトは極力引き受けます。
   依頼して下さい。


a0199297_16390071.jpg


多田:行天?(煙草を浅く吸い込み吐き出しながら)
行天:ん?(無表情)
多田:カッコつけちゃったよ。(すこしハニカミながら)
行天:ん。(無表情)






天気予報通り
雨の土曜日になりましたので
白河地区で予定されていた小学校の運動会は
全て中止となりました
a0199297_17471384.jpg

なのでリベラはいつも通りに賑やかでした
。(「ココは絵画教室ですよね?」と咎められてしまった程
いつも通りに賑やかなリベラでした) f^^:
a0199297_18272764.jpg
夜中になっても
まだ雨は降り続いているのですが
大丈夫かな?
明朝には上がって
運動会が出来るとイイなあ
と思います。


(^〜^)



自分が馬鹿でお人好しであるコトの「自覚」はあるのです。でも決して「言われるがまま」ではないのです。僕には僕なりの行動パターンがありそのパターンには信念すら込めているのです。つまりは「自分の意志」で決断しているのです。僕はもう52歳になったのですから、明日の自分のコトをいちばんに考えて行動しないと手遅れになるとの助言も、呈される苦言も、尤もなコトであると理解もしているのです。それは、頭ではわかっているのです。学校関係の仕事も市からの依頼も、全て断って望んだ平成29年度でしたが、先日また市からの依頼を受けてしまいました。経緯はともかく(まちろん腹立たしい程の経緯があるのですが)「僕にしか出来ないコトはある筈なのだ」と懲りない僕は思ってしまうのです。長く通った小学校からの依頼を断るとすぐに「代わりの先生を紹介して下さい」と電話が来て「代わり」という言葉にものスゴくショックを受けたコトも、子どもたちと描いた大壁画を結局はゴミとして廃棄処分されてしまったコトも、忘れたワケではないけれど、「僕がやれる(やるべき)コトなのだ」と思ってしまうのです。毎年30名定員の申し込みにそれ以上の子どもたちが毎回行列を作ってくれました。僕が担当を外れた昨年は7名の応募しかなかったそうです。自慢げに聞こえるでしょうが自慢ではなくて、コレが僕の「自信」なのです。僕を支持してくれる子どもたちがいるコトが、僕という人間と、僕の「誇り」を支えてくれているのです。

僕は、
めいいっぱいギリギリまで頑張ります。

「それが僕がコノ世界に存在している理由です」

じっくりと時間をかけて描いた作品で展覧会を開いたり
東京の公募展で受賞もしたいし(そうならなければならいし)
期待して下さる方々の期待にも応えたい。(応えなければならない)

「でも僕は子どもたちとふれ合い直接何かを伝えたい」

僕は馬鹿でお人好しで
大きなチカラにも小さなチカラにも利用されるコトは茶飯事だけれど
それでも僕はそうしたいのです。



カッコつけたがりの
どしようもない馬鹿なだけ
なのかもしれませんがね。 (苦笑)



そんなワケで
今夜はお仕舞い
、、
a0199297_18463909.jpg

一週間お疲れさま
でした





(微笑)









by yoshikazusuzuky | 2017-05-14 00:00 | 日常 | Comments(0)
「山桜がまだ咲いているのだな」

a0199297_18553996.jpg

一枚の花びらが
用水路のゆっくりとした流れにたゆたう様を
ぼんやりと眺めていました。


、、と

a0199297_18571064.jpg


「どひゃーっ!」


さきほどまで僕の中で
たゆたっていた穏やかな刻(とき)は
シャープな左ジャブでのけぞった無防備な顔面に放たれた強烈な右ストレート
(桜の花びらを追いかけるように現れたヘビのことですね)
によって吹っ飛ばされたのでした。


「僕はヘビが苦手なのです」


子どものころ
田んぼの畦を裸足で走っていてヘビを踏みつけてしまって以来
ヘビがとても苦手なのです。



いやあ



不整脈を起こしそうになるくらい
「ビックリ!」
しました。




ヘビさんには申しワケないですが
「ゴメンなさい」
やっぱダメだわ。 (ぞわわわわ)



f^^:f^^:f^^:






今夜は黒猫のパトさん見守る中、
(距離をおいて見守る中)
例のダニ取りピンセットで白猫のパトさんの頭に付いた
(ノラさんの血を吸って小豆大に膨らんだ)
ダニを
「プチリプチリ」
と除去しました

(まる)



例のダニ取りピンセットのお話しは
コチラから ☞ http://suzuky.exblog.jp/19666134/




@ 

by yoshikazusuzuky | 2017-05-08 00:00 | 日常 | Comments(0)
いつも使っているシェイビングクリーム(ジェル)が品切れしていて
同じような多枚刃カミソリ用のジェルを買ったのですが
、、
a0199297_20200138.jpg

「ん?」
掌に出した瞬間から
ジェルの匂いが微妙な感じ
?

この匂いドコかで嗅いだコトがあるコトがあるぞ
と考えながら毎日使っていたのですが
今日わかりました。

それは
、、
a0199297_20214947.jpg

メスのカブトムシのおなかの匂い
だったのでした。(余談ですが夏の夜にメスのカブトムシを1匹入れた虫かごを庭の木にぶら下げておくと朝にはオスのカブトムシが少なくとも4〜5匹は虫かごの周りに集まっています *ちなみに僕の自宅周辺は山ばっかりなのでこの捕獲方法が機能しますが都会では無理でしょうね)




a0199297_20271401.jpg

「ナニじょうほうだニャン」



(ははははは) f^^:






a0199297_20412207.jpg
「ちょびっとだけど開いたね」






a0199297_21084375.jpg
きょうも一日が
お仕舞いになりました。

夜の教室は
半年振りで戻って来てくれた生徒さんがあって
、、
a0199297_21134264.jpg
声が嗄れるほど笑って笑ってお喋りもして(ちょびっと絵も描いて) f^^:
楽しい2時間半を過ごしました。

(うれしいうれしい)




(^〜^)




明日は棚倉町々立図書館での教室です。










by yoshikazusuzuky | 2017-04-14 00:03 | 日常 | Comments(0)
雪が降った
冷たい雨になった
晴れた
曇った
カミナリ落ちた(落ちてないけど)f^^:
、、とじたばたどたばた
している内に
、、
a0199297_13350708.jpg
リベラに花が咲きました


何もしなくとも
掘り返されてあちこち転がされたり(転がしてないけど)f^^:
していても、決まった季節に決まった場所で
花を咲かせます。(微笑む)


フェアリーのチューリップもまた、、
a0199297_13363001.jpg
同じ場所に芽を出して
葉をたくさんにひろげていました
。(こんにちはこんにちは)


(^〜^)



「東京の桜は満開だそうだよ」
 カメちゃんが言いました。


a0199297_13374304.jpg
月曜日の午前9時45分から50分までの定刻に
カメちゃんはやって来ます。

そして僕の日常が始まりました。

『光のうろこ』が
きらめく森から帰還した僕は、
カメちゃんが描く森を見ていました。

a0199297_13542112.jpg
カメちゃんの森には
ニンゲンとブンメイの痕跡(まだ滅んではいないけど)
が描き込まれました

けれども森は自然の中の異物のごときそれらを
すっぽりと包み込んでくれていました。

(やさしくやさしく)

きのうひとばん僕は
「光の森(ヒカリノモリ)」
の夢を見続けていたので
何故だかガイア(意識としての地球)と交信していたかのような不思議な感覚の中にいて
カメちゃんの絵までが(カメちゃんが持つ筆の穂先から滲み出す色絵具までが)
ガイアからの啓示のように読み取れてしまっていたのです。

、、が

午後からの教室と夜の教室が仕舞いとなる頃に
その感覚は軌道が修正され、
さらに日常へと引き戻されていました。

でもね、
日常と非日常の隙間にもう一度生まれ直そうと思うのならば
ほんの少し息を吐き出すだけでよいのです。
ほんの少し吐き出したその息で、
真空の世界では簡単に軌道は再修正されます。
そしてその一息(ひといき)が推進力となり、
光のトンネルを(或は闇のトンネルを)
抜け出るその場所まで飛び続けてゆけるのです。

(どこまでもどこまででも)

、、なんてコトを
考えてしまうのは、、

光の森の妖精たちの鱗粉を
長く呼吸し過ぎたせいかもしれないですね。 (微笑)



昨夜ご紹介出来なかった
僕の「鉱物(いし)たち」を展示している部屋
の画像をご紹介します。(「石の地図」と数点の鉱物が加わったので
今の段階では展示は落ち着いた感じかな?)

a0199297_14393313.jpg
a0199297_14394985.jpg
a0199297_14400617.jpg
a0199297_14405394.jpg
a0199297_14413630.jpg
a0199297_14413082.jpg
a0199297_14421404.jpg
a0199297_14423541.jpg
a0199297_14430110.jpg
a0199297_14425928.jpg
a0199297_14434483.jpg
スズキヨシカズ・ワールドへ
「いしたちのないしょばなし」
〜石が話してくれたコト〜

耳をすませてごらん
「聞こえるかな?」
地球のひみつをつぶやいている
石たちのないしょばなしが


「りょうぜんこどもの村 〜遊びと学びのミュージアム〜 」
えほんのへや(絵本の部屋)にて
9月24日(日)まで開催中です。(水曜日休館)


『光のうろこ』ワークショップも
あす4月4日(火)の
午前10時30分〜午後12時と午後1時30分〜午後3時
の2回で最終回となります。

ぜひぜひぜひぜひ!
「光の森」に足を運んでみて
下さい



a0199297_00042150.jpg

a0199297_00043705.jpg




「どうぞよろしくおねがいいたします」




(微笑)













by yoshikazusuzuky | 2017-04-04 00:04 | 日常 | Comments(0)