ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:日常( 151 )

青空に陽光輝く秋の日は
今日まで
で、、
a0199297_17594372.jpg
明日からは気温がグンと下がって
お天気も下り坂のよう
です。



あす7日の
土曜日から、、
a0199297_1824265.jpg
通常時間割りで
リベラを再開
します。



早いです。
もう1週間が
経ちました。 (微笑)



まだまだ動き回らなければならないコトが山積みなのですが
忙しいのが一番です。マグロやカツオのように泳ぎ回るのをやめたら
窒息死してしまいそうで怖いです。 (笑)



「ね?
パトさん
 ?」 f^^;
a0199297_18154041.jpg
「ぼくには
わからん
 にゃん」 (=ↀωↀ=)





明日からは
教室で

待っています。




(^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2015-11-06 18:19 | 日常 | Comments(0)
コンクリートの灰色の壁に落とした
秋の日射しが描き出す紋様
は、、
a0199297_1916720.jpg


古い古い時間の
印象を
a0199297_19162047.jpg
思い起こさせます






午前中のリベラ教室に届いた箱の
中からコチラを覗くの
は、、
a0199297_19192481.jpg


紙を圧縮して
整形された
お面の型の、、
a0199297_1925298.jpg
方々です



あすから子どもたちは
通常時間割りでの教室が始まります。
10月の子どもたちには
この面型に『秋の紋様』を描いてもらって
「秋のお面(秋の顔)」を作ってもらうのです。
どんな紋様が描かれるのでしょう

ね?





(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-10-02 19:34 | 日常 | Comments(0)
綺麗な
綺麗な、、
a0199297_22302989.jpg
月夜野
蒼い晩
です




いままで生きてきた中で
こんなにくたびれたコトはない
のではないか?
そう思えるほどに
ヘトヘトに、、
a0199297_22423549.jpg

a0199297_22431587.jpg
泥のように眠った
昨晩でした。(「泥(でい)という想像上の生き物
とはどんな生物なのだろう?)


長い長い僕の夏が終わったような
虚脱感に包まれた眠りでした。



一夜明けて今日はもう
教室でした


10年以上この場所で続けてきた
コットマンサークルの
マイタウン白河教室、、
a0199297_22463826.jpg
この場所での教室は
今日が最後でした。

市民ギャラリーや
多目的ホールが入っている
マイタウン白河の
建物は、
専門学校として生まれ変わるべく
9月いっぱいで閉鎖され
改築工事に入るのでした。

マイタウン白河教室「コットマンサークル」
10月からは、、
a0199297_22572090.jpg
白河中央公民館に場所を移しての
開催です。



10年以上通った場所が無くなってしまうのは
やっぱり寂しいものです。




マイタウン白河に

「アリガトウ」

を、、 (微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-09-29 00:06 | 日常 | Comments(0)
座敷わらしの枕返しに遭った様な格好で目覚めた午前4時57分は雨降りの薄明かりでした。

夕食後に虚ら虚らしただけのつもりが9時間も眠ってしまいました。

長く眠ると疲れます。(笑)

3時間以上仰向け寝すると自分の体重(しばらく計ってないけど間違いなく110kgはあるな)の負荷に背骨が耐えられなくなって悲鳴を上げるのです。うつ伏せで寝てるなんてめったに無いのだけれど(オマケに枕が頭に乗っていました 笑)案の定背骨が軋んでるので、夜中無意識にうつ伏せになったのでしょう。(あいたたたた)

9時間も眠って目覚めるとさすがにもう眠りたいとは思えなくなるみたいで、いろいろ考え事をしながらミュージックプレーヤーで大貫妙子を聴いていました。(『黒のクレール』がとても好きです)

個展も7日目。

今日は、匂いの作家さん(演劇ホールやコンサート会場など様々な場所で「匂い」を演出されているそう)が創芸工房に来られるとのコトで、是非ともお会いしてお話し伺いたいと強く強く思うのですが、今日はこれから棚倉町立図書館での教室に向かうのです。教室生徒さんには語弊があるけど‥とても残念だなあ。

さてと‥

午前6時53分。

シャワー浴びて身支度整えたら出かけます。

あ‥

ガソリンスタンドに寄らなきゃな。



(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2015-09-25 06:53 | 日常 | Comments(0)
個展6日目は、朝から車を整備工場に持って行き
午後これからもドック入りです。(ドックは船舶整備場のことだから
自動車には使わないのかな?)

実は昨日帰り道でのコト、
峠の山道に入る手前で両方のヘッドライトが
同時にいきなり消えてしまったのです。
その後いろいろあって何とか帰っては来れたのですが、
もしも峠の真ん中辺りでライトが消えてしまったら、、と
思うと恐ろしくて恐ろしくて、、
特別にむりむりお願いして午前と午後に予約を入れてもらって
ライト修理をお願いしているのでした。(そんなコトがあったおかげで
今朝方はヒドい悪夢にうなされました)

昨日まで5日間の走行距離は
ちょうど1100kmを表示しておりました。

ああ、、こんなコトばかり続くのでは
自動車の件ほんと真剣に考えなければならないよ
なあ、、


a0199297_1512278.jpg

ね?(なんか久し振りな感じの
黒猫パトさん)





「顔が見えないからどうしてしまったかと思っていた」

父の第一声。




父を訪ねた帰り道、、

a0199297_1541486.jpg

棚倉町の駅によって
絵馬ちゃんが原画を描いた
文化祭ポスターを
観てきました。


「ふむ」

たいしたもんだ(感嘆符)イルカの首の茄子の首飾り(笑)は
意味わからんけどたいしたもんだ!



では、、

これから
また
整備工場に
戻ります


by yoshikazusuzuky | 2015-09-24 15:07 | 日常 | Comments(0)
a0199297_18272610.jpg

まだ飾り付け中です

f^_^;


もうひと息

創芸工房オーナーさんが『題名カード』を「虫ピン」どめしてくれています


(^_^)
by yoshikazusuzuky | 2015-09-18 18:27 | 日常 | Comments(0)
a0199297_10303484.jpg

いわき市に到着しました。

ギャラリーに向かう前に海にご挨拶です。


「今日からしばらく展覧会でおじゃましますどうぞよろしくお願いします」



(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-09-18 10:30 | 日常 | Comments(0)
月曜日の午前中は
カメちゃんの教室。

一心不乱、キャンバスに向かう
カメちゃんを見ていたら、、
a0199297_0191391.jpg

a0199297_0204818.jpg
なぜか、ユウちゃんが今描いている
牛の絵を思い出した
僕でした。


制作者としての人物も
その作品のどちらもが
力強く個性的、
そして真っすぐなまでに
誠実です。




(微笑)




昼からのマイタウン白河教室を夕方までやって
個人レッスンの生徒さんのお宅へと車を飛ばす。(ほんとに飛ばす)

時間に追いかけられながらも
やっと夜に、、
a0199297_0242059.jpg
壁画の作業場へと
戻りました。




そう、、

昼に市役所に行きました。

文化振興課。

壁画の期限は
来週水曜日。

木曜日に文化交流館
委員の方々14名に
お披露目です。


まだ本作品が完成もしていないのに、
新たにベニヤ板3枚分(高さ2m 長さ3m)の追加制作を
申し出てしまいました。
一緒に壁画を完成へと導いてくれる子どもたちと僕の為の、
メッセージボードを描きます。



もう0時30分になる。



今夜はココまで。



明日は朝から(夕方の子どもたちの時間まで)
描きます。





では、、





(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-07-07 00:31 | 日常 | Comments(0)
日曜日で
した。


ひろがった青空には雲一つなくて、
陽光眩しいままに
夕暮れを迎えた、、

a0199297_1723786.jpg

日曜日で
した。



日曜日に
見つけた
モノ。



土の中から出て行った
ナニモノかが残した
らしい、、
a0199297_1727428.jpg
歪な形の
小口径の穴ぼこ。



木星を包み込む
分厚い雲の対流のような縞模様が浮き出た、、
a0199297_17292384.jpg
赤茶色をした
砂岩の小石。



透過する光よりも端っこで
鈍く光る光溜まりに「ドキドキ」してしまいそうな、、
a0199297_1737945.jpg
川流れのガラス片が
3個。



そして、


裏山の林の方へと
ずっとずっと続いて
いる、、
a0199297_1747742.jpg
たくさんの
小さな足あと。

a0199297_0154143.jpg
パトの足あと。





ほんのちょっとだけ足を真横にスライドさせた
だけでも「ズブズブズブ」と呑み込まれ、
なかば自発的な強迫観念に囚われて
移動させられてしまう、
何もかもがココと全く同じなのに
全く異なる『隣の世界』へと、、

迷い込んでしまっていた
父親が、
ほんの一瞬(いっとき)だったけど、
「ひょっこり」と
帰って来て、、
a0199297_17572040.jpg
「にこり」と微笑んで
くれました。



日曜日の仕舞いに
「みつけたもの」は、

いつもとかわらぬ
「父親の笑顔」






そのままで、


ココにいられたら
イイのに、、



、、ね。







(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-04-27 00:12 | 日常 | Comments(0)
a0199297_1502591.jpg

ずっと守られて
いた。

いまは、
守ってあげ
たい‥(できることなら)


今夜は父親と
病院で


by yoshikazusuzuky | 2015-04-22 01:50 | 日常 | Comments(0)