ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:猫( 72 )

by yoshikazusuzuky | 2017-11-13 00:00 | | Comments(0)
お願い

七匹の野良猫が
生ゴミを、荒らして
大変困っています
アミは、出来るだけ
確実にお願いします。


月曜日と木曜日は
「可燃ゴミ」。
火曜日は
「資源ゴミ」。

今日は「資源ゴミ」の日なのに
白猫のノラ家は、
ゴミ集積場のネットの中にもぐり込み(ノラは入らない)
ゴミ袋を破損させてはその隙間から
「イロイロなモノ」
を引っぱり出して
、、
a0199297_21480849.jpg
「なにかないかニャ?」
「なにかないかニャ?」
と物色を続けていたの
です。

資源ゴミの日でもこんな状況なんだから
可燃ゴミの日の惨状は
ご想像通り
です。

集積場裏のお宅のおじちゃんが、
いつもその後片付けをしてくれています。(ありがとうございます
としかいいようがないけど
いつもありがとうございます)

ノラの子どもたちが成長するにつれて
ゴミ集積場の有様もまた
ヒドいコトになり、、
a0199297_21484508.jpg
とても冷静な文面ではあるけれども
かなり怒りに満ちた内容の立て看板が置かれるコトトなったのでした。

「七匹の野良猫」

白猫ノラ、
ノラのパートナー、
その子が3匹、
時々姿を見せるツートン
とトラ猫、、の7匹に黒猫パトは含まれていないと思うのですが
何だか不安。

マズいですね。

ノラのパートナーと3匹の子猫と
(たぶん)ノラにもご飯をあげている集積場斜後ろの若夫婦も
マズいコトになるかもしれないし、

もし「保健所」が介入するコトになったら
、、かなりマズいコトになりますね。(黒猫パトだって何かの拍子に
マズいコトに巻き込まれるやもしれない)

猫に言ってきかせるワケにも
いかないもんね。

困ったなあ。

(困りましたね)






家族だけで(とは言っても子どもたちは帰省は出来ないのです)
明日は父の三回忌の法要です。
父が亡くなって二年になります。

10月の31日
でした。

もっと早くに準備をしなければならなかったのに
忙しさを言い訳に
いまごろぎりぎりになってしまいました。

きょうは夕方薄暮の頃に
台風でたいへんなコトになっていたお墓を掃除して
お花を献げて来ました。

白河花子さん
が、、
a0199297_21515296.jpg
素敵なお花を
用意してくれました。(ありがとうございます)


白河花子さん
の花の合わせ方(逢わせ方)
は素敵です


まるで
花咲く広い
広い広い野の原っぱの真ん中に佇んでいる
自分の魂に出逢ったような
、、
a0199297_21523567.jpg
そんな気持ちになります


「静かな気持ちになります」


明日は父に
手を合わせ
あらためて感謝をする日
です




(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2017-10-25 00:03 | | Comments(0)
どんなに暴風吹き荒れて
雨が激しく音を発てても
黒猫のパトは外出せずにはいられないので
仕方なく勝手口の戸をあけたのでしたが
やはり心配なので雨宿りしていそうな縁の下を覗いてみたら
、、
a0199297_20434773.jpg
「みあ〜う」

アレレのレ?
「黒」じゃなくて「白」です

縁の下で
雨宿りをしていたのは
、、
a0199297_20450911.jpg
白猫のノラ
でした
。 f^^:


パトよ〜パトパトよ〜
、、と
探して歩けばパトさんは
、、
a0199297_20474422.jpg
お隣さんの車庫の軒下間借りして
雨を宿しておりました


びしょ濡れ黒猫
無事確保。

a0199297_20504820.jpg
体を拭いて乾かして、
ストーブの前の座布団にまるくなり
一息つくのかと思ったら、
また暴風雨の中へと飛び出してしまったパトだったのでした。

どうしたって外が良いのですから
ずぶ濡れなるも仕方なし
、、仕方なし。 f^^:



『第63回 白河市総合美術展』

本日最終日を迎え、
無事に仕舞いと
なりました


出品者の皆さんはもちろんのコト、
裏方として展覧会を支えて下さる
白河市文化振興課職員の方々と
各部門実行委員の方々とに
感謝ですね。

a0199297_20570079.jpg
皆さん
お疲れさまでした


(微笑)



早々に月曜日休校の連絡が回っている小学校もあるようです。

台風第21号 (ラン)、
風は強く雨は激しく降りしきっています。

明日の朝は
どうなるのかな。

各地に被害出るコトに心配は尽きませんが
カメちゃん教室への影響も
心配でならない僕です。





by yoshikazusuzuky | 2017-10-23 00:00 | | Comments(0)

この頃

薄く茶色の縞々が目立ってきた

白猫のノラさんが

黒猫のパトさんを擁護する僕を

丸め込もうとするかのような優しい声で鳴きます。



a0199297_01055754.jpg
「みあ〜う」



、、
a0199297_01070527.jpg
「にゃにゃにゃボクはトラ猫になってしまうニャン」


ちょっとしゅんとしてみせながら
泣き落とし作戦に出た
白猫のノラさん
でした

(わらわら)




神さまが連れて来てくれた
5匹の猫の5枚の絵が
出来上がりました。


a0199297_01102012.jpg

a0199297_01103497.jpg

a0199297_01104860.jpg

a0199297_01110601.jpg

a0199297_01112184.jpg


午前1時15分、
5匹の猫たちは我が愛車プリウス君の後部座席に
おさまりまして
、、
a0199297_01132140.jpg

準備も万端に整いましたので
今夜はココまで。

明日は福島市の『風花画廊』へと
搬入に行ってまいります。




a0199297_21402482.jpeg

『猫をめぐる物語』
2017年10月6日(金)〜10月15日(日)
「風花画廊」(福島県福島市)



展覧会は、
6日(金)から
始まります



素敵な作家さんたちが集まって(なんとなく
場違いな僕?)f^^:
素敵な猫の森集会が開かれるようです。



お楽しみに。(僕も楽しみ)



(^〜^)






by yoshikazusuzuky | 2017-10-04 01:18 | | Comments(0)
午前6時まで絵を描いて
朝日と一緒に帰宅して、
風呂を沸かしてヒゲを剃って
用事に出かけて帰宅したのが
午前10時でした。

a0199297_01035054.jpg

パトにちょっかいを出されながらの
浅い眠りだったので(浅い眠りだったら数時間で目覚めてしまいそう
ですが、、)目が覚めたら午後4時でした。


a0199297_01104907.jpg

綺麗な夕焼け空と一緒に教室に戻り
今まで絵を描いておりました。


でも明日はカメちゃんの教室なので
午前1時10分、
今日は(今日の境目がわからないけど)
コレまで。





by yoshikazusuzuky | 2017-09-11 01:13 | | Comments(0)
なぜだかいつも
道路にいる
白黒猫のツートン
です



a0199297_01334810.jpg

a0199297_01330713.jpg








by yoshikazusuzuky | 2017-08-29 01:35 | | Comments(0)
僕の
自宅周辺
猫事情の図



家族と呼べるのか否かは
定かでないですが
白猫のノラさん
の、、

a0199297_16525101.jpg
『家族の図』

左端から奥さん(なのか彼女なのか?)、
子ども①(ノラ似)、子ども②(顔みえない)、
子ども③(美人さん)



家族がくつろいでいる
その頃に
白猫のノラさん
は、、

a0199297_17000952.jpg
『路上ふぁいとの図』

初登場、
白黒猫のツートンさん
にケンカを売っています
。(なかなか鋭く切れのある目つきの
路上で鍛えた感のある
白黒着けましょ白黒猫のツートンさんは
ケンカ買う気満々でした)



二匹のケンカが始まるのか?
激しく始まるのではないか! 、、と
場の状況が緊迫して来たその頃
わが家の猫さん
黒猫のパトさん
は、、

a0199297_17192704.jpg
『不機嫌の図』

砂利の上で
ゴロゴロ
ゴロリと転がりながら
「なぁ〜ニャあ〜」
とか
言っていました



まあ
ある意味
平和な

猫たち
朝の情景
でした (まる)






『わーくわく!キッズ☆カルチャースクール』
「ヒカリノウロコを作ろう」展覧会が終了しました


a0199297_17222270.jpg

a0199297_17223750.jpg
タイトルまわりのカラフルな
ヒカリノウロコがめっちゃふえてたのは
ナンでだろう?

f^^:

a0199297_17254975.jpg


最終日の様子を見に
白河市立図書館によった時にも
何組もの親子が
ヒカリノイキモノたちを
見上げて何やら語りあい
楽し気に微笑みながら
ヒカリノトンネルを通り抜けていましたよ
。 (^〜^)



ヒカリノウロコ作りに参加してくれた子どもたち、
子どもたちをサポートしてくれた保護者のみなさん、
白河市市長室 文化振興課文化係
塚野さん、吉田さん、
たくさんの数が必要だった制作道具を貸し出してくれた
『りょうぜんこどもの村遊びと学びのミュージアム』
スタッフのみなさん、
そしてヒカリノトンネルをくぐってくれた
みんなみんなと皆々さま方に
、、
a0199297_17411355.jpg
もう一度特別な感謝の気持ちで
「ありがとう」
を贈らせて下さい


「みんなみんなありがとう!」



(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-08-24 00:01 | | Comments(0)
a0199297_16335270.jpg

んニャ?


a0199297_16343169.jpg

あめがくるニャ



a0199297_16341162.jpg

a0199297_16374693.jpg

そしてほどなく
「ぼつりぼつり」
と大粒のが落ち始め
、、
a0199297_16390476.jpg
土砂降りの雷雨
なりました





仕事について
いま早急に片付けてしまわなければならないコト
を、、

a0199297_16400147.jpg
たぶん世間一般では
「優先順位」
と言いソレにそって動きます

僕もソレに
あて「はまって」みた場合
、、
a0199297_16463438.jpg
いまさし迫って片付けてしまわなければならない仕事は、
秋の個展の案内状原稿の入稿と
来月〆切りのコラム(今回はコラム以外に
心的な問題を抱えて絵を描いている子の作品についても
書く依頼を受けている)のラフスケッチ。

そして当然、秋の個展の為の作品制作と
同じ時期に重なる幾つかの展覧会に向けての作品制作も
順繰り順繰り
やってゆかねばなりません。

でも困ったコトに
僕にとっての
「優先順位」
とは
、、
a0199297_16473357.jpg

a0199297_16474889.jpg

a0199297_16482070.jpg
「いま心をうばわれているコト」
なのです

僕が(精神的に)
大人になれない理由がコレ
です

(苦笑)

途中で手が止まるのは
止まるべくして止るので
止めたくて止めているワケではないし、
手が止まらないのは
止めようにも止めようがなくて
止らないのですから。


a0199297_23143199.jpg
なにもっともらしくへりくつこねてるニャん
(何をもっともらしく屁理屈を言っているのであるか)



「ははははは」


パトさんご名答です。


(笑)




今夜も糸を紡いでおります、、てか
「なぜ繭(まゆ)に出逢ってしまったのか」
、、と後悔頻りです。


(苦笑)

a0199297_23175906.jpg
これは画像修正写真です
一週間前に喉を噛み切られたかの様なヒドい怪我を負っているノラ
えぐられ肉が露出していて写真ではグロテスクすぎてお見せ出来ないので
やむなく修正をかけてあります
ドコでナニしてこんなヒドい傷を負ったモノだか
なのにまだパトにも襲いかかっているノラ
きょうはパトを助けようとして僕が左手の甲を咬まれましたニャ

(やれやれ)





生き物が吐き出した糸が
まるで鉱物の様になってきている。
明日はもっともっと素晴らしくなる筈です。
画像を楽しみにしてて下さい。


(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-07-13 00:00 | | Comments(0)
車載の温度計が37℃であると言います。
たぶんチョッと大袈裟に表示してみたかっただけだよ〜
冗談だよ〜なのでしょうが、
その気温を信じてしまいそうなくらいに
肺の中に入って来る空気が暑いです。(ちなみに天気予報で発表されている気温は
30℃でしたが体感温度は車載温度計君の言ったくらいありそうでした)

今朝のコト。

白猫のノラさんは日影の中を

a0199297_19013217.jpg
(小石にピントが合っている)

「ののの」
とやって来て

僕の顔をまじまじ下から眺めて
a0199297_19031295.jpg
(ヒゲにピントが合っている)

「なお?」
と一つ小さく鳴いてから

僕の左の太ももから
左の肩に登って来て
a0199297_19090450.jpg
(近すぎ近すぎピント合わないよ)

首の後ろをグルリと半時計回りして右の肩から太ももへ
そして地べたに降りてまた僕の顔を見て
a0199297_19153115.jpg
(良い目つき良い口元)

「なおお?」
と鳴いた(笑った?)の
でした。

何処かで何か食べ物をもらったり
狩りをしたりして食べてはいるのでしょう
おなかがぺったんこでぺっこぺこってコトはないようなのですが、

艶が無くなりゴワゴワに戻ってしまった
ノラの毛並みを
僕は
a0199297_19150686.jpg
(いひ)

「こしこしこし」
と撫でます



その頃
朝帰りだった
黒猫のパトさん
は、、

a0199297_19190389.jpg
ベッドでくつろぎ起きて来る気はない様なので
居間のエアコンを冷房(でも冷えすぎないように27℃)に設定して
家を出て来たのでした



これだけ暑いと子どもたちの口からは
「アイス〜アイス〜アイス〜」
という言葉しか出て来なそうですが、
エアコンの利いた快適な室内では
アイスのコトなんてまったく忘れていたようで
、、
a0199297_19510960.jpg
だれも「アイス〜」とは叫ばなかった
のでした

今年の夏はエアコンの設定温度を18℃にしておけば
アイス騒動は起きないのかもしれないね。(笑)

蜻蛉の羽の色
綺麗ですね。(微笑)

a0199297_20371071.jpg

「トンボ」という字を「蜻蛉」と書きたくなるような
キレイなキレイなコンドウオウガが描くトンボの羽の色です

(^〜^) 


フウちゃんのトンボの羽も
スゴい!
a0199297_19531364.jpg
力作だね!! (^0^)



中学生の
アクリル絵具使い
も、、
a0199297_20473336.jpg
(もちろんまだまだ
ぎこちないですが)
ずいぶん堂に入ってきた気がします


たくさんの
青色の塗り重ね
で、、
a0199297_22154643.jpg
(アオイちゃん・中2)

a0199297_22175714.jpg
(指も使って塗り込んでゆく)


空が遠くに、
ステキに表現され始めました
。 (^〜^)




ヒマリちゃん
(中2)
は、、
a0199297_22195538.jpg
授業参観日の発表に使う
『繋がり』と『一人ではないコト』
についての絵を
描いていました



さあ
またぐるりと巡って
明日は土曜日です。

さあもう一息
大きく吸い込んだら
がんばりませう。


(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-07-08 00:01 | | Comments(0)
明け方に
教室から帰宅しました。


黒猫のパトは
温室の中にいて
、、
a0199297_16055007.jpg

a0199297_16060820.jpg

群青の闇に紛れて
おりました


この明け闇の中には
、、
a0199297_16081497.jpg
白猫のノラが溶け込んで
います
。(左端の真ん中辺り、、
どこにいるのか白い猫は見えますか?)



午前中(黒猫のパトはベッドに眠らせたまま
僕は家を出て)夏休み教室の応対をしながら
、、
a0199297_16143239.jpg
きのう「ぺたぺた
ぺたぺたぺた」と
紙を貼り合わせて作った支持体3枚の下地塗り
をしておりました


二日続いた雨は上がって
お天気良くて気温も上がってきていたので
家の中も温度が上がって「むあむあ」してパトが熱中症になったら大変なので
午後3時に自宅に戻りました。

缶詰ご飯食べて水飲んで
辺りの気配(白猫の気配)を慎重に、
慎重に慎重に目視確認しながらも
、、
a0199297_16230433.jpg
パトは外出してゆきました


(慎重に見回したわりには
、、
a0199297_19592810.jpg
すぐ後ろのゴミ箱の上に寝ていた
白猫のノラが目に入ってはいなかったよう
でした) f^^:


そして
僕はまた教室へ
下地作りの作業へと
戻ったのでした


a0199297_20014145.jpg
(キレイな
夕暮れの空
を見ました




(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-07-06 00:10 | | Comments(0)