ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:猫( 65 )

a0199297_16335270.jpg

んニャ?


a0199297_16343169.jpg

あめがくるニャ



a0199297_16341162.jpg

a0199297_16374693.jpg

そしてほどなく
「ぼつりぼつり」
と大粒のが落ち始め
、、
a0199297_16390476.jpg
土砂降りの雷雨
なりました





仕事について
いま早急に片付けてしまわなければならないコト
を、、

a0199297_16400147.jpg
たぶん世間一般では
「優先順位」
と言いソレにそって動きます

僕もソレに
あて「はまって」みた場合
、、
a0199297_16463438.jpg
いまさし迫って片付けてしまわなければならない仕事は、
秋の個展の案内状原稿の入稿と
来月〆切りのコラム(今回はコラム以外に
心的な問題を抱えて絵を描いている子の作品についても
書く依頼を受けている)のラフスケッチ。

そして当然、秋の個展の為の作品制作と
同じ時期に重なる幾つかの展覧会に向けての作品制作も
順繰り順繰り
やってゆかねばなりません。

でも困ったコトに
僕にとっての
「優先順位」
とは
、、
a0199297_16473357.jpg

a0199297_16474889.jpg

a0199297_16482070.jpg
「いま心をうばわれているコト」
なのです

僕が(精神的に)
大人になれない理由がコレ
です

(苦笑)

途中で手が止まるのは
止まるべくして止るので
止めたくて止めているワケではないし、
手が止まらないのは
止めようにも止めようがなくて
止らないのですから。


a0199297_23143199.jpg
なにもっともらしくへりくつこねてるニャん
(何をもっともらしく屁理屈を言っているのであるか)



「ははははは」


パトさんご名答です。


(笑)




今夜も糸を紡いでおります、、てか
「なぜ繭(まゆ)に出逢ってしまったのか」
、、と後悔頻りです。


(苦笑)

a0199297_23175906.jpg
これは画像修正写真です
一週間前に喉を噛み切られたかの様なヒドい怪我を負っているノラ
えぐられ肉が露出していて写真ではグロテスクすぎてお見せ出来ないので
やむなく修正をかけてあります
ドコでナニしてこんなヒドい傷を負ったモノだか
なのにまだパトにも襲いかかっているノラ
きょうはパトを助けようとして僕が左手の甲を咬まれましたニャ

(やれやれ)





生き物が吐き出した糸が
まるで鉱物の様になってきている。
明日はもっともっと素晴らしくなる筈です。
画像を楽しみにしてて下さい。


(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-07-13 00:00 | | Comments(0)
車載の温度計が37℃であると言います。
たぶんチョッと大袈裟に表示してみたかっただけだよ〜
冗談だよ〜なのでしょうが、
その気温を信じてしまいそうなくらいに
肺の中に入って来る空気が暑いです。(ちなみに天気予報で発表されている気温は
30℃でしたが体感温度は車載温度計君の言ったくらいありそうでした)

今朝のコト。

白猫のノラさんは日影の中を

a0199297_19013217.jpg
(小石にピントが合っている)

「ののの」
とやって来て

僕の顔をまじまじ下から眺めて
a0199297_19031295.jpg
(ヒゲにピントが合っている)

「なお?」
と一つ小さく鳴いてから

僕の左の太ももから
左の肩に登って来て
a0199297_19090450.jpg
(近すぎ近すぎピント合わないよ)

首の後ろをグルリと半時計回りして右の肩から太ももへ
そして地べたに降りてまた僕の顔を見て
a0199297_19153115.jpg
(良い目つき良い口元)

「なおお?」
と鳴いた(笑った?)の
でした。

何処かで何か食べ物をもらったり
狩りをしたりして食べてはいるのでしょう
おなかがぺったんこでぺっこぺこってコトはないようなのですが、

艶が無くなりゴワゴワに戻ってしまった
ノラの毛並みを
僕は
a0199297_19150686.jpg
(いひ)

「こしこしこし」
と撫でます



その頃
朝帰りだった
黒猫のパトさん
は、、

a0199297_19190389.jpg
ベッドでくつろぎ起きて来る気はない様なので
居間のエアコンを冷房(でも冷えすぎないように27℃)に設定して
家を出て来たのでした



これだけ暑いと子どもたちの口からは
「アイス〜アイス〜アイス〜」
という言葉しか出て来なそうですが、
エアコンの利いた快適な室内では
アイスのコトなんてまったく忘れていたようで
、、
a0199297_19510960.jpg
だれも「アイス〜」とは叫ばなかった
のでした

今年の夏はエアコンの設定温度を18℃にしておけば
アイス騒動は起きないのかもしれないね。(笑)

蜻蛉の羽の色
綺麗ですね。(微笑)

a0199297_20371071.jpg

「トンボ」という字を「蜻蛉」と書きたくなるような
キレイなキレイなコンドウオウガが描くトンボの羽の色です

(^〜^) 


フウちゃんのトンボの羽も
スゴい!
a0199297_19531364.jpg
力作だね!! (^0^)



中学生の
アクリル絵具使い
も、、
a0199297_20473336.jpg
(もちろんまだまだ
ぎこちないですが)
ずいぶん堂に入ってきた気がします


たくさんの
青色の塗り重ね
で、、
a0199297_22154643.jpg
(アオイちゃん・中2)

a0199297_22175714.jpg
(指も使って塗り込んでゆく)


空が遠くに、
ステキに表現され始めました
。 (^〜^)




ヒマリちゃん
(中2)
は、、
a0199297_22195538.jpg
授業参観日の発表に使う
『繋がり』と『一人ではないコト』
についての絵を
描いていました



さあ
またぐるりと巡って
明日は土曜日です。

さあもう一息
大きく吸い込んだら
がんばりませう。


(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-07-08 00:01 | | Comments(0)
明け方に
教室から帰宅しました。


黒猫のパトは
温室の中にいて
、、
a0199297_16055007.jpg

a0199297_16060820.jpg

群青の闇に紛れて
おりました


この明け闇の中には
、、
a0199297_16081497.jpg
白猫のノラが溶け込んで
います
。(左端の真ん中辺り、、
どこにいるのか白い猫は見えますか?)



午前中(黒猫のパトはベッドに眠らせたまま
僕は家を出て)夏休み教室の応対をしながら
、、
a0199297_16143239.jpg
きのう「ぺたぺた
ぺたぺたぺた」と
紙を貼り合わせて作った支持体3枚の下地塗り
をしておりました


二日続いた雨は上がって
お天気良くて気温も上がってきていたので
家の中も温度が上がって「むあむあ」してパトが熱中症になったら大変なので
午後3時に自宅に戻りました。

缶詰ご飯食べて水飲んで
辺りの気配(白猫の気配)を慎重に、
慎重に慎重に目視確認しながらも
、、
a0199297_16230433.jpg
パトは外出してゆきました


(慎重に見回したわりには
、、
a0199297_19592810.jpg
すぐ後ろのゴミ箱の上に寝ていた
白猫のノラが目に入ってはいなかったよう
でした) f^^:


そして
僕はまた教室へ
下地作りの作業へと
戻ったのでした


a0199297_20014145.jpg
(キレイな
夕暮れの空
を見ました




(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-07-06 00:10 | | Comments(0)
朝になっても
降り止んではいなかった
雨、、

a0199297_10233584.jpg
教室に出かける僕と一緒に外に出て
雨の匂いを呼吸する黒猫が
「さてどこへでかけようかニャん?」
辺りを見回したとき



a0199297_10255649.jpg
いったい何処で夜明かししたのか
「みゃうみゃうみゃう」
鳴く声だけは可愛らしく
現われた白猫



a0199297_10284654.jpg
黒猫があわてて室内に引き返した直後に
目を疑うようなコトが起きたのでした



a0199297_10361872.jpg
突然白猫が宙に浮き上がり
振れ始めたペンデュラムの動きで何処ぞへと
空中移動をして消えました。



(どこにつれてゆかれたのでせう) f^^:



鳴き声ばかりでなく
僕の前でだけは仕草も可愛らしく振る舞うので
僕はすっかり夢中になって仕舞っているのですが
黒猫のパトに対してはモノ凄まじい形相になって襲いかかるコト
も事実として確認し
知っています。


白猫のノラを教室に連れて来るしかないのかな
とも思っているのですが
教室周辺にも野良猫はいるのでノラは新参者になるワケだし
教室周辺は自動車の行き来も激しいし、
けれどもソレより何よりも
教室の近所に住まう某ご夫人が極端な猫嫌いで
毒団子を食べさせて野良猫を殺してしまうのです。

風(フウ)と空(クウ)よりずっとまえに
やはり教室のウッドデッキ下で子猫たちを産んだお母さん猫も
その毒団子で殺されて
、、
a0199297_14461914.jpg
a0199297_14463271.jpg
a0199297_14465479.jpg
a0199297_14474699.jpg

子猫たちが取り残されてしまったコトがありました。(4枚の画像はそのときの子たちです)

ノラにご飯を用意して家に寄せてしまった時のように
安易には行動出来ないよなあ
と思います。



カメちゃんとコットマンサークルとカズイ君
そしてあっち行ったりこっち行ったり
お役所巡りな月曜日でした

a0199297_14581542.jpg
a0199297_14584755.jpg
カメちゃんがカメを描いていますよ。(^〜^)



a0199297_15144633.jpg

棚倉絵画愛好会の皆さんの教室と
このコットマンサークルの皆さんの教室には
とても凝縮された濃密な時間が流れます (^〜^)



a0199297_19020425.jpg
アクリル画を描き始めたカズイ君の傍らには
お気に入りの麦わらのハットがありました。





追記:

いつもは四捨五入して
「うちのプリウス君の走行距離は280,000Kmなんでよ〜」
と言っていたのですが、

けさガソリンスタンドで
オドメーターを見たら
、、
a0199297_19094005.jpg

280,008Km
を表示
。ついにホントに28万キロを越えました。
でもちなみに午後から(夕方に)2時間半走り回ったので
現在は280、087Kmを表示しているのでした。(は、、80Kmも)

「28万キロ走っていままで一度も電気系統のトラブルに見舞われたコトはないんだよ」
とカズイ君に報告したら
「それは優秀な車ですね!」
と褒めてくれました。

良かったねプリウス君
褒められたよ。 (^〜^)

「電車の車体傾斜装置には振り子式と空気バネ式があって、、」

我がプリウス君を褒めてくれたカズイ君は
また僕には難しくてワカラナイ
電車の話しに戻って行ったのでした。




(^〜^)





by yoshikazusuzuky | 2017-07-04 00:04 | | Comments(0)
日曜日でした。


アルカチョファ(アーティチョーク)を
やっと地植え(じうえ)にするコトが出来ました。

a0199297_20433540.jpg

a0199297_20440205.jpg




by yoshikazusuzuky | 2017-06-26 00:01 | | Comments(0)
白猫のノラさん
は、、

a0199297_18432732.jpg

黒猫のパトさんと
面会です


意味深な沈黙が
30cmの距離を
行ったり来たり
、、
a0199297_18435103.jpg
二匹(にひき)は
何を想うのでしょう



お休みの生徒さんも
あったので
三人きりでの棚倉教室でした。


a0199297_19023133.jpg
ワチさんはここ数年
仏像を描き続けています



a0199297_19024707.jpg
フカヤさんはパレットナイフのみを使用して作画するコト
に挑戦中です(白河市の老舗菓子店『玉屋』を描いています)



a0199297_19055201.jpg
タグチさんが描いている画面はF50号の大作です
画面の隅々まで緊張感を持って気配るコトは大変です
時間はかかるだけかかりますね




とても気持ち良さそうに描いています。
気持ち良く描くコトは
大切です。

「正しいコトとは最後に気持ちよくなるコトなのだ」

そう言うコト
です




金曜日終了です。

a0199297_22463986.jpg

a0199297_22465263.jpg

子どもたちも
(小学生も中学生も高校生も)
気持ち良いだろうか?


(微笑)




僕も(パトさんノラさんとおなじに)こんやは
バタバタと行ったり来たり
でした。

a0199297_22470912.jpg

a0199297_22473852.jpg

明日(きょう)は
土曜日なのでコレにてお仕舞い
です





by yoshikazusuzuky | 2017-06-24 00:00 | | Comments(0)
寝ても覚めても
目の前に浮かんでいる(浮かんで「くる」のではなくて
浮かんで「いる」のです
目の前に「居る」のです)のは
このお顔です
a0199297_19503859.jpg

「なあ〜おなおなおなおなあ〜お」
(新種のセミかい!)


顔つき見てるだけで
やかましい! (笑)


いやいやいやいや
そんなコトないよパトさん
パトさん愛してます。


(微笑)



退屈しのぎになればと
こんなモノも準備したの
ですが
、、
a0199297_19540328.jpg
(こんなモノ)


設置したその日その時
数十分間だけでしたね
パトさんが興味を示して中を覗いてくれたりしたのは
ね。 (苦笑)





しばらく
話題にしていませんが
、、

a0199297_19565030.jpg
ノラさんは相変わらず
毎日顔を見せに来ています
。(こめかみの傷もずいぶんと治ってきていますが
自分で引っ掻いて瘡蓋剝がしてしまってるみたいで
前回血ぃ出してたのもパトさんにヤられたワケではなかったようです)
(パトさんを疑ったコト
パトさんに謝罪します)(ごめんなさい)



しかし、、

a0199297_20084183.jpg
「憎き敵(にっくきてき)」

とはどうしても思えないもん
なあ。(パトをこんな目に遭わせたのは間違いないのだろうけど
それは猫の世界で起こった出来事だし、、という思いと
その出来事が起こるきっかけを作ってしまったかもしれない
罪悪感の板挟み)

でもどちらにしても
パトさんは可愛いしノラさんも可愛い
です




僕は付き添って行ってはあげれなかったのですが
動物病院に行って診てもらって来たパトさん、
傷は順調に回復しているようなので安心しました。
ただコレからもいろいろと治療があるので
動物病院通いは続きます。




きょうは昨日の雨は去り
風は強く吹いていたけど
お天気良くて
、、
a0199297_23473649.jpg

a0199297_23475259.jpg

いつも通りに
木曜日でした



現在時刻は
23時55分
、、
a0199297_23485706.jpg

a0199297_23491430.jpg

もうすぐ日付けが
変わります



明日の午前中は棚倉町での教室なので
今夜はココまでで仕舞いとします。




a0199297_23503724.jpg

何だかこの半月間で
猫を猫という存在として捉えられなくなってしまった
気がします。



「でも猫を描くぞ」


と思うし


事実今年は
まだまだまだまだ
猫を描く





by yoshikazusuzuky | 2017-06-23 00:00 | | Comments(0)
早朝に
夕べに
真夜中過ぎに
、、
a0199297_21480637.jpg
白猫のノラ
がいる



昨日に
今日に
明日にも
、、
a0199297_21484080.jpg
白猫のノラ
はいる



「ノラノラノラノラ」
「ノラノラノラノラ」



名前を呼び
禁を違えた
僕は、
白猫のノラの
「ごわごわ」
とした毛並みを
、、
a0199297_21502024.jpg
「クシャクシャ」
っとする
。(けれどもパトの入院以来
ご飯をもらえるコトはない
白猫のノラ)



僕が勝手口のガラス戸を引き開ける度に中を覗き込み
(けれども決して前足を踏み入れるコトはない)
黒猫パトの姿を探す
白猫ノラに
「もうすぐパトは帰って来るよ」
「そしたらノラはどうするんだ?」
そう何度も語りかけている僕です


(僕はノラをどうするつもりなのだろう?)





a0199297_21522795.jpg
「さあ夏休みの宿題のアイディア考えるぞー」


とか何とか子どもたちに課題っぽいけど課題なのだかどうなのだか
よく考えてもよくわからない課題を出して(そりゃそうだ今年度の夏休み課題のプリントは
まだどこの学校でも配布してはいないのだから)僕は
、、
a0199297_21532001.jpg
ウッドデッキでタダひたすらに
切ったり塗ったり貼ったりを
繰り返していたならば

ハル坊とヨシキちゃんのバチでも当たりましたかね?


a0199297_21534472.jpg
突然の豪雨です

(動体視力とか関係無しに肉眼でも
数を数えられるのではないかと思うほど大きな大きな雨粒が
天も地も突き崩すかの様な豪音と共に降り始めまたのでした)

道具の避難は
間に合わず
、、
a0199297_21542637.jpg
ウッドデッキもろとも
ずぶ濡れとなりました。



これはバチなのか? f^^:



今夜はココまで
、、
a0199297_22395614.jpg
ですがまだあと新たに10枚は
下地を作らねば
なりません



あた明日
です。



激しい雨は
まだ降り続いて
います








by yoshikazusuzuky | 2017-06-16 00:00 | | Comments(0)
「鈴木さんあの白猫には気をつけなさいよ
うちの猫もおとなりの猫もあの白猫に咬まれた傷がもとで死んでしまったし
この辺じゃフダ付きのワルなんだからね」

我が家の勝手口前に陣取る白猫のノラの姿を見かけた近所の方が
ノラについての事実の話をいろいろと聞かせてくれたのは
パトが入院する前日のコトでした。


良い噂は何一つ出て来ない
、、

a0199297_19484506.jpg
白猫のノラの話し
でした

パトがこんな状態にならなければ今まで通りに接するコトも出来たでしょうが、そうはいかなくなってしまいました。温室にあったノラの匂いがついた毛布もクッションもダンボール箱も全て処分しましたし、ご飯を持って行くコトもなくなりました。なんと身勝手な僕でしょう。もちろん理由を話して聞かせても(事実話して聞かせたのですが)ノラにはチンプンカンプンです。理解も納得も出来るモノではありません。けれどもパトが安心して戻って来れる場所を確保しておかねばならないのです。帰宅したパトが家猫になるか外猫のままでいるかはわかりませんが、「家」がノラに怯える場所のままではパトは帰宅出来ません。ほんとにほんとに身勝手な僕です。


それでもノラは毎日やってくるのです。

a0199297_19493746.jpg
勝手口の前でくつろいで
僕の姿を見る度に
甘えた声で呼びかけます。


ご飯だけで繋がっていた
僕とノラの友人(友猫)関係だったかもしれませんが
ノラは優しい顔になりました。

ノラの優しい顔を見る度に
切なく遣る瀬ない気持ちになります。

パトの痛みを考えても
切なく遣る瀬ない気持ちになります。


僕は黒猫のパトが大好きです。


そして白猫のノラのコトも
(たぶんパトと同じくらい)
、、
a0199297_20011476.jpg
僕は好きなのだと
思います



同時に幾つも存在する
「好きだ」
という感情は何時か何処かに辿り着くのでしょうか?


いくら考えても
僕にはぜんぜんわからないの
でした





ヨシさんのワケのわからぬ心模様など
何の意味も持たぬほど
子どもたちのキラキラは眩しく美しく
そして深淵です。


a0199297_20384217.jpg

a0199297_20385723.jpg

土台に直接溝を掘りそこに接着剤を流し込む方法をフウちゃんが考案


a0199297_20391436.jpg

マジックのインクを本体から外し


a0199297_20521654.jpg

接着剤に流し込む(絞り出す)着色方法をハンザワオウガが考案


a0199297_20394631.jpg

色を重ねる順番を思案するマサト


a0199297_20400027.jpg

ケントのエネルギーメーター


a0199297_20401668.jpg

フウちゃんのこころ石


a0199297_20403044.jpg

コンドウオウガのこころ石


a0199297_20404999.jpg

ケントのこころ石


a0199297_20412671.jpg

マサトのこころ石


a0199297_20414309.jpg

そして


a0199297_20420193.jpg

ハンザワオウガのこころ石





小学生の子どもたちの帰宅時間から
ヨルの中学生の教室中もずっと
、、
a0199297_20422958.jpg

中学生の二人組


a0199297_21283813.jpg

ヒマリちゃんとアオイちゃんのこころ石


稲光が空を縦横に走り
カミナリが鳴り響き
激しい雨が降っていました







by yoshikazusuzuky | 2017-06-10 00:30 | | Comments(0)
パトとノラは
猫(ネコ)で
僕は
人(ヒト)です


二日前から黒猫のパトさんは右前足を地面に着けるコトが出来ずに
「ぴょこたんぴょこたん」前片足ケンケンで歩いていました。
何処かから飛び降りて捻挫をしたのだろうと思い
様子を見ていたのですが一向にその症状は改善されず
きょう獣医さんを訪ねて診てもらったならば、、
a0199297_22315751.jpg
「ナニモノかに右前足の二箇所を咬まれており
その一箇所はかなりの重症であり
最悪の場合(片足ケンケンの)症状は改善されないかもしれない」
と言われたのでした。

「二週間家から出さずに安静に療養させ、、」と獣医さんの説明は続くのですが、
そうしてほしいのはやまやまですがパトはそうしてはくれないであろうコトは明白なので
抗生物質の注射を受けて金曜日の再受診と言うコトで
帰宅となったのでした。



黒猫パトの足を咬んだのは白猫ノラでしょうか?
白猫ノラの頭に傷を負わせたのは黒猫パトでしょうか?

僕は残念ながら二匹(ふたり)を愛する
只の人(タダノヒト)なのでどちらも事実とは認められない
のでした。


ノラの頭の傷は
癒されつつあります。

パトの足の傷も
どうかはやく癒されますように。



「僕って勝っ手だなあ」




なんだかまたお天気が崩れてきそうであると誰かが言うので
下地作りしている
F100号二枚をプリウス君の屋根に積み
教室に持って来て
作業をしております。




きょうは常に眠くて
「あくび」
ばかりしています。



そして



パトとノラに想いをめぐらせ
「ため息」
ばかりついています。



a0199297_23263504.jpg


今夜は
ココまで









by yoshikazusuzuky | 2017-06-06 00:10 | | Comments(0)