ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:非日常( 63 )

亡くなって四十九日を迎えると
ヒトの霊(みたま)は仏(ほとけ)になり
極楽浄土に昇ると言う。

早く逝ってしまったヒトの旅立ちを見送るには
きょうは冷たすぎる雨降りの一日でした。

安らかに昇られましたコトを、、 (合掌)






午前中と昼からの小学生教室はお休みさせていただきましたが
夕方4時から夜9時までの中学生は通常通りの教室でしたので
喪服を着替えに自宅に戻ってみると、、
a0199297_20201139.jpg
室温上がらぬ温室で凍える(凍えてはいなかったかな)f^^:
パトさんの不機嫌顔にぶつかってしまいました。


、、ので
ちょっとの間だけ家の中で缶詰など食べてもらい
「むぎゅ〜」ってしてから教室に向かいました。


、、が
雨の温室に置いて行かれるコトに
かわりはなくて、、
a0199297_20210979.jpg
もふもふ毛布にうずもれて
やっぱりふて寝なパトさんでした




あすは日曜日ですが
朝からあちこち巡る用事があるので
風花画廊に在廊する時間をハッキリとはお知らせ出来ないのですが
たぶん午後になってしまうと思います。
(1〜2時間ほどの短い滞在です)
a0199297_20212140.jpg
(またあしたもるすばんにゃんしょぼん)



パトさんごめんなさい。(あわわわわ)







(けっこう重たい気持ちの余談なのですが)見えないモノを見てしまうコト
について考えてしまうきょうこの頃なのですが
見えるだけでなくてそのモノの物的な痕跡が残されていた場合
ソレは「見えないモノ」と言えるのかなあ?(複雑な問題です)









by yoshikazusuzuky | 2016-11-20 00:00 | 非日常 | Comments(0)
昆虫(むし)嫌いの方は
「ぎゃッ!」と飛び退く画像では
ありますが、、(しっかりコッチ見てるしね)f^^:
a0199297_21430324.jpg
カマキリの姿にも
深まる季節を感じます



自宅を出た間の前に広がる田んぼでは、、
a0199297_21432417.jpg
どこも稲刈りが始まったようなのでした。





親戚からの電話に起こされ家を飛び出してから
まったくもって非日常の世界に放り込まれたかのように
めまぐるしくゲームのコマのように弾かれ動かされた日曜日に
なりました。




はかどらぬまでも
気持ち途切れぬようにいじり続ける作品群
、、
a0199297_21523324.jpg
なのですが
今夜はココまで。

あすはカメちゃんの教室に始まり
昼からは個人レッスンに出かけ、
カズイ君との1対1での夜の教室を仕舞いにしてからまた、、
a0199297_21525177.jpg
僕の世界に
戻ってきます。(できれば僕だけの世界であってほしい)



天気図見ずとも低気圧に囲まれて
逃げ場が無いコトを
僕の頸椎と背骨が教えています。



こんやはゆっくりと湯船につかってから眠ろうと思うのです。



また
明日




(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2016-09-26 00:04 | 非日常 | Comments(0)
a0199297_1843660.jpg
ねえ〜ねえ〜ねえ〜
みてみてみて〜〜



a0199297_185652.jpg
このしゃけボクがとったんだよ〜
ボクがひとりでとったんだよ〜



a0199297_1852895.jpg
すごでしょ〜〜〜
すごでしょ〜〜
すごでしょ〜



a0199297_1854731.jpg
ねえ〜ねえ〜ねえ〜
ボクをほめてよ〜〜〜
ほめてよ〜〜
ねえ〜ほめてよ〜
ねえ〜ねえ〜




「あ〜〜〜っ!
うっとしい
うっとうしい!!」(笑)
「でも
うっとしいけれども
愛くるしくて
愛おしい」



「めんこいめんこい」




(微笑)







一昨日は栃木県益子町経由で
茨城県笠間市までを往復して
229.5Km。
昨日は福島市を往復して229.0Km。
そして今日は、、
リベラ教室の子どもたち(大人の生徒さんもね)8回目(8年目)の参加となる
『東北の建築を描く展』出品作品制作の為の資料集め
(写真撮影)で111.4Km白河市内と周辺を走りまして、、
a0199297_22432430.jpg
(小峰城の修復が
進んでいます)
a0199297_22433636.jpg
(こんなトコロにも
行きました)

プリウス君の総走行距離は
「245,201Km」に
なりました。

明日はお天気悪そうですが
明日も走り回ります。

連日放置され続けている
黒猫のパトさんは、、
a0199297_2141544.jpg
(ふニャ〜ん)

とうとう機嫌を損ねて
仕舞いました
a0199297_21465452.jpg
(フンにゃん)



(まる)




「ゴメンよ〜パトさん

ゴメンよ〜」



(にゃ)





by yoshikazusuzuky | 2016-05-04 00:04 | 非日常 | Comments(0)
『風花画廊』
そして『一木窯』を主宰する陶芸家
後藤五木君の作品たちに
触れました。


a0199297_22335269.jpg


a0199297_2234324.jpg


a0199297_22341578.jpg


繰り返される試行錯誤によって蓄積された技術力と
深い知識により裏付けされたアカデミズムの内に在りながら
そこに神秘性が併存するコトに気づいた僕は
とても素直に驚く。(それは神秘主義的でも
あるのでした)



後藤五木君の展覧会は
8日の日曜日まで、、
a0199297_22534043.jpg
風花画廊(福島市)にて
開かれています。



展覧会へと足を運んで下さい。

そして作品たちに触れてみて下さい。

「カタチ」ある
「モノ」と言う存在が溶解し

指先から五感へと染み入り第六の器官を刺激して

何処か「ココロ」と呼ばれる場所に神秘的な感覚が宿り
ます。




「それは
タカラモノに
なります」






(微笑)







a0199297_2255355.jpg



『 一木窯 後藤五木 陶展 』

2016年5月8日(日)まで
午前11時〜午後7時 *会期中無休

『風花画廊』
960−2156
福島県福島市荒井字横塚3−252
TEL:024−593−0450
http://g-kazahana.com/








by yoshikazusuzuky | 2016-05-03 00:03 | 非日常 | Comments(0)
突然の天気雨とか
夜に山の中に行列する青い火とかは
よく見るけど(「天気雨」はともかく「青い火」なんてそう頻繁に見るモノではないだろう?
と思われるでしょうが夜の山を見ているとけっこう見えますよ、、ほんとにほんとに)
今日のは突然の雪(一瞬にして視界が利かなくなるほどの吹雪)
でした。

晴れた青空と濃密な鉛色の雲の隙間から
雪は吹き出すように突然に降ってきました。

a0199297_16532459.jpg

降り始めた雪の
最初の一粒(ひとひら)
です。


不思議な色の空だったなあ、、




昼から車屋さんに行き
先日ぶつけた前のナンバープレートとバンパーを診てもらい
ました。
a0199297_1603047.jpg
(ご迷惑をかけている先方の車も整備工場入り中)自分の不注意さに
ふかぶかと反省の気持ちでいっぱいです。

反省の気持ちでいっぱい
なのに、、
a0199297_16142784.jpg
「あ!黒猫のマークだ!!」と思ってしまったばかりか
「できたら一本ゆずってください」と整備士さんに
お願いしてしまった僕
でした。

でもほんとうに反省してます。(ほんとうです)

すみませんでした。



(ふかぶかとはんせい)




きょうも卒業生が教室に来てくれて
『消えない流れ星』を自分で選んで
もってゆきました。 (ほほえむ)

a0199297_17314462.jpg

その子は今月いっぱいで
他の町に引っ越してしまうのだ
そうです。


「手紙書くからヨシさんはココからいなくならないでね」


その子が言ってくれた言葉が
とてもとても嬉しかった
「ヨシさん」でした。





(微笑)





夜の(大人の)生徒さんが
「せんせ〜おなかすいたでしょ〜」 、、とね
a0199297_20423421.jpg
おにぎりを作ってきて
くれましたぁ〜! (にこにこにこ)

なかみ(具)はぁ〜?
a0199297_2047669.jpg
あ!コレ大好き!!
ピリリっと辛い
高菜の漬け物
だぁ〜!

ごはんの塩加減も最高でした!!

おいしかった
です。
a0199297_20494164.jpg
ごちそうさま
でした!





/(^〜^*
by yoshikazusuzuky | 2016-03-25 00:00 | 非日常 | Comments(0)
あたたかくなって来たので
パトさんの夜間活動(狩猟解禁)が活発化しています。

夜は出っ放しで朝になったら帰宅してくれるなら有り難いのだけど
時計の針が午前1時を回った辺りから90〜120分おきくらいに
出入りを繰り返すのです。

、、で

先週土曜日の早朝5時30分、
パトさんに呼ばれて細切れ(コマギレ)の眠りから目覚めたならば
部屋が「ぐるんぐるんぐるん」と
大回転をしていました。

久し振りの目眩でした。(かなりヒドいめまいでした)

なんとかパトさんを家に入れてからベッドに静かに横たわっていたのですが症状はまったく改善される兆候なく、やがて教室へと出かける時間がやって来て、なんとか自動車を運転して(は、嘔吐し)教室に着いて、子どもたちを迎える準備をして(は、嘔吐し)なんとかかんとか午前中の子どもたちを迎え入れ送り出し昼食を食べ(食べたけど、嘔吐し)午後の子どもたちを迎え入れはしたけれど14時を過ぎてついに全てが限界に達し、自宅に電話を入れて助けを求め、僕は駐車場に止めた車の中で夜の中学生教室が終わるまでじっとまるくなっていたのですが、けっきょく目眩は治まらず身体的機能が完全に沈黙、、戦線離脱を余儀なくされたのでした。

、、で

不完全体ではありますが本日
子どもたちの待つ最前線の教室へと復帰
帰って来たのですが、、

僕が混濁した意識で「ぐるんぐるん」していた間に
いろいろなモノがこんなコトになっておりました。


こけし絵付けのろくろヨロシク
『天球儀』(理科室にあった貴重な天球儀です)を
グルグル回しながらマジックインキペンを押しあてて、、
a0199297_1861832.jpg
落書きをした
ようです。(わかります?天の赤道と平行するように何本もの線が、、)


僕の大切な『超合金マジンガーZ(第Ⅰ期版)』は、、
a0199297_18203999.jpg
プラスチック部品は折れてるしミサイルパーツは無くなっているし
もうバラッバラにしないとどう仕様もない
号泣状態です。(もちろん僕が号泣するのです)


他にもいろいろ
アルのだけれども
なんでこんなコト
するかね?    「ねえ何でするの?」   (ため息)


子どもたちに言うと必ず返って来る台詞。

「こわされて困る大事な物だったら
置いとかなきゃいいんだよ」


そしていつもの僕の返答。

「壊されても困らないようなどうでもいいモノを置いておいても
お前ら興味なんか湧かなくて触りたいとも思わないだろうし
そんなの面白くも何ともないだろう? それにどちらにしても
壊してほしくて置いておくワケでは断じてないからね」


ヨシさんは「ヨシさんが大切に思っているモノ」や「ヨシさんが興味を持っているモノ」をみんなと分かち合いたいのだよ。だから「うわっうわっうわっ」といじくり回して「壊れてしまった」としたら、それは仕方ないコトだと受け入れられる。でも悪意のあるイタズラや壊れるとわかっているのに「壊した」コトに対しては一言いいたい。

「壊されたモノもヨシさんもヒドく悲しいよ」(ホントウにホントウに
悲しい気持ちになるよ)

でも、これからも変わらずヨシさんは、ヨシさんにとって大切なモノを無造作に、教室の中のそこココに置いておくと思う。

それらを見つけて
どうするかは、
みんなの考え
次第だよね。




(微笑)




明日の水曜日はまるまる一日(体調不良で予定より
3日も遅れてしまった)展覧会の準備をします。

木曜日は搬入と飾り付け。

そしていよいよ金曜日は開幕となります。

5年前と同じ11日の金曜日で中学生は卒業式です。(白河保育園の子どもたちも
卒園式です)



5年経つのですね、、。



目を閉じる、、と(まだ)めまいを感じるから閉じるのはやめておこう。 (苦笑)
by yoshikazusuzuky | 2016-03-09 00:00 | 非日常 | Comments(0)
15時間眠っていました。

a0199297_2224316.jpg

まさに
「泥(でい)」の
様に。


明日からリベラ教室が始まります。
明日は月曜日なので
午前中はカメちゃんの教室。
午後からは初めての小学校、
泉崎村立泉崎第二小学校に行き
今月から始まる6年生の「卒業制作」の
打ち合わせをして来ます。

5日間休んだけど
休むのは体に合いません。
体調がおかしくなる。(笑)



明日からやっと通常運転に
戻れて「ほっ」として
います。




(笑)
by yoshikazusuzuky | 2016-01-04 00:05 | 非日常 | Comments(0)
きのうブログをアップした数時間後に
父が亡くなりました。(僕があんなブログをアップしたからでしょうか?)

本人にしかわからないコトだけど、、

a0199297_23125937.jpg

まるで眠っているかのような
とてもとても穏やかな
顔をしていました。

しばらく
教室は、、
a0199297_23155213.jpg
お休みさせていただき
ます。



父に
サヨナラ
です。



しばらくは
父のそばに
います。





(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-11-01 00:00 | 非日常 | Comments(0)
検査を
受けて
きまし
た。

a0199297_14022100.jpg


結果が出るのは
まだ少し先のコトなのですが
ひとつショッキングな
出来事が。


なんと180cmあった身長が
3cmも
ちぢんでいて、、
a0199297_1525299.jpg
「177cm」とカルテに
記入されてしまった
のでした
のでした
のでしたした







(がーん)
by yoshikazusuzuky | 2015-10-07 15:30 | 非日常 | Comments(0)
「お帰り。
2.3日姿が見えないから
どうしたかと思っていたんだ
ぞ。」

枕元の僕に気づくと父は
毎回同じ台詞を口にしては
僕に微笑みかけます。

今日の父は、、
「炭化」した「地層」の話 、、を
僕にしました。(なんの前触れも
脈絡もなしで突然に)

とても断片的で抽象的な状況説明をつなぎ合わせた話から
その全体像を察することは難しいのですが、
父の口からソレらの言葉が発せられると
ソコには奇妙な現実味が在って、、
いつの間にか父の話に納得している
僕がいるのでした。




この場所には
「海」と「森」とが
共に在ります


a0199297_2150244.jpg


a0199297_21501552.jpg


白く石灰化した海の地層に
重なる様に、、
a0199297_21482468.jpg


a0199297_2148567.jpg

黒く炭化した森の地層が
広がっています




ソコには「命の設計図」が
在ります




父の頭の中に展開している
物語が始まり、
仕舞われる場所でも
あるのかも
知れません








あしたは
月曜日
です







(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-10-04 21:54 | 非日常 | Comments(0)