ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:スズキヨシカズ的アート( 257 )

後ろ手に組んで前傾姿勢をとり
組んだ手を背中を滑らせ首の方に上げてゆく(前傾姿勢なので正確には
組んだ手を首の方に下ろしてゆく)と
「ボクボクボクッ」
と(常に3回)音がして
背骨が定位置へと戻り(戻った気がして)
首から背中が軽くなる
。(軽くなった気がする)

背中から首が重たくて
軽い目眩を感じるのは
台風5号が接近して来ているからだと思います。




a0199297_20074103.jpg
「僕は見本を作っているのだ」


a0199297_20101064.jpg
「これは子どもたちのための見本なのだ」


そんなふうに思いながら
また過剰な作業をしてしまいました。 (笑)


a0199297_20113437.jpg

a0199297_20122680.jpg

光から生まれた
古より生き
新しき世界でも生き続けるであろう
生き物の姿
です


「こどもたちのため」

とか言いながら
気づけばいつの間にか
、、
a0199297_20194411.jpg
深く深く自分の世界に入り込んでしまっている
いつも通りの僕なの
でした
。 (笑)


「ヒカリノウロコ」
の見本は
、、
a0199297_20253634.jpg
カノンちゃん
が作ってくれました


a0199297_20265178.jpg
稲妻(イナズマ)
デザインして
くれました
。(お手伝いありがとう
カノンちゃん) ^〜^)/(^〜^*



アルミホイルも紙筒もグルーガンも
カナヅチも(「りょうぜんこどもの村・遊びと学びのミュージアム」から
大量に貸し出していただけたご協力に「ありがとう」感謝します)(^〜^)
我が愛車プリウス君に積込みま完了しました。


『わーくわく!キッズ☆カルチャースクール』
絵画造形教室は、5日(土)・6日(日)・11日(金/祝)
の3日間の
午前10時から午後12時まで
マイタウン白河での開催です。

(3日間とも午後からの夏休み教室及び中高生教室は
開いていますのでよろしくです)


「あすはどんな子どもたちが集まってくれているのだろうか?」

、、と

子どもたちの前に立った時の自分の気持ち
をイメージ
してみます




(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2017-08-05 00:00 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
第41回福島二紀展
きょうは二紀会本部より南口清二理事を迎えての合評会があり
福島市民ギャラリーにおりました。

a0199297_23435440.jpg
僕にとっては「勉強になる」と言う表現は違う気がしますが
とても大切な場所に辿り着く為の道標(みちしるべ)を
南口先生よりいただいた一日となりました。


しかしそれはあまりにも僕にとっては重大なコトだったので
不思議な高揚感と爆発寸前の感情を
自分ではどうにも出来ず
、、
a0199297_23531516.jpg
テッちゃん(『珈琲 楓舎』)
の淹れてくれるコーヒーに助けを求め
気持ちを落ち着かせてから帰路についたの
でした
。(閉店間際の時間にゴメンね
そしてありがとうテッちゃん)



あすの午前中は夏休み教室で子どもたちの予定が入っています。

午前中の教室を終えてから
再び福島市に向かいます。

第41回福島二紀展
あす7月31日(月)が最終日となります。

最終日は午後4時までの開場です。

閉会を待って搬出作業をして来ます。

会場に足を運んでく下さった方々へのご挨拶は
また改めさせていただきます。(ありがとうございます)


a0199297_23015231.jpg



a0199297_23020100.jpg



『第41回 福島二紀展』
2017年7月31日(月):最終日
午前10時〜午後4時
「福島市民ギャラリー・2F」
福島県福島市置賜町4-20
024-524-2256



最終日もどうぞよろしくお願いいたします。




by yoshikazusuzuky | 2017-07-31 00:05 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
なんともビックリするような土砂降りの中での搬入でしたが
ぶじに飾り付けを終えるコトが出来ました。

a0199297_01202849.jpg

a0199297_01210265.jpg

a0199297_01241427.jpg

『第41回 福島二紀展』
、、

a0199297_01251120.jpg

a0199297_01254784.jpg

a0199297_01262291.jpg

a0199297_01264574.jpg

あす(きょう)
開幕です


a0199297_23015231.jpg


a0199297_23020100.jpg




『第41回 福島二紀展』
2017年7月26日(水)〜7月31日(月)
午前10時〜午後6時(最終日は午後4時まで)
「福島市民ギャラリー・2F」
福島県福島市置賜町4-20
024-524-2256

7月30日(日)は午後1時30分から午後4時まで
二紀会本部より南口清二理事を迎えての合評会・特別セミナーが開催されます。
セミナーには
どなたでも自由に参加出来ます。(合評会・セミナー中でも作品の観覧は出来ます)

7月30日(日)は
リベラ夏休み教室をお休みして
僕は終日、
会場に詰めている予定です。

皆様のご来場をお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。







by yoshikazusuzuky | 2017-07-26 01:34 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
体内時計と言うのかな?
決まった時刻に小刻みに目を覚まします。
今朝は雨音が大きく聞こえていました。
目覚めるまで水晶の夢を見ていました。
とても細くて透明で繊細な水晶の先端がゆっくりと水面に触れようとしている夢でした。
とても細くて透明で繊細な水晶の先端がゆっくりと水面に触れたら
水面にはどんな波紋が広がるのだろうか?
そう思ったところで目が覚めました。

まだ気持ちがこどもの村のミュージアムの
石たちの部屋に在る感じです。(置いて来てしまったのかな?)

空想(妄想?)世界と現実世界との間を正気を保ったままで行き来するには、
現実世界でも、空想世界でしているのと同じ職業に就かなければならないし
同じ考え方をして生きていなければなりません。(比喩的な意味合いも逆の場合も含めて)
そのバランスがとれないと、人は(僕は)気を病んでしまうのだと思います。
あくまでも空想世界が現実と共生していると本気で信じられる人の話しです。
空想世界は空想の世界であって現実の中には存在していないのだ
と言い切れる人は考え込む必要のない話しです。

人や物、場所、あるいはカタチの無いナニか
との出逢いによって、
目覚めるモノがあります。

そしてそれが生きてゆく理由になる場合もあります。

僕は今頃になってまたコトあるゴトに
自分の存在理由について考え直しています。


昨日の時間がまだ体内に残っている内に
少しだけ時間を遡り(さかのぼり)ます。


先週の
17日の話し
ですが
、、
a0199297_10482557.jpg
残っていた
17個の繭(まゆ)
を使って

a0199297_10503903.jpg
『繭笛(まゆぶえ)』
を作りました

繭から糸を紡ぐとき
糸を吐き出し蛹になった命は失われてしまいます。

けれどもその
「命だったモノ」
は、
そのまま繭の中に留まっているの
です。


a0199297_10543099.jpg
『繭の呼子笛(まゆのよびこぶえ)』
です

糸を紡ぎ始める前に、
その命だったモノを呼び出して
呼子笛(繭に繋いだ水晶)の中に宿らせます。




a0199297_11064807.jpg
『繭の戻り笛(まゆのもどりぶえ)』
です

紡ぎ出した糸に
かつて命だったモノを戻すための笛です。
この笛の音色に誘われて、呼子笛の水晶から抜け出したモノは
戻り笛の中で時(とき)を待ちます。

戻り笛の中の
時が満ち
新たなる命が誕生
(再生)
すると
、、
a0199297_11113449.jpg

a0199297_11141713.jpg

光の脈動(新たなる鼓動)
が始まり
ます


これら
、、
a0199297_11162899.jpg
僕の頭の中だけの
空想(妄想?)なの?
でしょうか


それとも
、、



(微笑)




何処かに何か忘れ物をして来ていたとしても
今日はいつも通りに始まりました。

a0199297_20141048.jpg
緑色のT−シャツと
絵の中の海の青色が素敵
です。

a0199297_20142779.jpg

a0199297_20144156.jpg

午前中は
カメちゃんの教室
でした。

午後からは、白河市役所に行って『キッズ☆カルチャースクール』の打ち合わせをしました。僕が担当する絵画・造形教室は8月5日(土)・8月6日(日)・8月11日(金)、各回午前10時〜午後12時までの開催です。『ヒカリノウロコを作ろう』今年は、アルミホイルさんにたいへんお世話になっております。(^〜^)作業の段取りや材料の準備も含めて、発表会での展示方法などを打ち合わせて来ました。

市役所を出て自宅に急行。(時間がないので急いでるだけ)

黒猫のパトさんを病院に連れて行って後ろ足の「肉球の傷」の経過を、、経過をと言っても先週病院から帰って来た二日後にはもう痛みが和らいだらしく家の中にいるコトに我慢が出来なくなって大騒ぎして外出していたのでどちらの足をケガしていたのか僕はもう忘れてしまいましたよ(ははは)
、、
a0199297_20154146.jpg
先生に診てもらいました。

「あれ?傷はどこでしたっけ?」
と先生が仰るくらいに
、、
a0199297_20165860.jpg
傷はほとんど完治しているようでした。

もうしばらく様子見が必要ですとは言われましたが「良かった良かった」とひと安心です。
a0199297_20175548.jpg

a0199297_20185945.jpg
きょうはたくさんの子たちが順番待ちをしていたので(腰の曲がったおばあちゃんに抱かれてその胸に顔を深く埋めて丸くなりじっと何かに耐えている年老いた濃い茶色のトラ猫とおばあちゃんの姿がとても印象に残りました)かなり時間がかかってしまいました。


夜はカズイ君の教室でした。

a0199297_20192613.jpg
今日のカズイ君はイスに座っているコトに違和感があるようで
一筆入れてはウロウロウロ
一筆入れてはウロウロウロ
としていたのでした。

カズイ君も自分の中心を計り
バランスをとるコトに葛藤しています。

残りの30分間
カズイ君が5歳の時に乗車したという
「営団600系」
の姿形や音や匂い(とても特別な匂いだったらしい)
の話しを僕に聞かせてくれました。



明日は教室をお休みします。

福島市に展覧会の搬入と飾り付けに行くので
教室は終日留守にしています。


『第41回 福島二紀展』
まもなく開幕
です
a0199297_23015231.jpg


a0199297_23020100.jpg




『第41回 福島二紀展』
2017年7月26日(水)〜7月31日(月)
午前10時〜午後6時(最終日は午後4時まで)
「福島市民ギャラリー・2F」
福島県福島市置賜町4-20
024-524-2256

7月30日(日)は午後1時30分から午後4時まで
二紀会本部より南口清二理事を迎えての合評会・特別セミナーが開催されます。
セミナーには
どなたでも自由に参加出来ます。(合評会・セミナー中でも作品の観覧は出来ます)

7月30日(日)は
リベラ夏休み教室をお休みして
僕は終日、
会場に詰めている予定です。

皆様のご来場をお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。







by yoshikazusuzuky | 2017-07-25 00:00 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
17日(月)の21時から始まったエキサイトブログのメンテナンス作業は翌朝10時に終了予定との告知だったのですが延長(14時まで)延長(18時まで)延長(20時まで)で、、つい5時間前に昨晩書いたブログを更新したばかりなのでした。5時間しか経っていませんが今日のコト書いたので更新します。またまたお付き合い下さい。



昨夜の
音のない雷
は、
明け方近くから
激しい雨
を降らせました。


僕と一緒に
家に入った黒猫のパト
は、、
a0199297_20481624.jpg
僕と一緒に
家を出ました。


家を出るには
出ました
、、
a0199297_20441799.jpg
雨を見つめてどうしたものかと
思案をしているパトでした


少しだけ長く
考えたけれど
、、
a0199297_20461418.jpg
家には戻らず温室で
雨宿りして今日を過ごすコトに
決めたようでしたので
僕はそのまま家を出て来ました。(ちかくに白猫のノラは
いないようだったのでした)



雨は昼過ぎに
止みました。

a0199297_20521286.jpg

そして、、

a0199297_23204676.jpg
わたわたしていて
いる内に
夜になってしまった感じ
です。



何故に今日は、子どもたちの後ろに100号の絵が出してあるのか
と言えば、明日は展覧会の為の集荷のトラックが来るから
今夜は教室が終わってから「いろいろなコト」を絵に対して
しているのです。

ビックリするようなコトが教室では度々起こるのでソレに対処するのには
平常心が必要です。

そう自分に言い聞かせながら
涙目になったりしないように気が緩まないように緊張感を保ちながら
作業をしているのです。

そんな予期せぬトラブルに遭遇してしまったものだから
今夜のお話しはココまでにします。

本当は、見てほしいモノもあったのですが
それはまたの機会にしようと思います。

間の悪いコトに
きょうは歯医者さんで
レーザーメスによる歯茎切除の手術を受けて来ているのです。
麻酔が切れれば当然痛みます。
いま現在、まさに患部が腫れて痛みが出ています。
コンディション最悪です。(日曜日の石のお話し会ワークショップまでに腫れは引くのか?
と心配になるくらいにメチャメチャ腫れてきております)


(むむむ)


でも、とにかく今は
集中
集中
、、
a0199297_23535040.jpg

集中して作業を進めているの
です




(僕だって微笑まないトキもある)






by yoshikazusuzuky | 2017-07-19 00:00 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
昨日の雨雲は移動して
、、
a0199297_12014366.jpg
眩しくチカラ強い陽光
の朝でしたので
下地作りを始めたのでした
a0199297_12023188.jpg
(白猫のノラさんは参観
でしょうか?)
(^〜^)




コノ時点でのきょうの予定は午前11時30分頃に
東京より緑髪彩香と緑猫パト(春季二紀展に出品していたF100号の作品)
を乗せたトラックが到着予定でしたので
、、
a0199297_12060581.jpg

a0199297_12062091.jpg

a0199297_12065264.jpg

a0199297_12085336.jpg

「てきぱきてきぱき」
先ずはメヂウムによる
一層目の下地作りを始めたのでした


、、と一層目を三度塗りし終えた時に電話が鳴りまして
トラック到着予定の時刻が1時間半も早まるとの連絡が入りましたので
、、
a0199297_12104915.jpg

お天気は問題なさそうだし塗ったばかりのパネルもまだ動かせないので
ノラさんにその場の留守居をお願いし
急ぎ教室へと向かいました



a0199297_12112901.jpg
ノラさんよろしく





その頃
黒猫のパトさんは
、、
a0199297_12123383.jpg
ベッドで熟睡中

(ははは) f^^:




教室に到着すると
ひと呼吸おいて
、、
a0199297_12133926.jpg
トラックが
やってきました
。(お疲れさまです有り難うございます)



a0199297_12142599.jpg
青髪彩香さんと緑猫パトさん
は無事の帰還でした
。 (ほほえむ) なんて微笑んでいたら
気づけば先ほどまでの陽光は何処へやら?
一天俄にかき曇り
稲光(いなびかり)して
大粒の雨が落ち始めたではありませんか!

a0199297_12180196.jpg
(まるで夕暮れを通り越した様な薄暗さです)


「ヤバしヤバし」(ぐぐぐ)
「ヤバしヤバし」(ぐぐぐ)

a0199297_12191930.jpg
自動車のスピードを上げたくとも篠突く雨に視界最悪
前後の自動車の速度に合わせて安全運転で自宅に到着してみれば

車庫の屋根下であるとはいえ
、、
a0199297_12212324.jpg

暴風雨には太刀打ち出来ません


昨年は100号二枚の下地制作中
僕の不注意により二枚とも自動車に轢かれる
と言うアクシデントに見舞われ
今年は雷雨でずぶ濡れです
a0199297_12214170.jpg

なんとも受難続きな100号 X 二枚
なのでした。




白猫のノラさんは
、、
a0199297_12253695.jpg
バナナが入っていた空きダンボール箱の中に
「すっぽり」
と避難し難を逃れておりました


黒猫のパトさん
は、、(あたまの向きが
かわっただけで
、、)
a0199297_12282710.jpg
外で起こっているコトなど
「我関せずベッドで熟睡」
を続行しておりました

。 (ははは) f^^:




雨が上がったのは(上がったけれども不安定)
お昼をだいぶ過ぎた頃でした。

びしょ濡れな絵と道具を片付けていたら
白猫のノラさんがバナナのダンボール箱から出て来たので
昼ご飯を食べながら「かわいなかわいな」と可愛がっていると
、、
a0199297_19211273.jpg
やっと
黒猫のパトさん(すっきりとしたかおをして)
起床です

開けたての缶詰をたっぷりと食べて
ゴクゴク水も飲んで
、、
a0199297_19503653.jpg

a0199297_19505947.jpg

デザートというか毛玉対策というかの草も食べてから
鼻歌を歌いながら(唄ってないけど)ドコゾへ出かけて行きましたので
僕も教室へと戻ったのでした



どうもずいぶんとひさしぶりに
風邪を引いて発熱しているようなのですが
それでも休めない(というか休まない)ヨシさんですので
風邪薬をガンガン飲んではおりますが
引いてしまってから効いてくれる風邪薬には
ついぞ出会ったコトがないのでした
a0199297_20104003.jpg
誰か一人ぐらい
「ヨシさん体調でも悪いんじゃない?」
とか優しい言葉の一つもかけてくれる子もまた
(風邪薬といっしょで)おりませんですな
。 (うむふむ) と言うかヨシさんが体調を崩すなんて
きっと誰も思いも寄らないのでしょう


中学生もまた然り。





a0199297_20194658.jpg
フーちゃんお掃除隊出動に癒されて
今夜はココまで!

a0199297_20225285.jpg





あ〜ぐるぢ〜鼻ぐるぢよ〜
あだまいで〜よ〜





あしたは土曜日
がんばろ







by yoshikazusuzuky | 2017-06-03 00:00 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)


a0199297_22312488.jpg
ヨシくんはニャにをしているのかニャん


黒猫のパトさんの視線の先の
「ヨシくん」
は何をしているのかと言うと
、、
a0199297_22355857.jpg
F100号 X 2枚
絵を描く前の
「下地のための下地」
作りを始めていたの
でした


木製パネルに和紙を貼るのですが
今回は、、
a0199297_22374225.jpg

a0199297_22380124.jpg

灰汁(あく)
が強く出そうな紙(海外で作られた紙)



所々に湿気によるシミが浮き出た
古い厚手の和紙が袋に仕立てられているモノ
(かなりの年代モノで不純物混入多し)
、、
a0199297_22420453.jpg

a0199297_22422326.jpg

もう一度バラして
貼り付けました


二層に重ねて貼ります。



a0199297_22430585.jpg

まずは一層目



そして半乾きの状態の一層目
、、
a0199297_22440828.jpg

a0199297_22442359.jpg

a0199297_22482855.jpg
二層目を重ねて貼りまして
『下地のための下地』
の完成です


乾き切ってからどれくらい灰汁(あく)が
しみ出して紙を汚して(僕は愛情を込めた意味で「汚す」と言っている)くれるか
とても楽しみなのでした。 (微笑)



a0199297_22492596.jpg
ニャるほどニャん





a0199297_22500560.jpg
ニャるほどニャるほど


あ f^^:

白猫のノラさんも
お付き合い下さっておりました
。 ^〜^)/(^〜^=



こんばんひとばん
乾燥させましてから「下地作り」に入りたいのですが
あすはお天気良くなさそうですね。

雨降ると外では無理だし
ましてや車の屋根につみこんで
教室まで運んでも行けないし。

まあお天気のコトはお「天気さま」にしかどうにも出来ないので仕方がないコトなの
でした。

僕は「ぐーん」ってヤれるときに「ぐーん」ってヤれる人
なので出来るだけお天気さまの協力が得られたら有り難いのでした。




そんなワケで今夜はココまで
お付き合いに感謝






by yoshikazusuzuky | 2017-06-01 00:03 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
きょうから
『第9回 白河那須文化交流美術展』
が白河市の
「マイタウン白河」
で始まりました


a0199297_20131595.jpg



なによりも
嬉しかったコトは
、、
a0199297_20273700.jpg
栃木県那須塩原市の素敵なアーティスト
清野ミナちゃんの作品

『カラフルメイロ』

とならんで僕の作品が展示されていたコト
でした。 (微笑)




スズキヨシカズの出品作品
は、、
a0199297_20332732.jpg
『プリオシン海岸にて』
宮沢賢治「銀河鉄道の夜」より

です




a0199297_20285768.jpg
                              (アートギャラリー2・3の展示)



『第9回 白河那須文化交流美術展』

2017年4月10日(月)〜16日(日)
午前10時〜午後5時(最終日は午後3時まで)
マイタウン白河1階アートギャラリー1・2・3・4
(白河市本町2)
TEL: 0248-31-7595







by yoshikazusuzuky | 2017-04-11 00:06 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
キャプション作る他に
鉱物の部屋案内パンフレット文章を9ページ書く
が目標

きょう4ページちょっと書いたので
1ページ目だけ載せてしまう。


『いしたちのないしょばなし』

~石が話してくれたコト~


ボクがはじめて「石(いし)」にであったのは、、とは、おかしな言い方ですね。だって石はそこいらじゅうにあるモノなのですから、かしこまって話しはじめるようなコトではありませんものね。正しく言うと、ボクがはじめて気になる石にであったのは小学校1年生のときだったと思います。家のちかくのこうじげんばに「ザザザザザ」と山のようにおかれていたジャリ石の中に、「キラキラと光りかがやく石」を見つけたのです。それは小さな小さな「水晶(すいしょう)」があつまってできた石でした。ボクのしんぞうは、バクハツしそうなくらいに「ドキ!ドキ!ドキ!」となりました。せかいでいちばんの「たからもの」をはっけんした、たんけんかのきもちでした。ボクはその石をいえにもってかえり、つくえの上にかざりました。おふろにいっしょにはいりました。ねむるときもいっしょでした。出かけるときにはポケットにいれました。


そのときから石はボクのいちばんのともだちになったのでした。


子どものころからなんども家を引っこししたので、いつのまにかその石はなくなってしまいましたが、大人になっても石たちはボクのともだちのままでいてくれました。この、ボクからのてがみをよんでくれているキミにも、ボクのともだちをしょうかいしますね。みんなそれぞれ個性的(こせいてき:おなじように見えてもそれぞれがせかいで一つだけの色や形やせいかくをもっているコト)な石たちです。キミとなかよくなれる石もいるでしょう。なかよくなれない石もいるかもしれないし、目にもはいらず気にもならない石もいるでしょう。でもね、石たちはキミになにかをつたえたくて、話しつづけていますよ。


なにを話したがっているかって?


それは石たちだけがしっている

「宇宙(うちゅう)」と「地球(ちきゅう)」の

ひみつのないしょの話です。



             


                          2017年3月 「りょうぜんこどもの村」

                                    『遊びと学びのミュージアム』にて  


                      スズキヨシカズ

                                 (石たちから聞いた話をみんなにつたえる人)

  







a0199297_00042150.jpg

a0199297_00043705.jpg



明日も早起き棚倉町での教室なので
こんやはココまで








by yoshikazusuzuky | 2017-03-17 00:17 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
小学2年生の彩香を描いた肖像画
(彩香の希望で髪は青色)と
、、
a0199297_10365680.jpg
中学生の彩香です。


あれから何年経ったのかな?
大人になった彩香を
また青色の髪で描きました
。 
a0199297_10400492.jpg
緑色になった黒猫のパトさんも
いっしょです。 (^〜^*


a0199297_10390287.jpg
『あの赤い空の向こう側まで飛ぼうと思う』
 F100号 (162cm x 130.3cm)


額装を終え、、
a0199297_10473981.jpg
明日の集荷時刻(午前11時30分頃)
を待つのみとなりました。


気持ちを込められるだけ込めた作品が描けたにもかかわらず、
その達成感よりも自分に対する嫌悪感にどっぷり首までと浸かりながら
作品を見つめています。
a0199297_10541200.jpg
(かろうじて呼吸し生きながらえていられるコトを
芸術の神の思し召しと慈悲の心であると感謝せねばなりません)



サインを入れるコトが出来ずにいます。


それはこの作品から僕が受けねばならない
「罰」
なのだと思います。



この一ヶ月間の僕の懺悔の気持ちが
ほんの少しでも届いてくれているのならば、
そして許してもらえるならば、
僕にこれからも絵を描かせて下さい。



指先から穂先をつたい
溢れ出した想いに、
全身全霊で感謝する夜です。



「ありがとうございました」




そして、、
a0199297_21511387.jpg
「いってらしゃい」





(微笑)




@

by yoshikazusuzuky | 2017-03-07 00:01 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)