ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:スズキヨシカズ的アート( 249 )

刷毛と面相筆だけで描いていますと言いましたが
補足、
指先も使っていました。

と言うワケで、
子どもたちがカプセル詰めをしている後ろで絵を描いていたのですが
指先を使って絵具を押さえたり刷り込んだりしていたら
、、
a0199297_01123143.jpg
「ヨシさんゆびでこするんじゃないの!
               ティッシュをつかいなさい!」

、、と
イク(小1)
に叱られてしまいました。 (てへへ) f^^:




火曜日の子どもたち
も、、
a0199297_01140588.jpg


順調にカプセル詰めを
進めていました。




a0199297_01151262.jpg
何が入っているのでしょうかね?

(ふふふ)



きょうはなんだかいろいろあって
教室終えてから絵を描いて
そんでもっていまブログを書いていますが
もうすぐ午前1時30分になろうとしています。



今夜は黒猫のパトさんが、、
a0199297_01204680.jpg
緑猫のパトさん
になってしまいました。



翼も緑色で、、
a0199297_01210870.jpg
何だか
「昆虫の羽」(アゲハチョウ?)
のようです。

(どちらもまだ下描きの段階です)



さてコレをアップしたら
片付けして帰ろう。


お腹がへった。(まだ夕食してないので当たり前に空腹なので
「こんな時間だから今夜はもうやめておこう」
などという自制心的なモノは持ち合わせていないので帰宅したら
ガッツリと何か食べますよもちろん)


そんなワケでこんやはコレでお仕舞い。




(^〜^)








by yoshikazusuzuky | 2017-02-08 01:28 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
ここ数年間の僕の絵は
、、
a0199297_21501204.jpg

刷毛(豚毛)

と、
a0199297_21502532.jpg

面相筆(イタチ毛とタヌキ毛)

だけで
描かれているのでした



「だからどうだ?」
とかって深い話は何も無いのですが
「僕はこの絵を描くのに刷毛と面相筆だけしか使っていなのだ」
と思ったので書いてみたのでした。




「ぷちぷちぷち」

小さく音を発てて
いのちが増殖してゆきます。

あらゆる場所から聞こえて来る音なのですが
あまりにも、か細く小さな音ですので気づけなければ聞こえない音なのです。

いまはその音が、、
a0199297_21472903.jpg


面相筆の穂先から聞こえています。



「ぷちぷちぷち、、」





(ほほえむ)









by yoshikazusuzuky | 2017-02-07 00:00 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
少しだけ気温が上がると
黒猫のパトさんは野生猫に戻ります。

いつもならば僕のベッドにもぐり込み
冷え込みキツい朝の時刻をやり過ごす
黒猫のパトさんですが、、
a0199297_22435149.jpg
今朝はベッドにも温室にもその姿は在りませんでした。

これを野性味と呼べるのかどうかは別として
猫は己の意見がハッキリとしていますので、
行動したいように行動するのです。

じつに小気味よい生き方です。 (ほほえむ)




赤い空を飛ぶ為の
彩香(あやか)の片翼部分の下描きが出来ました。

a0199297_22451566.jpg
(黒猫の片翼の助けはあるにしても)赤い空の向こう側まで
を片翼で越えてゆかねばならないのですから
強靭な羽を、強い線で描かなければと思い(昨年)描いたのでしたが
「赤い空」と「その向こう側に在るモノ」について考える程に
ソレは間違いであると気づきました。


赤い空を越えてゆくには、、
a0199297_22430065.jpg
蜘蛛の糸で紡いだような
脆く儚く強い羽による翼が必要なのです。



a0199297_22454661.jpg

(或るいは蛋白石を薄く薄く研ぎ出し拵えた
遊色に透き通る羽による翼が)


そんな片翼の下描きが出来ました。


はやく色を重ねて描き込みに入りたい気持ちをおさえ
次は黒猫(パト)の片翼を描き直します。


『あの赤い空の向こう側まで飛ぼうと思う』
 描き直し前(2016年)の作品はコチラから ☞ http://suzuky.exblog.jp/23230262




今日は雨降りの日曜日でした。

夜になり気温が下がり、、
a0199297_00084675.jpg
帰路は(23時半頃)ヘッドライトの灯りでは
数メートル先までしか見通せない程の
濃霧発生中でした。



(おそろしおそろし)




by yoshikazusuzuky | 2017-02-06 00:09 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
今週の日曜日、
22日(日)搬入の
『第62回 白河市総合美術展覧会』
写真部門に出品する2作品です。(僕は絵画部門ではなくて写真部門の実行委員をしています)


a0199297_22522782.jpg

『もう帰らなきゃ』(半切/A3+)




a0199297_22524787.jpg

『また明日』(半切/A3+)



今回はネガ・フィルムが見つからなくて
Lサイズにプリントしてあった写真を直接スキャナーにかけたので
混入した埃を除去する作業のみし、
様々な印画紙を試してみた結果、、
三菱製紙の白黒写真用顔料インク紙
『月光/GEKKO』(バライタ調紙・滑面光沢)
にカラープリントして作品に仕上げました。


画像からは印画紙の質感を伝えられないのが残念ですが
一日かかって辿り着いた場所、、
a0199297_00023008.jpg
なんだか時間を遡るように作業を重ねた一日になりました




『月光』https://youtu.be/haGwtePy2MI




(微笑)





@


by yoshikazusuzuky | 2017-01-19 00:06 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
嵐のような昨夜の雨が
朝方には予報通りの雪に変わり
地面はみぞれて「ぴちょぴちょ」として
おりましたので、、
a0199297_21521924.jpg
黒猫のパトさんでも
その中に出かけてゆくのは躊躇われるようなのです。



おやおやおや
おや???
a0199297_21575460.jpg
なんともおかしな歩き方になってしまっている
黒猫のパトさんです。



a0199297_21591869.jpg
「にゃんだと〜」



(はははは)f^^:




そんな寒い寒い
「雪の中の温室」
でしたが、、
a0199297_22024928.jpg
黒猫のパトさんにお留守居をお願いして
僕はいわき市は創芸工房へと出かけて行きました。(やはり海沿い浜通地方は暖かなのです
雪はその気配さえ無かったいわき市でした)





『箱写真(はこしゃしん)』
創芸工房ではこんな風な展示と
なりました。


a0199297_22035405.jpg

a0199297_22044029.jpg

a0199297_22050788.jpg




私のお気に入り展は
17日(土)から
です
。 (微笑)

a0199297_22105660.jpg

a0199297_22111937.jpg



-ちっちゃな幸せ-『私のお気に入り展-10 』
2016年12月17日(土)~12月25日(日)
10:30AM~6:30PM<会期中無休>
最終日 5:00PM

「ギャリー創芸工房」
福島県いわき市鹿島町走熊小神山60-1
tel : 0246 - 29 - 3826



どうぞよろしくお願いいたします。




黒猫のパトさんからも
ご挨拶、、

a0199297_22184371.jpg
「ヨシくんをよろしくおねがいするニャン」





(にゃん)




(微笑)












by yoshikazusuzuky | 2016-12-15 00:02 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
快晴だけれども寒い朝
パトに留守居をお願いして
、、
a0199297_23144093.jpg
宮城県仙台市へと
教室生徒作品の搬出に向かいました。(いつもならば仙台市内を半日は
「うろらうろらうろら」
とするのですが今日は用件のみ
滞在時間30分足らずで東北自動車道を折り返しました)

a0199297_23163035.jpg
作品搬出無事に完了




福島県に戻り
福島市で高速を下りて
珈琲楓舎へと向かいました


a0199297_23180115.jpg

a0199297_23181621.jpg

『箱写真(はこしゃしん)』
素敵に展示していただいて在りました
。(感謝)



a0199297_23192915.jpg


『珈琲楓舎からのおくりもの』
2016年12月7日(水)〜12月26日(月)
午前12時〜午後7時(会期中無休)
960-2156 福島県福島市荒井字横塚 3-252
問い合わせ先:080-6909-8284





作品たちは
やわらかな珈琲の香りに
素敵に包まれて在りました
。(微笑)







by yoshikazusuzuky | 2016-12-08 00:04 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
佐賀県伊万里市にある
造り酒屋の屋根裏で発見された
「河童のミイラ」
がよみがえったのか?
と思いましたが、、
a0199297_17085006.jpg
もちろん黒猫のパトさんです。
(どんなミイラ?と気になった方は
画像検索してみて下さい)(^〜^@

「にゃ〜はははは」
「にゃ〜はははは」
「にゃ〜はははは」と言うワケのわからない高笑いが聞こえてきそうですが
ホントは朝日射し込む温室でぬくぬくしてくつろいでいます。


きょうは朝から冷たい北風が吹き
氷雨は雪にかわりましたので、、
やはり温室のお日さまはパトの大事な友だちなのでした。





12月7日(水)から『珈琲楓舎』(福島県福島市)で

珈琲楓舎からのおくりもの』

が開催されます。



a0199297_17130042.jpg



a0199297_17132164.jpg

『珈琲楓舎からのおくりもの』
2016年12月7日(水)〜12月26日(月)
午前12時から午後7時まで(会期中無休)
960-2156 福島県福島市荒井字横塚 3-252
問い合わせ先:080-6909-8284(サイトウ)



この展覧会に
『箱写真(はこしゃしん)』
を展示していただきます



a0199297_22465594.jpg
a0199297_22472873.jpg
a0199297_22474599.jpg
a0199297_22482732.jpg
a0199297_22484899.jpg
a0199297_22491423.jpg
a0199297_22495068.jpg
a0199297_22502559.jpg
a0199297_22505495.jpg


* 「箱写真」は9種類(1セット4枚組)です
  箱の数に限りがあるため「珈琲楓舎」での販売は9セットのみです


もし興味を持っていただけましたなら
どうぞよろしくお願いいたします。



(微笑)






明日の僕は『東北の建築を描く・展』の作品搬出のため
午前中から宮城県仙台市へと行っています、、ので
リベラ教室は留守にします。




ではではこんやはこれにて
しつれいいたします
おやすみなさい(あと2じかんはねないけどね) (わら)




@

by yoshikazusuzuky | 2016-12-07 00:05 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
箱写真(はこしゃしん)
を発表します
、、

a0199297_22452929.jpg

「にゃん」




(微笑)






発表はこれら9種類の
箱写真(はこしゃしん)
です。

a0199297_22465594.jpg
a0199297_22472873.jpg
a0199297_22474599.jpg
a0199297_22482732.jpg
a0199297_22484899.jpg
a0199297_22491423.jpg
a0199297_22495068.jpg
a0199297_22502559.jpg
a0199297_22505495.jpg

発表は、、


12月7日(水)〜26日(月)
『珈琲楓舎からのおくりもの』 珈琲楓舎(福島県福島市)

12月17日(土)〜25日(日)
『私のお気に入り展−10』 ギャラリー創芸工房(福島県いわき市)


* 各会場にて9種類を1セット(4枚組)ずつの販売です
* 手に取って見ていただけるようサンプルも全種類用意します
  箱の数に限りがあるため単体での販売は今回の18セット(9種類X2)のみです


会期が近くなりましたら
案内状とともに再度ご案内させていただきます

ので、、
a0199297_22510930.jpg

もし興味を持って
いただけましたなら、


どうぞよろしくお願いいたします






(微笑)







@

by yoshikazusuzuky | 2016-12-01 00:12 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
てっぺん近くに残された
柿の実が一つ

a0199297_22505907.jpg
冬を迎える鳥たちを思いやる気持ちが温かく
心地よい光景です。



(微笑)






まだ中身は入っていませんが
、、
a0199297_22514578.jpg
紙箱にラベルが付きました



コレも随分前に
、、
a0199297_22530416.jpg
お医者さんが薬品(小瓶に入ったアンプル薬)を入れて持ち歩くための古い鞄
です。(留め金がステキです)


クリームをつけて
革の手入れ。


a0199297_22545561.jpg
ついつい磨き過ぎてしまう。 f^^:







a0199297_23023162.jpg

紙箱をこんな風に鞄に入れて展示したらステキかなと。






a0199297_23035916.jpg
(画像は試作品の3セット)




きょうはかなりの時間を画像の粗い部分の白抜けを修正するコトと
フィルム現像時に混入した塵の削除に費やしました。今回作品は全てフィルムカメラで撮った写真をパソコンに取り込んでいるのでフィルムに付着した塵だけでなくスキャン時に混入した埃も目立ってしまうので面倒くさくともゴミ消し作業は不可欠なのです。(面倒と言ったけど僕は大好きな作業です)
a0199297_00004230.jpg
僕の父は自宅でフィルムを現像し
写真をプリントしていたので
モノクロ写真の白抜けを墨と筆とで修正していたっけなあ
と父の手元と真剣な眼差しを思い出しながら
僕はパソコンの画面での作業です。


ゴミ消しが済んだモノから順次プリントしてゆくのですが、、
印画紙ではなく水彩紙を使うコトに決めたので
紙がインクを吸い込むコトも考慮しての印刷設定がなかなかの難関難問。

一枚プリントするのに
2回3回(4回5回)と設定をやり直し
しながらの作業が思ったよりも時間が必要になりそうです。


とりあえず、、
a0199297_00032452.jpg
今夜はココまで
です。


片付けをして帰宅します。



(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2016-11-17 00:05 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
栃木県那須塩原市
黒磯駅前の『(萬)吉田商店』から大量の紙箱(古いデッドストック品)
を入手しました。
a0199297_20472538.jpg
(正確に言えば、、数ヶ月前に吉田さんから紙箱入手のお知らせをもらってから何に使えるかイメージがわくまで購入保留で取り置きをお願いしていたのですがやっと「成るモノ」が決まったのでいただいて来たのでした)

a0199297_20474941.jpg
8.5cm x 11.5cm x 3cm(深さ)の紙箱50個です。

a0199297_20483840.jpg
刷毛を使って埃を落とし
布で汚れを拭い取って準備を整えました。


a0199297_20501502.jpg
もうたまらなく素敵な紙魚(シミ)
が浮かび出ています。(ステキ!ステキ!ステキ!)





一昨年はウレキサイトと言う鉱物を使って
『鉱物写真』を作りました。



昨年はサルボウ貝の化石をベースに成形をホドコした
『ハジマリノカタチ』を作りました。



今年はコノ紙箱を使って
『箱写真』を作ります。

a0199297_20531356.jpg
試作品


a0199297_20534920.jpg
一箱に僕の写真作品が4作品入っています




これらの写真は水彩紙にプリントされているのですが、、

a0199297_20553646.jpg

写真用紙をどうするかは
これからもう少しあたためてゆきます。






どうでしょうかね?
パトさん?
a0199297_20574995.jpg
あのねヨシくん、
こんなコトして遊んでてよいのかね?
ん?
ヨシくん、
君は生徒さんの親御さんから「ヨシさんはおとなこどもだからしかたない」と言われたそうではないか。
もっと真面目に絵を描き
「ビシッ!」っと見せるべきところは見せるべきではないのかね?
ん?
違うかねヨシくん!



パトさんごもっともなご意見です。
でも大人子供のヨシさんは
大人よりも子どもよりも真剣に遊んでおります。
絵にもオブジェにも何にでも、
本気に真剣な僕でありますよ
パトさん。


で、、パトさんどうですかね『箱写真』は?


a0199297_21062477.jpg

まあね、、
なかなか良いのではないかな。(やれやれにゃ)






ありがとうございます
パトさん。




(微笑)







by yoshikazusuzuky | 2016-11-15 00:02 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)