ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

カテゴリ:記憶の欠片( 146 )

a0199297_18362742.jpg

『コンビーフ』

、、の
話しをします



a0199297_18361102.jpg
「ニャンとコンビーフとニャ!」



子どものコロからコンビーフは僕にとって夢のようなオカズでした。

とは言ってもバリバリのワーキングウーマンだった母親のご飯は当然スーパーマーケットのお惣菜が中心でコンビーフがあったからといってソレを使って何か手作り料理が出てくる、、なんてコトは決してなくて、開缶したコンビーフを温かいご飯の上にほぐしてのせて醤油をかけて食べるだけ、、

僕はソレがコンビーフの正式な食べ方だと
18歳まで信じて疑いませんでした。

それは白河から(高校時代は郡山に住んでいたから郡山から)
東京に出たばかりの頃のコトでした。
東京では西武池袋線の江古田に住んでいました。その江古田駅前(日大芸術学部側の階段を下りた出口)に、店の名前は忘れたけどサンドイッチ屋さんがありました。サンドイッチ専門の店があるコトだけでもビックリでしたが、ショーケースに並んだ種類豊富なサンドイッチにさらにビックリ!その中にコンビーフのサンドイッチがあったのです。いやいやいやいやその見た目にも圧倒されましたが一口齧ったその美味しさと言ったらもう(あの世の食べ物の味を知らないけど)この世の食べ物とは思えぬモノでした。コンビーフにマヨネーズと黒コショウ。1ラウンド開始10秒!!その完璧な味に秒殺ノックアウトをくらったのでした。ソレをきっかけに、やわらかな春のキャベツと炒めたりオムレツにしたりベーコン代わりに目玉焼きと組ませたりとコンビーフは大活躍したのですが(そのころ僕のアパートにご飯を食べに来ていた友人たちのほとんどがかなりの頻度でコンビーフ料理を食べさせられていたと思う)
、、でもね
コンビーフに合うのはね、
やっぱり温かいご飯とコショウと醤油なのではないだろうか
と思うのです。(何だったんだココまでの話しは?)f^^:

a0199297_21305865.jpg

「ニャるほどニャるほど」



そんなワケできゅうにコンビーフが食べたくなりました。



a0199297_21333306.jpg
(この「ねじ式」な開け方がたまらない)




a0199297_21343399.jpg
(そしてぱっこんと開けた時のこの姿もたまらない)



と言うワケで、、
今日の昼は熱々なご飯にコンビーフをほぐしてのせて
コショウと醤油と掟破りにマヨネーズもかけちゃって
「まぜまぜまぜ」
していただいちゃったのでした。 (うふふふふ)(^〜^*



「まっこと美味かったっす!」(想像通りに欲望を満たしてくれる美味しさでした)


(あ!ちゅういちゅうい!!
購入時、馬肉がまぜモノしてある「コンミート」缶と
間違えないようにして下さいね!)

a0199297_21373573.jpg
「やれやれだニャン?」




「石の地図」を仕上げていたのだけけど
どうしても3つの鉱物(いし)の名前が思い出せないのだよね。 f^^:

どんなに考えても3つだけ
思い出せないのです。(展示中の鉱物に番号振ったら
「1番〜226番」
までありました)




「なんだったっけっかなあ〜名前?」





(やれやれ)







by yoshikazusuzuky | 2017-03-30 00:04 | 記憶の欠片 | Comments(0)
たったいま(日付かわって18日午前0時30分)
子どもたちのための鉱物(いし)の文章を9頁
書き上げましたので、
土曜日は頑張って鉱物(いし)たちの名札作りをします。


きょうは金曜日でしたので、
夜の教室に来るヒマリちゃんを迎える準備をしました。

a0199297_00514825.jpg

このマスキングテープを見てすぐに気づいていただけた方は
すでにどっぷりとリベラっ子です。

このマスキングテープは、、
a0199297_00512505.jpg
コレに使用します。


僕の誕生日のあと
ヒマリちゃんのさいしょの教室日は
毎年の恒例行事!


a0199297_00551556.jpg
さようなら50歳の僕



そして、、
a0199297_00560361.jpg

a0199297_00562133.jpg

はじめまして51歳の僕



ヒマリちゃんによって毎年必ず執行される
この行事(行事と言うよりも儀式かな?)
が済むと
、、
a0199297_01040911.jpg
「僕は一つ歳をとったのだ」
というコトを、自覚し実感するの
でした

(まる)





さあ、あすは土曜日だ!

もう午前1時を過ぎている。

帰宅するぞ帰宅するぞ

帰宅して眠って、

あしたも頑張るぞ!



きょうは
お仕舞い




(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-03-18 01:07 | 記憶の欠片 | Comments(0)
ぼくのかばん(僕の鞄)が
こわれました。


a0199297_14230980.jpg
底は両端に穴があき
大切な万年筆やお守りのローズマリー・オイルの小瓶などが
するりと抜け落ちてしまいます。




a0199297_14233648.jpg
側面両側の革も
3分の1.25ほどまで裂けてしまっています。



a0199297_14291529.jpg
「とても気に入っているかばんです」

(肩ひもも千切れ
金具も壊れてしまいました)




僕がかばんを持った時のイメージを例えるならば、、
a0199297_14333003.jpg
いじめっ子のカバ(注:カバはいじめっ子ではありません)が
いじめられっ子のアライグマ(注:アライグマはいじめられっ子ではありません)
のランドセルを取り上げて、
見た目からしてカバの体に不釣り合いであるのにもかかわらず
ひとりうれし気に、ひと目もはばからず堂々と肩掛け鞄として使っている
(アライグマから取り上げたのに「堂々と」はダメだろ)って感じかな。

(ははは) f^^:


でもこの小さな鞄に
必要なモノが全て収まってしまうのです。(「必要なモノ」には個人差があるので
あくまでも僕個人の見解ですが僕にとって必要なモノたちは全てこの鞄の中にありました)

この鞄一つあればドコへでも行けます。(行けそうな気がする)
(行けるんじゃないかな?)(たぶん行けると思うんだけど、、)f^^:

鞄がこわれてしまう前から探していたのですが、このカタチでこのサイズの鞄に巡り会うコトが出来ずにいるのです。(郵便配達員さんが腰につけて使っていたモノや鉄道員さんが使っていたらしき小さな鞄は目にするのですがソレらはすでにかなり使い込んであるので日常使いには向かない状態のモノがほとんどなのです)

どなたかどこかで
「こんな鞄」
を見かけたならば、、

ご一報いただけたら嬉しいです。 (微笑)




明日から『白河保育園』年長組さんの卒園制作が始まりますので
午後より僕はその準備で白河保育園に行っていました。

a0199297_17435325.jpg


今回の卒園生には、、

a0199297_17454072.jpg
コレは何の準備でしょや?

「はいご名答!」
a0199297_17491026.jpg
「色粘土タイル」の準備
です。 「色粘土タイルとは?」 コチラから→ http://suzuky.exblog.jp/19398605/
                       http://suzuky.exblog.jp/19402494/
                       http://suzuky.exblog.jp/19461930/
                       http://suzuky.exblog.jp/19510428/

a0199297_17505565.jpg


前回コレを制作したのは
2014年3月に卒園した子どもたちでした。

完成した作品は


明日から忙しくなります。 (^〜^)


もうすでに
僕の手(指)は
、、
a0199297_19533310.jpg
ちょっと危ないお仕事してそうな色に
染まって仕舞っているのでした。 (^〜^*






今夜の僕の
「パレット」
は、、

a0199297_20044939.jpg

「青い色」をいじって
おりました




今夜はこれで
お仕舞い。




(微笑)







by yoshikazusuzuky | 2017-02-02 00:16 | 記憶の欠片 | Comments(0)
パトとおはようのごあいさつ、、

a0199297_20505968.jpg

夢(ゆめ)だったのか
現(うつつ)だったのか
昨夜は様々な場所を
歩き回りました。


それは見覚えのあるアスファルトの道であったり
むかし暮らしたスペインの村の
石畳の道であったり
真っすぐな道も
曲がりくねった道も
道とは呼べない道も歩きました。


誰かの部屋にも行きました。
(そこには誰かの気配がしました)
誰かは僕の為に何かしようとしてくれているのですが
僕にはその誰かの姿が見えないのです。


最期に僕は遮断機の下りた踏切の中にいました
「カンカンカンカンカンカンカンカン」
警報機の音に覆い被さるように「ピーーーーーー!」と警笛が聞こえて、、

眠っていたのか
眠っていなかったのか、
その場面で僕は目覚めました。(目覚めたと言うコトは眠っていたのですね)

目覚めると、
眠る前よりはるかに強い疲労を感じました。

本当に何時間も歩き続けていたみたいに
両足のふくらはぎはぱんぱんに腫っていて、
つま先には痛みがありました。


夢だったのかなあ?
パトさん?

a0199297_20585937.jpg
「もちろんゆめだニャん」

(取りつく島もない
パトさんでした) f^^:





今日はカメちゃんの教室があり
コットマンサークルの教室があり
カズイ君の教室があり
マコトちゃんとも話しました。



カメちゃんの
青いバラは、、
a0199297_21005801.jpg
籠(かご)から溢れ出さんばかりに
咲き誇ります。


作品の続きが気になるところですが、、
a0199297_21043793.jpg
カメちゃんは数日後から取材旅行へと出かけて行くので
次回カメちゃんとカメちゃんの青いバラに出会えるのは
2月の第3週目となるのです。

素敵な画題との出会いがあると良いね
カメちゃん! (^〜^)


a0199297_21065067.jpg
カメちゃんのパレットは
青いバラと同じな青色でした。



こんやの僕のパレットは
、、
a0199297_23090378.jpg
こんなです。




(雪がどんどん降っておりますのでこんやはココまで)







by yoshikazusuzuky | 2017-01-31 00:13 | 記憶の欠片 | Comments(0)
我が愛娘彩香(あやか)がとつぜん帰省しましたので、、
a0199297_23382061.jpg
もう一度お正月をやり直しております。(いま現在も酒盛り続行中)

かははっ!(酔って候)



夢人(ゆめひと)に抱かれたパトさんも
嬉しくてめっちゃ可愛い顔になってしまっています。
a0199297_23472372.jpg
(でも残念なコトにパトさんを溺愛してくれる彩香は猫アレルギーなので
夢人に抱かれて愛おし気に遠くから彩香を見つめているパトさんなのでした)



テレビの仕事をしている彩香は忙しすぎて今日の夕方帰って来たと思ったら明日の午前中には東京に戻ってしまうのでした。 (さみしいねい)


酔ってるからもう書けませーん! 「ぐびぐびぐびぐび」 (ぷは〜っ)



今日(1月2日)は
母の命日でした。
a0199297_23555170.jpg
赤い色が好きな母でした。



11年かあ、、








by yoshikazusuzuky | 2017-01-03 00:02 | 記憶の欠片 | Comments(0)
星が降らせているのですから
それはもうチカチカと点滅する様に
光るのです。

a0199297_20000179.jpg
そんな星霜に覆われた
凍えた朝でした
。(影まで凍え閉じ込められています)




a0199297_20024951.jpg
黒猫のパトさん
早朝に出て行って
おりませんでした。(どこかに温々とした場所があるのかな?)




カメちゃん
今年さいごの教室
でした

a0199297_20033822.jpg


「この青色と
 この青色が、、」とカメちゃんは
説明してくれました。

a0199297_20044177.jpg

今回の「青い薔薇」は
たくさんの青色を混ぜ合わせて作った
二種類の青色絵具によって描かれるのだそうです。(カメちゃんの心の中の画材店だけにしかない青色絵具です)


「ことしはココまで!」

a0199297_20111205.jpg
カメちゃんが高らかに(まるで天使たちのトランペットの音が聞こえてきそうだ)(^〜^)
そう宣言して、
2016年のカメちゃんの教室は仕舞いとなりました。




夜の教室のカズイ君も
今日で仕舞いました

a0199297_20115750.jpg
高校二年生のカズイ君はクリスマスの贈り物に
サンタクロースから小学校五年生の時の自分の心をもらったそうです。
「毎日笑って過ごしていた頃の自分なんだよ」
カズイ君が
そう言いました



二人ともことしの教室を仕舞いました。



おつかれさまでした。
よい新年をむかえてくださいね。
また会いましょう。 (微笑)



きょうで
『珈琲楓舎からのおくりもの』
も仕舞いとなりました。

お礼の電話も連絡もしないまま
こんな時間になってしまいました。

テッちゃんお世話になりました。
五木君お世話になりました。

見て下さった皆さま方に
「ありがとうございました」
を心を込めて、、


「ありがとうございました」 (感謝)



そして、、
a0199297_20223518.jpg
黒猫のパトは
いったいドコへいってしまった
ろうか?



(やれやれ)







by yoshikazusuzuky | 2016-12-27 00:07 | 記憶の欠片 | Comments(0)
とても綺麗なフォルムだなあ
と思います。
a0199297_21572492.jpg
(ちょうど背中からお尻の方にピントを合わせたかったのに
頭から先の方に焦点が行ってしまいましたが)


今朝は黒猫のパトさんに見送られて
と言いたいトコロですが
、、
a0199297_22011554.jpg
ご覧の様にパトさんはソッポを向いているワケですから
正しくは僕がパトさんの後ろ姿に「行って来ます」を言って
さみしく出かけて来たのでした。(ふふふん)



『海(うみ)』とタイトルを書き込んだのに、、

始まりの写真は
黒猫のパトさんだし、

次の写真では
、、
a0199297_22061885.jpg
鉱物が展示されているのでした
。(ふふん?)(^〜^)

いわき市へとつながる御斉所街道
石川町を通るのですから時間に余裕があるならば
『石川町立歴史民俗資料館』
に寄るのです。

新着鉱物として
「いわき市産出」の
、、
a0199297_22112713.jpg
『玄能石(げんのういし)』
が展示になっていたのです。

玄能石(げんのういし)
は、、
a0199297_22151935.jpg
純粋ではない方解石の結晶です。(この言い方は正しいのだろうか?)
(興味を持たれた方は検索してみて下さい)そのカタチが大工さんの使う玄能(金槌)に似ているコトからの
命名だそうですが、単体で結晶した姿は、加工された道具の様です。

その結晶形には
様々あって、
a0199297_22194327.jpg
「星型」や「金平糖型」など
とても素敵な名前がついているのですが、

展示されていた中で
僕が魅力を感じたのは、、
玄能石をノジュールが包み込んだ標本です。*ノジュールとは化石や鉱物などを核として
砂や泥などが珪酸などの影響を受けて球体状に固まったモノです。

なんだか
、、
a0199297_22305350.jpg
たまらなく素敵な
その姿だったのでした



石川町立歴史民俗資料館
、、
a0199297_22344599.jpg
なんど訪れても
そのたび新たな発見があって
楽しいんだよなあ




さあ!
a0199297_22361529.jpg
海(うみ)です!! (^〜^)

久しぶりの海です。

嬉しくてたまりません。 (うれしうれし)

シーグラスを見つけては
青空に眩しく輝く太陽に
次々透かして見ました。

a0199297_22390415.jpg
気泡がしゃわしゃわ言っています


a0199297_22393937.jpg
まるでチェコのモルダバイトのようです


a0199297_22405145.jpg
アクアマリンで作られた惑星運行表の欠片かな?

(微笑)


シーグラスや、、
a0199297_22430930.jpg

綺麗な牡蠣貝の殻を、、
a0199297_22435710.jpg
夢中で拾って砂に
ならべて遊んでいたら
(油断していた)
大きな波が来た
、、 f^^:

a0199297_22452882.jpg
ざぶん


a0199297_22455303.jpg
ざぶん


a0199297_22461828.jpg
ざっぷ〜ん

、、とね f^^:

ぜんぶ海に返されてしまったのでした。 (ふふふふふ) (^〜^@
(もちろん僕もびちょびちょですね) (^〜^*





a0199297_22475417.jpg

僕の影が東に向かって
長く長くのびる時刻まで海にいました。

a0199297_22490953.jpg
海は不思議だ。

地球と言う名前の惑星の存在を実感させてくれる。

不思議で素敵だ。




(^〜^)




ギャリー創芸工房
『私のお気に入り展 - 10』
搬出を終えました。
『箱写真(はこしゃしん)』を見ていただき
ありがとうございました


明日(26日)は
「珈琲楓舎」
960-2156 福島県福島市荒井字横塚 3-252
080-6909-8284
12:00PM〜7:00PM
『珈琲楓舎からのおくりもの』
が最終日を迎えます。


どうぞよろしくお願いいたします。




(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2016-12-26 00:02 | 記憶の欠片 | Comments(0)
a0199297_22051264.jpg
「こんやはクマのはなしだニャン」


そうなんですよパトさん。

今夜は、先週に出遇った
熊の親子のお話しなんですよ
パトさん。(^〜^)


どうですか
パトさん?
a0199297_22092323.jpg
ちょっと見には木彫の様
でしょう?


ところがどっこい
どっこいしょ、、
a0199297_22104767.jpg
中空の陶器製なんです


中が空洞なので、、
a0199297_22131070.jpg
背中には
貯金箱用の穴も開いています。(ははは)



鮭などを口に
くわえたり、
背負ったりして北海道感を出してはいますが、、
a0199297_22194999.jpg
じつは福島県二本松市
『岳温泉(だけおんせん)』
のお土産品です。(にゃはははは)



そしてパトさん
聞いて下さい

トドメとも言える一撃は!

なんと、、
a0199297_22220827.jpg
目が七色に輝く
ガラスのダイヤモンドなのですよ!!

しかも、、
a0199297_22250918.jpg
おもいっきり味のある
かわゆい小熊ちゃんもいっしょです。(にににん)*このクマの親子のお顔を見ていると僕が小学生だったころにテレビで放映されていた(1873〜74年放送)『ダイヤモンド・アイ』と言う名のヒーローを思い出すのです。ヒーローと言っても子どもの目から見てもかなり「異色なヒーロー」でした。主人公が指にはめているダイヤモンドの指輪が光を受けるコトによって『ダイヤモンド・アイ』が出現して悪と戦うと言う、、早い話しが指輪の魔人ですね。でもねパトさん。当時の僕はなぜだかかなり『ダイヤモンド・アイ』に心奪われていたのでした。僕もかなり「異色な子ども」だったから当然と言えば当然だったかもしれませんがね。(ははは)


話しが脇道にそれましたが、
それではパトさん
いよいよその全貌をお見せしましょう!


a0199297_22343638.jpg

じゃじゃん!


そして、、

a0199297_22351327.jpg
この角度から見る小熊ちゃんの表情と
前足の仕草が、たまらなく愛おしく感じてしまう僕
なのでした
。 (ほほえむ)



どうですかパトさん、、って

あれ?

パトさん呆れて
ドコかへ行ってしまった様なのでした。 (ははははは) f^^:





さくや心配した雪降りは
現実とはならず
、、
a0199297_22402405.jpg
きょうも穏やかで暖かな一日となりました。

でも明日からは気温が下がってゆくのだと
教えてくれた人がありました。


週末には冬が戻って来るのですね。


今週末にはいわき市『ギャリー創芸工房』での展示が
最終日を迎えます。

-ちっちゃな幸せ-『私のお気に入り展-10 』
2016年12月17日(土)~12月25日(日)
10:30AM~6:30PM<会期中無休>
最終日 5:00PM
「ギャリー創芸工房」
福島県いわき市鹿島町走熊小神山60-1
tel : 0246 - 29 - 3826




福島市『珈琲 楓舎』での展示は
26日(月)まで
です。

『珈琲楓舎からのおくりもの』
2016年12月7日(水)〜12月26日(月)
午前12時〜午後7時(会期中無休)
960-2156 福島県福島市荒井字横塚 3-252
問い合わせ先:080-6909-8284




どうぞよろしく
お願いいたします



(微笑)





@

by yoshikazusuzuky | 2016-12-22 02:24 | 記憶の欠片 | Comments(0)
「にゃー!」(「ごはんくれー!」
と言っています)
a0199297_18511823.jpg
「にゃー!」(「缶詰あけろー!」
と言っています)

今朝は家を出る前にヤるコトがたくさんありましたので
寝起きのパトさんはしばらく(15分くらいかなあ?)僕に知らん振りされて放っておかれました。

「気に障りましたね?」

a0199297_18514904.jpg
「にゃあ!」(「あたりまえだこうしてくれる!こうしてくれる!」
あぎあぎあぎあぎあぎあぎー!!)おーこわいパトさんおーこわい、、て言うのはウソです。

コレはただのあくびです。(でも、、カッコいいな〜キバ!
ほしいな〜キバ!)




火曜日は、、
a0199297_02124529.jpg
4人の子どもたちが自画像描きです。



僕に見られるのも
誰に見られるのも気に入らなくて
、、
a0199297_19031942.jpg
制止の言葉も鎮静も
ナニにも耳を傾ける気持ちが持てずに
無鉄砲な壁を作った
I・M 少年(小1)でした
が、

壁の出来具合やら絵の描き具合
I・M 少年(小1)にとってはナニからナニまでが癪の種、
癇癪起こしてついに壁崩壊
で、、
a0199297_19485560.jpg
「うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」
ってなりました。


でもやりたい放題したワリには、、
a0199297_02121734.jpg
自画像はいたって静かなモノでした。





(やれやれ)f^^:






a0199297_02132023.jpg












須賀川からの
帰り道でした。

まだ15時頃だと言うのに
冬陽は白く
、、
a0199297_20004441.jpg
まるで霜を降らせているかの様
でした


先週7日(水)に
二紀会会員で福島県総合美術展覧会招待作家でもある
須賀川市の画家・松下恒夫さんが79歳で亡くなりました。
今日は午後の教室までの時間を
須賀川市まで往復して過ごしたのでした。
a0199297_20302554.jpg
松下さんのご冥福をお祈りします。




「お世話になりました
 ありがとうございました」




(微笑)







明日は(終日)いわき市に行っています。

17日(土)から開幕する「私のお気に入り展 - 10」に出品する
『箱写真』(はこしゃしん)の搬入と飾り付けをしてきます。

展示の様子は
また次回に





(微笑)










by yoshikazusuzuky | 2016-12-14 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)
先日リベラ教室のアルバムの頁を繰りながら
「あいかちゃんとあやなちゃんどうしてるかなあ〜?」と
4年前にリベラを卒業した二人(姉妹)を思い出していたら
なんときょうひょっこりと、(ひょこひょこ)
二人が教室に遊びにきたのでした。
お姉ちゃんのあいかちゃんは高校1年生に、
あやなちゃんは中学2年生になったのでした。

「ふたりともむかし(小学生)のままでかわらないなあ〜」
と言ったらもちろんお歳ごろの二人に叱られた
ヨシさんでした。(いやいやいやいや二人があまりにも可愛くなっていたので照れくさかっただけですよ
照れくさかっただけです!)

(てへへへへ)(^〜^*



a0199297_17392965.jpg
(とおくをみつめるくろねこのパトさん)




午後の小学生教室にはダンペちゃんが帰って来てくれました。
2年ほどお休みしていたダンペちゃんでしたが、
遠く駐車場の方から
「なつかしいなあリベラ〜リベラなつかしいなあ〜」
と言うダンペちゃんの声が近づいて来たときは
思わず笑ってしまいました。 (^〜^

教室に入ってからも(流れているオルゴールの音楽もふくめて)
「なつかしいなあリベラ〜リベラなつかしいなあ〜」
と言い続け2年振りのリベラを堪能していたダンペちゃん
だったのでした(まる)

(^〜^)



リベラは変わっていないけど
みんなは会うたび大きくなっているよね。

a0199297_17401196.jpg
「ではヨシさんは?」
(写真撮影:ⓒ KOHANA )

ヨシさんはどうなのだろうかね?(きょうの中学生教室で
「ヨシさんまゆ毛にも白髪生えてるよ」と言われたばかりなので
きっと額面通りに歳をとっているのだろうね)f^^:






きょうもフルに忙しかった土曜日の教室でした。
a0199297_17403684.jpg
(写真撮影:ⓒ KOHANA )



土曜日がついさっきお仕舞いになったので
もう日曜日です。
ゆっくり眠るかどっか遠くへ行くか、、?
眠る前に考えようっと。



僕も皆さんも子どもたちも
一週間お疲れさまでした。





(微笑)







by yoshikazusuzuky | 2016-12-04 00:17 | 記憶の欠片 | Comments(0)