ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

<   2011年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「中心におくべきモノは何だろうか?」


メールボックスには、
たくさんたくさんの手紙たちが、
『ヨルのミンロウド坑(絵の採掘場)』に降り積もった雲母片のように重なり合い、層を成してゆきます。

「返事、、書けなくてゴメンナサイ、、、」

嬉しい手紙がいっぱいです。
リベラのヒマワリたちの元気な写真もいーーーーーーーっぱい届いています!
a0199297_1627228.jpg
a0199297_16371181.jpg









東京の友達んちのヒマワリ。

     
         
        友達の友達んちの庭に花開いたヒマワリ。



a0199297_16564291.jpgそして、、たくさんたくさんのスペインのヒマワリたち。
a0199297_1657720.jpg
この4枚の写真を

送ってくれたのは、
a0199297_16573393.jpg
『Vic』映画祭でお世話になった

Quimさんです。
a0199297_16575058.jpg

僕の記憶の中でたくさんの人たちの名前がゴチャマゼになっていなければよいのだけれど、、、

話はちょっとだけ後戻りします。


VicでQuimさんと一緒に『お名前栞プロジェクト』に
参加してくれたJoanさんに名前を書いてもらったリベラ生徒のユウナちゃんとハルナちゃん姉妹(現在は兵庫県に住んでいます)がJoanさんに宛ててスペイン語で書いたお礼のハガキをリベラに送ってきたのです。
僕はそのハガキをスペインのユキちゃんに送ったのですが、残念ながらJoanさんは韓国へ一年間の留学に旅だってしまっていたのでした。

でもQuimさんがそのハガキを韓国のJoanさんに送ってくれるコトになり、ユキちゃんの工房に取りに来てくれた時に、、、

「ゆうなちゃん姉妹からのお手紙は本当に感激して、今は避難生活をしているゆうなちゃんたちが本を読む度、このしおりを見て、そして、彼女たちからの手紙をJoanが見る度、この見えない糸はいつも繋がっている事を確認できるよね」

、、、と言ってくれたんだそうです。

ここまで書くのに説明ばかりが長くなってしまったけれど、、、Quimさんが言ってくれたその言葉達に、僕はとても心動かされたのでした。


『“it  』 〜Desde Fukushima〜 の Estel さんからもメールをいただいてたなあ、、、。


『エコキッズ教育研究会』の皆さんからは「種の収穫」の連絡も! 
a0199297_1849019.jpg
『エコキッズ』の皆さんからいただいたお手紙は「まだ、私達にリベラのこどもたちと繋がっていけるチャンスが何かあれば教えて下さい。福島のこどもたちは日本中の皆で守りましょう。身も心も・・・」という言葉で結ばれていました。

、、、ううう (涙)


子どもたちにたくさんのお菓子と優しい優しいお地蔵さまを届けて下さった方からいただいたお返事も、うれしくてうれしくて嬉しかったし、、、。

忙しい時間を割いて、僕のブログを英訳して発信してくれている方がコロンビアに移住してしまう、、というコトを耳にしたのは、、、何時だった? 「今月末に、、」と書かれていた気がするその手紙にも僕は返事を書いていません。

なんだろう、、、こんなにお世話になっているのに、、、。

ごめんなさい。


悲しい知らせもあったんだ、、、。

スペインの
僕と同い年の『彼女』が亡くなったという知らせ、、、。
たぶんたくさんのコトを心の支えに病魔とたたかっていたであろう『彼女』、、、。
バルセロナのユキちゃんが配信してくれているスペイン版『スズキヨシカズ幻燈画室』で子どもたちのコトも読んでくれてて、、子どもたちの絵も見てくれていて、、。 元気になったら『お名前栞プロジェクト』に参加して子どもたちの名前を綴ってくれると言ってくれていたそうです。
この『彼女』とは『猫』を通じた少なからず不思議なお話しがあるのだけれど、
もう僕には掌を合わせる事しか出来なくなってしまったけれど、、、
『彼女』が天国でもしあわせにしあわせで暮らせるコトを心から祈ります。



「中心におくべきモノは何だろうか?」


こないだの台風以来、(今までも何かコトが起こる度に、、)
いま暮らしているこの土地から「引っ越し」すると言うコトが『最優先の話』として議論されています。
原発事故直後から避難の話は現実のモノとして話され、
僕と僕の父親はここに残り、中2の息子は避難すると言うコトで、それは実行されるはずでした。
しかし直前に僕の父親が体調を崩し、避難の話しは先送りとなり、、そして何の状況も好転していないと言うのに今に至ってしまいました。

「息子を避難させなかったコトで僕は近い将来苦悩し後悔するコトになるのかもしれない、、」

眠れぬ明け方の蒼い空気に満たされた部屋の中で、、、きまってソンな同じコトを繰り返し繰り返し考えます。


引っ越しするコト


この場所を離れるコト



「中心におくべきモノは何だろうか?」



『かいがきょうしつ リベラ』と『かいがきょうしつ リベラ の子どもたち』



『幻燈画室』という僕の居場所、、、。



どんな場所でも僕はきっと上手くやって行くでしょう。
僕は僕のまわりに僕の世界を作り上げてゆくのでしょう。
今までもそうだったから、、
たぶんこれからもずっとそうなのかもしれない
、、、そう思っていたけれど。

今まではそう思ってあちこち移動を繰り返してきたけれど

今回ばかりは
それだけでは
気持ちを割り切るコトが出来ない何かが、、、
僕を引き止めるのです。

僕をこの場所に引き止めるのです。




「中心におくべきモノは何だろうか?」




そんなコトを考える日々です。
by yoshikazusuzuky | 2011-09-29 19:00 | 日常 | Comments(0)
先週の金曜日は仙台に絵の搬入に行って教室をお休みしたので、
秋分の日の今日でしたが午前中は子どもたちの教室でした。

、、、とそこに大きな段ボール箱のお届けものがありました。
a0199297_202802.jpg

子どもたちに急かされながら

その段ボール箱の

封を開けると、、、



「わわわわわわぁwwwwwwwwwwwwっ!」

子どもたちの歓声とともに
でてくるでてくる!
たくさんたくさんのお菓子です!!

「びっくりです!」

子どもたちばかりでなく僕もビックリでした。

差出人欄に書き込まれたお名前は、初めてのお名前。
添えられた手紙にはこんなふうに綴られていました。(以下いただいたお手紙より抜粋です)

『はじめまして、、、(中略)、、、リベラ絵画教室のブログを拝見させていただいております。私の親戚は白河と石川に、、、(中略)、、、友人は南相馬に住んでおり、皆、不安な日々を送っています。こんな時に、「リベラのひまわり」や「繋がる絵」を見させていただき、リベラの子供達から、元気をもらっています、、、(中略)、、、少しですが、お菓子を送りますので、子供たちと楽しんで下さい。何か、私にも出来ることがあれば、協力させて下さい。、、、(中略)、、、一日も早く、安心して生活できる環境と、皆の笑顔が続くことを願っています。』

a0199297_20491466.jpg
そしてお菓子と手紙の他にもう一つ。

この方のお母さまが
「明日への希望」をこめて
手づくりして下さった
お地蔵さまが二人、、、。


「うわぁ^^^^^^^かわいい^^^^^^^^!」

「おいおいこわれちゃうから、、」
と心配して掌を宙に泳がせてしまうほどに子どもたちは大喜びでお地蔵さまを取り合い握りしめましたよ。 (微笑)

「ヨシさんすぐにお礼しなきゃダメじゃん!」
(おいおい)
でもその通りですね。

さっそく手紙に記されていたメールアドレスにお礼のメールを書きました。
そのメールに添えられた写真がこの二枚です。
a0199297_20581877.jpg
a0199297_20585354.jpg

















いつもは顔が写らないように撮るんですが今回は「イイからこのまま撮って!」と子どもたちに言われてソレに従いました。
「だよね!」
「この笑顔を伝えないわけにはいかないね!」

(微笑)


とても心が温かになりました。

家の雨漏りのことも何やかやも、、、ひと時わすれてしまえるくらいに、

幸せな気持ちになりました。


こころからこころから、、、ありがとうございました。
by yoshikazusuzuky | 2011-09-23 21:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
どうしましょう?
家中が大雨漏りです。
a0199297_19251362.jpg
「ぴちょんぴちょん」ではなくて、、
天井裏からは「ざあざあ」という音がします。

畳を全部上げました。

もう何をやっても仕方ないと言うあきらめの中にありながらも、
天袋や押し入れに片付けた荷物を移動させました。

でも、
もう何処に荷物を移動しようとも同じことです。

ただたんに『移動させている』と言う自分の行為に対して根拠のない安心感を求めているだけですね。(苦笑)


a0199297_19342715.jpg
屋外からも屋内からも雨の音がします。

a0199297_1935266.jpg
もう何処にも逃げ場なんてありませんよ。

ただただ台風が通り過ぎてくれるのを待つだけです。

あれだけのコトをやっても結局は台風の力にはかなうわけなどないのです。

             
              「しかたないしかたない」

ブルーシートはドコも剥がれたり飛ばされたりしていないのです。

「ではなぜ家中に雨が降るのでしょう?」

そんなの僕にわかるわけないですよ。


a0199297_19562793.jpg
外に出してもらえない『パト』は、
ふてくされて僕のとなりで眠っています。

「きょうはしかたないよ、、、パト」



県内全域に大雨洪水警報が発令中です。

町では大きな被害が出ています。

明日の朝にかけて、、、もっとひどくなるそうです。


「やれやれ」
by yoshikazusuzuky | 2011-09-21 19:59 | 日常 | Comments(0)
搬入前夜まで制作していた中学生高校生の4作品を写真撮影するのを忘れてしまってました。

「あらら」

「しまったね」(ん? あまり気にしていないような相づちをアリガトウ 笑)


全員の作品が会場に展示される事を願って、、、作品写真はその時にね。


画像の準備が整ったら小学生の作品から順次紹介しますよ。


それまでこちらをどうぞ。



こんかいもある子のブログから拝借してきました。


では、、、夜空の虫とどこまでも
by yoshikazusuzuky | 2011-09-18 00:03 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
日付が変わって土曜日になってしまいましたが、無事41作品の搬入受付を済ませてきましたよ。
a0199297_013659.jpg
高速道路も心配していたほどの深刻な渋滞には巻き込まれず混雑程度でした。(よかったよかった)

高速道路よりも仙台市内の自動車の多さと道路交通事情の悪さ(空気が乳白色をしているように感じる)の方が、仙台に行くたび「ぐぐぐ」と思いますね。

それはともかく無事に東北工業大学キャンパスに辿り着き搬入を済ませてきました。


先ずは、
ひと安心ひと安心、、、です。


a0199297_0223196.jpg

街なかの道路に設置された気温計のデジタル数字は「32℃」と表示していました。

残暑厳しいお天気。

汗をかきかき、、でも絵の搬入には有難い快晴。

校舎地下1階の出口から出て「ふっ」と空を見上げたらトンボがたくさんたくさん飛び交っていましたよ。

画像だと画面に付いた埃みたい(っていうかほとんど見えない)だけど、、これトンボです。 (笑)

でもね、不思議なんですよ。

無数のトンボたちは空高くを飛んでいるわけではなくて校舎と校舎にはさまれたスゴく狭い空間に群れ飛んでいたのでした。

狭い空間にゴマ塩を振りかけたみたいな、、、いっぱいのトンボたちでした。


(微笑)




行きと帰り、
福島市は『風花画廊』で初日を迎えた「ふぅのちいさな旅」、『齋藤ナオ』による絵本の原画展覧会を観てきました。
a0199297_0471627.jpg


できたてで「パリッ!」っとした、
素敵な絵本も会場に並んでいましたよ。



新しい日付の本日17日(土)と18日(日)には物語を書いた中村友恵さんと絵を描いた齋藤ナオが在廊しています。

絵本に2人直筆のサインを入れてもらえるかもしれませんよ? (わお!!)

素敵な展覧会にふさわしい素敵な絵本でした。



a0199297_11396.jpg










           「ね、、 ふぅ?」


               (^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2011-09-17 00:51 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
『東北の建築を描く展』

搬入の準備が整いました。

a0199297_22591449.jpg









明日、高速飛ばして(飛ばすどころか混雑渋滞してるらしいけど、、)仙台に行ってきますよ。

41点の作品たちに神のご加護を、、、。 (微笑)


あす、、、明日、、、あした、、、。

あしたは『齋藤ナオ』の展覧会の初日でもあります。
a0199297_2355565.jpg









福島市の『風花画廊』で開催される「ふぅのちいさな旅」という絵本原画の展覧会です。

素敵な作品たちによる展覧会です。

齋藤ナオとナオの作品たちにも、、、神のご加護を。


(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2011-09-15 23:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
いよいよ明日は子どもたちの絵と中高生たちの絵と一般の生徒さんたちの絵を持って仙台に搬入に行く日なのです。
子どもたちの絵は昨日で全31作品がそろいました。
一般の生徒さんの作品も6作品そろいました。
、、、が!
中高生の4作品はまだ制作中!
昨日も一昨日も一昨々日も、、、そして今日も制作中。
終わりのないのが絵を描くと言うコトだから、、、仕方ない仕方ない。
でも今夜が締め切り。
あしたは搬入です。


ここまでの流れとは関係ないかもしれないけれど、
あるブログでこんな文章を見つけたので載せてみます。

久し振りにむかしを思い出してカラダの芯の辺りが熱くなったなあ、、、。





『   がっこうは戦場です!!!!!!!1111!!!


朝は戦争に行く前のへなちょこ戦士の気持ちです

だからいろいろと戦闘力をたかめる呪文だったりをいわないといけないのです


がっこうでは最後までいることができたらその日の戦争は勝利とされます

ただし、早退をした場合は戦死か脱獄兵のようなものとします

休んだらそれは正義を貫く精神としてその勇気を認められた誇り高き戦士になれるのです



ぼくはただのへなちょこ戦士でしかいれません


がっこういきたくないっていったら絶対来なきゃいいっていうし、いいんですいいんです


みんながわらってるのがどれだけぼくを苦しめるのか!戦場で弾丸をくらったようなさ、そんなきぶんだよ




まあ再来週はちゃんといくつもりだけどね


はははは   』






このコは、ステキな絵を描きます。


午前中の教室が終わりました。
夕方のタフな子どもたちの攻撃を真っ向から受け止めつつ、、

さあ、今夜に向けて僕も戦闘力を高めねば!
by yoshikazusuzuky | 2011-09-15 11:50 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
震災から6ヶ月、、、
a0199297_1021551.jpg









いろんなコトが「日常」になりつつある。


a0199297_10231552.jpg



この海の色も風景も、、、
いつしか「日常」として
僕らの中に
再度『認識』されてゆく。



きれいなきれいな『海の色』、、、として。



6ヶ月という時間にたいして、
僕らは静かな『祈り』を捧げる。
by yoshikazusuzuky | 2011-09-12 10:31 | 日常 | Comments(0)

Bank Band 『糸』




イツキクン
チカチャン
ココロカラノ
オメデト、、、

(ホホエム)
by yoshikazusuzuky | 2011-09-11 20:39 | 繋がる想い | Comments(2)
午前1時06分、、、。

フミヤから12枚目の画像が届き、

フミヤの作品は結ばれました。


a0199297_1541929.jpg



















昨日の22時06分(おお、、 ちょうど3時間だね 微笑)に送られてきた1枚目の画像と、


a0199297_1543884.jpg




















日付をまたいだ12枚目の画像です。





お疲れさま、、、フミヤ?


おやすみ、、、フミヤ。


(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2011-09-10 02:06 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)