「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ヨッちゃん、


先週末、バルセロナでは初めてのお習字栞を行ないました。

私の25年来の親友で私の名付け子ペトラのお母さん、メルセのテキスタイルの工房で、
2日間のオープン工房で32人が福島の60人余の子供たちの名前を書いてくれました。

このお名前しおりはまさかこの2日間で全員の名前が書けるとは思っていなかったので本当に嬉しかったです。

ペトラと同じ名前の6才の女の子は「ひとし君」を書いてくれたのですが「ひ」の字が逆さになったので書き直し、
私の名付け子ペトラ(13才)は3枚、バイトを終えて駆けつけてくれたアルバちゃんは10枚余、お母さんの(写真)メルセは18人の名前を書いてくれました。

ペトラの同級生のセルジ君は今年の運動会、福島の子供たちが2時間しか外に出られなかった事を話すと
「じゃあ、家の中で本を読むのにこのしおりが役に立つよね?」と2枚書いてくれました。

メルセは赤ちゃん用品を作っているので子供を連れたお母さんたちがたくさん来て、
私の説明を聞いて
福島のお母さんたちの不安は人ごとではないと言って皆しおりを書いてくれたのですよ。


私は涙が出そうになりました。


クリスマスまでに間に合えばささやかなプレゼントになりますように。


ちなみにこの魚のハンコはメルセが作ったもので彼女のブランドBellafillaの製品に数多く使われています。


またね




ゆきこ



a0199297_20532857.jpg
a0199297_20525490.jpg

a0199297_205348100.jpg

a0199297_2054556.jpg

a0199297_20543192.jpg

a0199297_20544947.jpg

a0199297_20552125.jpg

a0199297_20555114.jpg

a0199297_20561575.jpg



                  ユキちゃんアリガトウ!

                 心から心から、、、感謝です。


                       ヨシ


                     (^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2011-11-29 23:11 | 繋がる想い | Comments(0)
Hola buenos dias, os envio la actividad de Forca Japo en terrasa, gracias y saludos.

PDF: Terraza

Força Japó!, junto con l’Associació Humanitària Tiravira, presentará un concierto benéfico en l’Auditori Municipal de Terrassa, con el objetivo de recaudar fondos en apoyo a las víctimas del terremoto y tsunami en Japón.

El concierto será interpretado por músicos japoneses con la participación de músicos profesionales catalanes y, como grupo invitado, la Cobla Ciutat de Terrassa. El acto tendrá un repertorio de música clásica y contemporánea, canciones populares japonesas y catalanas, que incluirán una pieza compuesta por Daisuke Soga, un director de orquesta conocido, que conmemora el desastre del 11 de marzo. Al finalizar el concierto los interpretes y asistentes podrán intercambiar impresiones con un piscolabis.

Como complemento al acto, se podrá ver una muestra visual en el hall de l’Auditori, que ilustra con unas instantáneas y un vídeo los efectos del desastre y los trabajos de reconstrucción. También los asistentes podrán mandar unos mensajes de solidaridad a las víctimas.

Los fondos recaudados serán enviados en su totalidad al “Proyecto Fumbaro Higashi Nippon” (http://fumbaro.org/en/ *solo en inglés), que organiza varios programas en favor de las víctimas de la zona afectada de una manera rápida y eficaz, que complementa los canales de solidaridad de las instituciones públicas.

私たちForça Japó!は、このたびアソシエーション ティラビラと言う団体と共に、Terrassaの市の公会堂にて東日本大震災支援チャリティーコンサートを行うことになりました。

バルセロナに在住の日本人音楽家、また、カタルーニャ伝統の踊り、サルダーナの音楽を演奏するグループ、Cobla Ciutat de Terrassaを迎えてのコンサートとなります。クラシック音楽、現代音楽、日本伝統の歌やカタルーニャ伝統の歌などバラエティーに富んだ内容となっており、また、世界的に有名な指揮者 曽我大介氏により、この震災によって創られた楽曲も演奏されます。

コンサート会場の外ホールでは、被災地での災害時の写真やビデオの展示スペース、被災者への応援の手紙やはがきを書くブースを設けさせて頂きます。また、コンサート後には、演奏者と参加者の皆様との親睦を深めるための簡単な立食会を用意させていただきます。

今回は、被災者の方々へ少しでも早く役立てて頂く為にも、集めた入場料は全て“ふんばろう東日本支援プロジェクト”に送らせていただきます。


a0199297_20484758.jpg

by yoshikazusuzuky | 2011-11-29 23:10 | 繋がる想い | Comments(0)
宮城県仙台市のお食事処『とんかつ 道』の「ヒレカツ定食コヒ付」と福島県白河市の大衆食堂『白十字食堂』の「カツカレー」とで、、、
きのう、2011年11月27日(日曜日)午前10時50分頃、宮城県仙台市の上空に僕が目撃した、『銀色』或いは『透明感のある白色』に輝き浮遊する無数の『球体』の群れについての高ぶった気持ちも、やや中和されたので、、、

きょうは、『東北の建築を描く展』入賞者作品展と
リベラ年末恒例の子どもたちの『自画像』を紹介したいと思います。

a0199297_194304.jpg
展覧会は先週の金曜日25日から
宮城県仙台市青葉区一番町にある、
『東北工業大学一番町ロビー』で
始まりました。


今回は『東北の建築を描く展』の入賞者作品のみによる展覧会です。


a0199297_191315.jpg

『かいがきょうしつ リベラ』からは

小学2年生の阿久津慧(あくつさとし)、

小学3年生の菅野華蓮(かんのかれん)、


a0199297_19192153.jpg
中学2年生の鈴木夢人(すずきゆめひと)、

高校1年生の坂本千晶(さかもとちあき)、


、、、の特別賞を受賞した4名の参加となりました。

a0199297_19214054.jpg
『せんだいメディアテーク』内の
広い広いギャラリースペースで観た絵の印象とは、
また違った感じに見えてくるから不思議ですね。


ゆっくりとした気持ちで観れるスペースで、
(今回はお空からの訪問者のおかげで落ち着いては観れなかったのが残念、、、)
毎年この場所での入賞者作品展覧会も楽しみにしているのです。

a0199297_19334129.jpg

a0199297_19335747.jpg

a0199297_19341819.jpg

a0199297_19343950.jpg


a0199297_19375155.jpg
この展覧会々期が終了し、
作品の搬出が済むと、、
今年の「かいがきょうしつ リベラ」の参加する展覧会も一段落、、、

という感じになるのです。

(微笑)


第26回 東北建築フォーラム 『東北の建築を描く展』入賞者作品展は、
明後日水曜日、11月30日が最終日になります。
場所は、宮城県仙台市青葉区一番町1−3−1(ニッセイ仙台ビル1F)の、
『東北工業大学一番町ロビー』です。



a0199297_1948730.jpg





さて、

さて、、

さて、、、

さて?

           いま教室では子どもたちが、年末恒例になった自画像描きをしていますよ。

小学生のはこんな感じ、、、。(これは金曜日と土曜日の子どもたちのですね)

a0199297_1953252.jpg
中学生と、

高校生のは、、

こんな感じです。(なんだなんだ、、なんだあ?)

(笑)


毎年、年末には自画像を描きます。

そして、
絵の中に『将来の夢』を書き記しておいてもらうのです。

この絵は、子どもたちに返却せずに僕が全て保管しています。

おもしろいんですよ、あとから見返したりするとね! (微笑)

a0199297_19581169.jpg

ちなみに、、、ダイキちゃんの4年間です。  2008年小学2年生。 2009年小学3年生。 2010年小学4年生。 そして今年は2011年の小学5年生です。 ああなって、どうなって、そうなったから、こうなった、、、みたいな? (笑)

「ね?」


おもしろいでしょう?


この『自画像』もみんなのを一枚ずつ順繰りと紹介して行きますので、、、

どうぞお楽しみに!



(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2011-11-28 23:11 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
宮城県仙台市の『とんかつ道』の「ヒレカツ定食コヒ付」に対抗して、、
我が故郷、
福島県白河市の王道を歩み続ける大衆食堂『白十字食堂』の「カツカレー」を、、、

                  「載せてしまうよ!」

                  「載せてしまうよ!」
a0199297_17452249.jpg


                  「きゃーーーーーー!」

                   「どーだぁー!!」

              「どーだどーだどーだぁーーーー!!!」

美味そうでしょう?

「ね?」

「ねねね?」

大盛りご飯(チキンライス用のアーモンド型の容器で「ぱかっ」とね!)を覆う揚げたての大きなトンカツにまわしかけられたカレーのルーは一口目はピリリと辛いのに後味は甘くフルーティー〜〜〜〜わわわわわw!!! 付け合わせの甘くてシャキシャキ新鮮キャベツ千切りと反省の色もうかがえないケチャップまぶしのスパゲティーナポリタン、そしてお母さんの味爆発のポテトサラダもボリュームたっぷり!!!ミニトマトがスタールビーのように紅く妖しく輝き、パセリはまるで飛び散ったモルダバイトの破片のようです! そしてそして嬉しいのが、みそ汁でなくてラーメンのスープがつくところはさすが大衆食堂ならでわっですよねえ〜〜〜! 「ね?」「ねねね???」

僕が小さな頃から変わらぬ変わらぬ『白十字食堂』の「カツカレー」なのでっす!


(^〜^)(^〜^)(^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2011-11-28 18:01 | 日常 | Comments(0)
『東北の建築を描く展』入賞者作品展を観たあと、
とにかく気持ちを落ち着けるために、、(未確認浮遊物体の方で果てしなく興奮して空ばかり見上げていたからね)、、昼食をとることにしました。
a0199297_0301946.jpg

「ホン日ヒレカツ定食コヒ付」

、、、の張り紙に引き込まれるように

a0199297_035348.jpg
入店してしまった

お食事処『とんかつ 道』

入店してしまった、、、と思わず書いてしまうような店構えと店内だったのですが、
入店と同時に出迎えてくれた老夫婦の笑顔に満ちた人情味あふれる接客に、馴染みの店にいつものようにふらりとお昼を食べに入ったかのような気分になってしまいました。
a0199297_0481623.jpg
注文したのはもちろん「ホン日」(なんでカタカナなんだ?)のおすすめ、『ヒレカツ定食コヒ付』です。

あのね? このお話しを、僕がおもしろおかしく書いてるだけ、、、と思ってるでしょう? とんでもないですよ!! 正直、初めは僕も「ブログにでも書くか?」ぐらいにしか思ってなかったのです。 ところがどっこい!!!美味かったのですよ。(写真見ただけでも美味そうなのがわかるでしょう?) 柔らかくてジューシーな揚げ加減抜群のヒレカツはもちろんのコト、付け合わせのマカロニサラダの黒コショウと塩加減は絶妙だったし、みそ汁はみそ汁としてその存在をアピールしていて具材の油揚げはとてもとても美味だった。漬け物のキュウリとカブも言うコト無しの100点満点!! ほんとにほんとに美味かった!!!!
a0199297_05617.jpg

さあ、、、

そしてこれが食後にさりげなくご主人自らがテーブルに運んでくれた『コヒ』です。

『コーヒー』ではありませんよ!

これは『コヒ』です!!

『コヒ』は初めて飲んだけど、まさに『コヒ』の味でした。


でもね、ほんとうだよ。
ほんとうに美味しいお店だったよ。

僕は次回も、そのまた次回も、仙台に行った時は必ずこの店、、、
お食事処『とんかつ 道』で食事をしますよ。


ごちそうさまでした。


(^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2011-11-28 01:04 | 日常 | Comments(0)
今日、僕は仙台市に行って来ました。
『東北の建築を描く展』入賞者作品展を見に行ってきたのです。
高速をおりて市内に入る渋滞の中、、、僕は見たのです。
a0199297_23344016.jpg
a0199297_23351580.jpg
「何を?」
僕が何を見たか、、、ですか?

みなさんはこの写真の空に何が見えますか?

僕は、、、この空に浮かぶ無数の銀色の(透明感のある白色の?)球体を見たのです。
無数の無数の球体が、この写真の青空いっぱいに浮かんでいたのです。

その無数の球体は、渋滞が動き出すまでの間に編隊を組み直すかのようにその並びを変えながら上空を移動していたのです。
a0199297_2347040.jpg
僕は携帯で数枚の写真を撮りました。

けれど、、、何も写っていないのです。

何も見えないのです。

でも僕は見たのです。

この空には、、、数え切れないほどの数え切れないほどの数え切れないほどのたくさんのたくさんのたくさんの銀色の(透明感のある白色の?)球体が浮かんでいたのです。


きょう、2011年11月27日(日曜日)午前10時50分頃、、、宮城県仙台市の上空です。

「誰か見た人いませんか?」

僕はモノスゴくショッキングでした。

「誰か僕の他に見た人いないのかなあ?」

無数の銀色の(透明感のある白色の?)球体が、、、確かに浮かんでいたのです。

あまりのショックに『東北の建築を描く展』入賞者作品展の会場風景写真を編集する気力もありません、、、。


スゴかった、、、。


なんで写真には何も写っていないのだろう、、、?


なんで?






まさにこんな感じでした、、、。

もっと透明感のある球体だったけれど、、、まさにこんな感じで上空に浮かんでいたのです。

スゴい、、、もの凄い数だったのに、、、。


なんで何も写ってないんだろう?
by yoshikazusuzuky | 2011-11-27 23:59 | 非日常 | Comments(1)

a0199297_23531837.jpg



                   やっぱりかっこいい

                     (ため息)
by yoshikazusuzuky | 2011-11-26 23:59 | 記憶の欠片 | Comments(0)
僕は思うのですが毎日ブログを更新していたあの頃の僕は誰だったのでしょうか?(笑)
書きたいことはいっぱいあるし、何かに出逢う度に「わくわく」しながらしっかりと写真まで撮っているのですが、、、更新されないですね。
書かなければ更新されないわけだから、、、今日は何かを書いて更新しよう。
「何かを書いて、、、」なんて言い方は、なんだか書くことに対して失礼だからね。
「よし!」
「しっかりと書くぞ!!」


この写真は、、、風花画廊の展覧会が始まった最初の日曜日の空ですね。
a0199297_16444791.jpg









僕はこの季節に見上げる風花画廊の空がとても好きです。
空の蒼に映える、朱い(あかい)葉を落とし始めた樹々の群青のシルエットがとても好きなのです。

a0199297_16582996.jpg
風花画廊での展覧会も残すところ、あと2日ですね。

今回はまだ会場の写真や作家さんたちの作品写真をフィルムカメラで撮ってないなあ。


僕はピントのズレた、、、
(ずらそうと思ってずらすコトの出来るカメラで撮った)、、、写真が好きなのです。
フィルムカメラだからピントがズレると言うわけではなくて、、、僕が言いたいのは写りの柔らかさのことですね。 被写体の輪郭が微妙に滲んで背景に溶け出し混じり合っているような、、、そんな柔らかな写り方をしてくれるフィルムカメラが大好きなんですね。
a0199297_17124922.jpg
、、、と?

画面には『齋藤ナオ』のポートレートが添えられていますが、、、
『齋藤ナオ』の作品を紹介しようと思っていたのですね。


ところが僕が「ぐずぐず」「ぐずぐず」しているうちに
『風花画廊』のホームページでも、
『齋藤ナオ』本人のブログででも、
すでに素敵に紹介されているので、、、ここでは『齋藤ナオ』のポートレートをメインとして載せてしまうのでした。 いつだったかな?会場においでになった彼女の作品をお持ちになっているお客さまが、こう言っていましたよ。

「ほんと、、、齋藤ナオさんて、ご自身の作品そのままの方ですよね」

うん、、ほんとにね。(微笑)

そんな素敵な齋藤ナオと齋藤ナオの作品たちにここで出逢えるのは、今度の日曜日、『風花画廊 collection展』最終日の27日までです。 絵画作品ばかりでなく、様々な分野の素敵な作品たちと素敵な作家さんたちに出逢える、ほんとうに素晴らしい展覧会です。 午前11時から午後6時まで開廊しています。 ぜひぜひ『風花画廊』(福島市荒井字横塚3-252 TEL:024-593-0450 )に足を運んでいただければ、、と思います。

さて、ここで、、、
そんな風花画廊の『もうひとつの風花画廊』についてのお知らせがあります。

『もうひとつの風花画廊』の名前は『珈琲 楓舎』と言います。

『珈琲 楓舎』は『齋藤哲也』が厳選し焙煎したコーヒー豆を扱うお店です。
『珈琲 楓舎』については、、こちら、、と、こちら、、、をクリックして下さい。

いかがでしたか? 『珈琲 楓舎』は「そんな」お店なのです。(微笑)

、、、で?

「はい」

             ではこちらの案内をご覧いただけますか?

a0199297_14404216.jpg


a0199297_1441353.jpg

                    、、、です。


a0199297_19355218.jpg

『珈琲 楓舎』齋藤也 X 『幻燈画室』スズキシカズ』

         、、、というわけです。

『齋藤也』と『スズキシカズ』が、12月11日の日曜日に、1日だけのコラボレーションを果たします。

a0199297_194553.jpg







僕は彼に、とてもプロフェッショナルな匂いを感じます。(感じるだけではなくて、彼は本物のプロフェッショナルです。)

僕が理想とするモノ作りのカタチを、
彼、、『齋藤也』は持っています。(生まれ持ったモノと彼が努力によって得たものとが何の違和感も無理な主張もなく彼の中に融合しています)

12月11日、、、。 僕の作品と共に皆さんに供される彼のコーヒー豆は、この日1日だけの為に彼がブレンドしてくれたモノになる筈です。

12月11日(日曜日)午前11時より午後8時まで。
場所は『珈琲 楓舎』、、、
〜風花画廊〜 福島市荒井字横塚3-252 TEL:080-6909-8284

       この日、供されるコーヒーとオブジェクトは30個を予定しています。
         この日、彼と僕の展覧会にお越しいただいた30名の方々に、
              僕はもう一つの贈り物を用意しています。
a0199297_2015545.jpg

      彼の珈琲が皆さんの嗅覚と味覚から皆さんの心の中にその居場所を探し、、、
        僕の作品に姿を変えた『宮沢治』の愛おしい言葉の破片たちは、
      それがそっとのせられた手のひらから皆さんの心の中にその居場所を探す。

          そこに、、、僕は『時間の結晶』を添えたいと思います。

                     それは、
             地球(この惑星)が感じた『時間』です。
         地球(この惑星)が感じ、永い永い眠りの中で、、
                      そのカラダに刻み込んできた、、
             地球(この惑星)の『時間の結晶体』です。

                  
                   12月11日、、、


               『珈琲 楓舎』でお待ちしています。


                     (微笑)
by yoshikazusuzuky | 2011-11-25 20:40 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
本日、11月18日(金曜日)、『風花画廊 collection』展が開幕しました。
a0199297_17102916.jpg
      『絵画』
        :
      齋藤ナオ
      齋藤真実
     スズキヨシカズ

      『硝子』
        :
      伊藤嘉輝

a0199297_17123455.jpg
      『木 漆』
        : 
      遠藤 翔
      木内啓樹
      小関敏明

      『彫刻』
        :
      加茂幸子

a0199297_17331069.jpg
      『陶芸』
        :
      後藤五木
      志賀暁吉
     島見 美由紀
      吉川裕子

      『版画』
        :
     三浦 麻梨乃

『風花画廊 collection』展 は、
それぞれに分野も違へば作風も違う作家たちの作品群が『風花画廊』に集い奏でる、一年に一度だけの素敵な素敵な展覧会なのです。
a0199297_2292427.jpg


「展覧会って何でしょう?」

いろんな解釈にヨル
いろんな捉え方があるのだ、、、とは
思うのですが、
個人的断定的に結論させてもらうなら

「楽しむ」

という一言に、
つきるのではないでしょうか?


a0199297_2222080.jpg
画廊主『後藤五木』の考える(企画する)風花画廊の展覧会は、
僕の考える個人的断定的な結論という意味でも絶対に期待を裏切られることのない「楽しめる」展覧会ばかりなのです。
とくにこの『風花画廊 collection』展は、
画廊主『後藤五木』の秘密の宝箱を「そっと」覗き込んだかのように、、、
素敵に楽しめる展覧会なのですよ。

画像では、
僕の大好きな『絵を描く女の子』齋藤ナオの作品と共に展示されている
僕の作品を紹介しています。

齋藤ナオの絵本『ふぅの小さな旅』の原画、『ふぅ』のポートレート二枚に付き添ってもらって飾られているのは、僕が描いた『ふぅ』のポートレートです。 『月長石(げっちょうせき)の瞳』と言う主題名と、 〜12月8日の『ふぅ』へ〜 と言う副題名が付いています。 『ふぅ』は風花画廊画廊主『後藤五木』の愛犬(きっとこの言葉では足りないね?)です。 12月8日、、『ふぅ』の命日。 今年は2回目の命日です。 この絵は、今年のその日の為に描きました。

a0199297_22443832.jpg

この飾り台にのせられた「小さなモノタチ」には、、

『言葉の破片』
〜手のひらの中の宮沢賢治〜

、、と言う題名が付いています。

a0199297_22464872.jpg


僕が作った

(僕が作った?)

小さな小さな

言葉のオブジェクトたちです。

a0199297_22482390.jpg

『ウレキサイト(ulexite)和名:曹灰硼石(そうかいほうせき)』

という名前の鉱物ひとつひとつの中に、

『宮沢賢治』の、、

愛おしい
愛おしい
言葉たち
、、、を

浮かび上がらせているのです。

a0199297_2351445.jpg
a0199297_2372381.jpg


a0199297_2259427.jpg







「どうして?」

とか、、

「どうやって?」
、、、と言うお話しは端折らせていただいて(笑)


今回の僕のこの展示は、『ある企画』を告知する為のものなのです。

a0199297_2311826.jpg




その企画については、、、





a0199297_23123892.jpg



この会期中おいおいに
お話ししてゆきたいと思います。

(微笑)





『風花画廊 collection』展は、、、

11月27日、日曜日まで開催されています。

会期中は無休。

午前11時から午後6時までの開廊です。



『風花画廊』 福島市荒井字横塚3-252
TEL:024(593)0450
by yoshikazusuzuky | 2011-11-18 23:23 | スズキヨシカズ的アート | Comments(2)
薄着してたら風邪ひいた、、、という、いくつになってもかわらない理由で風邪を引きました。
子供の頃からの悪いクセ(?)で、
寒いとわかっていても半袖半ズボンでいたりして、、、クシャミがでて風邪を引いて長袖長ズボンに衣替える、、、。 もう、季節の風物詩みたいなモノですね。
今年の風邪はタチが悪いそうです、、、と生徒さんが言ってました。
お腹に来るそうです。
お腹に来るのはイヤですね。
さいわいにもまだ教室の子供たちの間では流行していませんが、、、時間の問題ですね。 インフルエンザも流行りつつあるみたいですからね。
教室でも加湿器がモクモクと稼働しています。(プラズマクラスターもね!)
みなさんも風邪ひきには気をつけましょう。

明日から福島市の風花画廊での展覧会が始まります。
13人の作家による展覧会です。
僕は、、、ってこないだも書いたか?(笑)
明日は開廊前におじゃまして、オブジェ作品の展示調整をしてきます。
いろいろ考えています。
展覧会が始まったら少しずつお話しますね。

楽しみにしていて下さい!

では
by yoshikazusuzuky | 2011-11-17 23:59 | お知らせ | Comments(0)