ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

<   2012年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今日から滑津小学校の4年生、
さとし君です。

a0199297_20113248.jpg
「はじめまして」
(ハジメマシテ)

さとし君は、
「こんな子、理科室にいたっけ?」と現役滑津小学校生が言うほど「ひっそり」と、、
ずっと一人で理科室の塵の中に(「塵」と言う時間の中に)埋もれていたのですが、
本日より4年教室に編入し、
新しいお友達になりました。

「どうぞよろしく」
(ドウゾヨロシク)

と言うわけで本日は、
a0199297_20195662.jpg
滑津小学校4年生の教室に、
行ってまいりました。

さあさあ子どもたちは様々な図鑑と白い紙を前にして、
a0199297_20202727.jpg
いったい何をやっておるのでしょうか?

子どもたちは『時間』について思考しております。

きょうのテーマは『魔法の時計』なのでしたが、
まずは『魔法』という言葉は抜きにして、
『時計=時間』について考えてもらったのでした。

理科室からやって来た「さとし君」も、
じつは『時間』と言う「お話し」の一部分を担っているのです。

昨日のブログが前置きみたいになってしまったのは偶然ですが、
さとし君の『心臓』について、
話題にさせてもらったのでした。

鼓動する回数が「何回?」と決められているのかどうかはわかりませんが、
心臓は時計そのものですよね?
正確に正確に時間を刻み、計り続ける、
体の中に存在する『時計』そのものです。

子どもたちからは「腹時計」の話も出ました。
ふむふむ、確かに腹時計(体内時計)も体の中に在る時計だね。

「生きた化石」、シーラカンスの話もしました。
(シーラカンスの模型を見ながら)シーラカンスが生きた時間と、
その遺伝子の中に受け継がれる『太古の記憶(太古の地球の記憶)』の話。

ヒマラヤの黒い石も持って行きました。
その胎内にアンモナイトの化石を孕む『ヒマラヤの黒い石』です。
アンモナイトの化石を見ながら、
世界一高い山(世界一宇宙に近い場所)に存在する、
遥か遥かに昔の海の、
生命の誕生した海の世界の話をしました。

月の満ち欠けとともに成長するアンモナイトの話。

太古の月はどれほど地球に近い場所にあって、
どれほど巨大に地球の空を覆っていたか。

生き物たちの進化と退化した器官についての話。

翼のある猫。

しっぽの生えた人間。

植物たちが刻むリズムについて。


相変わらずのヨシさんの止めどなく広がり続けるお話し会ですね。 (笑)


一見関係なく思える事柄でも、
じつはそれは一つの事柄に端を発しているのです。

『時間』です。

生ある全てのモノたちがその身に刻み、
蓄積させ続ける、
『生命の時間(イノチノジカン)』です。

子どもたちの画用紙は、
a0199297_20474146.jpg

まだ手つかずで真っ白なままです。

「ぺらり」とした白いコピー用紙の中だけに、
止めどない絵と、
止めどない言葉だけが蓄積されて、
余白を埋め続けています。

来週の火曜日にまた子どもたちに会います。

そのときに、、。
白いコピー用紙を埋め尽くした「モノたち」は形を成す筈です。 (たぶん、、 笑)

4年教室に編入した「さとし君」、、
a0199297_2052795.jpg
(なぜ「さとし君」と言う名前になったのだろう? 笑)
授業が終わる頃にはすっかりクラスにうちとけて(?)、
a0199297_2053332.jpg
子どもたちに「バラバラ」にされておりました。 (おいおい)


先生方との勉強会は、
先生方が一生懸命に僕の話に耳を傾けて下さったので、
a0199297_2164333.jpg
僕は予定よりも長い時間を先生方と過ごさせていただけたのでした。

先生方の真剣なまなざしに、
子どもたちを思う心を感じながら、、
僕は教室への帰路についたのでした。

穏やかに暮れて行く西の空が、
そんな先生方に、、
a0199297_2184970.jpg
「パンパカパーン!」と、
ファンファーレを鳴らしておりました。


僕も、
とても楽しい時間を過ごしましたよ。


それでは僕にも、、


「パンパカパーン!」



(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2012-08-31 21:14 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
こんなモノが寸分違わぬ精密さで、
停止するまで動き続けていると言うコトに、
改めて驚愕した。

a0199297_22361751.jpg
a0199297_22362974.jpg
a0199297_2236449.jpg

「宇宙なのだ」

そう思った。


人間はスゴいのだ。
人間がつくれる筈もない、
こんなスゴいモノを、
人間が治すのだ。
スゴいのだ。
けれど、
やはりどう仕様もないモノもある。
人間に限界があるのではなく、
それだけこのカラダと言う名の宇宙が、
大き過ぎるのだ。


そう思った。





あしたは午後から中島村立滑津小学校に行ってきます。
4年生の子どもたちと絵を描いて、
先生方とも絵を描きます。


また明日。
by yoshikazusuzuky | 2012-08-30 22:43 | 非日常 | Comments(0)
暑さが続きます。

ヒマワリたちは花盛りで、、
a0199297_19483164.jpg
その花径を「どんどん」と成長させています。

ヒマワリたちをファインダー越しに眺めていたら、
どこからか「ミィーミィーミィー」と可愛らしい声で鳴く、
子猫の鳴き声が、、、。

「おやおやおや?」と辺りを見回してみると、
a0199297_19514413.jpg
どうやら声はお向かいの垣根の中から聴こえてくるらしい。

「おやおやおや?」と垣根に近づいてみたら、、
「ミィーー」と一声もう一回、
可愛い声が聴こえます。

垣根の中を覗いて見ると、、、?
a0199297_19531177.jpg
「ミィーー」

いましたいました、
猫ちゃんがいました。

猫ちゃんが?

ん?

君は、、、
a0199297_2028100.jpg
君は『子猫ちゃん』ではありませんよね?

「君はりっぱな『どら猫ちゃん』でしょう?」

そう垣根の中の猫ちゃんに、
語りかけてみたならば、

「ふふふん」
a0199297_2085998.jpg
軽く笑みを見せながらもう一度、

「ミィ?」 、、と可愛く鳴いてくれた猫ちゃんだったのでした。


しかし可愛い声だよね、、 君?




(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2012-08-29 20:28 | | Comments(0)
福島県の子どもたちは、
今日8月27日(月曜日)が始業式です。

お道具箱や図画や工作や理科の自由研究や体育着袋やプールの用意やらやらやら、、
たくさんの荷物をかかえた子どもたちを見送るように、
a0199297_1028337.jpg
(子どもたちを見守るように、)
a0199297_10294468.jpg
リベラのヒマワリたちは花盛りですよ! (^0^)

a0199297_10302687.jpg

「ぶいぶいぶい!(花たちが自信に満ちた自分自慢をしているみたい)」 (^〜^)


子どもたちは、
また普通の毎日が始まりました。

「ヨシさんは?」

ヨシさんは「ずっと」普通の毎日ですよ。(笑)
しかし(自分で言うのも難ですが)かなりくたびれているみたいで、
昨日の日曜日、
午前中に用事を済ませて帰宅して昼食を食べたところまでは覚えていたのですが、、気がついたら夕方夕暮れの時間になっていてビックリしたのでした。
a0199297_104443.jpg
きのうの日曜日の夕暮れです。
おだやかにおだやかに暮れてゆく夕景でした。
夕方からの外気温は驚くほどに涼しくて、
虫の声まで(秋の虫?)聴こえたりして、
我が愛猫、
黒猫野パトさんは、、
a0199297_10512823.jpg
お外で「ひんやり」涼しげに、
夕食をとっておりましたよ。

(微笑)


夏休みの教室が終わって『東北の建築を描く展』出品作品制作に戻って一週間が経ちました。
a0199297_10553091.jpg
子どもたちは制作に、、
(と言っても僕が疲れているの以上に子どもたちも夏休み疲れが蓄積されていて筆は思うようにはすすまないのが現状ですね)

僕は、、
a0199297_10573787.jpg
展覧会に参加するための出品登録票書きに追われています。(締め切り間近!)

「かいがきょうしつ リベラ」からは57作品を出品する予定です。

今回はマイタウン白河教室の生徒さんたちも参加を承諾(半ば強制的? 笑)してくれたので、
今まででいちばん多い出品作品数になりました。
この展覧会は出品作品のすべてが展示されるわけではなくて審査入選展示形式なので、
出品するにあたってはいろいろな思いがあるとは思いますが、
評価されるのもまた勉強です。
僕の個人的な持論ですが、
一度の展覧会に参加するコトは100の作品を描くのにも匹敵するほどの何かを自分にもたらしてくれるのです。

「評価されることは大切なことです。」

これはどんな分野でも、
プロフェッショナルやアマチュアを問わず共通して言えることだと思います。

「批評する側ばかりに集まりたがるのは愚かなコトだと僕は思います。」
(そしてじっさい批評ばかりし自分の意見ばかり喋りたがる作家と自称する輩が多過ぎるのです! 、、そう思いませんか?)

モノ作りに到達点などは存在しないのですから、
一生評価され続けるコトが、
きっと何かの『証(あかし)』になるのでしょう。

、、、なんて中途半端な作家である僕が言えることじゃないか? (苦笑)



しばらくご紹介が滞っているうちに、、
ヨシトくんの作品が完成しました。

『東北の建築を描く展』出品作品です。
a0199297_11184077.jpg
福島県白河市愛宕町(あたごまち)に在る『ハリストス正教会』を色鉛筆で描き切った作品です。
題名は、、 『バラと祈り』 とヨシトくんは命名しました。

素晴らしい作品ですね。 (微笑)

これから大人の生徒さんたちの作品も「どんどん」仕上がってきます。

そのつどご紹介して行こうと思っているのでお楽しみに!



建物の絵を描き切ったヨシトくんが今現在制作しているのは、、

これが『マラカイト動物園シリーズ』第9作目となる、
a0199297_11381179.jpg
a0199297_11382548.jpg

「カバさん、、 です!」 (微笑)

迫力あるアングルだけれど、
なんか楽しい絵になりそうですね! (微笑)


オマケ画像をもう一つ!

『東北の建築を描く展』には残念ながら幼稚園児は参加できないのです。
素敵な絵を描いてくれてるんだけど、、
仕方がないので出品は小学校に上がるまでガマンしてもらって、
小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんたちが絵を描いている間にこんなモノを作ってもらっていますよ。
a0199297_11453333.jpg
紙粘土と水彩絵の具で作られた、
これらは何になるのでしょうか? (^〜^)


コチラもお楽しみに!



(^0^)



しかしきょうもあついですね、、、
by yoshikazusuzuky | 2012-08-27 11:54 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
「んぱ!」
a0199297_1450100.jpg

っと開きましたよ! (^0^)

おひさまのようです!

きれいに「んぱ!」っと咲きました!! (^0^)

この子たちも、
明日から、、
a0199297_1465388.jpg
「開くよ開くよんぱぱと開くよ!」

(^〜^)


素敵な笑顔のヒマワリたちとはウラハラに、、
『魔の木曜日』が2週続きました。

先週の木曜日の夜中も、
今週の木曜日の夜中も、
僕は大きな病院の救急科待合室で明け方までの時間を過ごしていたのでした。
先週なんか救急車と言うモノに、
生まれて初めて乗ってしまったのでした。
両方とも僕が具合悪くしたわけではなっかったのでしたが、
明け方の病院待合室は、、
嫌ですね。 (うんうん)


今朝はそんな寝不足の腫れぼったい感じで6時半起き、、(何時帰って来て何時に寝たっけな?)
早朝からの用事済ませたあと、
初めて通る知らない道をたくさん走って中島村立滑津小学校に行って来ました。

「おおーー」 、、って感じで(?)

知り合いじゃないけど懐かしく親密な感じに、
a0199297_1417792.jpg
『二宮金次郎』さんが僕を出迎え(見送)ってくれました。
来週と再来週の教室空きの時間は中島村立滑津小学校4年生の図工の時間に参加して来ます。
先生方との研修会もあります。

『まほうの力をもつ時計』ってテーマで絵を描きますよ。

「どんなんなるのかな?」
「どんなんなるのかな?」

楽しみですね! (^0^)


中島村立滑津小学校で打ち合わせをした後は、
同じ中島村にある中島村立中島幼稚園によりました。
a0199297_14253958.jpg
幼稚園では子どもたちがプールで「バシャバシャ」水遊びの真っ最中でしたよ! (^〜^)

「きもちよさそうだった〜〜〜〜〜」 (^0^)

中島幼稚園では10月に子どもたちと遊べることになりました。

「あれやりましょか?」
「これやりましょか?」

先生方といっぱいお喋りして来ましたよ。


帰り道の空は、
四方八方まるで入道雲の展覧会のように、
さまざまな形、
さまざまな大きさの入道雲が、

「むくむくむくむく」

青空に背比べ(せいくらべ)をしておりました。


現在の時刻は午後2時30分。
教室の外気温度計は『35℃ 』を指しております。
いちばん暑い時間ですね。


さあ!

夕方の子どもたちの準備をしたら、
子どもたちが来るまで「仕事するぞ!」と気合いを入れたいのですが、、、
正直、眠くて眠くて、、
今にも眠ってしまいそうです。

さあ!!


さあ?



(笑)
by yoshikazusuzuky | 2012-08-24 14:39 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
もう一息だあ〜〜!!

a0199297_8113993.jpg
(^0^)


こっちの子たちももう一息!

a0199297_8124826.jpg
(^〜^)
by yoshikazusuzuky | 2012-08-23 08:13 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
おやおやおや?

花びらが5枚だけ
a0199297_1071864.jpg
そ〜っと開いてました。

里帰りしたリベラのひまわり、
開花第1号ですよ!



(^0^)
by yoshikazusuzuky | 2012-08-22 10:08 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
最終日でした。

かいがきょうしつ リベラの夏休み特別教室は今日が最終日でお仕舞いになりました。

子どもたちも、
僕も、、

28日間お疲れさまでした。

(ど〜もど〜も)

午前中の教室が終わって、
吊り下げられていた午後の子どもたちの絵を外したら、、
a0199297_2149179.jpg
a0199297_21494488.jpg
教室の中が「カラ〜ン」として、
いきなり殺風景になってしまいましたよ。

きょう来てくれた、
こはなちゃんとちぐさちゃんとすずちゃんとかなこちゃんとりゅうのすけと
a0199297_21571551.jpg
ゆめちゃん(ゆめちゃんは毎年夏休みだけの参加だったのですが9月教室からは火曜日のリベラっ子になるコトが決定しましたよ!火曜日の子たち?ゆめちゃんをよろしくね!!)とゆうかちゃんとすずちゃんと(すずちゃんは午前午後通しでした)ゆうた、、
a0199297_21572663.jpg
8人の子どもたちの作品が仕上がって、
リベラの夏休み特別教室は無事にお仕舞いとなったのでした。

(パチパチパチパチ)


「あっ?」

そうだ、
気がつきましたか?
a0199297_2222135.jpg
きれいなお花が机の上にあったでしょう! (^〜^)
いつもリベラっ子たちを応援してくれている郡山市の画家『齋藤ナオ』から子どもたちへ、、
「しゅくだいおつかれさまでしたがんばったね!」
、、のプレゼントのお花が届いたのですよ。 (^0^)

いつもリベラの子どもたちを気づかっていただいて、
心から、、
心からの「ありがとう!」ですよ。 (^〜^)

きょうも雨が降って、
リベラの花壇のヒマワリたちは、
a0199297_2214664.jpg
元気いっぱい生き生き青あおとしていたのですが、、

花咲かせてくれるのは、
a0199297_22151616.jpg
「もう少し先のコトだなあ、、」と考えていたので、
テーブルの上に咲くヒマワリの花たちが、
とても愛おしくて嬉しく思えましたよ。

リベラっ子たちを代表してもう一回お礼の言葉。

「ありがとうございました!」


(微笑)


それでは、
夏休み宿題図画のご紹介はこれがさいごとなります。

「ずずずいっ!」 、、とお届けしますね。 (^〜^)


午前中の教室。


「守ろう!美しいふるさとの川」
a0199297_2230146.jpg
ちぐさちゃんの作品です。
描かれた青い水面を「じじじ」っと見つめていると、
a0199297_22323131.jpg
気持ちが絵の中に入り込んで、
川を遡って行くかのような錯覚にとらわれます。 (^〜^)


「平和な世界へ」
a0199297_2237616.jpg
かなこちゃんの作品です。
今回のこの作品にかなこちゃんは、
たくさんの時間をついやしました。
それはのべ6時間と言うながいながい時間でしたよ。
a0199297_2240448.jpg
いっぱいいっぱい考えて、
ていねいにていねいに色を混ぜ合わせてセレクトして描き上げた、(まさに「描き上げた」と言う表現がふさわしい)
繊細なかなこちゃんらしい作品です。 (^〜^)


「世界をひとつに」
a0199297_22434271.jpg
すずちゃんの作品です。
賑やかだよね! (^0^)
色彩も、
人々も、
a0199297_22452898.jpg
とても賑やかで楽しい画面が出来上がりました。
毎日の TVニュースの画面からは、
たくさんの国際問題が流れ出しつづけています。
すずちゃんが画面に想い描いた世界が、
すずちゃんが大人になった時代におとずれますように、、、。 (^〜^)


午前中のおまけ、、、。

こはなちゃんとりゅうのすけの『全国児童画展』出品画!


「くっきとあそんでる」
a0199297_2251459.jpg
小花ちゃんの作品。
直訳すると「クッキーと遊んでる」。
こはなちゃんちで飼っている犬ちゃん「クッキー」と遊んでいる絵でありますね。
ここで注目すべきはこの人物!
a0199297_2253149.jpg
この人物は「誰?」と申しますと、
こはなちゃんのお母さんです。
そして、、
この絵はお母さんにそっくり(おかあさんそのものずばりのいきうつし!)なのでした。

あえてアップで載せてしまったヨシさんでした! (^0^)


「巨大なピラニアが泳ぐ巨大な水槽」
a0199297_2256323.jpg
りゅうのすけの作品です。
巨大なピラニアもスゴいけれど、
水槽のガラスに両手のひらを「ぴたっ」とつけて食い入るようにピラニアたちを覗き込む青い帽子の子に注目です。
この子のポージングで巨大な水槽の一枚ガラスを表現してしまった、
りゅうのすけに拍手ですね! (^0^)


午後の教室。


「たばこポイすて火事のもと!」
a0199297_232993.jpg
ゆうかちゃんの作品です。

「王道ですね!」

実に正しくも真っ直ぐな標語ではありませんか!?

「へんかなへんかな?やめよかなやめよかな?」
a0199297_234171.jpg
そう呟いていたゆうかちゃんでしたが、
ヨシさんは良いと思います! (^〜^)

「実に真っ直ぐで良いではないか!」 と思いますよ。 (^〜^)


昨年は、
同じコンクールの図画部門で最高賞の『特選』を受賞したゆうたは、
a0199297_238117.jpg
あえて今年も同じテーマで同じ部門に挑みます。(べつに挑んでないか? 笑)
今年の作品には『水』と言うモノが持っている「何か」が意味あるモノとして加わったような気がします。

「何か」って何でしょうか?
a0199297_2392937.jpg
うまく説明できないんだけれど、
『生命(生きているコト)』
、、に関係している「何か」な気がします。

ことしも素敵な『水』の作品が完成しましたね、ゆうた! (^〜^)


午後のおまけ、、、。


あらたに火曜日リベラっ子になる、
ゆめちゃんが『〜児童画展』のために描いた作品は、、、?
a0199297_23142579.jpg
賑やかに遊ぶたくさんの犬ちゃんたちの絵です。

「たのしそうだよね!」 (^0^)

ゆめちゃんも、
これからは毎週のリベラを楽しんでよね! (^〜^)



そんなわけで、
これにて今年の夏休み教室の幕引きでありますよ。


現在の時刻、
23時30分です。

教室でブログを書いています。

「え?」

子どもたちの絵がなくなってしまった教室に一人でいるのは寂しいだろう 、、って?

とんでもない! (微笑)


ご覧あれ!

a0199297_23315256.jpg
a0199297_2332458.jpg
a0199297_23321331.jpg

リベラはすでに来週から始まる9月教室の準備が万端整っておるのですよ!

「わっはっはっはっは」


なんで笑うのかわからないけれど、
いちおう笑ってきょうの日をお仕舞いにしたいと思いますよ。


「みんなみんなおつかれさまでした!」




(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2012-08-18 23:38 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
『永遠の1/2(エイエンノニブンノイチ)』

べつに意味はなかったのですが、
なんとなく頭に浮かんだので本日のタイトルにしてみただけなのでした。 (笑)

白河は午前中から雷が鳴ってました。

近くで「ゴロゴロゴロ〜」。
遠くで「ゴロゴロゴロ〜」。

そしてまた近くで「ゴロゴロゴロ〜」。

お昼過ぎから雨が降り始めて、、
雨降りです。

雷が(賑やか気に)鳴いたわりには激しくは降らないんだね。

教室の温度計は外気温26℃を表示しています。


プレ『〜最終日』の教室も無事に終了しました。

a0199297_1750558.jpg
a0199297_17495262.jpg
子どもたちは順調に自分のペース配分で仕事をこなしてゆきました。

今日の子たちは全員きょうで夏休み教室終了。

、、とは言っても来週からはすぐに9月教室が始まるので「なに?」ってコトはないのですがね。
(もう最初の7月中で終了してしまった子たちとは3週間顔を合わせていないので寂しいけどね うんうん)


今回は『全国児童画展』まで手が回らなかった子たちが多くて、
それらは写真に残していないので「夏の作品アルバム」的には、
ちょっと寂しい感じですが、
それだけ大きな作品に「じっくり」と「時間をかけて仕上げたよ!」ってコトなので、
どれも素晴らしい作品ばかりですよね!! (^0^) 


では、、
きょうのご紹介はハルナちゃんとサクラちゃんとソウちゃんの、
3作品です。


ハルナちゃんのは「木を植えよう!」の図画です。
a0199297_1821178.jpg
山土むき出しの部分が「しゃわしゃわしゃわ〜」って気持ち良さげに水を吸い込んで、
顔を出したばかりの「新しい命」たちも
とても嬉しそうで、、
a0199297_1863082.jpg

「これからにぎやかになるんだろうなあ〜」

って想像させてくれる、
一枚の記念写真のようですよね。 (^〜^)


サクラちゃんの絵は、
牛さんの絵ですね。
a0199297_18151375.jpg
昨年は「魚(さかな)」だったんだけど、
今年は何故だか「牛(うし)」が人気でした。

『畜産』や『酪農』に関する写真資料って教室の手持ちが少なくて、
このテーマを想像力だけで描くには子どもたちも大変だったと思います。

来年は『シュライヒ』の牛とか馬とか鶏とかの動物フィギュアも用意しておくようにしよう。

そんな難しいテーマの作画でしたが、、
a0199297_1824524.jpg
細かな描写も、
細部までの塗り分けも、
サクラちゃんは最後までよく頑張りました! (^0^)

「素敵な作品に仕上がったもんね、サクラちゃん!」

最後まで頑張ったかいがあったよね! (^0^)


3作品目は、、
個性派ソウちゃん(ソウイチロウ)の作品です。

これ、、、
a0199297_18282759.jpg
どんな状況を絵にしているかわかりますか? (^〜^)

そう!「ワカサギ釣り」をしているソウちゃんの図でありますよ!! (^0^)

いつもながら、
ソウちゃんの画題選択は刺激的でありますね。 (^〜^)

ワカサギ釣りをするソウちゃんの周りに存在している、、
a0199297_18301665.jpg
「アイスクリーム(ジェラート?)状」のモノは何でしょうか?

ヒント?

ヒントは、、「ワカサギ釣りの舞台は福島県の猪苗代湖であります」。

はい? はい、「ピンポ〜ン」ですね!!

正解は『しぶき氷』でありましたよ! (^0^)

この絵のテーマを一段と引き立てている、
ソウちゃんの筆使い(タッチ)による着色テクニックにも注目して下さいね!


(^〜^)



「さあ!」

明日はいよいよ『リベラの夏休み特別教室』の最終日になります。

4週間もあったけど、
毎年のコトながら「あっ!」と言う間もないほどに、
時間は早く過ぎて行きました。

「さあさあ!!」

「さあさあさあ!!!」


あしたも頑張るよーーーーーーーーー!


(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2012-08-17 22:37 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
雨が降る度にヒマワリたちは、
その背を伸ばし茎も太くて丈夫にしてゆきます。

リベラの看板も、
a0199297_12113022.jpg
もう見えなくなってしまいましたね。(もっともっと背が高くなりますよ! @^〜^)

子どもたちの夏休みと、
去く(ゆく)夏の「ギラギラ」太陽に、、
a0199297_12142396.jpg
おいて行かれないようにヒマワリたちも頑張っております!

「もうすぐです!」 (^0^)



子どもたちの夏休み教室も、
残すところ
あと2日となりました。

教室にぶら下がってる絵の数も、、
a0199297_12192236.jpg
入り口のコレだけになってしまいました。

久し振りに子どもたちの制作風景を「チラリ」とだけご紹介。 (^〜^)

時限が迫りつつあり、
気持ちに余裕がなくなった、、って
わけではなくて、
a0199297_1221551.jpg
a0199297_12211561.jpg
子どもたちの集中力があらゆる音を吸収するのか、、(?)
製作中の教室の中は、
深海(ふかうみ)の様に静かです。 (「笑」、、それとも「微笑」かな? 「静かな教室」というのが正しい絵画教室の有様なのでしょうが、、、 ^ー^;)


それでは今日も数枚の、
素晴らしい完成作品をご紹介しましょうね。


マリちゃんのメロン畑、、
a0199297_12252231.jpg
完成しました! (^0^)

細密な彩色も頑張ったので、
a0199297_12262879.jpg
完成予想をはるかに上回る完成度の高さ!
素晴らしい作品が出来上がりましたね!! (^〜^)


ユウちゃんのリンゴ畑も、、
a0199297_12344786.jpg
完成しましたよ! (^0^)

目に鮮やかな「夏ッ!」って感じのリンゴ畑は、
a0199297_1236011.jpg
ぜひとも青森県の観光ポスターに推薦したいくらいですよね。 (^0^)

ほんと、何処かで誰か(観光課の誰か)の目にとまらないかな? (@^〜^)


ユウちゃんの鮮やかに紅いリンゴ畑からこの絵に目を移すと、、
a0199297_12382424.jpg
こんどは青緑(あお)さが目に沁みる、、
リュウノスケの描いたスイカを持つ少年(リュウ本人か?)の絵も、、
a0199297_12405238.jpg
完成しましたよ! (^0^)

スイカ畑にはスイカ玉は1個も残ってはいないのな。
リュウが持っているスイカ玉が、
最後の1個なのだろうか?

なんだか見ているだけで、
清々しい気持ちにさせてくれる色使いの絵ですよね! (*^〜^)


きょうも暑かったです。

昼の教室、
温度計は36℃ を表示しておりました。

明日も暑くなるのかな?


あと2日、
気を引き締めて頑張るぞ!


、、と気合いを入れたのに
最後にまた愚痴ってもよいですか?

「グチグチグチグチ」

カレンちゃんの『全国児童画展』の絵が完成しました。
a0199297_1250194.jpg
『満月の夜の名古屋城』です。

「ああ、、、」(ため息)

もっとちゃんとした画用紙で描かせてあげたかった、、、。

「グチグチグチグチ」



では、、



(ーーーー)
by yoshikazusuzuky | 2012-08-16 21:28 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)