ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

<   2015年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ものスゴくグロテスクな夢を見て目を覚ましたのですが
きょうの場にはそぐわないので話すのは止めにします。


天気予報通りの雨降りの朝でした。


午前中から気になって
気になって、、
a0199297_17182123.jpg
何度も壁画前に足を運んでみたものの
もちろん雨は止まず。


それでもやはり子どもたちの日頃の良き行いと、(僕の行いは
審査対象外) f^^: イクちゃんの「てるてる坊主」の効力は
絶大でした!!

集合時間の30分前くらいから、、
a0199297_1722729.jpg
雨が遅止みになって
来たのです。(^〜^)



13時、、
a0199297_1723685.jpg

a0199297_17231663.jpg
子どもたちが壁画の前に
集まり始めました。


記念撮影をした時に
は、、
a0199297_17245814.jpg
うっすらと髪を湿らせる程度の
霧雨となってくれていたので
した。(集まってくれた子は半数ほどで
雨にぬれてもしまったけれど
みんな百万馬力の笑顔でした!)


記念撮影をして新聞社の取材を受けて(リベラっ子のリュウノスケと
アオイちゃんが記者さんに応えてくれました)から
僕は市民会館へ、、
a0199297_223092.jpg
(市民会館わきで濡れ猫さんが
雨宿り中でした にゃん?)

『キッズカルチャースクール』の閉校式を前に、
8教室による発表のステージを観ました。


a0199297_17294126.jpg
「音楽の祭典
児童合唱教室」

a0199297_1730537.jpg
「民謡教室」と
「日本の踊り土曜の会」のコラボレーション

a0199297_1733185.jpg
「元気いっぱい
和太鼓教室」


そして今年も
ステージの最後を
子どもたちの大歓声とともに
彩ったのは、、
a0199297_17383634.jpg

a0199297_17384745.jpg
『風船の国のアリス」さんの
バルーンショーで
した。 (^0^)/

ホント、、
a0199297_1739462.jpg
彼女のステージを見ると
元気が出ます。(発表会と閉校式の司会進行も
努めてくれています)



発表会終了後に
閉校式も無事終了。



こうして6月から3ケ月に及んだ
僕の任務は完了しました。



「皆さん有り難うございました」



そして、、



「みんなみんなありがとう」





(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-08-31 00:03 | 繋がる想い | Comments(0)
午後3時頃バラバラの動悸が最高潮に達し
「心臓が爆発するのではないか?」、、と
本気で恐怖した土曜日の教室で
した。(かはっ!)



a0199297_17101619.jpg


a0199297_17105523.jpg



本日、完成した4作品を
ご紹介しますね。




カイト(小6)の
作品。
a0199297_17141356.jpg



リュウノスケ(小6)の
作品。
a0199297_17144771.jpg



ミーちゃん(小6)の
作品。
a0199297_1713379.jpg



イクちゃん(小6)の
作品。
a0199297_17151071.jpg




おおー
偶然に4人とも
小学6年生で
した。 (^〜^)






きょうは、一日(いちにち)
雨降りでした。


明日は13時に壁画前集合、
とても天気が心配です。(北東の風 日中 北の風
くもり 時々 雨 12時〜18時の降水確率50%
最低気温18度 最高気温21度)

(微妙な天予報です)



「なんとか雨だけは降らせないでいただきたい!」、、と
言うワケで、、
a0199297_17413644.jpg
「イクちゃんのてるてる坊主」に
ふたたび登場してもらいました。




(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-08-30 00:22 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
午前中、棚倉町での教室中に
一般クラス生徒の「 I 」さんから
メールが入りました。

「取り付け始まり壁画」(トリツケハジマリヘキガ)

まるで暗号のようなメールですが、、f^^:
「 I 」さんの仕事場は壁画が設置される文化交流館建設現場の
真ん前にあるのですから、いままさに僕の方から「雨降りだけど壁画の設置は始まりましたか?」と、メールを打とうと思っていたトコロだったのでした。






文化交流館建設の現場へ



a0199297_16263484.jpg


a0199297_16265052.jpg





描いた本人から先に言う台詞では
ないけれども、
それでも声を大にして
言いたい!


「素晴らしい!
 素晴らしい!
 素晴らしい!
 素晴らしい!」

a0199297_16292754.jpg

a0199297_16294228.jpg

「ほんとうにほんとうに素晴らしい!」



子どもたちと僕と、
全編通して全力でサポートして下さった
みなさんの、、
a0199297_16344050.jpg
汗と笑顔の結晶が
目の前に広がっているのですから!



a0199297_16401822.jpg


a0199297_16402953.jpg


a0199297_16404064.jpg


a0199297_16405197.jpg


a0199297_1641062.jpg


a0199297_16411665.jpg


a0199297_1641268.jpg




「感無量」です。



明後日、30日の日曜日に
子どもたちが壁画の前に集まって
くれます。



その時にはじめて、
この壁画は「完成」されるの
です。




a0199297_16514674.jpg
壁画から
離れ難かった
です。


a0199297_1652523.jpg
(いつまでもいつまでも
ながめていたかったです)



日曜日にまた、
ご報告させていただき
ます。




(微笑)









一般生徒さんの作品
(『東北の建築を描く展』出品作品)
も、、
a0199297_1934585.jpg

a0199297_1935858.jpg
集まり始めて
います。





出品登録書類の提出期日(9月1日必着)が
近づいています。


出品者全員分の
大量の書類、、
a0199297_19375466.jpg
まだ書けてい
ません。


あらゆるコトで(ほんとうにあらゆるコトで)
忙しいのに、、
a0199297_1945359.jpg
じつはコラムの仕事も受けてしまっていて(全国100以上の美術館で無料配布されている
美術雑誌の1600字の巻頭コラム連載の仕事)
その〆切りも近づいていたりするのでした。(きょうさらに追加の仕事も受けてしまった)





ほんと、、こんな自分がイヤになりそうなものだけど
けっこうイヤにならないから不思議なんだよ
なあ〜 (わらわらわら)





さああしたは土曜日だ!(気合いだ気合いだ気合いだぁ〜)





(苦笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-08-29 16:47 | 繋がる想い | Comments(0)
午前中、棚倉町での教室中に
一般クラス生徒の「 I 」さんから
メールが入りました。

「取り付け始まり壁画」(トリツケハジマリヘキガ)

まるで暗号のようなメールですが、、f^^:
「 I 」さんの仕事場は壁画が設置される文化交流館建設現場の
真ん前にあるのですから、いままさに僕の方から「雨降りだけど壁画の設置は始まりましたか?」と、メールを打とうと思っていたトコロだったのでした。






文化交流館建設の現場へ



a0199297_16263484.jpg


a0199297_16265052.jpg





描いた本人から先に言う台詞では
ないけれども、
それでも声を大にして
言いたい!


「素晴らしい!
 素晴らしい!
 素晴らしい!
 素晴らしい!」

a0199297_16292754.jpg

a0199297_16294228.jpg

「ほんとうにほんとうに素晴らしい!」



子どもたちと僕と、
全編通して全力でサポートして下さった
みなさんの、、
a0199297_16344050.jpg
汗と笑顔の結晶が
目の前に広がっているのですから!



a0199297_16401822.jpg


a0199297_16402953.jpg


a0199297_16404064.jpg


a0199297_16405197.jpg


a0199297_1641062.jpg


a0199297_16411665.jpg


a0199297_1641268.jpg




「感無量」です。



明後日、30日の日曜日に
子どもたちが壁画の前に集まって
くれます。



その時にはじめて、
この壁画は「完成」されるの
です。




a0199297_16514674.jpg
壁画から
離れ難かった
です。


a0199297_1652523.jpg
(いつまでもいつまでも
ながめていたかったです)



日曜日にまた、
ご報告させていただき
ます。




(微笑)









一般生徒さんの作品
(『東北の建築を描く展』出品作品)
も、、
a0199297_1934585.jpg

a0199297_1935858.jpg
集まり始めて
います。





出品登録書類の提出期日(9月1日必着)が
近づいています。


出品者全員分の
大量の書類、、
a0199297_19375466.jpg
まだ書けてい
ません。


あらゆるコトで(ほんとうにあらゆるコトで)
忙しいのに、、
a0199297_1945359.jpg
じつはコラムの仕事も受けてしまっていて(全国100以上の美術館で無料配布されている
美術雑誌の1600字の巻頭コラム連載の仕事)
その〆切りも近づいていたりするのでした。(きょうさらに追加の仕事も受けてしまった)





ほんと、、こんな自分がイヤになりそうなものだけど
けっこうイヤにならないから不思議なんだよ
なあ〜 (わらわらわら)





さああしたは土曜日だ!(気合いだ気合いだ気合いだぁ〜)





(苦笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-08-29 00:04 | 繋がる想い | Comments(0)
昨日26日より始まった、
「第61回 平成27年度 白河市総合美術展覧会」を観に
行って来ました。

日本画部門、
洋画部門、
彫塑工芸部門、
書部門、
写真部門、

5部門「323点」の作品が
展示されています。


a0199297_2018060.jpg

a0199297_20181420.jpg

a0199297_20182587.jpg

a0199297_20184368.jpg

画像は洋画部門に出品された
高校生の作品です。



白河市総合美術展覧会
は、、

a0199297_20285978.jpg

マイタウン白河1階ギャラリー
(白河市本町2)にて8月30日(日)まで、
午前10時〜午後6時(最終日は午後3時まで)
開催されています。






『刻(きざむ)』



a0199297_20511691.jpg


額装の準備を
しています。



『標本箱』みたいで、、
a0199297_20535130.jpg
作っていて
とても嬉しいの
です。





(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-08-28 00:09 | お知らせ | Comments(0)
5時起床の目覚ましだったのですがパトさんが4時頃外出してそのまま僕も目が覚めてしまったので昨晩は2時間しか眠れなかったのでした。しかも外から聞こえるのは激しく屋根を叩く雨の音。(雨もパトさんには関係ないらしい)5時半過ぎに家を出て新白河駅6時24分発の東北新幹線「なすの258号」に乗りました。7時18分、大宮駅着。7時46分発の北陸新幹線「かがやき503号」で石川県金沢市へ。新幹線の中で眠ろうと思っていたのですが北陸新幹線が全席指定だったのと行きも帰りも大宮駅で乗り換えなければならないというプレッシャーからまったく安心して眠るコトはできず、魂を頭上30cmのところに浮かせたままに9時54分、、
a0199297_0174710.jpg
金沢駅に到着しました。(金沢市は快晴で気温は30℃を超えていたのでは?)

金沢は30年以上前に訪れたコトがあったのですが駅も街も恐ろしいまでの変貌を遂げていました、、などと言えるほど30年前の記憶など残ってはいないのですが、、
a0199297_018166.jpg

a0199297_0182578.jpg
金沢駅に関して言えば「未来的なモノ」と「古典的なモノ」とが融合した(イメージとしてだけではなく素材としても融合した)デザインの駅に生まれ変わっていました。

改札でゆきちゃんと待ち合わせて『玉川こども図書館』へ、、
a0199297_019426.jpg

a0199297_0192531.jpg
『生きている展覧会』の展示を
観ました。(そのために来たのだからね)



a0199297_0201490.jpg


a0199297_0202434.jpg


a0199297_0203661.jpg


a0199297_0204722.jpg



なんか「懐かしい」という言葉だけでは表現し切れない「懐かしさ」がこみ上げてきました。これらの絵を描いてくれた子どもたちはみんな大きく大きく成長しているのです。元気で毎日を生きているのです。

a0199297_0215298.jpg


a0199297_0221183.jpg


a0199297_0222823.jpg

感無量です。

リベラっ子たちの数十枚の小さな絵から始まった「コト」が、今では100mを超す巨大な絵になっているのです。スゴいコトですよね。絵を描いてくれた子どもたちばかりでなく、常に先頭に立ち行動してくれたゆきちゃんをはじめとするプロジェクトに賛同参加してくれた全ての人々の想いが、、こんなにも大きく成長した(成長し続けている)のです。

a0199297_0235983.jpg


a0199297_0241090.jpg


a0199297_0242213.jpg

スゴいコトです。


今月30日で、、
『玉川こども図書館』での展覧会は
終わります。

a0199297_0251252.jpg


a0199297_0252265.jpg


a0199297_02533100.jpg

(この3画像のパートは『玉川こども図書館』に集まってくれた
子どもたちが描き繋げてくれました)



そして繋がった絵は、福島県白河市の「かいがきょうしつリベラ」へと
帰って来るのです。

ぐるりぐるりと世界を巡り、
また「かいがきょうしつリベラ」から絵は繋がってゆきます。

僕の頭の中にも世界は広がり
絵は無限に繋がってゆきます。 (微笑)



子どもたちの絵と2時間過ごして街に出ました。ゆきちゃんが案内してくれました。4時間くらいかけて巡ったかな?金沢駅に戻りゆきちゃんとわかれ(と言っても来月4日にゆきちゃんは子どもたちの作品を連れて白河市にやって来ます 微笑 そしてまたゆきちゃんはスペイン国カタルーニャへと帰ってゆきます)17時09分発の「かがやき533号」に乗りました。19時19分に大宮駅着。19時54分発の「やまびこ219号」で新白河駅に帰り着いたのは20時50分でした。(雨が降っていて肌寒い白河市でした)




僕の日帰り14時間の
石川県金沢市でのお話し
でした。




(お仕舞い)




(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-08-27 00:33 | 繋がる想い | Comments(0)
子どもたちの姿を写す余裕なく
時間は流れ展開し、、

a0199297_21273355.jpg


a0199297_21274210.jpg

急な話しではありますが

明日の始発で
日帰りで、

石川県金沢市に
行って来ます。



ゆきちゃんに逢って
玉川こども図書館に行って
福島県とスペイン国カタルーニャ州と
石川県の子どもたちが作り上げた
「時と心が流れる大河」
観てきます!



ではそう言うワケで


おやすみなさい、、



(ぱたり)
by yoshikazusuzuky | 2015-08-26 00:06 | 繋がる想い | Comments(0)
カメちゃんが来るまで机の上をモノでいっぱいにしながら仕事をして(木粉粘土をつかって下地を作っている)それの片付けをしてからカメちゃんを迎え、カメちゃんの制作がひと句切りついてカメちゃんが帰宅したならば、すぐに今度は市民会館に行って30日(日)の壁画公開に向けての打ち合わせをしてから(壁画紹介その他ご挨拶の原稿を届けた)マイタウン白河市民ギャラリーで準備中の市美展(白河市総合美術展覧会)のお手伝いをして(昨日が搬入受け付け日だったのに実行委員の一人である僕は東京に行っていてお手伝い出来なかった)、、 面会時間に間に合うように車飛ばして父を訪問した。 朝に家を出てから「あっ」と言う間に12時間が過ぎていた。 12時間って1日の半分なのに、なぜこんなに短いのだろうか? もう生あくびが止まらなくなる程の、激しい眠気に襲われながら教室に戻ってからまた6時間が過ぎた。 「12+6=18」 もう真夜中を過ぎたのに、、あれ? 残りの4時間は何処に消えてしまったのだ?

『MOMO』に登場する「灰色の男たち」ならば、きっとまやかしの理論でその4時間を上手に説明し、なけなしのそれすらも僕から奪い取ってしまうのだろうな。

もちろんその4時間には、僕の自由時間と睡眠時間が含まれているのであるが、、「う〜む?」 考えれば考える程、まったく計算が合わなくなって来るな? ほんとうに僕は1日分の24時間を全額きちんともらえているのだろうか? 毎日1時間とか2時間とか3時間とかごまかされて、ピンはねされているのではないだろうか?

僕はもうすでに
「灰色の男たち」に取り憑かれているのかも
しれないな? (やれやれ)







『刻むモノたち』なのか、
『刻まれたモノたち』なのか?



a0199297_09848.jpg


a0199297_092638.jpg


a0199297_093518.jpg


a0199297_094588.jpg


a0199297_095813.jpg



わからないけど
このモノたちが
僕の時間を喰らっているコトは
確かです。


(くっくっくっ)





もうすぐ午前0時30分になろうとしています。



そろそろ帰り支度をしましょうか。



僕がもらった
「今日の分の時間」
は、、

まだ残って
いるのか
な?




(くっくっくっ)
by yoshikazusuzuky | 2015-08-25 00:25 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
新幹線と電車を乗り継いで2時間30分後に降り立った駅は、、
a0199297_2317341.jpg
『白鳥の停車場』でした。 (微笑)

駅前の区の駐輪場の壁には
『星めぐりの歌』にあわせて
天を巡る、、
a0199297_23294726.jpg

a0199297_2330198.jpg
動物たちが
おりました。

「10数年前に出来上がったばかりの頃は星がピカピカと輝いていたんだけどすっかり煤けてしまってねぇ、、も一度きれいに磨いてあげなきゃいけないなぁ」

写真を撮っていたら管理人のおじさんが、、
a0199297_23302437.jpg
そう話してくれました。 (微笑)







『夏目漱石』研究をされている文学部日本文学科の教授による
『近現代詩鑑賞』という講義を受けてきました。


文字で表される『言葉』という「日常的」(慣習的)な「観念」を白紙に戻し、
生まれたばかりの赤ん坊がもつ感受性のなまなざしを通して
それを『詩』という形態に組み直したところに生じる
「非日常性」に秘められる奥深さ、
悍ましいまでの美しさ。

知性豊かな人が語る言葉には
底知れぬ求心力がありますね。

教授が語る『詩』の世界に引き込まれ
その魅力に囚われて、、
a0199297_0225100.jpg
大学での時間(とき)を
過ごして来ました。





帰宅したのは家を出てから
13時間後。

教室に行ってやらなければならない仕事が山ほどあったのですが
きょうはもうくたびれ果てました。

あすは早起きしてカメちゃんが来る前に少しでも仕事して
教室を片付けてカメちゃんを迎えたいと思います。



では、、


少しだけゆっくりと湯船につかってきます。





きょうも
おつかれさま
でした、、





(ぱたり)
by yoshikazusuzuky | 2015-08-24 00:17 | 非日常 | Comments(0)
なによ?

a0199297_1755721.jpg

なに見てんのよ!?


ご、、ごめんなさい (あわわ)




きょうも目一杯
土曜日でした。



a0199297_1811262.jpg



a0199297_1814094.jpg

a0199297_1815491.jpg

a0199297_182528.jpg

a0199297_182167.jpg




a0199297_183730.jpg


a0199297_183375.jpg

a0199297_1835022.jpg

a0199297_184320.jpg

a0199297_184269.jpg




a0199297_1861379.jpg

a0199297_186249.jpg




目一杯な土曜日の
子どもたち、、
「おつかれさま」
でした。






きょうの僕は『痕跡(こんせき)』を
追いかけていました。

a0199297_1812225.jpg


a0199297_18121327.jpg


a0199297_18122653.jpg


もしかしたら在ったかもしれない
モノたちを、、
a0199297_18155170.jpg
証明するための
痕跡探しでした。





明日は一日
東京です。

大学の講義を受けに
行ってきます。





では、、

早起きしなければならないので

a0199297_040415.jpg

今夜は
お仕舞い

帰宅します






(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-08-23 00:29 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)