ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

<   2015年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

残り陽に映える
白く柔らかな
モノ、、
a0199297_17154278.jpg
綿毛のままで
冬を越すのだろうか?


雪もなく、
差し込むような様な
寒さもない、、
a0199297_17173553.jpg
穏やかな年越しに
なりました。



本年も、、
a0199297_1719085.jpg
たくさんの方々のお世話に
なりました。

有り難うございました。
感謝します。

a0199297_17195134.jpg

どうぞ良い新年を
お迎え下さい。




(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-12-31 17:21 | 繋がる想い | Comments(0)
a0199297_16433793.jpg


霜柱の獣道(けものみち)を抜けた先の
陽だまりには、、

a0199297_1822533.jpg

時間(とき)の揺蕩ふ(たゆたう)
場所が在る。

そこには、
揺蕩ふ時間の
番人がいて、、
a0199297_18305078.jpg
鏡の様な水面に
ただ糸を垂れている。


糸はまるで鏡面から生えた
針状結晶の様に微動だにしない。


揺蕩ふ時間の
番人たちは何かを
待っている。


何を待っているのだろう?


それは、、
番人たちにも
わからないコト
なのだ。
by yoshikazusuzuky | 2015-12-31 00:14 | 日常 | Comments(0)
いろいろなモノたち
が、、
a0199297_16361696.jpg
朝にはすっかり
凍りついて
いました。


「寒い朝でしたね」(ぶるるるる)


畦のぺんぺん草(ナズナね)
も、、
a0199297_16471047.jpg
アクアマリンふくしまの「アフリカシーラカンスの標本」のように
白く透き通り、頭(こうべ)を垂れて
おりました。



田圃(たんぼ)に白鳥たちが
来ていました。


a0199297_16491042.jpg



一歩
また一歩
と、

数メートルの距離まで
半時間をかけて近づく
と、、
a0199297_16515384.jpg
その白色の美しさに
驚愕します。



その場に佇み
さらに一時間、、
a0199297_16543032.jpg
その美しさにすっかりと
見惚れさせられて
おりました。




今日も一日、

白河は雪が舞って
います。




明日は東京から、
生まれ落ちた時からの我が娘と
リベラの我が娘が、、
帰省します。





(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-12-30 00:04 | 日常 | Comments(0)
白河市関辺地区のゴミ収集、
可燃物は月曜日と木曜日。
今日28日が年内最後の
収集日でした。
収集日の集積場(しゅうしせきば)には
必ず、、
a0199297_10272713.jpg
この子がいます。

「さむいね?」

「、、、」

問いかけても子猫は、
朝日の熱をその柔らかな毛並みに取り込むコトに精一杯で
僕を振り向いてもくれませんでした。 f^^:

「ニャン」



毎日気温は
上がったり
下がったり。

何度も冬の始まりを
くり返し体感している
かのようです。


「デジャヴの様に?」

「そう、、デジャヴの様に」


今朝は、まっかちんの沼の半分が
凍結していました。

そして、教室前の
花壇の土には、、
a0199297_10365486.jpg
曹灰硼石(そうかいほうせき)の
繊維状集束結晶の様な霜柱が
たっていました。


「シャリシャリシャリ」


2015年、
カメちゃん仕舞いの
教室です。

a0199297_10463972.jpg

「今年もこれでお仕舞いだね」

a0199297_11402067.jpg

「また来週会うけどね」

なんだか毎年同じ会話を
している様な、、
a0199297_1141818.jpg
気がします。 f^^:


昨年仕舞いの教室でも
バラの花を描いていた
カメちゃんです。 → 「赤くなったカメちゃんのバラ」(2014/12/30)


(^〜^)





2015年(平成26年)の
リベラ教室は、
これで仕舞いと
なりました。

今年も一年間いろいろあった教室に
深く深く一礼し、、


「ありがとうございました」


、、とお礼
します。





(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-12-29 00:06 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
時間が「ぐん」と
巻き戻されますが、、

12月2週目の水曜日、
創芸工房に作品を搬入した日の海は
青空に映えていた海でした。(晴れた日の搬入 → http://suzuky.exblog.jp/21911303/

12月4週目の水曜日、
作品搬出で向かった日の
海は、、
a0199297_2214846.jpg
ゆっくりと冬空に沈み込んでゆくような色で、
少しだけ寂し気な表情に
変わっていました。



この海から
僕は、、
a0199297_22183964.jpg
たくさんのモノ(実体を伴う物としてのモノと
実体を伴わない者としてのモノ)を
もらいました。


でも今は、手のひらにその存在を
確認するだけで、、
a0199297_23521321.jpg

a0199297_23522578.jpg
海からは何も持ち帰りません。(どんな小さなモノであったとしても
そこから発散される気は強大に過ぎて、、
a0199297_23525773.jpg
僕の手には負えないのです)



そしてその場から
離れる時には、、
a0199297_23573747.jpg
両の掌を彼方へと
静かに合わせ
去るのです。




(合掌)




搬出でいわき市へと向かった日の車中で僕は、
『いわき市石炭化石館』で「フタバスズキリュウ」の骨格標本を観るか
『アクアマリンふくしま』で「アフリカシーラカンス」の標本を観るかを
悩んだあげく、
アクアマリンふくしまに向かいました。(入館したのは夕方の4時半過ぎになってしまいましたが
シーラカンスしか観るつもりはないので
問題は無いのです)

アフリカシーラカンスの標本は、、
a0199297_125351.jpg
もうすっかり乳白色の
硝子の体になっていました。


このシーラカンスは、、
a0199297_1471491.jpg
2008年10月にアフリカコモロ諸島より
アクアマリンふくしまに運ばれてきて
解剖による探索が行われた後(のち)
標本になった個体です。


やはり涙が出ました。


もう10年以上前に
同じこの場所で、

「インドネシアシーラカンス」の
標本を観た時と同じように、、
a0199297_1453081.jpg
やはり涙が溢れ出して
来たのでした。




「何故でしょう?」

a0199297_1372996.jpg

きっと悲しかったから
ですね。





アフリカシーラカンスの標本を観た僕は
アクアマリンふくしまを出て創芸工房へと
作品搬出に向かいました。



a0199297_1485117.jpg

「僕はシーラカンスに何を求めるだろうか?」




シーラカンスの出逢うと
いつもそう考えます。






あすでリベラ教室は
お仕舞いです。

12月29日(火)から
1月2日(土)までは

お休みです。



もうすぐ新年です。


新年かあ、、、




(てんてんてん)




今夜は冷えます。

白河は一日中
雪が舞っていました。


あたたかくして、、



おやすみなさい。





(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-12-28 00:17 | 理科室の記憶 | Comments(0)
小中高校リベラっ子たちの
年内は、、
a0199297_16493142.jpg

a0199297_16494185.jpg
今日で仕舞いと
なりました。(リベラ一般教室は
28日月曜日まで
です)


a0199297_17942.jpg
もう一週間後は
初夢の朝ですよ。



a0199297_17135429.jpg




子どもたちの自画像を紹介したいなあ 、、と
思っているのですが、、

a0199297_17414832.jpg

夢が「ない」とか「なし」とか
「ゆめってなんだよー」みたいな書き込みが
年々増加の一途を辿っておりまして、、
a0199297_17422547.jpg
かなりの数の保護者の方々も観て下さっているこの場で紹介しても
良いモノなのかどうなのか。(「ゆめなし!」の文字にガッカリとかしないかな?
それともおとうさんおかあさんの求める安定の中で
子どもたちは良い子に応えているだけなのかな?)

a0199297_17424796.jpg

何と言うか、、ほんとに真剣に
そう考えてしまうのでした。 f^^:


「夢見ればイイのに」


思う気持ちに限界は無いのだから
もっと見たいだけ
空想したいだけ、、

「ゆめ見ればイイのになあ」

、、そう思うのは
自由だよね。





「夢は何ですか?」

そう質問されたら、、

「子どもたちが夢見るコトです」 、、と

答えるかも
しれないな。


a0199297_17311527.jpg


(うむ)




明日は日曜日かあ、、


a0199297_17244137.jpg


しばらくきちんと眠れていないので
明日はたくさん眠ろうかな。




(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-12-27 00:54 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
国際宇宙ステーション『 ISS 』
日本実験棟「きぼう」、、
a0199297_18403039.jpg
黒板にチョークで
作画中です。 (^_^)


とある町のとある小学校に
午前9時に入り、、
a0199297_18555751.jpg
午前9時30分より
制作を開始しました。

僕が対峙した
のは、、
a0199297_18455248.jpg
会議室の黒板
でした。

a0199297_18492297.jpg


a0199297_1849353.jpg



描き始めてから
4時間と
30分、、
a0199297_18524142.jpg
夕方からのリベラ教室まで
戻る時間を考慮しても、

(後ろ髪引かれますが)ここら辺りが
切り上げ時、、
a0199297_18422347.jpg
制作出来る
時間の限界。




と言うワケ
で、、

a0199297_1923581.jpg

「きょうはここまで
 です!」 (^〜^)


(きょうは、、って?) f^^;


年が明けた来年1月5日の午前中に
あと2〜3時間制作続行させていただいて
完成させたいと思います。

1月5日には中学校美術部の子たちが
やはり黒板ジャックしに現れるとのコトなので
そちらも楽しみにしています。



(^〜^)




メリークリスマス?

(ふむ?)

たしかにクリスマスでは
ありましたが、、

a0199297_19133539.jpg

きょうもリベラはグチだらけで
ありました。(サンタさんからもらったプレゼントが
思ったようなモノではなったなんてグチも
多数ありましたよ)


(わらわらわら)



あすの土曜日も
きっと、

グチだらけ
ですよ。





(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-12-26 00:01 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
教室の中から見ると、
なんだか不思議な
干し柿が、、
a0199297_16264082.jpg
たくさんぶら下がっている
みたいですね。 f^^;



今週のリベラはクリスマス週間と
なっておりまーす! (^0^)



どっさりと言えば「どっさり」
と、、(ヨシさん目線)
a0199297_2332111.jpg
「どっさりではない」と言われればどっさりではない量のお菓子が、(子どもたち目線)
教室には用意されて
います。 f^^; (あ! ちなみに、、リキュール入りの「ラミーチョコレート」は
子供用ではございませんので念のため 笑)




さあ!

12月最終週の
リベラでは、、
a0199297_23304591.jpg


コチラも毎年恒例と
なりました!
a0199297_23391340.jpg

a0199297_23392321.jpg
『今年のグチは今年のうちに』
開催中であります。 (^〜^)



な〜んにも難しく考えるコトはございません。


a0199297_23555676.jpg

今年の自分に起こった様々な出来事について
嬉しいコトはウレしいままに、
愚痴りたければ思う存分
グチってもらい、、

a0199297_0203.jpg

a0199297_021080.jpg

ぜ〜んぶこの瓶に詰め込んで
どこか遠ーくに埋めてしまいましょうよ! 、、と言う企画で
ございます。(くだらないと思われるかもしれませんが
けっこう子どもにも大人にも好評な企画なんですよ 笑)


秘密の言葉がいっぱい書き込まれた巻き紙で
二つの瓶がいっぱいになったらば
ヨシさんが、ホントに何処か遠ーくに持って行って
地中深くに
埋めて来まーす! (^0^)/



笑っちゃうけどグチってみたくは
ありませんか?



(^〜^)





大きな声では言えないのですが (シ〜〜〜ッ)

明日の朝から夕方までは、
黒板ジャックに出かけて
来ます。

ある町のある小学校から依頼がありまして、

冬休みに入った子どもたちの教室に
潜入し、、
a0199297_16284469.jpg
黒板いっぱいに絵を描いて
来るのです。


内緒だけどねー。 (シ〜〜〜ッ!)





(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-12-25 00:13 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
白河保育園外伝
『そのとき5歳児は!』(笑)

昨日のお話し
です。

4歳児クラスの子どもたちが
色紙作りをしていた隣の教室では、、
a0199297_2310453.jpg
5歳児クラスの子どもたちが、
クッキー作りを
しておりました。 (微笑)

「ねん土?」と
聞いたら、、
a0199297_23141663.jpg

a0199297_23142826.jpg
「ほんものだよ!」と
叱られてしまった
ヨシ先生。 f^^;

聞けばクリスマスに市内の高校の
吹奏楽部の子たちが、
保育園で演奏会を開いてくれるそうで、、
a0199297_23181968.jpg
そのお礼にクッキーを
手作りしていたので
した。


うわ!
a0199297_23192265.jpg
美味しそうに
焼けたねい!! (^0^*


お兄さんお姉さんたち
間違いなく
喜んでくれるねい。 (^〜^*



「ヨシ先生にはコレ!」


子どもたちが選んで、
僕にもおすそわけして
くれたのは、、
a0199297_2323208.jpg
なんだか可愛らしい
(子どもたち曰く)『宇宙人』
でしたよ。  *^〜^)(^〜^*


貴重なクッキーを
ありがとね!



(^〜^)





今朝はとてもとても寒い朝でした。

いわき市でさえも(福島県の太平洋側に位置するいわき市は
他の地域に比べれば温暖な気候)溜まり水に、、
a0199297_22441669.jpg

a0199297_2244295.jpg
5mmほどの厚さに
氷が張って
おりました。


ギャラリー創芸工房にお邪魔したのは
すっかりと陽が落ちて、、
a0199297_22502671.jpg
辺りが暗くなってから
でした。

展示させていた作品の、、(展示させていただいていた作品は
コチラから → http://suzuky.exblog.jp/21908388/
a0199297_22514639.jpg
搬出を済ませて
来ました。

今回は二階の展示スペースに、
15年前に同ギャラリーで開いた個展の時に出品した作品二点が
飾られていました。(同ギャラリー所蔵となっている
赤いシリーズの深海魚です)

a0199297_2312670.jpg


a0199297_231408.jpg


a0199297_2315969.jpg


a0199297_2314871.jpg


a0199297_2321010.jpg

確かに自分の作品だとわかる作品に再会すると
なんだか安堵を覚えます。 (微笑)


今年は個展も開いて
いただきました。


たいへんたいへん
お世話になり、
有り難うございました。




(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-12-24 00:03 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
白河保育園に
行って来ました。

a0199297_15564588.jpg



(月並みな表現ですが)寒くても
子どもたちは元気いっぱいですね!
a0199297_163367.jpg

a0199297_177319.jpg
(^〜^)



4歳の子どもたちと
お面作りの1回目、、
a0199297_17481117.jpg

a0199297_17482342.jpg

a0199297_17483441.jpg

a0199297_17484616.jpg
きょうはオリジナル色画用紙を作ります。



子どもたちが画用紙をクレヨンで塗っている間にヨシさんは、、
a0199297_1891130.jpg
水色桃色若草色と、
仕上げの絵の具を溶かします。



クレヨンが終わった子から
好きな絵の具で画用紙を
塗りつぶします。

a0199297_18162611.jpg


a0199297_18163750.jpg


a0199297_18164819.jpg

同じ種類のクレヨンと
同じ色の絵の具を使っていても、
子どもたちの「子どもたちなり」が
引き立てられます。 *^〜^)



この二人は
「わたしたちはふたごなの」と
言うくらいの
仲良しです。

a0199297_1820910.jpg

a0199297_18202490.jpg

絵までがまるで
鏡に映したかのように
「双子」なのです。 f^^;



ゆっくりゆっくりクレヨンを選び、
配色も思案しながら描いていた、、
a0199297_18241247.jpg

a0199297_18242435.jpg
この子が仕舞いと
なりました。 (^〜^*



次回は来年1月です。



出来上がった色画用紙を自由にハサミでちょきちょき
ちょきちょき。切って貼ってお面を
仕上げます。



(^〜^)



給食をご馳走に
なって来ました。

a0199297_18274250.jpg



きょうの献立は、、
a0199297_1828278.jpg
ご飯に煎り豆腐とほうれん草の磯辺和え。(磯辺和えに入っていた生海苔の
味のアクセントが絶妙でした)汁ものは和風すいとん。
そしてデザートには、
甘い甘い蜜柑がついていましたよ。 (うふふふふ)

先生にすすめられる
ままに、、
a0199297_18342323.jpg
大盛り2回も
おかわりをしてしまった
ヨシ先生でした。

子どもたちの健康と栄養バランスを気づかいつつも、
どれもしっかりとした味付けで調理が成されていて
すごくすごく好みの味で美味しく美味しく
いただきました。 (^〜^*


「きゅうしょくのせんせいがたごちそうさまでした!」


(^0^)/



今年もたくさんお世話になりました。(おいしい給食も
たくさんたくさんご馳走になりました)

「ありがとうございました」

また来年もよろしくお願いします。

「良いクリスマスと良い年末を!」




(^〜^)







参加させていただいている
いわき市『創芸工房』での展覧会が、
あす23日(水)17時まで
です。

夕方から搬出に
向かいます。



(微笑)
by yoshikazusuzuky | 2015-12-23 00:09 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)