ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

<   2017年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

昼12時の気温は「0℃」でした。
そして、天気予報通りの湿った雪が降り始めました。
(今日は朝から教室と自宅を行ったり来たり)
午後1時58分、教室へ向かおうと家を出た時の気温も0℃。
(雪は静かな雨のような降り方)

「さむいねさむいね」

温室のパトの寝床には、、
a0199297_15521717.jpg

新しい青色の毛布と湯たんぽを入れて来ました。




『セロテープカッターさんの話』

リベラ開設当初から使用していた
セロテープカッターさんは、様々な性格の子どもたちによる
千差万別な使い方に10年間寄り添い、
その役目を全うして、、
a0199297_15435169.jpg
昨年末に現役引退隠居相談役の身
となりました。(百戦錬磨な勇姿です)


誰かへのプレゼントを嬉しそうにラッピングする子の笑顔にいっしょに微笑み。
嫌なコトがあってモノ凄まじく不機嫌な子が泣きながら床にたたきつけても怒りもせずにその子の涙をそっと拭い。
落書きされたり意味のワカラナイモノを貼付けられて
その姿をおかしな生き物に変えられても子どもたちといっしょに笑い転げてくれた
セロテープカッターさん。


これからは教室の窓辺で
ブックストッパーとしてくつろいだ毎日を過ごして下さい
ね。(ぶ、、ブックストッパーなのか?)f^^:
a0199297_17162335.jpg
そして今までと同様に
リベラっ子たちを
見守り続けて下さい。 (^〜^)

「え?
 たかがセロテープカッターの話に大袈裟ですか?」

でもね、
大袈裟にお礼を言いたくなるくらい
陰から子どもたちを支えガンバってくれている
、、
a0199297_16360766.jpg
リベラのセロテープカッターさんたち
なのですから(リベラのセロテープは貼るためだけの道具ではないのですから)
あたりまえの感謝の気持ちなのでした。 (^〜^)

*『セロテープ台事件』
  の時は閉じ込められたしね。 → http://suzuky.exblog.jp/22116619/
                → http://suzuky.exblog.jp/22388159/




a0199297_20210863.jpg
夕方から雪は本降りになりました。




ああ、、

a0199297_20214634.jpg

a0199297_20222099.jpg

(きょうは金槌使いが流行っていました)

子どもたちのコトと
『しあわせ玉』のコトも、、

a0199297_20242110.jpg

書きたかったのですが
情けない話、
教室と自宅の雪かきの疲労感に負けました。(湿って重たい雪です)

なので、、
a0199297_23500385.jpg
今夜はココまで。



明朝はどうなっているのかなあ〜



(ぷすぷすぷす)← 空気が抜ける音






by yoshikazusuzuky | 2017-01-21 00:08 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
『白河保育園』に行って来ました。
a0199297_16572122.jpg
(午前10時に入園しなければならないのに迂闊にも9時05分に目が覚めてドタバタドタバタやっておりましたので温室からコチラを凝視するパトさんに朝の挨拶も出来ぬままに飛び出して来たのでした)

a0199297_16463644.jpg
3・4歳児クラスの絵画指導
「紙コップけん玉」の完成編です
。 前回の制作風景はコチラから → http://suzuky.exblog.jp/23538491/


先ずは「玉」となるガチャガチャの空きカプセルに、、
a0199297_16570226.jpg
内側から顔料インクのマーカーで色を塗ります。



a0199297_16573799.jpg

「うわっうわっうわっうわっ!
へやのなかがヘンてこないろだあ〜」


いやいやいやいや、、
お顔もかなり
変てこりんな色になっちゃってますけどね! (ははは) f^^;



カプセルの着色を終えたなら、、
a0199297_17043926.jpg
続いてはアルミホイル選手の
入場です。 (^ー^)


ピカピカなアルミホイルにも
色を塗ったり模様を描いたり、、
a0199297_17070910.jpg

もっと素敵に
しちゃいましょうね! (^0^)/



a0199297_17073311.jpg
アルミホイルも
ピカピカ素敵に塗れたなら、

a0199297_17104345.jpg
コロコロまるめて玉にして(ピント合ってなくてゴメンナサイ)
カプセルの中に詰めるのでした。
(カプセルを閉じる時に紐を挟むコトを忘れずに)


そんなワケで3歳児クラスの紙コップけん玉も
、、
a0199297_17160827.jpg

a0199297_17161842.jpg


4歳児クラスの紙コップけん玉も
、、
a0199297_17120156.jpg

a0199297_17154034.jpg
とても素敵に
出来上がりましたよー!! (^0^)/



出来たてほやほやの『紙コップけん玉』で
みんなでいっぱい遊んだのですが、
僕も夢中になってしまって写真を撮らずに仕舞ったのです。 (ありゃりゃ) f^^:



絵もイイけど
完成したら遊べるモノも好いですね。 (^〜^)




きょうもありがたくも
お昼に誘っていただきましたので、、
a0199297_17310763.jpg
用意ができるまではいつものように
子どもたちと外遊びです。


雪が融けてしまっても、、
a0199297_17335441.jpg
かつて雪だったモノは子どもたちにとって
雪とかわらぬモノなのですね。 (ちょっと近づき難い、、と言うか
近づく勇気がわいてきませんでしたけどね) f^^:




a0199297_17352283.jpg
「よしせんせーごはんだよー」



と言うワケで本日の給食は、、
(もう何が出て来ても同じコト言っているような印象があるかもしれませんが
そんなコトないそんなコトない
、、)
a0199297_17404822.jpg
僕のだいだいだいだい大好物の
「ちくわの磯辺揚げ」
でした。






a0199297_17411888.jpg
きゃっほーい!!


輝いてるもんな〜
磯辺揚げさん!! (^〜^*




きょうも
美味しく
楽しくいただきました
、、
a0199297_17441360.jpg

「ごちそうさまでした」



(^〜^)



白河保育園の絵画指導も来月の、
5歳児クラス卒園制作の3回を残すのみ
となりました。


いよいよ子どもたちとも
「さよなら」
です。




リベラの子たちは、、
a0199297_21250697.jpg
延び延びになっている
『第3回 リベラ・ガチャガチャ大会』
の最終準備に入りました。(近日日時公開)


『豆本(まめほん)』に続く第二弾は、、
a0199297_21253930.jpg
『セロ玉』改め
『しあわせ玉』
と言うのを作り始めています
。 『セロ玉』とは、、は
コチラから → http://suzuky.exblog.jp/21914360/
        http://suzuky.exblog.jp/21947023/


ハル坊の
しあわせ玉
a0199297_21260062.jpg


ヨシキちゃんの
しあわせ玉
a0199297_21261367.jpg



子どもたちの作る『しあわせ玉』のご利益は、、

「どうなんだべか?」 (ははははは) f^^:


       



by yoshikazusuzuky | 2017-01-20 00:02 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
今週の日曜日、
22日(日)搬入の
『第62回 白河市総合美術展覧会』
写真部門に出品する2作品です。(僕は絵画部門ではなくて写真部門の実行委員をしています)


a0199297_22522782.jpg

『もう帰らなきゃ』(半切/A3+)




a0199297_22524787.jpg

『また明日』(半切/A3+)



今回はネガ・フィルムが見つからなくて
Lサイズにプリントしてあった写真を直接スキャナーにかけたので
混入した埃を除去する作業のみし、
様々な印画紙を試してみた結果、、
三菱製紙の白黒写真用顔料インク紙
『月光/GEKKO』(バライタ調紙・滑面光沢)
にカラープリントして作品に仕上げました。


画像からは印画紙の質感を伝えられないのが残念ですが
一日かかって辿り着いた場所、、
a0199297_00023008.jpg
なんだか時間を遡るように作業を重ねた一日になりました




『月光』https://youtu.be/haGwtePy2MI




(微笑)





@


by yoshikazusuzuky | 2017-01-19 00:06 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
毎日の生活の中で「冬の温室」をイメージするコトなど
全く無いと思いますが、、
a0199297_17105894.jpg
「冬の温室」をイメージすると
きっとこんな姿なのです。


凛々しい立ち姿の
黒猫のパトさん
ですが
、、
a0199297_18511371.jpg

正直者のヒゲさんは
寒さに戦意喪失していますね。 (うふふふ)


西の林の向こうへと
陽が傾き始める午後からは
湯たんぽに背中をあずけてまるくなっていた
黒猫のパトさんでした。




火曜日の子どもたちにも
『ヒカリノマド』を描いてもらいました。
a0199297_19381947.jpg
(土曜日夜の中学生作品に触発されて
黒い背景ブームです)


子どもたちも
a0199297_19562719.jpg

大人の生徒さんたちも、、

a0199297_20213288.jpg

みんなカラフルな
『ヒカリノマド』
の向こう側でした。


a0199297_23594261.jpg
「すてきだニャん」


ありがとうパトさん


(微笑)



明日は一日中
展覧会出品のため
写真作品のプリント作業をしています。(している予定です)



(^〜^)







by yoshikazusuzuky | 2017-01-18 00:00 | 黒猫 | Comments(0)
自身の画室で絵を描く時は日本人ミュージシャンの曲を聴いているカメちゃんですが(本人曰く「ミスチルとか」)リベラ教室ではここ数年(「7年かな8年だったかな?」めずらしくカメちゃんの記憶が定かでなかった)『MIA DOI TODD(ミア ドイ トッド)』を聴いています。僕のCD棚からカメちゃんがジャケット写真で「MIA DOI TODD」を選び、教室で描く時は必ず流している音楽です。(アイルランド系アメリカ人のお父さんと日系アメリカ人のハーフのお母さんを持つアメリカ人シンガー)

昨年一年間は
ずっと、、
a0199297_18482912.jpg
『La Ninja』(Amor and other dreams of Manzanita)
というタイトルのアルバムを
聴いていたのですが
今年は
、、
a0199297_18484858.jpg
『THE GOLDEN STATE』を聴きながら絵を描いている
カメちゃんです。


もちろん楽曲も素晴らしいのですが
その楽曲をさらに引き立たせる素敵な声に
僕は惹かれて好きになりました。

『MIA DOI TODD(ミア ドイ トッド)』
を好きになってくれて
「ありがとう」
カメちゃん。 (微笑)




僕の
手のひらに
、、
a0199297_18525607.jpg


そして
カメちゃんの青いバラの絵にも、、
a0199297_18560611.jpg

『ヒカリノマド』
が影を描き出して
います





『MIA DOI TODD』の歌声と
『ヒカリノマド』の色彩に包み込まれるように
絵を描いていた
、、
a0199297_18570113.jpg
『月曜日のカメちゃん』
でした





きょうの午後は、
「コットマンサークル」
今年始めの教室でした。(2名のお休みはありましたが)いつも通りの顔ぶれに出会い
一生懸命に絵を描く姿と笑顔にあふれる
楽しい二時間を過ごすコトが出来ました。いつまでもこの時間をごいっしょ出来ますように。

(微笑)



カズイ君は昨年末からの数週間
中学校の時に自分が引き起こしてしまった問題を思い出しては
後悔しきりです。 「もし」 全ての話の頭に
「もし」という言葉が付けられます。 起こってしまったコトは変えられない。
残念だけれど答えを携えもう一度やり直すコトは出来ない。 うつむかず、その事実を背負い、
ただただ前を見て変わり続けてゆくより(自分を変えてゆくより)仕方ない。
起こってしまった全てを「チャンス」と捉えるしかない。
「言うは易し」と反論したいよねカズイ君?
でもそれは仕方のないコトだしヨシさんはコレ以外の(以上の)言葉を持たない。

(微笑)




「誰か代わりの絵の先生を紹介して下さい」そんな電話がかかってくる。
思い出話しが挟み込まれる余地がない。 一度お休みさせていただいたら次回に僕の席は無く
「絵画指導」から「書道指導」に変わってしまった学校もあったなあ、と思い出す。
絵画を指導される先生なり美術家は幾らでもいるのだろうが僕と言う存在は唯一無二なる存在だ。
「スズキヨシカズでなければならない」
自分にとっても誰かにとっても、そうで在れるコトを目指し
歩んでゆこうと思った。


a0199297_21280084.jpg

「わたくしという現象は、、」

勝手に知らない方の頁を引用して良いモノなのかどうなのかわかりませんが
素敵な解釈をされている方(猫哲学者さんとおっしゃるらしい)なので
勝手にゴメンナサイ、、
猫哲学者さんの言葉を
ぜひ読んでみて下さい



「賢治さんのようには透き通れないないな」と
『春と修羅』の序文を読むといつでもそう思う僕です。



愚痴っぽくならない内に
今夜はここまで
です






by yoshikazusuzuky | 2017-01-17 00:02 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
心配した積雪は
雪かきに1時間もかからぬ程度の量ですんだのですが
家中の水道が凍っていました。(カチンコチン)

a0199297_15004178.jpg
(新聞配達員さんの跡)


昨夜の白河市は
氷点下8℃まで気温が下がっ
たようなのでした。(カチンコチンコチンカチン)



雪かきの時
いっしょに外に出たパトでしたが
さすがに肉球さんから尻尾の先へ
「ぶるるるる」
ときたのでしょう、
a0199297_15143573.jpg
(パトさん往復の跡)


トイレだけすませて直ぐに戻って来たのした。



今日予定していた
スタッフさん方の来室は
この天候で延期となってしまいました。


木・金・土曜日の子どもたちが取り組んでくれた
ステンドグラスのようなモノ(鉱物たちからもらった光のイメージ)
をガラス窓に貼って準備しておいたので、
(直接見ていただけなかったのは残念でしたが)画像でご紹介させていただきます。

(^〜^)

a0199297_16012175.jpg


床に影が落ちる時間帯
(朝日が射し込む時間帯)を逃してしまったのですが

a0199297_16021259.jpg


絵を透過した光に
色とりどりに印象する影も
、、

a0199297_16022708.jpg


きっと綺麗だろうと
思います。



おっきなおっきなガラス窓で
こんなコト出来たら素敵だろうなあ。



(^〜^)



そんなワケでお休みの日がお休みになったので
たまにはちょっと休んでみようかな?

描かなければならない絵や
プリントしなければならない写真(どちらも美術展出品用)
もあるのですが、、
a0199297_16195116.jpg
きょうは思い切ってなにもせずに
パトといっしょにお休みしてみるコトにした僕


半日何もしないで過ごしました


(まる)




2日間の大学入試センター試験を受けた子たちは
どんなふうに今日を終えただろうか。


「お疲れさまでした」



(微笑)







by yoshikazusuzuky | 2017-01-16 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
断熱材を入れた『パト・ハウス』を作るコトは
急務であると思われるのに
僕が愚図愚図している内に
日の中の冷え込みも度を超して本格的な冬のモノになってしまったので、、
a0199297_22385971.jpg
本日より温室に「湯たんぽ」が入るコトとなったのでした。

「ごめんねパトさん」と出かける前に声かけたかったのですが
今朝は姿が見えなかったパトでした。

ときどき近所の何処からか「クロちゃ〜ん」とパトらしき猫を呼ぶ声が聞こえてくるので
きっと間違いなくあちこちに、温かい寝床と美味しいご飯が食べられる
セカンドハウスを持っているのに違いないパトなのです。(ははははは)
、、って
笑ってる場合じゃないよね
ごめんなさい。 ><




昨夜から何度も外に出ては空を見上げ、
部屋に戻ればパソコンで天気予報を検索しております。

リベラっ子たちは無事にセンター試験の会場に入り
一日目を終えただろうか?

明日も無事に過ごせます
ように。 (なむなむなむなむ)





ヨシさんも忙しい土曜日を無事に終えるコトが出来ましたよ。

a0199297_22405846.jpg

a0199297_22411416.jpg

a0199297_22412647.jpg

a0199297_22414770.jpg

a0199297_22420320.jpg

a0199297_22422065.jpg

a0199297_22423169.jpg

a0199297_22430346.jpg

a0199297_22431706.jpg

a0199297_22433786.jpg




明日15日の日曜日は
(福島県伊達市霊山町)より
スタッフさん方がリベラに遊びに来て下さる予定です。

明朝の雪道がヒドくならないコトを祈りつつ、、

今週も一週間お疲れさまでした。(インフルエンザとマイコプラズマ肺炎でのお休みする子が多かったリベラの一週間でしたが来週はどの曜日も全員元気な笑顔で会えますように) (微笑)











by yoshikazusuzuky | 2017-01-15 00:07 | 黒猫 | Comments(0)
黒猫パトの大明神さま、
その大いなるお力を持ちまして
たいへん天気のよい朝となりました。

「ありがとうございました
 黒猫パトの大明神さま」

a0199297_20345712.jpg
「いやいやたいしたことではないニャん」
(ぺろぺろぺろぺ)


(^〜^)




棚倉町立図書館教室
本日が、、
a0199297_20443976.jpg
新年初めの
集まりでした


1月の教室は2回を使って
『3色ボールペン画』
に挑んでいただいています。

a0199297_20462681.jpg

a0199297_20463663.jpg
おべんきょうおべんきょう。 (^〜^)  どんなモチーフでもよいので、いちどボールペンだけで絵を描いてみてください。不思議な集中力に支配され時間の観念が消失します。それはとても心地よい出来事である筈です。そして次回作を構想し描き出した時に、何かが違っているコトに気づきます。「ボールペン1本に思い入れを語り過ぎでしょうか?」いやいや大袈裟な法螺話しではなくて本当の話です。いちどボールペンだけで絵を描いてみて下さい。(^〜^*




夕方からは、、
a0199297_21283842.jpg
子どもたちの教室
でした。




a0199297_21285393.jpg

a0199297_21290902.jpg


「カエル君がいないとさみしね」

「ヨシさん
 もっともりあげてよ」


a0199297_21310727.jpg


言葉の使い方間違っているのはわかっている
けど、、

a0199297_21313500.jpg

a0199297_21314734.jpg

現在の金曜日教室は
「カエル君ロス症候群」
蔓延中。 脱するにはまだ時間がかかりそうです。 (微笑)




よるの中学生教室には
金曜日の子どもたち(中学生)が通う市内某中学校の美術の先生が遊びに来てくれて、
先生の描いた作品をたくさん見せてくれました。
子どもたちも、初めて見た「自分の先生の絵」に
感嘆のため息をもらいしていました。

コレって大事なコトです。

自分が教わっている先生が、
どんな絵を描く「絵描きさん」であるのかを知るコトは
とても大事なコトだと考えます。



先日、埼玉県川口市の「埼玉画廊」で観た
『吉岡正人と教え子たち』と言う展覧会で僕は
「嫉妬(しっと)」という感情を覚えました。

それは展示されていた作品に対してではなくて、
『画家・吉岡正人』という先生に学ぶコトが出来た「教え子」さんたちに
嫉妬心を覚えたのでした。

「羨ましい(うらやましい)」

そう思いました。





「リベラっ子たちが誇りに思える絵描きでありたい」




そんなコトを考えた
今夜の中学生教室でした。




予報通り、
やっぱり雪になりました。
明日と明後日には、
何人かのリベラっ子たちが大学入試のセンター試験を受けます。

雪が、
彼・彼女らの歩みを妨げるコトにならぬように、、

僕は
「天に祈る」
だけです。



「進めよ、リベラっ子たち!」




(微笑)







by yoshikazusuzuky | 2017-01-14 00:08 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
今週末に大学入試のセンター試験をひかえたリベラっ子たちもいると言うのに
今週末のお天気は大荒れになるそうですよ、、
パトさん?

a0199297_17274549.jpg
「ん?
 わかった
 いっておくニャん」


え?
「言っておく」
って、、
a0199297_17290549.jpg
誰に言っておいてくれるのでしょうか? (???) f^^:


パトさん自然界の方々とはお付き合い深そうだから
なにか伝があるのかもしれませんね。


(^〜^)



日曜日に子どもたちとのワークショップの「打ち合わせ」が入っていて
そのテーマが『光(ひかり)』なのだそうです。

「ヨシカズさんが興味を持つ化石や鉱物たちから光のイメージをもらえないだろうか?」

そんなお話しだったので
子どもたちから、、
a0199297_17403847.jpg
アイディアをもらうコトにしました。




鉛筆の下描きを、、

a0199297_17475051.jpg

この透明ビニールのデスクマットに
顔料系マーカーで
でも使用したビニールシートです)




きょうは、ハル坊と
ヨシキちゃんが、、
a0199297_17464757.jpg
ソレを描いて
くれました




a0199297_18050193.jpg
化石や鉱物からイメージをもらい、



a0199297_18040544.jpg
こんなふうに描き上がりました。




(^〜^)




明日の子どもたちにも描いてもらいます。 (^0^)/




明日の午前中は
ことし初めの棚倉町立図書館での教室です。



明朝の道が
悪くならないと良いのだけれど、、パトさん?

a0199297_18174696.jpg
「ん?
 わかった
 いっておくニャん」(ほほえみ)



(ははは) f^^:





by yoshikazusuzuky | 2017-01-13 00:02 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
優しいお山のような
姿です
a0199297_16075823.jpg
お山に耳が生えています
けどね。(ほほえむ)


教室に届いた年賀状の中に訃報があった。コットマンサークルがまだ「マイタウン白河」での教室だった頃の生徒さんだ。若い女性で知的な障害をもっていた。色鉛筆が好きでとても繊細な絵を描いた。彼女が辿って来た人生は、僕には想像もつかないけれど、いつも前向きで素敵な笑顔を見せてくれた。ちょうど一年前、僕の父が亡くなったのと同じ年の年の瀬に亡くなったのだ。彼女のお母さまのお名前でいただいた年賀状には、とても丁寧で清らかな筆跡の文字が可愛らしいキャラクターの合間に綴られていた。

僕の知らないトコロで
知っているヒトや知らないヒトが亡くなっている。
僕はそのコトを知らないまま過ごしてゆくかもしれないし
ドコかで偶然に知るかもしれない。
僕が知っていようと知らないでいようと
その人はもう、
死んでしまったのだ。

知らなければ、、
悲しむコトもできない。

だから、
「いつも想っていたい」
そう思う





先日のブログに端っこだけ書いてそのままに
なってしまっていました、
中学生の考える「死ぬコト」と「生きているコト」の絵をご紹介します。


a0199297_15453610.jpg

a0199297_15455597.jpg

a0199297_15461589.jpg

a0199297_15463264.jpg

a0199297_15465007.jpg

a0199297_15470814.jpg

a0199297_15472784.jpg

a0199297_15474382.jpg

a0199297_15481642.jpg

a0199297_15483108.jpg



昨年は秋から冬の始まりにかけて
いろいろな出来事が重なったのである人に助言をもらいにゆきました。
様々聞いたコトの中に、
昨年から今年の僕はたくさんの「死」を知り、受け入れ、乗り越えなければならない
という言葉がありました。
昨年秋からその言葉通りに
僕は幾つもの御霊に掌を合わせています。




色鉛筆が好きだった彼女の魂が安らかでありますように。




(微笑)






by yoshikazusuzuky | 2017-01-12 00:05 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)