ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

a0199297_23325564.jpg
a0199297_23322740.jpg
a0199297_2332662.jpg
(スズキヨシカズ写真作品 『la planta 1』)
# by yoshikazusuzuky | 2011-01-25 00:00 | スズキヨシカズ的アート | Comments(2)
「ポツリ、、」

何かが僕の肩に降りる。

僕は天青石色の空を見上げる。

「ポツリ、、」

何かが、天青石色の空を見上げた僕の頬に降りる。


「降り始めたね。」 僕の隣で誰かが呟く。 「時が降る時刻だ、、、。」


「ポツリ、、ポツリ、、ポツリ、、」

透き通った天青石色の空から時が降りてくる、、、。


a0199297_21345228.jpg

               (スズキヨシカズ絵画作品 『時の雫』〜NONOHOTOKE〜 )
# by yoshikazusuzuky | 2011-01-24 21:38 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
激しい流れの真ん中で、時間が僕を絡めとる。
(激しい流れの真ん中で、僕は時間に絡めとられる。)

時間はまるで蔓草のように容赦なく僕に絡み付き、、そして僕のカラダの自由を奪おうとする。
(数え切れないほどの細い細い発光する管が僕の体のあらゆる部分を弄り『記憶への入り口』を探る。)

僕は左足を踏ん張り、右足を前へと進める。
(時間の流れが粉々に砕け、、結晶した時間は僕の両脇に蛋白石色の霧を吐き出す。)

僕は時間(とき)を遡ってゆく。

時間(とき)の中心には、僕の『本当の記憶』が渦を巻いている。

a0199297_2114832.jpg

                         (スズキヨシカズ絵画作品 『記憶を遡る』)
# by yoshikazusuzuky | 2011-01-24 21:16 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
誰モ知ラナイ何時カ何処カデ何カガ消エテユク、、、。

誰モ知ラナイ何時カ何処カカラ何カガ生マレテ来ル、、、。

時ヲ渡リ、
何カト何カガ繋ガル時、、

僕ラワ小サナ奇跡ヲ目撃スルンダ。

a0199297_235729.jpg

                   (スズキヨシカズ写真作品 『時を渡る』)
# by yoshikazusuzuky | 2011-01-24 00:09 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
夕暮れの街、、、。

バルセロナの目抜き通り、『ランブラス通り』のベンチに一人佇み、目の前を通り過ぎてゆく人々を目で追いクロッキー帳に鉛筆を走らせる。
毎日そんな事を続けていると、決まった時間の同じ場所に同じ人々の姿を目にするようになる。(僕の目が同じ人々にだけ焦点を合わせてしまうようになった)
年齢も性別も様々だけれど共通している事があった。
夕暮れの琥珀色の淡い陽光の中、、少しだけ背をまるくして両手をポケットに、うつむき加減に足早に歩を進める人々、、、。

不思議な存在感があった。

たくさんの人が行き交う流れの中に在って、その流れに流されながらも流れに逆らっているような、、、。
時間を逆行しているような、、、そんなふうに感じた。

写真は鉛のオブジェ、『夕暮れ』。
あの時に僕が感じた人々の残像です。
a0199297_20213014.jpg

                   (スズキヨシカズ立体作品 『夕暮れ』)
# by yoshikazusuzuky | 2011-01-23 20:24 | スズキヨシカズ的アート | Comments(2)
スリアではなくてバルセロナの話、、。

「スペインで絵を描きたい!」、、と考える前。 18歳の終わり頃にヨーロッパをひとり、旅した。
フランスとスペインとイタリアの三か国だけだけれど僕にとっては生まれて初めての大旅行だった。
スペインはバルセロナに入ったのはクリスマスだった。 クリスマスから新年までをバルセロナで過ごした。 街はクリスマスのイルミネーションで目映いばかりの色とりどりに光り輝いていた。

僕にとっての運命に出逢ったのは大晦日のことだった。

街の中心にある円形広場、『プラサ カタルーニャ(カタルーニャ広場)』から四方八方へと放射線状に延びる辻々には、氷水を入れた大きなブリキ缶に冷やしたシャンパンやワインを売る露店が並び、人々はそこで買ったボトルをラッパ飲みしながら円形広場へと歩く。 そして円形広場に着くと飲み干して空になったボトルを円形広場のタイル張りの地面に叩き付けて割るのだ。 円形広場にはステージが組まれ生のバンドが大音響で陽気な音楽を演奏していた。 四方にはカクテルライトが設置され円形広場を照らしている。 円形広場は人々で埋め尽くされている。 足もとは割れた硝子の破片が散乱している。 そこで人々は踊る。 硝子の破片が跳ね飛ばされ蹴飛ばされ舞い散る。 カクテルライトに硝子の破片が発光しながら舞い散る。 その中で人々は踊り続ける、、、。

「凄い!」 と思った。

「この街に暮らしてみたい!」 と思った。

そしてそれから一年後の1986年、、、僕はバルセロナにやってきた。


写真は硝子のオブジェ。
a0199297_059193.jpg

割り砕いたワインやシャンパンの瓶を鉛で繋ぎ、プラスチック樹脂で固めたオブジェだ。

『卵』だ。

僕をバルセロナへと導いた、あの大晦日の、あの光景への、僕なりのオマージュだ。
a0199297_0593726.jpg

(スズキヨシカズ立体作品 『卵』)





 
# by yoshikazusuzuky | 2011-01-23 01:05 | スズキヨシカズ的アート | Comments(2)
『スリア』です。
僕が5年間を暮らした町(村?)です。
a0199297_031463.jpg
スリア城(こんな小さな町でも王様が居るお城が在ったのです。そして王様は、この小さな町を守っていたんです。)と、サンクリストフォウ教会を中心に、小高い丘の斜面に作られた城壁都市の縮小模型のような町です。

羊飼いも住んでいました。
晴れた日には羊たちが新鮮な草を求めて丘を下ってきます。
a0199297_074370.jpg

それぞれが一つずつ首から下げた、様々な形で様々な音色の鈴を鳴らしながら、、丘を下って来るのです。

町を囲む城壁の外は赤い岩がごろごろと転がり赤い土に覆われた荒れ地で、そこにはたくさんのオリーブとアーモンドの木が生えていました。
季節きせつにオリーブは黄緑と赤紫色の実をつけアーモンドは真っ白な花を咲かせました。
それらは赤茶けた大地の色の中に在って奇跡のように鮮烈でした。

素敵な町です、、スリアは。(微笑)

僕は巡り逢うべくしてスリアに巡り逢ったのです。
# by yoshikazusuzuky | 2011-01-23 00:17 | スペイン残像 | Comments(0)
a0199297_16264862.jpg

                 スズキヨシカズ絵画作品  スリアスケッチ(4)


 
# by yoshikazusuzuky | 2011-01-22 16:27 | スズキヨシカズ的アート | Comments(2)
a0199297_16242226.jpg

                スズキヨシカズ絵画作品  スリアスケッチ(3)
# by yoshikazusuzuky | 2011-01-22 16:24 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
a0199297_16204260.jpg

                 スズキヨシカズ絵画作品  スリアスケッチ(2)
# by yoshikazusuzuky | 2011-01-22 16:21 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
僕はスリアで夏を過ごした。

1989年から1994年まで、、、6回の夏を経験した。
心優しき人々が暮らす素敵に小さな小さな町だった。

僕は元来の不真面目さもありスペイン語を全く勉強しないままにスペインに渡ってしまった。
「渡ってしまった、、、」と言っても反省などは(いまだに)一つもしていない。(笑)
餞別にもらったギターと米軍払い下げのオリーブ色の大きなバックだけを荷物に、見送ってくれる友人たちに(なんと!)右拳などを頭上に掲げて見せたりなどしつつ、、スペインはバルセロナを目指して日本を飛び立ってしまったのだ。

1986年のことだ。

飛行機はどんどん高度を上げ頭上の安全灯が緑色に変わり、もろもろの説明とともに機内食を食べ、ぎこちなく短い睡眠から目覚め全くの一人という状況を受け止めると、さすがに少しの心細さを感じた。 「さてどうしたものか?」 と思った。 「どうしたものか、、、」と言うのは、バルセロナに着いてからどうしたものかと言う意味ですね。 今回は(前回の話はまた何時か、、)旅行ではなくバルセロナに住むつもりなので、先ずはアパートを探さなければならない。 スペイン語が理解出来なくては(ちなみに英語も全く話せませんでしたが、、、てへ!)これは問題だ、、けれど話せないものは仕方ないので手荷物鞄からスペイン語の辞書と鉛筆とメモ用紙を引っぱり出して、、
『私はバルセロナに住みたいです』
『私は絵が描きたいです』
『私はスペイン語が話せません』
取りあえずこの三つのフレーズを(単語だけを文法も何も関係なく並べて)完成させた。

、、、って! あれっ!?
こんな話から書いていったらスリアの話までいかないな。
スリアで描いた人物スケッチの紹介文を書くつもりだったのに、、、。(笑)

でもね、けっきょく僕は着いたその日にアパートを決め、画材店を探して絵の道具を揃え、アパートの近所のメルカード(市場)で買った生ハムをはさんだサンドウィッチを作って食べながら、夜には絵を描き始めていたの。 『未成年』の項目で載せた『19歳の自画像』、、、あの絵を描き始めたんだ。

ね!?

言葉なんかわからなくても何とかなるものなのです!(ダメダメ!ウソウソ!ちゃんと勉強してから行きましょう)(笑)
a0199297_16142553.jpg

                スズキヨシカズ絵画作品  スリアスケッチ(1)
# by yoshikazusuzuky | 2011-01-22 16:19 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
眠るまえに、「オパールオパールオパール、、オパール」と呪文を唱えてしまったせいでオパールの夢を見ました。(笑)

『オパールを掘っている夢』ではなくて『オパールが掘られている夢』、、、。 え〜と、僕がその『掘られているオパール』だったのですね。(笑)

視力は備わっているのです。 だから見ることもできるのです。 世界はまるでスペクトル分解されたように虹色でした。 正三角形のプリズムを透して覗いたように、全てのモノタチの輪郭は虹色に滲んでいました。  でもね、不思議なのです。 坑夫たちが、、人間たちの姿が見えないのです。 う〜ん、何と言えばいいのかな? 人間はそこに居るのだけれど、、まるで硝子細工のように透明なのです。 その輪郭も虹色には輝いていないのです。 では何故そこに人間たちが居ることがわかるのか、、? もちろん掘削の為の道具類が宙に浮いて勝手に動いていたりもするのですが、、、心臓がね、心臓が体の中心で(体があるのだろうと想像する辺りの中心で)脈動しているのです。  それは『ルビー』のように真っ赤なのです。 その真っ赤なルビーの色の心臓だけは風景の中で虹色には染まっていないのです。 あるモノの脈動はとても早くその赤い色も燃えるようでした。 ゆっくりと脈動するものは『ローズクウォーツ』のように柔らかく薄紅色に発光していました。

どんな意味があったのだろう?

眠るまえに、「オパールオパールオパール、、オパール」と呪文を唱えてしまったせいで、こんな夢を見てしまったのでした。


虹色つながりで、、、写真は『アフガニスタンで発掘されたローマングラス片』です。
数百年、、それ以上の時間を地中で過ごし、表面が銀化作用により虹色に変色した古代の硝子片です。
数万年かかって誕生するオパールの遊色とはまた違った美しさがありますよね。

a0199297_10534535.jpg
a0199297_1053265.jpg

# by yoshikazusuzuky | 2011-01-22 14:06 | 理科室の記憶 | Comments(0)
これはオーストラリア産ではありません。

南米メキシコ産の『ファイヤーオパール』です。 その名の通り、燃え立つような朱色の中の遊色が印象的なオパールです。
a0199297_0105378.jpg

# by yoshikazusuzuky | 2011-01-22 00:11 | 理科室の記憶 | Comments(2)
オーストラリア産の『ボルダーオパール』です。(荒く研磨してあります)
a0199297_054457.jpg

# by yoshikazusuzuky | 2011-01-22 00:07 | 理科室の記憶 | Comments(0)
オーストラリア産の『ブラックオパール』の原石です。
a0199297_031954.jpg

# by yoshikazusuzuky | 2011-01-22 00:03 | 理科室の記憶 | Comments(0)