ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

春のワークショップでもご一緒させていただいた
ファイバーアーティスト 石田智子さんのワークショップ
、、
a0199297_22495376.jpg
『糸のスキマ』
に行って来ました


「真っ白のきれいな繭の糸をほぐして、『空気のオーナメント』を作ってみよう!」


繭糸から作られる
「空気のオーナメント」
とは、、

どんなモノであろうか?

と、

とても素直なワクワクを感じながら
『りょうぜんこどもの村』へと向かったのでした


a0199297_22542019.jpg
「繭」です。


繭の一つが
1000メートルをこえる
細い細い糸で
形作られているそうです。



子どもたちの真っ白な心と
真っすぐな好奇心は
「するするする」
っと躊躇なく、
繭をほどいて
もう一度
、、
a0199297_23013897.jpg
空気中に糸を解きだし
蓄積させます



a0199297_23153016.jpg

不思議なコトでした。


その糸は
いつの間にか
、、
a0199297_23001371.jpg
新しい繭として
そこに
誕生していたの
でした



a0199297_23015737.jpg
不思議な光景でした。




僕は木の枯れ枝に
繭糸を巻き取りました。

a0199297_23200098.jpg

a0199297_23202044.jpg

そしてそれは
「羽(はね)」
になりました

(画像では
その質感を伝えられないのがもどかしいのですが
、、)

それは今までに僕が出在った
どんな羽とも違っていたのでした


なので
僕は、、

a0199297_23240189.jpg

a0199297_23241778.jpg
男の子の背中に
その羽を
植えました



(微笑)




a0199297_23260013.jpg
石田智子さんの作った
空気のオーナメント
素敵です


(微笑)






素敵な時間を過ごしました。



別な世界を
旅して来たようでした。




(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2017-07-10 00:13 | 繋がる想い | Comments(0)
僕の
夏の装い
です。

a0199297_13582573.jpg

同じ色のT-シャツと
同じ色の短パンの組み合わせ2セットで
一夏を過ごします。

エアコンが入っていても
ひとクラスが終わるごと汗だくになるので
毎回洗濯します。

くり返し洗濯しているので
薄らとしか見えませんが T-シャツに何か描かれています
a0199297_14084316.jpg
何が描かれているのか?
何故描かれているのか?

順を追ってご説明させていただきます
と、、


「ヨシさんココどう描けばイイの?」

a0199297_14103083.jpg

『九尾の狐』を描いている
アカリちゃんからの要請で出動です。

アカリちゃんの住む町では「九尾の狐」のお祭りがあって
それを題材にした図画やポスターの宿題が出ます。

さあ!
ヨシさんが席に着きました。

ヨシさんの動きが止まると
、、
a0199297_15045060.jpg
集まって来ます
集まって来ます
手に手に太いマジックペンを持って
集まって来ます



そして、、

a0199297_15053935.jpg

a0199297_15060765.jpg

a0199297_15062838.jpg

a0199297_15074085.jpg
ほんの数分間でヨシさんの裏表まんべんなく
ペン入れの儀が施されるのでした。(ありがたいありがたい
なむなむなむなむ)



a0199297_16050178.jpg
ヨシさんは
コレを着たままコンビニに買い物に行ってしまいます。
コレを着てレジで会計してると
後ろで会計待ちしている人がじっくりと眺めながら
「くすっ」
と笑います。


(むふふ)



今日も
暑く賑やかな一日
でした

a0199297_19245792.jpg

a0199297_19252057.jpg

a0199297_19255346.jpg

a0199297_19261502.jpg

a0199297_19263886.jpg

日本列島に停滞する高気圧と大陸にある低気圧のせめぎ合い。
その影響なのかどうなのか?
昨日から(時計の針が午後3時を回ると)ヒドい目眩と頸椎の痛みが襲ってくるの
ですが子どもたちのハイなテンションに引っぱられ
なんとかこの一日を終えるコトが出来ました。(ありがたやありがたや)



一週間が
おわった
おわった
、、

おわったよ



# by yoshikazusuzuky | 2017-07-09 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
車載の温度計が37℃であると言います。
たぶんチョッと大袈裟に表示してみたかっただけだよ〜
冗談だよ〜なのでしょうが、
その気温を信じてしまいそうなくらいに
肺の中に入って来る空気が暑いです。(ちなみに天気予報で発表されている気温は
30℃でしたが体感温度は車載温度計君の言ったくらいありそうでした)

今朝のコト。

白猫のノラさんは日影の中を

a0199297_19013217.jpg
(小石にピントが合っている)

「ののの」
とやって来て

僕の顔をまじまじ下から眺めて
a0199297_19031295.jpg
(ヒゲにピントが合っている)

「なお?」
と一つ小さく鳴いてから

僕の左の太ももから
左の肩に登って来て
a0199297_19090450.jpg
(近すぎ近すぎピント合わないよ)

首の後ろをグルリと半時計回りして右の肩から太ももへ
そして地べたに降りてまた僕の顔を見て
a0199297_19153115.jpg
(良い目つき良い口元)

「なおお?」
と鳴いた(笑った?)の
でした。

何処かで何か食べ物をもらったり
狩りをしたりして食べてはいるのでしょう
おなかがぺったんこでぺっこぺこってコトはないようなのですが、

艶が無くなりゴワゴワに戻ってしまった
ノラの毛並みを
僕は
a0199297_19150686.jpg
(いひ)

「こしこしこし」
と撫でます



その頃
朝帰りだった
黒猫のパトさん
は、、

a0199297_19190389.jpg
ベッドでくつろぎ起きて来る気はない様なので
居間のエアコンを冷房(でも冷えすぎないように27℃)に設定して
家を出て来たのでした



これだけ暑いと子どもたちの口からは
「アイス〜アイス〜アイス〜」
という言葉しか出て来なそうですが、
エアコンの利いた快適な室内では
アイスのコトなんてまったく忘れていたようで
、、
a0199297_19510960.jpg
だれも「アイス〜」とは叫ばなかった
のでした

今年の夏はエアコンの設定温度を18℃にしておけば
アイス騒動は起きないのかもしれないね。(笑)

蜻蛉の羽の色
綺麗ですね。(微笑)

a0199297_20371071.jpg

「トンボ」という字を「蜻蛉」と書きたくなるような
キレイなキレイなコンドウオウガが描くトンボの羽の色です

(^〜^) 


フウちゃんのトンボの羽も
スゴい!
a0199297_19531364.jpg
力作だね!! (^0^)



中学生の
アクリル絵具使い
も、、
a0199297_20473336.jpg
(もちろんまだまだ
ぎこちないですが)
ずいぶん堂に入ってきた気がします


たくさんの
青色の塗り重ね
で、、
a0199297_22154643.jpg
(アオイちゃん・中2)

a0199297_22175714.jpg
(指も使って塗り込んでゆく)


空が遠くに、
ステキに表現され始めました
。 (^〜^)




ヒマリちゃん
(中2)
は、、
a0199297_22195538.jpg
授業参観日の発表に使う
『繋がり』と『一人ではないコト』
についての絵を
描いていました



さあ
またぐるりと巡って
明日は土曜日です。

さあもう一息
大きく吸い込んだら
がんばりませう。


(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2017-07-08 00:01 | | Comments(0)
ゆりかごの中の
黒猫のパトさん
、、
a0199297_21193174.jpg
暑さにバテて
「でれろ〜ん」
としているワケではなくて、
きょうは注射をして来たのです
a0199297_21200175.jpg

(体も心もダルいのだ
と思います)


ノラが「てれろり〜ん」と
しているのは
、、
a0199297_21210595.jpg
ただたんに暑いのと
「かわいいなあノラもかわいいよなあ」
とくちゃくちゃに可愛がってもらいたいからなの
かも知れませんがね
a0199297_21232675.jpg
(ノラさんもかわいいよ
かわいいよノラさん) 



今日も
太陽眩しく
、、
a0199297_21240238.jpg
暑い
暑い一日でした


大雨と
大雨の被害に苦しんでいる方々に申しワケないですが
(心からお見舞いを申し上げます)
黒雲が広がって遠く雷鳴も聞こえていたのですが
プリウス君のフロントガラスに
「ぽつ」
とひと粒落ちて来たのを見ただけで
雨は降っては来ませんでした
a0199297_21251069.jpg
(アマガエル君は雨を待ちぼうけでした)



子どもたちの教室
a0199297_21253299.jpg
(「〜たち」と言っても
けっきょく木曜日の小学生はハル坊とヨシキちゃんの2人だけで
夏休み前には増えなかったなあ)

a0199297_21260076.jpg

a0199297_21261659.jpg

ハル坊とヨシキちゃんは
『田んぼのある風景』(水田の生き物たち)
の絵を描いています

さいきんは
、、
a0199297_21273895.jpg
「ゲンゴロウ」だけでなくて
「ガムシ」も姿を見かけなくなったよなあ



a0199297_21282079.jpg
お休みあって夜の教室も二人だけ。


でも小学生の教室も
大人の生徒さんの教室も
少人数なのに
定員いっぱいのような賑やかさなので
この人数のままでも
「いっかなあ〜」(良いのではないだろうか)
と思いました

(まる)



(微笑)




# by yoshikazusuzuky | 2017-07-07 00:00 | 黒猫 | Comments(0)
明け方に
教室から帰宅しました。


黒猫のパトは
温室の中にいて
、、
a0199297_16055007.jpg

a0199297_16060820.jpg

群青の闇に紛れて
おりました


この明け闇の中には
、、
a0199297_16081497.jpg
白猫のノラが溶け込んで
います
。(左端の真ん中辺り、、
どこにいるのか白い猫は見えますか?)



午前中(黒猫のパトはベッドに眠らせたまま
僕は家を出て)夏休み教室の応対をしながら
、、
a0199297_16143239.jpg
きのう「ぺたぺた
ぺたぺたぺた」と
紙を貼り合わせて作った支持体3枚の下地塗り
をしておりました


二日続いた雨は上がって
お天気良くて気温も上がってきていたので
家の中も温度が上がって「むあむあ」してパトが熱中症になったら大変なので
午後3時に自宅に戻りました。

缶詰ご飯食べて水飲んで
辺りの気配(白猫の気配)を慎重に、
慎重に慎重に目視確認しながらも
、、
a0199297_16230433.jpg
パトは外出してゆきました


(慎重に見回したわりには
、、
a0199297_19592810.jpg
すぐ後ろのゴミ箱の上に寝ていた
白猫のノラが目に入ってはいなかったよう
でした) f^^:


そして
僕はまた教室へ
下地作りの作業へと
戻ったのでした


a0199297_20014145.jpg
(キレイな
夕暮れの空
を見ました




(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2017-07-06 00:10 | | Comments(0)
定員11名、
積載限度750kgのエレベーターに一歩足を踏み入れた途端に
「びいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい」
と言われました。

僕一人しか乗っていないのに
「重量オーバー」って言われても、、(困惑) それとも目には見えないだけで
すでにたくさんの人(?)が
乗ってたのかな?


きょうも雨降りの朝でした。

久し振りに見る光景
、、
a0199297_15430432.jpg
黒猫のパトが温室で
「雨宿り」
をしていました

白猫のノラも
何処か他で雨宿りしているのか
その姿がは見えないので
、、
a0199297_15433639.jpg
パトはひとり潤った空気に
まったりとしている様に
感じました。 (微笑)



アルカチョファの花は
すっかり咲き切っていました。
a0199297_15444251.jpg
大きな花だったからね、
「ン?ハジメテノニオイダゾハジメテノアジダゾ」
とかって虫たちも、初めて出会った花の甘い蜜の恩恵に
たっぷりと肖れたかな? (^〜^)




今日(4日・火)から「夏休み教室」の予約が始まりました。 *リベラっ子(小学生)は通常の教室曜日に関わりなく日曜日も含めて一日3回①10:00〜12:00②13:30〜15:30③16:00〜18:00に予約を予約を入れて来てもらい図画ポスターなど学校から出された宿題だけを片付けてしまうのが『リベラ夏休み特別教室』です。リベラっ子ばかりではなくて、リベラっ子以外の子たちも(中学生・高校生を含む)参加するコトが出来ます。

a0199297_23262728.jpg
鳴りっ放しの携帯電話/固定電話の応答と
カレンダーの調整に追われた5時間でした

21時過ぎまでに
もうずいぶんとカレンダーも埋まって(定員に達して)来ているので、
リベラっ子も、夏休みのリベラっ子も、
どうぞお電話下さいね。080−5576−1439/0248−27−5173 、、って
なんだかテレビショッピングみたいです f^^:
けど予約は自分の教室日を待たずに
急ぎお電話下さいね。(画像のカレンダーは16時30分頃の状況なので)


よろしくお願いします。



(^〜^) 


きょうは一日雨降りなので
乾かしたいモノすべての乾きが遅いです。

どうしても描きたい絵が
三枚増えたの
、、
a0199297_23304830.jpg
その絵を描くための支持体を
急いで3枚追加して作っています
が、乾きが遅くてエアコンの除湿機能をガンガン利用して
いまも教室で作業しております。(明日は下地を作りたい)






# by yoshikazusuzuky | 2017-07-05 00:00 | 黒猫 | Comments(0)
朝になっても
降り止んではいなかった
雨、、

a0199297_10233584.jpg
教室に出かける僕と一緒に外に出て
雨の匂いを呼吸する黒猫が
「さてどこへでかけようかニャん?」
辺りを見回したとき



a0199297_10255649.jpg
いったい何処で夜明かししたのか
「みゃうみゃうみゃう」
鳴く声だけは可愛らしく
現われた白猫



a0199297_10284654.jpg
黒猫があわてて室内に引き返した直後に
目を疑うようなコトが起きたのでした



a0199297_10361872.jpg
突然白猫が宙に浮き上がり
振れ始めたペンデュラムの動きで何処ぞへと
空中移動をして消えました。



(どこにつれてゆかれたのでせう) f^^:



鳴き声ばかりでなく
僕の前でだけは仕草も可愛らしく振る舞うので
僕はすっかり夢中になって仕舞っているのですが
黒猫のパトに対してはモノ凄まじい形相になって襲いかかるコト
も事実として確認し
知っています。


白猫のノラを教室に連れて来るしかないのかな
とも思っているのですが
教室周辺にも野良猫はいるのでノラは新参者になるワケだし
教室周辺は自動車の行き来も激しいし、
けれどもソレより何よりも
教室の近所に住まう某ご夫人が極端な猫嫌いで
毒団子を食べさせて野良猫を殺してしまうのです。

風(フウ)と空(クウ)よりずっとまえに
やはり教室のウッドデッキ下で子猫たちを産んだお母さん猫も
その毒団子で殺されて
、、
a0199297_14461914.jpg
a0199297_14463271.jpg
a0199297_14465479.jpg
a0199297_14474699.jpg

子猫たちが取り残されてしまったコトがありました。(4枚の画像はそのときの子たちです)

ノラにご飯を用意して家に寄せてしまった時のように
安易には行動出来ないよなあ
と思います。



カメちゃんとコットマンサークルとカズイ君
そしてあっち行ったりこっち行ったり
お役所巡りな月曜日でした

a0199297_14581542.jpg
a0199297_14584755.jpg
カメちゃんがカメを描いていますよ。(^〜^)



a0199297_15144633.jpg

棚倉絵画愛好会の皆さんの教室と
このコットマンサークルの皆さんの教室には
とても凝縮された濃密な時間が流れます (^〜^)



a0199297_19020425.jpg
アクリル画を描き始めたカズイ君の傍らには
お気に入りの麦わらのハットがありました。





追記:

いつもは四捨五入して
「うちのプリウス君の走行距離は280,000Kmなんでよ〜」
と言っていたのですが、

けさガソリンスタンドで
オドメーターを見たら
、、
a0199297_19094005.jpg

280,008Km
を表示
。ついにホントに28万キロを越えました。
でもちなみに午後から(夕方に)2時間半走り回ったので
現在は280、087Kmを表示しているのでした。(は、、80Kmも)

「28万キロ走っていままで一度も電気系統のトラブルに見舞われたコトはないんだよ」
とカズイ君に報告したら
「それは優秀な車ですね!」
と褒めてくれました。

良かったねプリウス君
褒められたよ。 (^〜^)

「電車の車体傾斜装置には振り子式と空気バネ式があって、、」

我がプリウス君を褒めてくれたカズイ君は
また僕には難しくてワカラナイ
電車の話しに戻って行ったのでした。




(^〜^)





# by yoshikazusuzuky | 2017-07-04 00:04 | | Comments(0)
うたた寝と言うにはあまりにも長時間のうたた寝から
「うぎゃ〜ぎょんにゃぎゃぎゃぎゃぎゃあ〜」
というワケのわからない叫び声で呼び戻されました。


a0199297_23591554.jpg
屋根に逃げた黒猫と
屋根の下で待ち構える白猫です。
a0199297_23593281.jpg




a0199297_00042876.jpg
屋根の下で余裕のノラ


a0199297_00052822.jpg

屋根の上で緊張感するパト
(強そうな顔に見えるけど緊張しているだけ)


『力関係の図』

です



やっとこさ
どっこいしょ
パトを屋根から降ろしました
。(救出と言うのかな?)

a0199297_00125315.jpg
もう大丈夫
安心してゆっくりおやすみね
パトさん。








# by yoshikazusuzuky | 2017-07-03 00:16 | 黒猫 | Comments(0)
子どもたちはいたずら描きをしたり描き損じを出したりすると
意識してなのか無意識なのか、作業台にしている長机の下の荷物おき台に
それらをどんどん突っ込んで帰るので、定期的に中を覗き込んで
何が突っ込まれているのか確認せねばなりません。
なぜ「何が」なのかと言うと
当然のように絵以外のモノも突っ込まれているからです。
ちなみに紙物以外でどんなモノが出て来るのか?
食べ物も含めて故意か事故かもわからない壊れた物など
教室に置いてある「あらゆるモノ」が出て来ます。

今日は何が出て来たか。

a0199297_22230693.jpg
しばらく行方がわからなかった
「めだか」のフィギュアと
たぶんパキスタン産だったと思うけど何故こんなトコロから出て来るのか
ワケのワカラナイ
「両剣水晶」(結晶が両方向に成長して両端に尖った頭頂を持つ水晶)
が出て来ました。

なんだかちょっと
シュールな世界な
かいがきょうしつリベラ
です。



子どもたち(中学生や高校生も含めての子どもたち)が
出入りするたび残される
混沌とした気怠い静寂の中で
、、
a0199297_22234282.jpg

a0199297_22241252.jpg

僕は何度も孵化を繰り返しては
抜け殻のように乾いている感じです



切れ目無く
ずっとずっと限りなく続いてゆくのではないかと思えてくる様に繰り返す
土曜日の教室と一週間が
それでも仕舞いとなりました。



夜の教室が終わったあとも
教室の子が来ていました。
何をするでなく何を話すワケでもなく
ただいる子。
いたければいるとイイね。
でもすっとはいれないね。
ずっと居れる場所が見つかると
良いのだけれど
この子にとってそんな心配は余計なコトなのだろう

水晶の粒をポケットに入れて
この子は何処かへと出かけて行きました。

土曜日の夜、
たくさんの「モノたち」が
ただただ彷徨い続けている
と感じる。


お仕舞い。


ただただ
ただただ
お疲れさまでした。(こんやこれから僕は朝に近い時刻まで
教室で絵を描いていると思います)



「お疲れさま」




(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2017-07-02 00:05 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
コレがどういう状況か
と言えば
、、
a0199297_20260780.jpg

外出回数がどんどん減っている黒猫のパトさんは
今朝もベッドで眠っていたのをそのままに起こさずに家を出て来たのですが
室内温度の上昇も気になるので夕方の子どもたちが来る1時間前に
急いで様子を見に帰宅。
車の音で奥から「ののの」と起きて来たパトは
ご飯を食べて水を飲んで、
「さて外出でもしましょうか」
程度の意欲を示して勝手口から出た途端白猫のノラさんとはち合わせして、
『あわてて自動車の下に逃げ込んだ図』
だったのでした

パトの視線の
先の図が
、、
a0199297_20263225.jpg

コチラ
です


昨日も今日も
たぶん明日も
パトは家から出ない
(出られない)のかな?(でもいつでも出られるコトは理解してくれたので
時刻に関係なく「なおなおなおなおなおなおなおなお」鳴き通すコトは
なくなりました)

けっきょくパトは
家の中に戻りました



アルカチョファ満開
(満開なのか?)
、、
a0199297_20273439.jpg

たくさんの虫たちが蜜をもらいに集まっています



湿度の高い曇り空
夕方からは雨になりました。

夏休みの宿題になるかもしれない(まだ宿題リスト配布されていないから
なるかならぬかワカラナイのです)図画とポスターの下描きをする
子どもたちの後ろで
、、
a0199297_20290315.jpg

僕もせっせと
下絵描き
でした



a0199297_20292705.jpg

中学生は
アクリル画


3歳からリベラに通っていると
自分が大きくなったコトに気づかないので
、、
a0199297_20295779.jpg

こんな状況にもなるワケ
です
。 (ははは) f^^:



明日は忙しい忙しい
土曜日
なので
、、
a0199297_21593058.jpg

a0199297_21594304.jpg

今夜もあまり遅い時刻にならない時刻に
帰宅しました







まったく唐突に

追記1:

朝に夕べに某ファミリーマートの『 KOPPEPAN ~コッペパン~ 』を食べております。食べながら仕事もできるし移動しながらも食べれるお手軽さだし1個食べれば満足できるボリュームだし、栄養のバランスがどうとか何がどうとか気にしなければならないコトは多々あるのでしょうが、何より僕はコッペパンが大好きなのです。しかも!某ファミリーマートのコッペパンは美味いのです。「ジャムバター」も「ブルーベリークリームチーズ」も「あんバター」も「粒々ピーナッツバター」も今まで食べた中で第一位!絶品の「焼きそばパン」や、「卵サラダコロッケパン」や「鳥の南蛮唐揚げパン」。いや〜毎日食べてます。食べない日はありません。不摂生の極みです。でね!本日新発売の『黒みつ&きなこクリーム(ぎゅうひ入り)コッペパン』を食べたのですがビックリしました。(全体的にこのコッペパンシリーズは味付けが濃いめなのでこのパンも甘めなのですが)一口食べたらビックリしますよ!始めての触感、、とまでは言わないけれどもビックリします。某ファミリーマートから広告料が出るワケではありませんが食べてみて下さい。 「美味しいよっ!」 (^0^)/


追記2:

『宇宙兄弟』
第31巻を購入

a0199297_20324908.jpg

ラップされた封も切らぬまま
子どもに待たせました。

いつか時間に余裕が出来たならば
第1巻から第31巻までぶっ通しで読んでやるぞー!
おおー!!
と思いました


(うっしゃ!)







# by yoshikazusuzuky | 2017-07-01 00:02 | 黒猫 | Comments(0)
カテゴリ『日常』に分類されるのか
どうなのか?
それは「不明」ですが
、、
a0199297_23213811.jpg

a0199297_23220744.jpg

a0199297_23222446.jpg

「カナダの熊」
です
。(正確には
「木彫りのカナダの熊」
です)


高校の先輩から修学旅行のお土産にもらったタイちゃんが
「ヨシさんあげる」
とくれました
a0199297_23301323.jpg
「もらっちゃってイイのかな?」とか言いながら
もらっちゃったヨシさん。(ははは) f^^:


「だって可愛かったんだもの」 (^〜^*


カナダだから「グリズリーベア」なのでしょうが
トコロかわればクマかわる
木彫りのクマのナイフ使いのテクニックも
かわるモノですね。(子どものころに観た
『グリズリー』
って映画コワかったなあ)






ヨシキちゃんとハル坊の時間に
猫の下絵を描いていたら
、、
a0199297_23401453.jpg
いつの間にかヨシキちゃんとハル坊も
ネコを描いていたの
でした
。 (^〜^)



なんだか今夜は
申し合わせたかのように
入れ代わり立ち代わり
リベラを卒業して行った子たちから
電話が入った夜でした
。(しばらく消息を心配していた子からも電話があり
「ほっ」
ともしました)(「ともした」は「灯した」だといまちょっと思った)



下絵の続きを描くぞ!
と思っていたけど
もう午前0時になるし
こんな時間なのにリベラっ子が現われたりして
あーでもないこーでもないとしているので(避難所かココは?)
まだしばらく仕事どころではないし
明日も早起きしなければならない用事があるので今夜はココまで
頃合いみて帰宅です。



取りあえず
お仕舞い




# by yoshikazusuzuky | 2017-06-30 00:02 | 日常 | Comments(0)
帰宅時間は午前4時になってしまいました。
本当はもっとヤッていたかったのですが
きょうは個人レッスンが入っていたので仕方なく(仕方なくって失礼ですね
ゴメンナサイ)少しでも「眠るため」に
帰宅しました

雨が降っていました。

a0199297_17445312.jpg
黒猫のパトは家にいました。

いつもなら僕が帰宅すると奥の寝室から
「ののののの」
と起きて来て、
僕と交代で外出するパトなのですが勝手口の方をチラリと見ただけで
外出しなかった今朝でした。


そして、、
a0199297_17462784.jpg
奥の部屋のベッドには戻らず居間にいて
置いてあるカゴに入って、
僕が夕飯だか朝食だか自分でもサッパリわからなくなった食事を摂るのを
ずっと見ていました。


今朝もそんなだったし
昼もそんなだし
個人レッスンに出かけるときも家からは出なかったパトでした。

仕方ないので急きょ室内にパトのトイレを用意して
昼から個人レッスンに出かけました。

レッスンの後は石川町の鉱物資料館に寄って
りょうぜんこどもの村のチラシを受付窓口に置いてもらいました。
当然のコトながら中の展示も見たかったけど
パトが待っているので帰宅したのですが
、、
a0199297_17481023.jpg
相変わらず
こんな感じのパト
でした

「家猫になるの?」

声に出して言ってみましたが
パトは素知らぬ振りで
応えませんでした



a0199297_17490115.jpg

a0199297_17491658.jpg

アルカチョファの花は
咲いています。


白猫のノラさんもいつも通りに、、
(ご飯んもなんにも
らえないのに)
a0199297_17495085.jpg
甘えに来て
います
。(両前足を「にぎにぎ」「ふみふみ」しています)





パトはね
、、
a0199297_23100175.jpg
いろいろな要因により
気持ちも晴れないし
体調も良くないのかも
しれませんのでムリムリ外出せずとも気が向いた時に気がすむだけ
家猫になったり外猫になったりすれば良いのではないかなあ

、、と
思います




a0199297_00002409.jpg
きのうほど遅くまでは作業出来ないけれど
今夜も下絵描きをしています。


a0199297_00005219.jpg
普段は下描きなどはしないのですが
今回はなんとなく下絵を描いています。



もうひと仕事ふた仕事したら帰宅します。





# by yoshikazusuzuky | 2017-06-29 00:01 | 黒猫 | Comments(0)
宇宙飛行士になって
地球の外から
地球と星々を見てみたい。


a0199297_13394375.jpg

a0199297_13400418.jpg

大宇宙博記念
'78.7.16~'79.1.15
人類の夢と希望


そう刻印された
宇宙飛行士のキーホルダーは
『宇宙科学博覧会 SPACE EXPO '78 & '79 』(東京)
のモノです。(平面的なキーホルダーですが
かなり作り込まれた宇宙服の造形がステキです)


「宇宙か」
と思う。


そこはあらゆるモノの源たる
「生の世界」
なのだろうか?
それとも全てを飲み込み無にかえす
「死の世界」
のなだろうか?


星が輝いていなくとも
僕は宇宙に憧れるのだろうか?



「宇宙か」
と思う。





教室のソラ(当時小6現在中1)
にせがまれて
、、
a0199297_13451763.jpg
『宇宙兄弟』


を30巻まで揃えたんだけど
子どもたちは「うわっうわっうわっ」とか言いながら
(教室中にもかかわらず)読み楽しんでいるのに
僕はまだ第1巻の1ページ目さえも開けていないという
この理不尽な現実
。 f^^:

先週の土曜日にタイちゃん(高1)が
某かっぱえびせんを食べ「宇宙兄弟」を読みながら
「ヨシさん31巻出てたよ」
と宣いました。

そしてつづけて
「しかしやめられないとまらないとはよく言ったもんだ」(某かっぱえびせんのコトね)
とも宣ったので、、

「ちっ!」

と思ったけど
「きっと僕は(土曜日までに)31巻を買いに行くんだろうな」
とも思うの
でした。 (はははは)  f^^:




火曜日の夜は一般の生徒さんと中学生の混合教室です。


中学生の子たちと
「ほんとうに夢中になれるコトに出逢う確率」
についてたっぷり1時間半話し合いました

内容については
もちろん短い文章にまとめるコトは困難なので記しませんが
論じるコトで
もの凄く(もの凄まじく)
体力を消耗し
、、
a0199297_21323954.jpg


みんなが帰宅してから90分間
片付けに動くコトも考えるコトも
(気怠く億劫で)出来ません
でした



答えなど導き出せずとも
あれだけのパワーがあれば何処へなりと
あの子らを連れて行ってくれる
気がします。


先は長い。


死ぬまで何も見つからないかもしれない。


でも生きてゆく。


出逢い
失い
また出逢う
。(或は出逢ったコトにも気づかぬ内に失っている
けれどもまた出逢いはやって来る)


心臓が鼓動を停めるまで
生き続ける。



願いは一つ。



「生きてゆきたい」



ただ
それだけ



(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2017-06-28 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)
ヨシさんの石のお仕事(微笑)
のお知らせです。

春に続いての第二弾!
『りょうぜんこどもの村・遊びと学びのミュージアム』
にて僕も講師としてワークショップに参加させていただきます
。 (^〜^)



a0199297_02000136.jpg



a0199297_01594926.jpg


春に開催した『光のうろこ』を作るワークショップも継続して開催中で
(開催日は7月15日(土)16日(日)17日(月祝)21日(金)22日(土))
新しいキラキラなヒカリがミュージアムにあふれつづけているのですが
、、
今回はまた新しコトを企画させていただきました
。 (^〜^)

7月23日(日)の午前中には『ヨシさんの石のおはなし』と題して
「鉱物(いし)のお話し会」と「キラキラなこころ石」
を作ります。鉱物(いし)たちが僕に話してくれた
「地球のひみつ」と「宇宙のひみつ」、
僕が知っているかぎりの鉱物(いし)たちのないしょばなしを
みんなにつたえます。
そして心の中のキラキラをカタチにします。

午後からは『太古の海からの手紙(とおいうみからのてがみ)』を受け取ります。
2000万年前の本物の二枚貝の化石を標本にします。
自分でクリーニングして保護処理をして
標本にします。


午前午後共に
今回は事前の電話予約が必要です。 
予約電話番号(024)589−2211
午前(10:30〜12:00)か午後(13:30〜15:00)の
どちらかのワークショップを選んで予約していただきます。


まだ出逢っていない、
あるいはもう何処かで出逢っているかもしれない、
ミュージアムに集まってくれる
子たちに
、、
a0199297_11093302.jpg
「こんなモノ」

も用意しました



a0199297_11111664.jpg

みんなのカタチはどんなだろうか?



a0199297_11125441.jpg
みんなのキラキラはどんないろ?




みんなと出逢えるのを
とてもとても楽しみにしています




(微笑)





今朝はいつもより早くに教室にやって来て
作品の写真取りをしました。
10時にカメちゃんがやってきて
午後からは個人レッスンへ。
夜にはカズイ君の教室でした。





a0199297_20595396.jpg

作画:コウキちゃん(小6)


作品の構想を練り始めると
いつも良くない考えが首をもたげる。

「この発想力と自由な線を盗作したい!」

、、とね。 f^^:




あのね
ちょっと呟いてよいですか?
「ダメ」
って言われても
呟くんだけど
、、
a0199297_20452733.jpg
札つきのワルと
ご家族になってみませんか?

ひとりごと
ひとりごと

。 (てへへ) f^^:







# by yoshikazusuzuky | 2017-06-27 00:01 | お知らせ | Comments(0)
日曜日でした。


アルカチョファ(アーティチョーク)を
やっと地植え(じうえ)にするコトが出来ました。

a0199297_20433540.jpg

a0199297_20440205.jpg




# by yoshikazusuzuky | 2017-06-26 00:01 | | Comments(0)