ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

教室開始の時刻より2時間早くやって来て
午前中の子どもたちの準備をしてから動物病院へ。
9時の診療開始を待って
黒猫のパトに会って来れました。
「鈴木パトの、、」と受付に声をかけた途端
奥の入院室からパトが鳴き始めました。
「ニャーニャーニャーニャー」
「ニャーニャーニャーニャー」
いつもの僕を呼ぶ声でした。
パトをケージから抱き出して
(カラーがジャマなのでおでこでスリスリはできないけれど)
出来るかぎりに思い切り可愛がったのでした。
朝の治療にも立ち会わせていただき(痛々しいので描写はしません)
先生から経過説明を受けたのでしたが、
患部はともかく右前足全体の腫れがかなり引いていて
両前足を床に着けて立てているコトに、
少しだけ胸をなで下ろしたのでした。
ご飯も食べれるようになり今まで通りとは言わないまでも
食欲も戻って来ているみたいなので、
それももう少しだけ安心出来たのでした。

(いつもカメラをぶら下げていて目当たり次第に撮りまくる僕ですが
さすがに病院でカメラを出すワケにもいかなくて
きょうのパトの写真がないので
、、
a0199297_20082891.jpg
いつだったかに撮った
甘えん坊なパトです)

(か、、かわいい)




治療後も
病院業務の邪魔にならない程度にパトを抱かせていただいて
、、
a0199297_17281710.jpg

a0199297_17285246.jpg

教室開始時刻の15分前には
リベラに戻って来れました。



接着剤としてのグルースティックも
制作のための材料に加えた途端に
心が「とろり」としたようです。

a0199297_17425911.jpg

きっと「こんな」なのでしょうね
心模様って。




先週土曜日のリベラっ子たちが作ってくれた
こころの石の第一弾は
すでにミュージアムにあって
素敵に評価してもらえました。(ありがとうございます)


a0199297_17445891.jpg

コレらは今週の火曜日から
土曜日午前中までの子たちが作ったモノ
です。

このダンボール箱の中も
宝物感満載にキラキラなのです。



そして僕も
、、
a0199297_22040351.jpg

a0199297_22041579.jpg

なんだかオモシロくて止められなくなってしまっているのでした

(まる)





中学生は久し振り(一年振り)
にイーゼルを立ててアクリル画
やってます
a0199297_20191786.jpg

a0199297_20193713.jpg

降って来はしなかったのですが
外はずっと気味が悪いほどに黄色い夕暮れが
長い時間広がっていたのでした。


目の前に見えている災厄が
手出しもせずに沈黙する様ほど
後味の悪い終わり方はありません。


いまも雨音は聞こえず
薄い月明かりが木々の影を薄く障子戸に映して見せます。



「お疲れさま」



声にならない声がいいます。



「お疲れさまでした」





(微笑)










# by yoshikazusuzuky | 2017-06-11 00:01 | 黒猫 | Comments(0)
「鈴木さんあの白猫には気をつけなさいよ
うちの猫もおとなりの猫もあの白猫に咬まれた傷がもとで死んでしまったし
この辺じゃフダ付きのワルなんだからね」

我が家の勝手口前に陣取る白猫のノラの姿を見かけた近所の方が
ノラについての事実の話をいろいろと聞かせてくれたのは
パトが入院する前日のコトでした。


良い噂は何一つ出て来ない
、、

a0199297_19484506.jpg
白猫のノラの話し
でした

パトがこんな状態にならなければ今まで通りに接するコトも出来たでしょうが、そうはいかなくなってしまいました。温室にあったノラの匂いがついた毛布もクッションもダンボール箱も全て処分しましたし、ご飯を持って行くコトもなくなりました。なんと身勝手な僕でしょう。もちろん理由を話して聞かせても(事実話して聞かせたのですが)ノラにはチンプンカンプンです。理解も納得も出来るモノではありません。けれどもパトが安心して戻って来れる場所を確保しておかねばならないのです。帰宅したパトが家猫になるか外猫のままでいるかはわかりませんが、「家」がノラに怯える場所のままではパトは帰宅出来ません。ほんとにほんとに身勝手な僕です。


それでもノラは毎日やってくるのです。

a0199297_19493746.jpg
勝手口の前でくつろいで
僕の姿を見る度に
甘えた声で呼びかけます。


ご飯だけで繋がっていた
僕とノラの友人(友猫)関係だったかもしれませんが
ノラは優しい顔になりました。

ノラの優しい顔を見る度に
切なく遣る瀬ない気持ちになります。

パトの痛みを考えても
切なく遣る瀬ない気持ちになります。


僕は黒猫のパトが大好きです。


そして白猫のノラのコトも
(たぶんパトと同じくらい)
、、
a0199297_20011476.jpg
僕は好きなのだと
思います



同時に幾つも存在する
「好きだ」
という感情は何時か何処かに辿り着くのでしょうか?


いくら考えても
僕にはぜんぜんわからないの
でした





ヨシさんのワケのわからぬ心模様など
何の意味も持たぬほど
子どもたちのキラキラは眩しく美しく
そして深淵です。


a0199297_20384217.jpg

a0199297_20385723.jpg

土台に直接溝を掘りそこに接着剤を流し込む方法をフウちゃんが考案


a0199297_20391436.jpg

マジックのインクを本体から外し


a0199297_20521654.jpg

接着剤に流し込む(絞り出す)着色方法をハンザワオウガが考案


a0199297_20394631.jpg

色を重ねる順番を思案するマサト


a0199297_20400027.jpg

ケントのエネルギーメーター


a0199297_20401668.jpg

フウちゃんのこころ石


a0199297_20403044.jpg

コンドウオウガのこころ石


a0199297_20404999.jpg

ケントのこころ石


a0199297_20412671.jpg

マサトのこころ石


a0199297_20414309.jpg

そして


a0199297_20420193.jpg

ハンザワオウガのこころ石





小学生の子どもたちの帰宅時間から
ヨルの中学生の教室中もずっと
、、
a0199297_20422958.jpg

中学生の二人組


a0199297_21283813.jpg

ヒマリちゃんとアオイちゃんのこころ石


稲光が空を縦横に走り
カミナリが鳴り響き
激しい雨が降っていました







# by yoshikazusuzuky | 2017-06-10 00:30 | | Comments(0)
僕が制作(絵ですよ絵
絵の制作ですよ)を始めると、
子どもたちは迷惑です。(ただでさえモノでごった返す室内が
ますます狭くなってしまいますから)

a0199297_20383225.jpg

a0199297_20385218.jpg

a0199297_20391755.jpg

a0199297_20393478.jpg

子どもたちが『こころの石』を作るのを見ていたら(、、と言うか
「こころの石とは何であるのか?」
まだ説明も何もしていなかったですね?)(「こころの石」とは
読んで字の通り誰もが心の中にもっている宝物のキラキラ石のコトです)
子どもたちが『こころの石』を作るのを見ていたら
僕も作りたくなりました。



いまの僕が想う
『こころの石』
その色とカタチです


a0199297_20471921.jpg

a0199297_20473735.jpg



僕はいま
心の石に咲いた
この花に
、、
a0199297_20504481.jpg
ただただパトの無事を
(そしてノラの
安全を)
祈っています


きょうの教室でヨシキちゃん(小3)が
「もしかしたらパトさんをかんだの犬とかほかの動物だったかもしれないじゃん」
と言ってくれました。あのときホントはヨシさんは
涙が出そうになったんだよヨシキちゃん。
ノラを気づかってくれてありがとうヨシキちゃん。(思い出して涙目のヨシさんより)


心配していただいて
気にかけていただいて黒猫のパトさん頑張って入院生活一日目を終えました。
(ありがとうございます)

レントゲン検査の結果
突き刺さった牙は骨までは達しておらず
いまのところ最悪の事態には到っていないとのコトで
抗生物質による治療が続けられています。

パトさん
はじめてのゲージ生活
頑張ってます。



明日は午前中の
棚倉町々立図書館の教室から
始まります。

リベラには
15時頃に
戻ります








# by yoshikazusuzuky | 2017-06-09 00:04 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
黒猫のパトさん
きょうから入院
です。


a0199297_22070311.jpg

すぐにかえってくるニャん










# by yoshikazusuzuky | 2017-06-08 00:01 | 黒猫 | Comments(0)
夜の教室で
中学生の二人から
『不思議な心(フシギナココロ)』
が生まれました


a0199297_22543408.jpg

a0199297_22545216.jpg



黒猫のパトは動かぬ右前足を抱えるようにかばいつつ
それでも外に出たかったのですが
勝手口の目の前で白猫のノラの待ち伏せに遭いました。

やっと見つけた安息場所からパトを完全に排除するつもりなのでしょう
ノラがジワジワと包囲網を狭めジリジリとパトを追いつめていました。

ノラの額をごしごしと撫でて
パトを抱きかかえて部屋に戻りましたがパトは食欲も失ってしまいました。

食べられないのでは躊躇していられません
きょうも獣医さんを訪ねました。

明日からパトは入院するかもしれません。

噛みついた牙は骨にまで達している可能性があり
「最悪の場合症状は改善しないかもしれません」
との昨日のコメントから
「最悪の場合右前足は切断しなければならないかもしれません」
に変わりました。

野生の本能が
「人の手(僕の手)」
によって歪められてしまった結果です。

ノラとパトは猫(ネコ)であり
僕は人(ヒト)なのだと痛感しました。


明朝はパトを獣医さんのもとに連れて行きます。
その足で教室に向かい
午後からは個人レッスンです。


a0199297_23120886.jpg
右前足をケガする日の朝


僕が帰宅するのは
夜になります







# by yoshikazusuzuky | 2017-06-07 00:11 | 黒猫 | Comments(0)
パトとノラは
猫(ネコ)で
僕は
人(ヒト)です


二日前から黒猫のパトさんは右前足を地面に着けるコトが出来ずに
「ぴょこたんぴょこたん」前片足ケンケンで歩いていました。
何処かから飛び降りて捻挫をしたのだろうと思い
様子を見ていたのですが一向にその症状は改善されず
きょう獣医さんを訪ねて診てもらったならば、、
a0199297_22315751.jpg
「ナニモノかに右前足の二箇所を咬まれており
その一箇所はかなりの重症であり
最悪の場合(片足ケンケンの)症状は改善されないかもしれない」
と言われたのでした。

「二週間家から出さずに安静に療養させ、、」と獣医さんの説明は続くのですが、
そうしてほしいのはやまやまですがパトはそうしてはくれないであろうコトは明白なので
抗生物質の注射を受けて金曜日の再受診と言うコトで
帰宅となったのでした。



黒猫パトの足を咬んだのは白猫ノラでしょうか?
白猫ノラの頭に傷を負わせたのは黒猫パトでしょうか?

僕は残念ながら二匹(ふたり)を愛する
只の人(タダノヒト)なのでどちらも事実とは認められない
のでした。


ノラの頭の傷は
癒されつつあります。

パトの足の傷も
どうかはやく癒されますように。



「僕って勝っ手だなあ」




なんだかまたお天気が崩れてきそうであると誰かが言うので
下地作りしている
F100号二枚をプリウス君の屋根に積み
教室に持って来て
作業をしております。




きょうは常に眠くて
「あくび」
ばかりしています。



そして



パトとノラに想いをめぐらせ
「ため息」
ばかりついています。



a0199297_23263504.jpg


今夜は
ココまで









# by yoshikazusuzuky | 2017-06-06 00:10 | | Comments(0)
a0199297_23563616.jpg



日曜日でした



a0199297_23571044.jpg


時間を奏でる
(しかし音はもたない)
翠色の中に
いました



モリノオト


加茂幸子さんと齋藤ナオさんの展覧会


森の中の
風花画廊で


a0199297_00021699.jpg


素敵な展覧会
を観ました





(微笑)











# by yoshikazusuzuky | 2017-06-05 00:08 | | Comments(0)
子どもたちは
(こどもにかぎらず大人たちも)
心の中にキラキラがあります。

a0199297_20363818.jpg



きょうは子どもたちが
そんなキラキラな石たちを
心の中から取り出して
そっと見せてくれました



a0199297_20430500.jpg

a0199297_20435424.jpg

a0199297_20441256.jpg

a0199297_20443416.jpg

a0199297_20445274.jpg

a0199297_20450802.jpg




ココから
は、、
a0199297_22550915.jpg
中高生たちの
キラキラ石
です



a0199297_22555309.jpg

a0199297_22560809.jpg

a0199297_22562559.jpg

a0199297_22564039.jpg

a0199297_22565622.jpg

手の込んだコトをしている以外
小学生の子どもたちと
何もかわらないですね。

ずっとずっと
こんなキラキラのままでいてほしいなあ
と思います。


(^〜^)



今週もおつかれさまでした。


どうかどうか
良い週末を。




(微笑)







# by yoshikazusuzuky | 2017-06-04 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
昨日の雨雲は移動して
、、
a0199297_12014366.jpg
眩しくチカラ強い陽光
の朝でしたので
下地作りを始めたのでした
a0199297_12023188.jpg
(白猫のノラさんは参観
でしょうか?)
(^〜^)




コノ時点でのきょうの予定は午前11時30分頃に
東京より緑髪彩香と緑猫パト(春季二紀展に出品していたF100号の作品)
を乗せたトラックが到着予定でしたので
、、
a0199297_12060581.jpg

a0199297_12062091.jpg

a0199297_12065264.jpg

a0199297_12085336.jpg

「てきぱきてきぱき」
先ずはメヂウムによる
一層目の下地作りを始めたのでした


、、と一層目を三度塗りし終えた時に電話が鳴りまして
トラック到着予定の時刻が1時間半も早まるとの連絡が入りましたので
、、
a0199297_12104915.jpg

お天気は問題なさそうだし塗ったばかりのパネルもまだ動かせないので
ノラさんにその場の留守居をお願いし
急ぎ教室へと向かいました



a0199297_12112901.jpg
ノラさんよろしく





その頃
黒猫のパトさんは
、、
a0199297_12123383.jpg
ベッドで熟睡中

(ははは) f^^:




教室に到着すると
ひと呼吸おいて
、、
a0199297_12133926.jpg
トラックが
やってきました
。(お疲れさまです有り難うございます)



a0199297_12142599.jpg
青髪彩香さんと緑猫パトさん
は無事の帰還でした
。 (ほほえむ) なんて微笑んでいたら
気づけば先ほどまでの陽光は何処へやら?
一天俄にかき曇り
稲光(いなびかり)して
大粒の雨が落ち始めたではありませんか!

a0199297_12180196.jpg
(まるで夕暮れを通り越した様な薄暗さです)


「ヤバしヤバし」(ぐぐぐ)
「ヤバしヤバし」(ぐぐぐ)

a0199297_12191930.jpg
自動車のスピードを上げたくとも篠突く雨に視界最悪
前後の自動車の速度に合わせて安全運転で自宅に到着してみれば

車庫の屋根下であるとはいえ
、、
a0199297_12212324.jpg

暴風雨には太刀打ち出来ません


昨年は100号二枚の下地制作中
僕の不注意により二枚とも自動車に轢かれる
と言うアクシデントに見舞われ
今年は雷雨でずぶ濡れです
a0199297_12214170.jpg

なんとも受難続きな100号 X 二枚
なのでした。




白猫のノラさんは
、、
a0199297_12253695.jpg
バナナが入っていた空きダンボール箱の中に
「すっぽり」
と避難し難を逃れておりました


黒猫のパトさん
は、、(あたまの向きが
かわっただけで
、、)
a0199297_12282710.jpg
外で起こっているコトなど
「我関せずベッドで熟睡」
を続行しておりました

。 (ははは) f^^:




雨が上がったのは(上がったけれども不安定)
お昼をだいぶ過ぎた頃でした。

びしょ濡れな絵と道具を片付けていたら
白猫のノラさんがバナナのダンボール箱から出て来たので
昼ご飯を食べながら「かわいなかわいな」と可愛がっていると
、、
a0199297_19211273.jpg
やっと
黒猫のパトさん(すっきりとしたかおをして)
起床です

開けたての缶詰をたっぷりと食べて
ゴクゴク水も飲んで
、、
a0199297_19503653.jpg

a0199297_19505947.jpg

デザートというか毛玉対策というかの草も食べてから
鼻歌を歌いながら(唄ってないけど)ドコゾへ出かけて行きましたので
僕も教室へと戻ったのでした



どうもずいぶんとひさしぶりに
風邪を引いて発熱しているようなのですが
それでも休めない(というか休まない)ヨシさんですので
風邪薬をガンガン飲んではおりますが
引いてしまってから効いてくれる風邪薬には
ついぞ出会ったコトがないのでした
a0199297_20104003.jpg
誰か一人ぐらい
「ヨシさん体調でも悪いんじゃない?」
とか優しい言葉の一つもかけてくれる子もまた
(風邪薬といっしょで)おりませんですな
。 (うむふむ) と言うかヨシさんが体調を崩すなんて
きっと誰も思いも寄らないのでしょう


中学生もまた然り。





a0199297_20194658.jpg
フーちゃんお掃除隊出動に癒されて
今夜はココまで!

a0199297_20225285.jpg





あ〜ぐるぢ〜鼻ぐるぢよ〜
あだまいで〜よ〜





あしたは土曜日
がんばろ







# by yoshikazusuzuky | 2017-06-03 00:00 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
激しい雨音で目を覚ましました。
予報通りとは言え
「想像以上の大雨ではないか」
と呟きながら起き出して黒猫のパトのベッドに手を入れてみたけど
「もこ」っとしなかったので不在を確認
「この雨の中ドコにいるのであるか」
と思い勝手口のガラス戸を引き開けたら白猫のノラの声。

ノラさんはボイラー室のボイラーの上にいました。
パトさんは温室にいました。

まずはパトさんを温室に迎えに行き家の中に連れて行き
ご飯を食べてもらってからベッドに移動。
パトさん落ち着いて円くなるったので今度はノラさんの番。
ご飯を持って再び勝手口を開けると、、
a0199297_19283548.jpg
戸の前でノラさん待機中。
ノラさんが食べ終わるのを待ってからノラさんを抱っこして温室へ。
「さらり」と言いましたがノラさん初抱っこです。
僕も少し緊張したけどノラさんは僕以上に緊張していました。
温室のもこもこクッションにそ〜っと着地させそのまま首の後ろ辺りをかりかりしたら
ノラさんはもこもこクッションをもみもみし始め僕の二の腕をちゅーちゅーと吸いながら
微笑みを浮かべて(微笑みを浮かべたように僕には思えた)眠ってしまいました。

さみしいよねノラ?
癒されぬ寂しさは何処にゆくのだろうね
ノラ?

a0199297_19295056.jpg
え:さいとうなお


パトさんはベッドでぐうぐうぐう。
ノラさんは温室でぐうぐうぐう。

二匹(ふたり)の寝息をもういちど確かめて
ぜんぜん雨あしの弱まらない空にため息してから
家を出てきたのでした。


下地作りは今日は無理。


今日は通常に教室やっておりましたが
ハル坊とヨシキちゃんが何を作ってくれていたのか
、、(あるモノの見本を作ってくれていたの
ですが
、、)
a0199297_19401520.jpg
それはまた
次回にお話しするとして

今日は大事なお知らせがあります。 (^〜^)

明日から
(もう日付け変わってしまっているの
で「今日」から)
福島市の風花画廊にて
絵画と彫刻による展覧会が始まります。




a0199297_19424372.jpg

a0199297_19430022.jpg


彫刻 加茂幸子 x 絵画 齋藤ナオ

〜モリノオト〜


2017年6月2日(金)〜6月11日(日)
午前11時〜午後7時(会期中無休)

福島市荒井字横塚3-252
Tel : 024-593-0450



お二人ともとてもとても
素敵な作家さんなのですから
お二人の作品もまた
とてもとても素敵なのです。


僕は大好きです。





(微笑)







# by yoshikazusuzuky | 2017-06-02 00:00 | | Comments(0)


a0199297_22312488.jpg
ヨシくんはニャにをしているのかニャん


黒猫のパトさんの視線の先の
「ヨシくん」
は何をしているのかと言うと
、、
a0199297_22355857.jpg
F100号 X 2枚
絵を描く前の
「下地のための下地」
作りを始めていたの
でした


木製パネルに和紙を貼るのですが
今回は、、
a0199297_22374225.jpg

a0199297_22380124.jpg

灰汁(あく)
が強く出そうな紙(海外で作られた紙)



所々に湿気によるシミが浮き出た
古い厚手の和紙が袋に仕立てられているモノ
(かなりの年代モノで不純物混入多し)
、、
a0199297_22420453.jpg

a0199297_22422326.jpg

もう一度バラして
貼り付けました


二層に重ねて貼ります。



a0199297_22430585.jpg

まずは一層目



そして半乾きの状態の一層目
、、
a0199297_22440828.jpg

a0199297_22442359.jpg

a0199297_22482855.jpg
二層目を重ねて貼りまして
『下地のための下地』
の完成です


乾き切ってからどれくらい灰汁(あく)が
しみ出して紙を汚して(僕は愛情を込めた意味で「汚す」と言っている)くれるか
とても楽しみなのでした。 (微笑)



a0199297_22492596.jpg
ニャるほどニャん





a0199297_22500560.jpg
ニャるほどニャるほど


あ f^^:

白猫のノラさんも
お付き合い下さっておりました
。 ^〜^)/(^〜^=



こんばんひとばん
乾燥させましてから「下地作り」に入りたいのですが
あすはお天気良くなさそうですね。

雨降ると外では無理だし
ましてや車の屋根につみこんで
教室まで運んでも行けないし。

まあお天気のコトはお「天気さま」にしかどうにも出来ないので仕方がないコトなの
でした。

僕は「ぐーん」ってヤれるときに「ぐーん」ってヤれる人
なので出来るだけお天気さまの協力が得られたら有り難いのでした。




そんなワケで今夜はココまで
お付き合いに感謝






# by yoshikazusuzuky | 2017-06-01 00:03 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
新緑の野山に萌える今日此頃、
皆さまにおかれましては、
ますますご健勝のコトとお喜び申し上げます。

さて、突然ではございますがこの度
「鉱物(いし)」と「鉱物のような菓子」と
一服の「お抹茶」による癒しのひと時をご提供する場として
、、
a0199297_22582384.jpg
鉱物茶房『風泉恵(Calle-カイエ)』
を開店する運びとなりました


*「Calle-カイエ」とはスペイン語で「通り道」を意味する言葉です。
 「人が行き交い出逢いの絶えぬ場にしたい」という意味を込めて名付けられました。

写真は福島県白河市の御菓子処「松月堂」の銘菓
『翁餅(おきなもち)』* 水飴を練り上げ作られた紅白の餅菓子です
に、、
a0199297_23013592.jpg
『魚眼石(アポフィライト)』* グリーンアポフィライト
をあしらった一品(ひとしな)です

かたいかたい鉱物(いし)であるのに柔らかく優しく
まるで甘い香りさえも感じるアポフィライトの結晶と
まるでそのアポフィライトに接吻したかのように口の中に広がる翁餅の穏やかな触感に
心安らかなひと時をお過ごし下さいませ。


鉱物茶房『風泉恵(Calle-カイエ)』
近日開店でございます、、と言うのはもちろんウソでございます。

「にゃははははは」

信じた?
ねえ信じた信じたあ?




a0199297_23084949.jpg
ニャハハじゃニャいニャん




にゃは!
でも信じちゃいそうにリアリティー
じゃないですかパトさん?
りょうぜんこどもの村
でのお茶の時間の一コマでした
。(ニャん)



こどもの村での
化石標本作りの講習会は無事に終了しました。

a0199297_23115174.jpg

a0199297_23121334.jpg

a0199297_23132060.jpg

a0199297_23133929.jpg



夢中の時間は「あっと」言う間に過ぎてしまって
、、
a0199297_23141212.jpg
コレは子どもたちより大人がハマってしまうかもしれないねえ
と皆で話ししました
。 (びしょう)


ワークショップの日(7月23日・日曜日)は
午前中に鉱物(いし)のお話し会を開き * 物語の始まりを告げる不思議石も作ります
、、
a0199297_23240066.jpg
午後に化石のお話し会をして
貝化石の標本を作ります


楽しみ楽しみ
なのです。 (びしょう)




a0199297_23421700.jpg
帰りに
おみやげいただいた


なんとこの
『蛍石(フローライト)』
たちも
、、
a0199297_23425649.jpg
お菓子(琥珀糖-こはくとう)
なのです
。 * 鉱物のジオラマ作家さんの手によるモノ


素敵な(そして高価な)
お土産をありがとう




(微笑)





虫が知らせたのか何なのか
高速道路で起こった事故による通行止め区間を避けるように
(帰宅時間と同時刻の発生だったので高速にのっていたら巻き込まれていたかも)
4号線を通って帰宅しました。

運転席側の窓からは
、、
a0199297_23281087.jpg
(ありふれた言い回しですが)
ずっと半熟茹で玉子の黄身のようなt夕陽が見えていました




きょうも
うごいたうごいた。











# by yoshikazusuzuky | 2017-05-31 00:00 | 理科室の記憶 | Comments(0)
a0199297_21144887.jpg
ニャんだ?





a0199297_21153466.jpg
ニャに?




パト:トンボのぬけがらニャん


ノラ:ニャんてなまえのトンボのぬけがらニャん?


a0199297_21174839.jpg


パト:オオヤマトンボ、、だとおもうニャん


ノラ:オオヤマトンボ?
   どんニャすがたニャのかニャ〜ん? (ノラしばしオオヤマトンボの姿形を空想す)



(ほほえむ)



夕暮れ間近の水辺では
オオヤマトンボの瞳色した
夏草たちが
、、
a0199297_21510305.jpg
湖面を渡り吹く風に
その身をまかせ
遊んでいました



(微笑)





明日僕は午前中から霊山町に行っています。
りょうぜんこどもの村・ミュージアムスタッフのみなさんとの
貝化石標本作り講習会とワークショップ広告の打ち合わせです
。早起きするためには早く眠らなければならないのでしょうが
夜更かしなのです。 (てへ)

なので明日は一日
僕はリベラ教室にはいません。



(ぴっちょ〜ん)





# by yoshikazusuzuky | 2017-05-30 00:01 | 記憶の欠片 | Comments(0)
東京に暮らしていた時でさえ
誘われたとしても一度も足を踏み入れたコトがなかった場所が
原宿の竹下通りでした。
a0199297_22415477.jpg


希穂ちゃんの展覧会々場にゆくには
コノの人ごみを突っ切らねばならないのですから
(後々考えたら行きも帰りもぐるりと遠回りをすればよかっただけだったな)
始めて竹下通りを歩きましたが
僕が歩いて良い場所ではなかったです。 歩きたいとか歩きたくないとかではなくて
僕が歩いてはいけない場所であり僕が居るには間違った場所でした。
同じ人ごみでも上野のアメ横とかは好ましい人ごみであると感じるのになあ。
おかしな話しです。 f^^:





a0199297_22423105.jpg

希穂ちゃんは希穂ちゃんらしく絵を描いておりました

(微笑)


a0199297_22433238.jpg

ちょっとした行き違いがあって残念ながら希穂ちゃんに会うコトができないまま
(でも希穂ちゃんの話題を笑顔に聞いて)会場を後にして
原宿から新宿へ



伊勢丹新宿店本館5階アートギャラリー出開催中の
日々を一緒に生きる石
honoka のエメラルド展
を観ました。

実は先日(5月14日)放送された『情熱大陸』と言う番組で
エメラルドハンターとして川添微(かわぞえほのか)さんが紹介された回をご覧になった方
いらっしゃいますでしょうか?
微さんはご自身で鉱山に出向きエメラルド原石を探し出し
その原石を原石のままの姿でジュエリーとしてデザインし
仕立てまでするエメラルドの作家さんなのですが、
微さんの回の情熱大陸を企画立案したのが我が愛娘・彩香だったのでした。
この回の放送は今期の最高視聴率を記録したそうで、
それくらいに微さんも微さんのエメラルドたちも素晴らしい魅力に溢れていました。
「お会いしたい」
「お話ししたい」
僕はそう思ってしまったので今月24日から開催されていた展覧会場へと向かったのでした。
微さんのエメラルドたちは写真や画像で観るのとは全くの別物であると感じるくらいに
息づいていました。掘り出され大地から切り離されたモノであるのに
いまナオそれらは地球そのもので在るのだという絶大な存在感を醸し出していました。
微さんともお話し出来て、
素晴らしい時間を過ごさせていただきました。

展覧会は30日(火)まで開催され
その後、全国各地の会場で
開催されます。(スゴくスゴく素晴らしかったです)



新宿で我が愛娘・彩香と我が息子・夢人と待ち合わせて昼食をしました。

夢人は、、
a0199297_23202220.jpg
つい二日ほど前に
「20歳(はたち)」
になりました。


ですので
、、
a0199297_23212447.jpg
ビールとステーキで
数日遅れの誕生日を祝ったのでした。


「おめでとう夢人」


(微笑)




可愛いリベラっ子卒業生が頑張っている展覧会を観て
素敵なエメラルドたちと素敵な微(ほのか)さんにも出逢って
可愛い我が子たちとも楽しい時間を持っち
そのあと個人的趣味な欲求を満たすために渋谷などにも寄って
そのまたまた後には時間をかけて東京駅前JPタワー内に在る
の展示博物をじっくりと観て
、、
a0199297_23334599.jpg
僕の久し振りの東京行(とうきょうこう)
の一日が
仕舞いとなったのでした



あすは個人レッスンの一日なので
リベラ教室の戸は閉まっています


では、、



(微笑)





# by yoshikazusuzuky | 2017-05-29 00:00 | 繋がる想い | Comments(0)
「誰かが工作したのを忘れていったのかな?」

見るからに不審な箱が置かれていたら
迂闊に近づいては(ましてや開けたりしては)
いけません
a0199297_16370944.jpg

とは言っても確認しないワケにもいかないので
箱を塞いであった広告紙を
「びりびりびり」
と開いてみたら
、、
a0199297_16594643.jpg
中は「ダンゴムシ」で
いっぱいでした

写真には3匹しか写り込んではいませんが
やまほどのダンゴムシが入っていました。
しかもジオラマ風に生活環境まで整えてありました。
「だから昆虫図鑑の「むしのかくれんぼ」のページが開かれていたのか
なかなか考えて作り込まれているなあ」などと感心するのもどうかと思うのですが
感心してしまいました。

でも作ったなら
「持って帰れや!」
「置いて行くなや!」
と思いました
。 (持ち帰ってもお家の人に叱られるダケだろうけどね) f^^:

ダンゴムシたちはもとの場所に(教室前の木製ベンチの下に幾つも転がしてある
川流れの水晶塊や瑪瑙を含んだ母岩の下に)帰して(返して)あげました。




午前と
午後との
子どもたちの教室
では
、、

a0199297_17265551.jpg

a0199297_17292928.jpg

a0199297_17271814.jpg
いまだコラージュ作品
制作中なのですがもうさすがに今月いっぱいでコラージュはお仕舞いにするよ
お仕舞いだよ
。(来月からはいよいよさきどり夏休みの宿題対策を始めましょうね)



ひと教室終わると
床は、、

a0199297_17302491.jpg
こんな感じです



a0199297_17311856.jpg

サッサかサッサか

a0199297_17315435.jpg
サッサかサッサか


ヨシさんセッセとかたづけます。


(^〜^)





中学生の教室では
石膏の球体をモデルにして
コラージュで『球(たま)』を表現する
というのをヤりました
a0199297_20403890.jpg

a0199297_20413078.jpg

a0199297_20420426.jpg


(制限された材料で提示された課題を解決出来れば
「菊姉ちゃんに装着されたパワーリストを外した時の
高嶺竜児みたいなものでしょう」
って違うか?)(わら)



そんなワケで
、、

a0199297_20424612.jpg
中学生教室のお仕舞いもこんなです
。(ははは)



こんやはコレにて失礼。



あすは久し振りに東京です
。いろいろな場所に行っていろいろな人に
会ってきます。 (微笑)








# by yoshikazusuzuky | 2017-05-28 00:02 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)