ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

いろいろあって
パソコンのメール機能がダウンしています。

きょう(水曜日)の夕方から
送受信が一切できない状況です

a0199297_16180615.jpg
「メールいただいてたらゴメンナサイ」



復旧するまで
メール連絡は
tsukiakashi@ezweb.ne.jp
携帯電話に
お願いします
。(あるいはfacebookのメッセンジャーに)




# by yoshikazusuzuky | 2017-07-27 00:53 | お知らせ | Comments(0)
なんともビックリするような土砂降りの中での搬入でしたが
ぶじに飾り付けを終えるコトが出来ました。

a0199297_01202849.jpg

a0199297_01210265.jpg

a0199297_01241427.jpg

『第41回 福島二紀展』
、、

a0199297_01251120.jpg

a0199297_01254784.jpg

a0199297_01262291.jpg

a0199297_01264574.jpg

あす(きょう)
開幕です


a0199297_23015231.jpg


a0199297_23020100.jpg




『第41回 福島二紀展』
2017年7月26日(水)〜7月31日(月)
午前10時〜午後6時(最終日は午後4時まで)
「福島市民ギャラリー・2F」
福島県福島市置賜町4-20
024-524-2256

7月30日(日)は午後1時30分から午後4時まで
二紀会本部より南口清二理事を迎えての合評会・特別セミナーが開催されます。
セミナーには
どなたでも自由に参加出来ます。(合評会・セミナー中でも作品の観覧は出来ます)

7月30日(日)は
リベラ夏休み教室をお休みして
僕は終日、
会場に詰めている予定です。

皆様のご来場をお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。







# by yoshikazusuzuky | 2017-07-26 01:34 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
体内時計と言うのかな?
決まった時刻に小刻みに目を覚まします。
今朝は雨音が大きく聞こえていました。
目覚めるまで水晶の夢を見ていました。
とても細くて透明で繊細な水晶の先端がゆっくりと水面に触れようとしている夢でした。
とても細くて透明で繊細な水晶の先端がゆっくりと水面に触れたら
水面にはどんな波紋が広がるのだろうか?
そう思ったところで目が覚めました。

まだ気持ちがこどもの村のミュージアムの
石たちの部屋に在る感じです。(置いて来てしまったのかな?)

空想(妄想?)世界と現実世界との間を正気を保ったままで行き来するには、
現実世界でも、空想世界でしているのと同じ職業に就かなければならないし
同じ考え方をして生きていなければなりません。(比喩的な意味合いも逆の場合も含めて)
そのバランスがとれないと、人は(僕は)気を病んでしまうのだと思います。
あくまでも空想世界が現実と共生していると本気で信じられる人の話しです。
空想世界は空想の世界であって現実の中には存在していないのだ
と言い切れる人は考え込む必要のない話しです。

人や物、場所、あるいはカタチの無いナニか
との出逢いによって、
目覚めるモノがあります。

そしてそれが生きてゆく理由になる場合もあります。

僕は今頃になってまたコトあるゴトに
自分の存在理由について考え直しています。


昨日の時間がまだ体内に残っている内に
少しだけ時間を遡り(さかのぼり)ます。


先週の
17日の話し
ですが
、、
a0199297_10482557.jpg
残っていた
17個の繭(まゆ)
を使って

a0199297_10503903.jpg
『繭笛(まゆぶえ)』
を作りました

繭から糸を紡ぐとき
糸を吐き出し蛹になった命は失われてしまいます。

けれどもその
「命だったモノ」
は、
そのまま繭の中に留まっているの
です。


a0199297_10543099.jpg
『繭の呼子笛(まゆのよびこぶえ)』
です

糸を紡ぎ始める前に、
その命だったモノを呼び出して
呼子笛(繭に繋いだ水晶)の中に宿らせます。




a0199297_11064807.jpg
『繭の戻り笛(まゆのもどりぶえ)』
です

紡ぎ出した糸に
かつて命だったモノを戻すための笛です。
この笛の音色に誘われて、呼子笛の水晶から抜け出したモノは
戻り笛の中で時(とき)を待ちます。

戻り笛の中の
時が満ち
新たなる命が誕生
(再生)
すると
、、
a0199297_11113449.jpg

a0199297_11141713.jpg

光の脈動(新たなる鼓動)
が始まり
ます


これら
、、
a0199297_11162899.jpg
僕の頭の中だけの
空想(妄想?)なの?
でしょうか


それとも
、、



(微笑)




何処かに何か忘れ物をして来ていたとしても
今日はいつも通りに始まりました。

a0199297_20141048.jpg
緑色のT−シャツと
絵の中の海の青色が素敵
です。

a0199297_20142779.jpg

a0199297_20144156.jpg

午前中は
カメちゃんの教室
でした。

午後からは、白河市役所に行って『キッズ☆カルチャースクール』の打ち合わせをしました。僕が担当する絵画・造形教室は8月5日(土)・8月6日(日)・8月11日(金)、各回午前10時〜午後12時までの開催です。『ヒカリノウロコを作ろう』今年は、アルミホイルさんにたいへんお世話になっております。(^〜^)作業の段取りや材料の準備も含めて、発表会での展示方法などを打ち合わせて来ました。

市役所を出て自宅に急行。(時間がないので急いでるだけ)

黒猫のパトさんを病院に連れて行って後ろ足の「肉球の傷」の経過を、、経過をと言っても先週病院から帰って来た二日後にはもう痛みが和らいだらしく家の中にいるコトに我慢が出来なくなって大騒ぎして外出していたのでどちらの足をケガしていたのか僕はもう忘れてしまいましたよ(ははは)
、、
a0199297_20154146.jpg
先生に診てもらいました。

「あれ?傷はどこでしたっけ?」
と先生が仰るくらいに
、、
a0199297_20165860.jpg
傷はほとんど完治しているようでした。

もうしばらく様子見が必要ですとは言われましたが「良かった良かった」とひと安心です。
a0199297_20175548.jpg

a0199297_20185945.jpg
きょうはたくさんの子たちが順番待ちをしていたので(腰の曲がったおばあちゃんに抱かれてその胸に顔を深く埋めて丸くなりじっと何かに耐えている年老いた濃い茶色のトラ猫とおばあちゃんの姿がとても印象に残りました)かなり時間がかかってしまいました。


夜はカズイ君の教室でした。

a0199297_20192613.jpg
今日のカズイ君はイスに座っているコトに違和感があるようで
一筆入れてはウロウロウロ
一筆入れてはウロウロウロ
としていたのでした。

カズイ君も自分の中心を計り
バランスをとるコトに葛藤しています。

残りの30分間
カズイ君が5歳の時に乗車したという
「営団600系」
の姿形や音や匂い(とても特別な匂いだったらしい)
の話しを僕に聞かせてくれました。



明日は教室をお休みします。

福島市に展覧会の搬入と飾り付けに行くので
教室は終日留守にしています。


『第41回 福島二紀展』
まもなく開幕
です
a0199297_23015231.jpg


a0199297_23020100.jpg




『第41回 福島二紀展』
2017年7月26日(水)〜7月31日(月)
午前10時〜午後6時(最終日は午後4時まで)
「福島市民ギャラリー・2F」
福島県福島市置賜町4-20
024-524-2256

7月30日(日)は午後1時30分から午後4時まで
二紀会本部より南口清二理事を迎えての合評会・特別セミナーが開催されます。
セミナーには
どなたでも自由に参加出来ます。(合評会・セミナー中でも作品の観覧は出来ます)

7月30日(日)は
リベラ夏休み教室をお休みして
僕は終日、
会場に詰めている予定です。

皆様のご来場をお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。







# by yoshikazusuzuky | 2017-07-25 00:00 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
りょうぜんこどもの村
ミュージアムスタッフのブログに飛びます。
思い出しても楽しかったし、
ずっと忘れないくらいに楽しかったなあ。

(^〜^)



http://kodomo3.exblog.jp/ ← ポチッと押してね







# by yoshikazusuzuky | 2017-07-24 20:12 | 理科室の記憶 | Comments(0)
りょうぜんこどもの村・遊びと学びのミュージアムでの
ワークショップ、、
a0199297_23090602.jpg
石と化石と子どもたちと過ごした一日
を無事に終了するコトが出来ました。


『ヨシさんの石のおはなし』
a0199297_23132406.jpg
話したいコトがたくさんあり過ぎて
自分でもワケがワカらなくなるくらい喋ってしまい
あっという間に「お話し」の時間は
仕舞いになりました。

a0199297_23133710.jpg

a0199297_23140116.jpg

a0199297_23142429.jpg


集まって来たね
集まって来たね (^〜^)
a0199297_23144298.jpg
石たちをその手に
感触を確かめてもらいながらのお話しでした。

何か一つでも子どもたち記憶に残る言葉を
「喋れていたらイイな」と
思いました。


お話し会
のあとは
「キラキラなこころの石」
を作ってもらいましたよ。

a0199297_23403612.jpg

a0199297_23405280.jpg

a0199297_23410617.jpg

子どもたちの心の中にある
素敵なキラキラ
を、、
a0199297_23425717.jpg
たくさん
たくさん
見せてもらいましたよ。 ^〜^)/(^〜^*



『太古の海からの手紙(とおいうみからのてがみ)』
二枚貝の化石作りはクリーニングからメヂウムとワックスによる表面保護まで
子どもも大人も僕たちも、
とにかく集中力の塊のようになって作業していたので
見ていただける写真が
ほとんどありませんのです。(撮れなかったのです) f^^:

a0199297_23463054.jpg

a0199297_23464350.jpg

a0199297_23471764.jpg

a0199297_23473217.jpg

a0199297_23474763.jpg

少ない写真でも
ぴきぴきつたわってきますでしょう
その緊張感が?

とてもとても
素晴らしい
、、
a0199297_23500498.jpg

a0199297_23502154.jpg

二枚貝の化石標本
が誕生していました
。 (^〜^)



ものすごく濃密な時間が溶け込み凝縮された純度の高い酸素を呼吸し続けたので
霊山(りょうぜん)下山途中のスーパーマーケットの駐車場で
「ぱたり」と眠りに落ちてしまった僕でした。


「素晴らしい一日だったなあ」 (微笑)


きょうもサポートしてくれたミュージアムスタッフの面々と参加してくれた子どもたち、
そして子どもたちを連れて来てくれた大人の方々、
そして石と化石たち、
そしてそして僕を霊山まで運んでくれたプリウス君に、、心から感謝します。


「ありがとうございました」



(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2017-07-24 00:01 | 繋がる想い | Comments(0)
前夜です。

「りょうぜんこどもの村・遊びと学びのミュージアム」


a0199297_21154744.jpeg

2017年7月23日(日)、『ヨシさんの石のおはなし』〜ビスマス結晶のように虹色キラキラな心の石を作ろう〜 は、午前10時30分から午後12時まで。『太古の海からの手紙(とおいうみからのてがみ)』〜2000万年前の貝化石標本を作ろう〜 は、午後1時30分から午後3時までの開催です。

明日の霊山町(りょうぜんまち)は
一日通して「弱雨」との予報ですが、その分きょうよりは気温は下がりそうです。
こどもの村には外遊び遊具もいっぱいあるけど雨降りには室内で
石たちと(ヨシさんと)遊びましょ!!

ミュージアム内をうろうろしているいちばんでっかいヒトがたぶんヨシさんですので
見かけたら、スーパーのパック詰めのお肉を「つんつんつん」と人差し指で突つくような感じで
声をかけて下さいね。(どんな感じかちびっ子たちに伝わったかな〜?)(^∇^)

お待ちしておりまーす! (^〜^)


きょうもフルに教室入っていて
もちろん写真も撮ったのですが
、、
a0199297_20444423.jpg

a0199297_20445867.jpg

昼間のお話しを反芻するには自分で思っている以上に草臥れている様なので
今夜はあすの告知のみで失礼します

みなさんも/みんなも
きょうもお疲れさまでした。

僕は明日は6時までには起床して
7時前には家を出たいと思います。

28万2千キロを走る百戦錬磨な我が愛車プリウス君
とナビコさん(我がカーナビゲーションシステムの愛称)を労り
二人に道中の安全をお願いしながら
張り切って行って来ます


(微笑)




# by yoshikazusuzuky | 2017-07-23 00:00 | 理科室の記憶 | Comments(0)
今日が始まる30分前
の静けさは
、、
a0199297_17323329.jpg
きっとウソだと思うのでした
。(笑)


a0199297_17352096.jpg

a0199297_17353698.jpg

a0199297_17355099.jpg

今年も
リベラの夏休み特別教室
が始まりました。


毎年いろいろとトラブルが発生する夏休みの教室なのですが(紙のサイズが違っていたり
画用紙のタテ横を間違ったり)まずは今年の一発目です。

コウキが持って来た宿題リストから
「農業(農作業・農作物・家畜など)に関連した作品」
を描く図画が削除されていたのでした。

コウキ(小6)は
このテーマで
、、
a0199297_17384980.jpg
山羊の絵の下描き
を終えていました

「農業〜」の代わりに
「乳牛のいる牧場の風景」というテーマが入っていました。

僕としてはコウキの山羊の絵の素晴らしさに
心奪われていたので
新たな画用紙に描き直すコトを提案したのでした
が、、
a0199297_17395466.jpg
コウキは強硬突破を主張して
躊躇せずに山羊を乳業に描き直してしまったのでした。

「う〜む?」

コレは「臨機応変」と捉えて
感心してしまってよろしいのでしょうか?

a0199297_17415000.jpg
まいったなあ
ホントに山羊が
牛に変わってしまったよ
。 (ははは) 



夜の中学生教室にも
懐かしい顔が戻って来てくれて
、、(一名は残念ながら
ネズミさんの夢の国渡航チュウで欠席)
誤解されそうな言い方ではありますが
a0199297_21091744.jpg
他に良い表現が思い浮かばないので使わせてもらえば
むっちりとした気持ちで
今日をしめくくりました


取りあえず一日目が終了。


現在23時40分
、、
a0199297_23411755.jpg
明朝の準備も
整いましたので
コレまでとして帰宅します





a0199297_21095133.jpg
明日からの4週間と4日
も頑張ります




(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2017-07-22 00:21 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
こんな顔して
出かけて行って
、、
a0199297_10363480.jpg
(手強そうな顔をしていますが
かなり元気のない二日間をすごしています)

七転八倒な修羅場を
くぐり抜け
、、
a0199297_10385559.jpg
ライオンの姿となって
帰宅しました
。(武者修行の果ての勇姿では
決してないのが残念でなりません)


一昨日の晩に左後ろ足を「ぴょこたん」しながら帰宅して、
昨日の朝、病院に行って診てもらったけれど目につく外傷は見つからなくて、
でも腫れや発熱があったので
抗生剤の注射を受けて
飲み薬をもらって帰宅して
、、
a0199297_16094458.jpg
一日中を「しょんぼり」と
まるくなって眠って過ごした
黒猫のパト
でした


が、しかし
、、(眠るのは良いのですが)
食事を全く食べられず、
水分も摂れずの状況で、、
今度は右後ろ足がぱんぱんに腫れ上がってしまったの
でした。


そんなワケで今日も朝一番で病院へと連れて行って来たの
でした。(前出画像参照)


「あれ?昨日は左後ろ足でしたよね?」
先生も困惑しながらの診察でしたが右後ろ足の肉球に傷を作っていて
ソコがヒドく化膿しているコトが判りました。

一昨日に何処かで何か
先の尖った物を
踏んづけてしまっていたようなの
です。



今回は
パトの不注意による事故
だったのでしょう

、、か?

a0199297_10575311.jpg
「か?」ってなんニャ「か?」って!?
ボクはかんけいないニャん!!


と言い切る
白猫のノラでしたが
、、
a0199297_11112985.jpg

パトを追いかけ回す姿を目撃しているだけに
いまのところは、
限りなく白に近い灰色です




今日(7/20・木曜日まで)
、、
a0199297_19173644.jpg

a0199297_19181234.jpg

小学生の通常教室は終了です
。(きょうは小中学校の終業式
でもありましたので
通知表の中身が気になるトコロでありますね)


明日の午前10時からはノンストップで
リベラ夏休み特別教室が始まります
a0199297_19213215.jpg

a0199297_19214793.jpg

リベラっ子以外からも小学生10名中学生が5名参加して
現役リベラっ子も合わせると合計50名での賑やかな
夏休み教室となりそうです
。(まだ返事もらっていない子もあるのでもう数名増えるのかな?)

8月に予定されている市の企画教室
『キッズカルチャースクール』
の方も22名の応募があったとの連絡が入りました。

今年の僕の体重は昨年の減少がウソのような増加傾向にあります。きっとコッペパンも含めたコンビニエンスストアー食品効果だと思います。夏休み教室前に体重が落ちていないと夏休み教室中に倒れる可能性は否めません。ブログの更新が途絶えたならば「あっ!ヨシさんは倒れたのだなあ」と夏の夕焼け西の空を見上げ、輝く宵の明星を指さして、「ごらんアレがヨシさんだよ」などと、となりで夕涼みする子どもたちおよびご家族のみなさま方はじめ通りかかった野良猫などに「ほろり」と声をかけたりしていただけたならば、、この上ない仕合わせでございます。(なまんだぶなまんだぶなまんだぶ)

さあ!
明日から気合い入れ直して
もっと頑張るぞ!
おー!!



「りょうぜんこどもの村・遊びと学びのミュージアム」
で開催されるワークショップももうすぐですよ!!
ぜひぜひ遊びに来て下さいね!
ヨシさん、まつおかしゅうぞうさんに負けないくらい
全てを出し切りますからね!!


a0199297_21154744.jpeg


2017年7月23日(日)

『ヨシさんの石のおはなし』
〜ビスマス結晶のように虹色キラキラな心の石を作ろう〜
午前10時30分〜午後12時

『太古の海からの手紙(とおいうみからのてがみ)』
〜2000万年前の貝化石標本を作ろう〜
午後1時30分〜午後3時



ミュージアムで待っていますよ!



(^〜^)








# by yoshikazusuzuky | 2017-07-21 00:02 | 黒猫 | Comments(0)
きょうは『第41回 福島二紀展』出品の為
100号作品二点の集荷がありました。

昨夜は額縁の塗り直しをしました。

そして
、、
a0199297_23332962.jpg
絵の修復
をしました

ヨシさんの描く絵はヨシさんにとって、
みんな(リベラっ子たち)と同じくらいに大切なモノであるのだから
という話しを「コトあるごと」に子どもたちにしています。
絵描きにとって絵はどんなに大切な存在であるのかを「コトあるごと」に繰り返し
繰り返し繰り返し繰り返し
子どもたちに伝えます。

しかし必ず「コト」は
起こります。

今回は緑色の猫の翼が「カリカリカリカリ」と爪で引っ掻いて剝がされていました。
僕の絵は平面なのか立体なのか見ただけではワカラナイ描き方をしているから
確認するために「触ってみた」子があったようです。
でも「カリカリカリ」は余計だったし、
ヨシさんに黙って何事も無かったかのように元に戻そうとしたのも良くなかった。
緑色のマジックで描いた、、と言うより
書いた痕跡もありました。

良くないな。
良くないよ。

先日は、
これも誰の仕業かワカラナイのですが
下絵に描かれた小さな月を
ピンク色に塗ろうとした子があったようです。(桃色の月も素敵だけけど
それはやってはイケナイコトだ)

何を言ってもどんな言い方をしても
伝わらない子に気持ちは伝わらないモノなのだろうか?
悲しくなる出来事に予期せず出合った時は
本当に本当に本当に本当に
悲しくなります。


昨夜は
それを(悲しい気持ちも含めて)
、、
a0199297_23331949.jpg

修復出来るように
努力しました



そして今日
、、
a0199297_16040822.jpg
作品たちを
送り出しました
。(会場への搬入は一週間先なのですが運搬上の都合で集荷がはやまりました
ただ心配なのは暑い暑いトラックの中で過ごす作品たちのコトで
なんだかホントに心配し始めたら心配ごとは次々と見つかり絶えないモノだなあ
と思います)




『第41回 福島二紀展』は
7月26日(水)より、
「福島市民ギャラリー」(福島市)にて開催されます。

a0199297_23015231.jpg

a0199297_23020100.jpg



『第41回 福島二紀展』
2017年7月26日(水)〜7月31日(月)
午前10時〜午後6時(最終日は午後4時まで)
「福島市民ギャラリー・2F」
福島県福島市置賜町4-20
024-524-2256

7月30日(日)は午後1時30分から午後4時まで
二紀会本部より南口清二理事を迎えての合評会・特別セミナーが開催されます。
セミナーには
どなたでも自由に参加出来ます。(合評会・セミナー中でも作品の観覧は出来ます)

7月30日(日)は
リベラ夏休み教室をお休みして
僕は終日、
会場に詰めている予定です。

皆様のご来場をお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。





# by yoshikazusuzuky | 2017-07-20 00:00 | お知らせ | Comments(0)
17日(月)の21時から始まったエキサイトブログのメンテナンス作業は翌朝10時に終了予定との告知だったのですが延長(14時まで)延長(18時まで)延長(20時まで)で、、つい5時間前に昨晩書いたブログを更新したばかりなのでした。5時間しか経っていませんが今日のコト書いたので更新します。またまたお付き合い下さい。



昨夜の
音のない雷
は、
明け方近くから
激しい雨
を降らせました。


僕と一緒に
家に入った黒猫のパト
は、、
a0199297_20481624.jpg
僕と一緒に
家を出ました。


家を出るには
出ました
、、
a0199297_20441799.jpg
雨を見つめてどうしたものかと
思案をしているパトでした


少しだけ長く
考えたけれど
、、
a0199297_20461418.jpg
家には戻らず温室で
雨宿りして今日を過ごすコトに
決めたようでしたので
僕はそのまま家を出て来ました。(ちかくに白猫のノラは
いないようだったのでした)



雨は昼過ぎに
止みました。

a0199297_20521286.jpg

そして、、

a0199297_23204676.jpg
わたわたしていて
いる内に
夜になってしまった感じ
です。



何故に今日は、子どもたちの後ろに100号の絵が出してあるのか
と言えば、明日は展覧会の為の集荷のトラックが来るから
今夜は教室が終わってから「いろいろなコト」を絵に対して
しているのです。

ビックリするようなコトが教室では度々起こるのでソレに対処するのには
平常心が必要です。

そう自分に言い聞かせながら
涙目になったりしないように気が緩まないように緊張感を保ちながら
作業をしているのです。

そんな予期せぬトラブルに遭遇してしまったものだから
今夜のお話しはココまでにします。

本当は、見てほしいモノもあったのですが
それはまたの機会にしようと思います。

間の悪いコトに
きょうは歯医者さんで
レーザーメスによる歯茎切除の手術を受けて来ているのです。
麻酔が切れれば当然痛みます。
いま現在、まさに患部が腫れて痛みが出ています。
コンディション最悪です。(日曜日の石のお話し会ワークショップまでに腫れは引くのか?
と心配になるくらいにメチャメチャ腫れてきております)


(むむむ)


でも、とにかく今は
集中
集中
、、
a0199297_23535040.jpg

集中して作業を進めているの
です




(僕だって微笑まないトキもある)






# by yoshikazusuzuky | 2017-07-19 00:00 | スズキヨシカズ的アート | Comments(0)
シャケを抱きかかえた
子グマのなつかしキーホルダーなの
ですが、、

a0199297_11100982.jpg
子グマは何故だか
ビックリ顔!!(ワオ)


「やったー!」
、、と

a0199297_11105643.jpg
初めて自分でシャケ捕獲
かと思ったらワケわからない古代魚捕まえちゃったよ
「食べられんのコレ?」
みたいな顔してます。(わら)


子グマに捕まっちゃったサカナくん
はサカナくんで、、

a0199297_11115919.jpg

「たべてみろよたべれんのか?たべるゆうきがおまえにあるのか」
みたいな挑戦的なまんまろな目をして
外野にもアピールしています。(わらら)


子グマはこのサカナ
食べれたのかな?


(びしょう)





「アシカには耳たぶがあるけど
 アザラシには無いそうだよ」

a0199297_20055499.jpg
先週の教室終了したその足で山形県の温泉巡りで休養してきたカメちゃんが
鶴岡市立加茂水族館で勉強して来た知識を
僕にも少し分けてくれました。(^〜^)



海月(クラゲ)飼育でも頑張っている加茂水族館でしたが
カメちゃんはあまり興味がわかなかったようでした
a0199297_20061985.jpg
カメちゃんの描くクラゲたちも
見てみたい気がします


今年はいろいろな水族館を巡るコトを
一つのテーマとして掲げている
カメちゃん
なのでした。(^〜^)



a0199297_21013240.jpg
カズイ君も
終わる頃から夜半にかけて、、

a0199297_21015592.jpg
南西の空はもの凄い(凄まじい)放電現象
で赤紫色に染まっていました。

音のない雷
、、
a0199297_21025679.jpg
聴覚を全て失ってしまったかの様な(音を奪われてしまったかの様な)
不安感で心をいっぱいにしています




お知らせです。

いよいよ次の日曜日
7月23日が近くなりました。

a0199297_21154744.jpeg
素敵なお土産も用意しています。
(ほとんど僕の自己満足が
カタチを成しているようなモノですが)f^^:

石が好き。
化石が好きって子がまわりにいたら教えて上げて下さいね。


絶賛予約受付中です!!(僕がひとりで絶賛しているようなモノ
ですけどね)

(ははははは) f^^:



お待ちしてます!



(^0^)/









# by yoshikazusuzuky | 2017-07-18 20:09 | 理科室の記憶 | Comments(0)
大きな生き物の大きな羽
とひかりの森の
賢者の杖は
、、
a0199297_23462181.jpg
在るべき場所へと
辿り着き
ました


そして
物語は
僕の手を
離れ
、、
a0199297_00025193.jpg

その続きは
小さな羽を持つ子どもたちの手に
委ねられたの
でした




(微笑)




@

# by yoshikazusuzuky | 2017-07-17 00:11 | 繋がる想い | Comments(0)
一週間紡ぎ続けた繭玉の糸も
今夜で仕舞いとなりました。

a0199297_17512583.jpg
コチラはまだ完成前(午前の教室中)に撮られた写真ですが
『大きな生き物の大きな羽』と『ひかりの森の賢者の杖』
今夜で完成としました。(完成したのではなくて完成としました)



a0199297_18005596.jpg
カナメが撮影してくれました

a0199297_18154631.jpg
僕が持っていると小さく見えますが
「大きな羽」は全長2mあります(カナメが持っている写真参照)

a0199297_18234136.jpg
ぐるぐるぐるぐる
午前も午後も(熱中症覚悟の炎天下)
そして夜(は雷雨)も
とりあえず最終日と決めた糸を
巻き続けました



ずっとなにやらぼくがぐるぐるやっておりましたので
、、

a0199297_19224150.jpg
a0199297_19240648.jpg
まずはカナメが

a0199297_19252519.jpg
そしてカホちゃんが

「ぐるぐる」と繭糸の美しさに
心をうばわれました
。 (^〜^)


a0199297_19314353.jpg
イエイ!!

(^0^)/




繭糸に心奪われ魅了されっぱなし
だった僕の一週間が
仕舞いとなりました。

繭糸が描き出した造形と美しすぎる質感を見ていただいて
ほんとうにほんとうに
これにて仕舞いとしたのでした

a0199297_17584495.jpg

a0199297_17585995.jpg

a0199297_17591786.jpg

a0199297_17593331.jpg

a0199297_17595190.jpg
『ひかりの森の賢者の杖』



a0199297_19554830.jpg

a0199297_19560584.jpg

a0199297_19562138.jpg

a0199297_19563951.jpg

a0199297_19570345.jpg

a0199297_19571839.jpg

a0199297_19573499.jpg
『大きな生き物の大きな羽』




a0199297_19580550.jpg
「おしまい」



繭糸との出逢いを作って下さった
ファイバーアーティストの石田智子さんと
りょうぜんこどもの村・ミュージアムスタッフのみなさんに
心から感謝します。



(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2017-07-16 00:00 | 繋がる想い | Comments(0)
前略 (あらすじは

a0199297_23241778.jpg
小さな羽を持つ小さな子が
大きな生き物から譲り受けた大きな羽は、
夜空に浮かぶ三つの月の明かりの中で、
その姿を変えて舟となりました。

a0199297_21312203.jpg
小さな子は
ひと掛けの投網を肩にして
舟に乗り込みました。
舟は月明かりの道案内で
湖の沖へと滑りだし、
辿り着くべき場所へと小さな子を運んで行きました。

凪の湖面は鏡の様に三つの月を映しています。

小さな子は、
その三つの月が作り出した三角の
ちょうど真ん中辺りに投網を打ちました。

網は三つの月を絡め取りながら沈んでゆきます。

「クン、クククン」

網から伝わる微かな振動、、

a0199297_18115455.jpg
、、湖に沈み漂っていたのは
『ひかりの森の賢者の杖』
でした。

a0199297_18122102.jpg

a0199297_18123878.jpg

a0199297_18125422.jpg

ひかりの森の賢者の杖を手にした小さな子は
「杖の記憶(湖に沈められた経緯)」
を見せられます。

a0199297_18360605.jpg
杖の記憶を見せられた小さな子は
もう一度、『ひかりの森の賢者の杖』を携え
背に小さな羽を植えた大きな生き物のもとへと
戻るコトになるのでした。


ひかりの森の賢者の杖と杖にまつわる終わりと始まりの物語
の始まりでした


* ひかりの森の賢者の杖はまだ制作途中で
  いま現在もぐるぐると回転しながら糸をまとい続けています




きょうも暑かったです。
a0199297_18521714.jpg
(ねむの木の枝が温室を
おおきく包み込み日影を作って
くれています)


アルカチョファの花
も、、
a0199297_18555543.jpg
すっかり色を失ってしまいました


一週間後から子どもたちは
夏休みに入ります
a0199297_19191810.jpg

a0199297_19193511.jpg

いよいよ夏休み特別教室の
「始まり始まり」
が近づいて来ました
(くわばらくわばら)
お〜コワい。 f^^:



あすは土曜日です。




# by yoshikazusuzuky | 2017-07-15 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)
限られた光のみを映す
大きな生き物の大きな羽
a0199297_21243410.jpg

a0199297_21245519.jpg


自らの質感ばかりではなく
空間とソコに存在するモノにまでも
影響を及ぼすほどの
「強い魔力」
を授かって
、、
a0199297_21122161.jpg

大きな羽に手を触れた者を
「別世界(物語世界)」
へと(誘うのではなく)引きずり込もうと
するのです
a0199297_21120254.jpg

ソレはすでに己の意思を持つ
「個として生きるモノ」
の様に見えるのでした


a0199297_21312203.jpg

a0199297_21320628.jpg

a0199297_21323338.jpg

a0199297_21324924.jpg

a0199297_21330661.jpg

どの角度から見ても
素敵すぎるくらいに素敵
です。

僕はいま現在も教室で
糸を紡ぎ続けているのですが
、、
a0199297_21523094.jpg
まったくもってすっかりと
(まったくもってすっぽりと)

僕は
この素材に魅了されてしまったのだ
と感じます


でも(さすがに)この作業も
今夜と明日と明後日の晩まで
で仕舞いとします。

大きな生き物の大きな羽とひかりの森の賢者の杖は
小さな子の背に植えた
小さな羽の待つ「在るべき場所」へと届けます、、って?
「ひかりの森の賢者の杖」とは何ぞや?(笑)

週が明けてからは
7日間放り出してしまっていた
絵筆を持っての制作
に戻ります


(微笑)



意外なコトに
、、
a0199297_22040874.jpg
ハル坊が繭玉に興味を惹かれました


「以外」という言葉はハル坊に失礼だけれど、、

a0199297_22054199.jpg
a0199297_22044962.jpg

ハル坊は繭玉から離れようとしませんでした。

大人の生徒さんが繭玉からの糸紡ぎをしたくて
来ていたのですが
、、
a0199297_22063061.jpg
ハル坊は
その「助手」を務めていました


ハル坊の中に眠っている
繭玉の糸の様に細く透明でありながら強靭さも備えた何か
その小さな小さな断片を
感じ取るコトが出来た今夕でした。(ハル坊も僕と同じ気持ちを味わって
くれているのかと思うと嬉しさの様なモノを
ハル坊の姿に感じました)



(微笑)



明日の金曜日は
棚倉町々立図書館の教室から
始まります。




# by yoshikazusuzuky | 2017-07-14 00:01 | 繋がる想い | Comments(2)