ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

「ねえ〜じいちゃ〜ん?」

ごくごく普通に
そう呼ばれてしまいました。 f^^:


5月5日は、
「子どもの日」で
お休み。
12日、19日は
、「運動会」
。土曜日の子たちは、今日(26日)が5月の
第一回目の教室日です。

ものすごく久し振りに
子どもたちに会った気持ちですが
、喧しさも騒々しさも、辟易するほどの口の悪さも
三週間前と全く変わってはいなくって、
僕の思考回路を少しだけ混乱させるのでした。(でも高学年の子はたった三週間会わぬだけでも
背が伸びていたりして「おお〜」と感動したりもするのでした)

『第12回 東北の建築を描く展』
出品作品を描くための
題材写真選びも、
今日になってしまいました。

ある子が写真を選びながら
僕に何か聞こうと思ったのでしょう、

「ねえ〜じいちゃ〜ん?」

と、ごくごく普通に
呼ばれてしまいましたよ。

しかし「じいちゃん」は
なあ〜
せめてお父さんかお母さん
でお願いしたいなあ〜 (お母さん?) f^^:



a0199297_14255834.jpg

a0199297_14304195.jpg

a0199297_14305908.jpg

a0199297_14312008.jpg

a0199297_14314211.jpg

a0199297_15485858.jpg

a0199297_15491680.jpg


ココまでで半分終了。
16時からは中高生一般の教室が始まります。
あと半分。



(^〜^)










# by yoshikazusuzuky | 2018-05-26 15:52 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
明日、我が息子
夢人(ゆめひと)が
、免許証更新手続きをするため
帰省するので
「風呂掃除をしておこう」
と思い立ちまして
、様々な洗剤を駆使して
張り切って始めたのですが、
30分程した頃から喉が
ヒリヒリイガイガし出したなあ
と思ったら、なんだか妙に胸が苦しい感じになって
呼吸が浅く心拍数も上がっている(早くなっているような)
気がするなあ?
「あれ?」
と思ったら周りが白く霞んだ様に見えて
きて、、ぐるぐるぐるぐる(空腹の音では
ありません)(ヤバい感じで目が回っているの
です)

「危ない危ない」
別な世界が見えそうになっている自分に気づき
、慌てて浴室から這い出して
「何とか事なきを得た」
と言いたいトコロですが、
呼吸と心拍は2〜3時間で落ち着きましたが
12時間以上たった今も、喉の粘膜と肺とその裏側(背中)の辺りが
チリチリチリチリしている感じなの
でした。

ゴーグルとマスクはしていなかったけれど、
大きな窓と小さな窓を開けて、通気換気をしていたつもりだったの
ですが、危うくあっちの世界に逝ってしまいそうになった
今朝の『大風呂掃除の儀』だったの
でした

(コワいですね
コワいですね)





きょうも暑かったです
。「アイス〜アイス〜
アイス買うてくれ〜」」
と、子どもたちが連呼する季節が迫っています。


一年生のアヤカちゃんは
初めての水彩絵の具
でした。

a0199297_20292130.jpg

a0199297_20293955.jpg

a0199297_20300048.jpg

「きょうはみどりのくさとあおいそらをぬりました」


a0199297_20304062.jpg


とても素敵に塗れていますよ〜

。 ^〜^)/(^〜^*



六年生のリュウちゃんは修学旅行から帰ったその足で
駆けつけてくれました。

a0199297_20312500.jpg


修学旅行のメッカ(なのか?)栃木県日光市
は、『日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)』(初代将軍「徳川家康」が祀られた
メジャーな神社ですね)に行って来たとなれば
当然(男子の)お土産は、『木刀』でしょうね!

a0199297_20314300.jpg
でもリュウちゃん?
コレ、お土産物の葵の御紋入りじゃなくて
「本物の木刀」じゃん!? f^^:


a0199297_20322873.jpg

a0199297_20325311.jpg

小学生教室は仕舞いとなって
いまは中学生のコウキがひとりぼっちです。

a0199297_20371368.jpg
ここのところ大人の生徒さんの
お休みも多いのだけど、
金曜日夜に誰か入って来ないかねえ

ね?
コウキ?(しかしコウキは我関せずな感じで一週間の出来事を
ノンストップで僕に話して聞かせてくれるのが常なの
でした)



「カンラカンラカンラ」



(^〜^)






運動会やら何やら
学校行事や個人的用事が重なって
、やっと明日が五月の第一回目の教室日なの
です。

なんだか土曜日の子たちに半世紀も会っていないような気分です。

久々、子どもたちに会えるのは
嬉しいのだけど、久々に帰省する夢人といっしょに食事したりお酒飲んだり出来ないのは
寂しいかな、、ちょびっとね


(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2018-05-25 20:53 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
昨日ご紹介したばかりの
子鹿たち
、、

a0199297_16590207.jpg
あっと言う間に
同居希望者が現われ
て、、

a0199297_16593063.jpg
兄弟(?)姉妹(?)
とにかく七匹(しちひき)
ぜんいんそろって
、本日リベラを旅立って
行きました


ヨシ父さん:
「たっしゃでくらせよ〜」

a0199297_17451375.jpg


七匹の子鹿:
「おと〜しゃんも
たっしゃでね〜」



(びしょう)




昨日、点検を受けて
洗車までしてもらって
ピカピカしながら帰って来た
青のプリス君でしたが、
雨に降られて泥んこに逆戻りだあ〜
と嘆いていたら
、一晩続いた
激しい降り
で、、

a0199297_17174226.jpg

朝には
ピッカピカ
に戻っていたの
でした


a0199297_17180786.jpg
黒猫のパト:

「にゃンともそれは
よかったニャん」



(びしょう)



カズキちゃんハルキちゃん
の木よう日です


a0199297_18022355.jpg

a0199297_18025046.jpg

a0199297_18030581.jpg

カズキちゃんハルキちゃん
ひと区切りつけて
きょうはお仕舞い。

a0199297_18032052.jpg

ヨシ父、、じゃなかった
ヨシさん:

「きっと
すんばらしい絵になる
ぞい!!」


(^0^)/



さあ、これから
夜の教室の準備準備
19時から
始まります






# by yoshikazusuzuky | 2018-05-24 18:08 | 繋がる想い | Comments(0)
捨て子鹿
です。

a0199297_17451375.jpg

a0199297_17453322.jpg

今は子鹿でも大きくなったら
七頭の鹿です
面倒見きれるだろうか
ね?

かい?

リラ?




a0199297_17474844.jpg
「まあまあ
ヨシくん
なかまがふえてうれしいワン
ねぇ」(by 元・捨て犬の「かい」と「リラ」)



「やれやれ」(by ヨシくん)



きょうは
青のプリウスくん
の点検日でした。

a0199297_17510752.jpg
初めて担当してくれた
整備士のおにいさんが
点検後(青のプリウスくんは元気に健康でした)
ピカピカに磨き上げてくれたの
に、、

a0199297_17522419.jpg
雨降りになりました


「あらあら」(by 黒猫の「パト」)


「やれやれ洗車すると雨って降るよね」(by ヨシくん)




# by yoshikazusuzuky | 2018-05-23 17:58 | 日常 | Comments(0)
うなった(耕した)ばかりで
まだ水の入らない田んぼの畦道を歩いていたら
、中途半端な形に蜷局(とぐろ)を巻いた蛇がいました

いきなり蛇に出会ったら僕は、
「ぎゃあ!」と叫んで飛び上がり
、踵返して一目散にその場から逃げ出すのが常ですが
そうはせず、とても平穏冷静な気持ちで足を止め、蛇と対峙出来た理由は
、蛇の全身が猫の尻尾の様に
毛で被われて「ふかふか」していたから
です。

「コレは珍しい蛇を見つけた」
「ツチノコ同様スゴい発見なのではないだろうか?
あ!ツチノコはまだ発見も捕獲もされてないか」(ぶつぶつぶつ)

などと独り言しながら
ブログに載せる写真を撮っていたのですが
、「あれ?なんでこの蛇は逃げないし動かないんだ?」と疑問に思いました
。「死んじゃってるのかな?」猫の背中を撫でるように触ってみると
「うねっ」とかすかに動いたので、生きているコトがわかりました
。(「毛が生えていても温かくはないんだな」
と思いました)

きっと田んぼがうなられ(耕され)
、半ば強制的に起こされて(もう初夏の時ですから起きる時期です)
まだ完全に目を覚まし切ってはいないのでしょう。

さてどうしたものかと考えたとき
、「もしこの蛇の発見を世間に公表したら
この蛇は間違いなく大変な状況にさらさ れて不仕合わせになるだろう」
コトに思いが至りました。

辺りを見回すと、用水路に水取りしている小さな川に
、護岸工事されていない土手があり、兎穴(うさぎあな)が開いているのを
見つけました。 僕は、中途半端な形に蜷局(とぐろ)を巻いたまま固まっている
蛇を抱きかかえて(けっこう大きいし重たい)、兎穴に連れて行きました。
すると、毛の生えた蛇は、ゆっくりゆっくり兎穴に、自ら身体を滑り込ませていったのでしたが
、ちょうど猫の尻尾ぶんくらいの長さは入りきれずに穴の縁から垂れ下がりました。

「パタパタパタ」

垂れ下がった尻尾を振ると
それは猫の尻尾そのものに見えました

「パタパタパタ」(微笑)

‥とココで目が覚めました。

夢だったんだ‥と思いましたが
一瞬、僕の頭の中が混乱
しました。

何故なら
ば、

僕の布団の上で眠っている
黒猫のパトさんの長い尻尾が
「パタパタパタ」
と振られてて、、
a0199297_17414908.jpg

(今朝のパトさんの図)


僕の顔に
「パタパタパタ」
と、当たっていたから
なのでした


「パタパタパタ」



(微笑)






コットマンサークルのイツコさん
から、『シロタエヒマワリ(白妙向日葵)』(って名前でしたっけイツコさん?)
の苗をいただきました。

このヒマワリは背高く成長すると
枝分かれして、幾つもの花を咲かせるヒマワリなの
だそうです。(数年前からそういうヒマワリをあちこちで見かけるようになった気がします)

さあ、その苗を
早く地植えにしてあげなければならないの
ですが、教室の花壇はご覧の通りの状態で
、、
a0199297_17423279.jpg
もしかしたらこの茂みの中に独自の生態系が出来上がっていて
迂闊に手を出したら、とんでもない反撃を喰らうのではないか
と、躊躇し続けてまいりましたが‥と言うのはもちろん嘘です
。ただ面倒くさがっていただけです。

とにか早く苗を植えてあげねばなりませんので
、午前中は草むしりをしました。

a0199297_17425363.jpg
さっぱりしたね


a0199297_17431040.jpg
さっぱりだね

(^〜^)



a0199297_17441957.jpg
苗を植え付けしました。

肥料が何も無かったの
で、化石クリーニングのワークショップ用に採取させていただいた貝化石の
(残念ながら本編からは選外となってしまった)破片を、
箱入りのままになって仕舞っていたのを思い出し
、、
a0199297_17435801.jpg
肥料の代わりに
まきました



どんな風に育つかなあ?
どんな花になるのかなあ?
楽しみ楽しみ


a0199297_17451092.jpg
ねえパトさん?


(^〜^)



コレから夜の教室
中学生たちがやって来ます。



(^〜^)





# by yoshikazusuzuky | 2018-05-22 17:50 | 記憶の欠片 | Comments(0)
カメちゃんは
先週から家に巡らされた塀を描いています

a0199297_15005581.jpg

a0199297_15012397.jpg
塀の上の柵の下描き
は、等間隔に描かれているワケ
ではなくて
、、
a0199297_15133898.jpg

a0199297_15135890.jpg

玄関に向かって(画面向かって右から左に)
柵の隙間の間隔は1mm ずつ狭くなっている
と言う、こだわりよう
です


今日、カメちゃんは
教室終了後に、、
a0199297_15175085.jpg
動物園へと取材に出かけて行きましたよ
。(いまごろどんな動物たちに
であっているのだろう?)


(^〜^)






お昼ご飯の話


不整脈の原因はコレじゃねーの?
と言われても仕方ないような
食生活

a0199297_14252390.jpg
『昨日の昼食』
「ペヤングヌードル」と「明太しらすごはん」
(味占めてまた明太しらすごはん買ってしまった)


a0199297_14255119.jpg
『本日の昼食』
「ペヤング超大盛やきそば」
(やっぱり本物のプラスチック製のフタがイイけど
湯切りは楽になったよなあ)


カロリーだとかの心配をする前に
この写真見て思ったのは、
「あと5〜600円出したら天丼食べれるよなあ〜」
とか、不真面目に思ってしまう
命に対して不真面目な僕のなのでした
。 でもあと5〜600円出したら
「ホントに天丼食べれちゃうもんなあ」
とは思うけど「ペヤングヌードルもペヤングソース焼きそばの味は
ナニモノにも代えられない美味さだからなあ」とも思う)







a0199297_15253158.jpg

現在、午後の一般
コットマンサークル
教室中です




(^〜^)







# by yoshikazusuzuky | 2018-05-21 15:27 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
とても不安な夢を見ている気持ちで目覚めたら
「ど・どどっど・どど・どっどど・ど」
心臓がおかしなリズムを刻んでおりましたので、
「ヤバい久々に不整脈出たあ」
と思い、すぐに「ぶおーーーーーーっ」と大きく息を吸い込んで止める。
あるとき敬愛するお医者さまが僕に言いました。
「息を止め続けていたら心停止して死んじゃうから死んじゃう一歩手前で息してみてね」
もしかしたら冗談だったのかもしれないけれど、
素直な僕は(笑)ソレを信じて不整脈が出る度にそれを実践
死んじゃう一歩手前で「ぷはーーーーーーっ」と大きく息を吐き出してみるのです。
それを数回繰り返しているとあら不思議、
「どっ・どっ・どっ・どっ・どっ・ど」
と、鼓動が元に戻ってくれたりするのでした。(もちろん戻らない時もあるので
戻らない時は強攻策に出るのだけどその方法については叱られるのでココでは触れない)(わら)

今朝は有り難いコトに
ソレで鼓動が元に戻ってくれたので
、良かった良かったと起き出して、
教室に出かけて来たの
でした。

天丼話しでも何の話でも良いのです。
日々の出来事の面白かったコトは面白く
、楽しかったコトは楽しく、
まじめに考えたコトは真面目に、この場所に書き記し
、残しておきたいの
です。

最初の脅迫電話から7ヶ月経っても
まだ嫌がらせが続いています。
僕の方で着信拒否されているここ最近は、生徒さんの自宅や会社に非通知電話、公衆電話、無言電話が
数限りなくかかり続けています。数日前には午前中だけで10数回の着信があったそうで、
生徒さんから僕に、悲痛な連絡が入ります。僕が子猫を抱いている写真が入った手紙も
差出人は僕の名前で届き続けています。

僕への電話が減ったその分の労力を
、他所で費やしているのです。

遠くにいる友人が「強力に解決出来る方法」を提案してくれてから数ヶ月間
、嫌がらせを受けている他の生徒さんの心情に考慮して
この方法だけは躊躇し続け決断出来ずにいたのですが、
いよいよもって誰かの力に縋らなければならないのかも
しれません。

気遣っても気遣っても嫌がらせを続ける誰かは
、そんな僕の気持ちを打ち消して、
たくさんの人の心にズカズカと、
土足で上がり込んできます。

悲しいコトだと悲観してみても相手は気にもかけないし
、何の解決にも繋がらないのですね。

着信拒否の設定で、回線が切断されても切断されても
あきらめるコトなく電話をかけ続けている
真っ黒な誰かの姿が頭に浮かび、消えるコトはなく
、夢の中にも出て来ます。


天丼の話しで笑っていたいなと思います。

誰かの展覧会の話しに感動していたいなと思います。

子どもたちの話しで盛り上がっていたいなと思います。


では、今日の
子どもたちの
話し。


下描きを終えた
アイちゃん、
着彩に一番乗り
です。

a0199297_19124748.jpg

a0199297_19132504.jpg


今回の作品の中で
アイちゃんに僕が求めたのは、
ゆっくりと時間をかけてパレットの上で色を作り
ゆっくりとした筆使いで画用紙にその色を塗り込んでゆく
と言うコトです。

a0199297_19175351.jpg

a0199297_19181018.jpg

かかるだけの
時間をかけてゆっくりと
、この素晴らしい下絵を
生かしてあげましょうね
アイちゃん


(^〜^)


中学生・高校生たちは
鉛筆中心の制作が続いているので、
子どもたちが来るまで
一時間半かかって
デッサン用の鉛筆を削りました。

a0199297_19225946.jpg

a0199297_19231275.jpg
48本を削り直したら
流石に僕の指も、
こんなになって仕舞いました。 (^〜^)



a0199297_19300479.jpg

中学生・高校生たちの
教室中です





(^〜^)






# by yoshikazusuzuky | 2018-05-20 19:42 | 繋がる想い | Comments(0)
福島県いわき市小名浜下神白字林崎54-3
『さかな屋食堂ウロコジュウ』
が、あります

ガラス戸を引き開けて入店したら
店の左奥に設置された食券販売機の前に立ち
財布から千円札を一枚と100円玉一枚を取り出し機械に投入したら
迷わず(燦然と輝く!)「天丼」のボタンを押しましょう。
*「天丼」ボタンの両隣にも魅力振りまく「海老天丼」「穴子天丼」のボタンもありますが
まあまあまあまあ「天丼」ボタンを迷わず押して下さい。

(今回の僕の整理番号は46番)

「はあ〜い46番のお客さま〜」
の声とともに到着。

a0199297_22462775.jpg
「ふふふふふ」

はみ出しとるはみ出しとる
丼(どんぶり)に収まり切れずに
はみ出しとります。


「はいはいはいはい
お見せします、
今、お見せしますから!!」

a0199297_22473997.jpg

一番手前の大葉の天ぷらは
、わくわくを増幅させるための目隠し簾みたいなモノで
お姫さまは簾の向こうに隠れ切れずに満面の笑み
溢れ出しております。

二種類の海老と四種類の白身魚に
穴子の天ぷらが、素晴らしい天つゆ丼汁に絡められ
、白いご飯の上に
鎮座ましましております。

a0199297_22504031.jpg

(な、な、なんという
麗しき後ろ姿!!)


アレですね
、「いくら食べてもなくならな〜い」
「食べても食べてもぜんぜん減ってる気がしな〜い」とか
言うのを耳にしますが、
アレはウソですね

食べたら食べただけ
なくなってしまいます

何も無くなった丼を見つめていると
満足感と満腹感、
そしてそれと同分量の残念感(食べ切ってしまった残念感)
に、僕の心は支配されます。

見て下さい、

空になった朱塗りの丼
に、、

a0199297_22595093.jpg
「十日月」
が、出ています
。 (ふうりゅうふうりゅう)



福島県いわき市小名浜下神白字林崎54-3
『さかな屋食堂ウロコジュウ』
が、あります
ガラス戸を引き開けて入店したら
店の左奥に設置された食券販売機の前に立ち
財布から千円札を一枚と100円玉一枚を取り出し機械に投入したら
迷わず(燦然と輝く!)「天丼」のボタンを押しましょう。



この写真を見ただけで胸焼けしている
貴男と貴女にこそ
是非に!!



(大きく微笑む)








あ!いわき市には
「いわき市立美術館」
に、、
a0199297_23075873.jpg
『エリック・カール展』
を、観に行ったのでした

。(が、子どもたちで大賑わいだった
素晴らしい展覧会の話しは
しないのでした)


(微笑)






追記:書き忘れた書き忘れた
帰りの山道で道を横切る白い大きなモノを見ました
シロクマみたいに大きな生き物の様なモノでしたがアレは何だったのだろう?



# by yoshikazusuzuky | 2018-05-19 23:11 | 街の風景 | Comments(0)
毎日に違わず(たがわず)
お昼どき、某ファミリーマートに入店
し、ペヤングヌードルを手に持ちお弁当棚の前を通り過ぎようとしたら
『新発売!明太しらすごはん』(炒めた大根の葉に釜揚げのシラスが混ぜ込んである具が
「これでもか!」とご飯の上に広がり真ん中には梅干しに擬態したかの様な明太子)
が目に飛び込んできたので迷うコトなく合わせて購入
。わくわくしながら湯沸かしポットに水を入れ
沸き立つのを待ちながら机の上の片付け。
しかし、卓上整理し鉛筆まで削ったのに
お湯が沸いた知らせが来ない。(???)

当たり前だね!
コンセントが入っていませんでした。

(やれやれ) f^^:

しかし、
明太しらすごはん
、とても美味でしたので
「うれしうれし」
でした

。 (^〜^)




昨晩は夜通し
自宅寝室屋根裏が騒がしかったので
眠りがとても浅かったのです。

黒猫のパトさんは
、姿の見えぬ足音だけ(と鳴き声チュンチュンチュン)
の相手への興味を失ったようで、
僕の足もとで熟睡出来ている様子でした
が、、
朝になったので
僕は屋根裏へ上がりました

a0199297_18354679.jpg
震災直後から屋根の修理を終えるまでは
、雨漏りに対処するため頻繁に
上っていましたが、時は流れて埃っぽい屋根裏
は、久し振りのコトでした


a0199297_18404539.jpg

鳴き声の主は
スズメの子
でした。(袋戸スペースの落とし穴に落ち込んで
出られなくなっていました)*3年前にも同じ場所で
同じ出来事があったなあと思い出しました


気配を感じて四日目の朝です
。よくあの炎天下の屋根裏で生き抜きました。

a0199297_18430412.jpg
強く逞しい
生命力
です


しかし、スズメの子を外に連れ出した途端に
ザワめき始めた
地を司る者に仕える者たち


a0199297_18453564.jpg
「くんくんくん」



a0199297_18460293.jpg
「におうにゃんにおうにゃん
すずめのこのにおいにゃん」



a0199297_18462241.jpg
「ど〜こにいるにゃ〜ん」



「スズメの子!
ピィーーーンチ!」


地面で待ち構える捕食者たちの手が届かないよう
に、屋根の上に放すと
、、

a0199297_18480444.jpg

a0199297_18482028.jpg

スズメの子の鳴く声に応えるかのように
周りで一斉に成鳥たちが鳴き始め、
スズメの子を遠巻きにして次々と集まって来たので
、スズ目(スズメの目のコトね ^^)につかぬ様
数分間、姿を隠していたらスズメの子はドコゾへと
消えていたのでした


黒猫のパトさん
白猫のノラさん
残念でした。 m( _ _ )m



今夜は静かに
眠らせていただきます




(^〜^)








きょうも教室が終わりました。


a0199297_19063083.jpg

a0199297_19064563.jpg

a0199297_19065923.jpg

a0199297_19440667.jpg

a0199297_19442259.jpg


明日は(先週の土曜日と今週の土曜日は)ほとんどの小学校で運動会があるの
で、リベラ教室もお休みです。


a0199297_19444256.jpg
(栃木県那須町から来てくれている中学生の子も
明日は運動会だそうです)*ちなみに現在教室中

ただお天気だけが心配です。(先週の土曜日の運動会は良い天気でした
が明日は微妙な天気予報です)

一年生のアヤカちゃん
は、学校で26個のてるてる坊主を作った
そうです


晴れるとイイね!

(ただ運動会が嫌いな子はてるてる坊主を逆さまに吊るして来たって言ってたから
今夜一晩てるてる坊主のせめぎ合いが続くのでしょう) f^^:


でもやっぱり
晴れたらイイよね!



(^〜^)





# by yoshikazusuzuky | 2018-05-18 19:46 | 日常 | Comments(0)
富士一銭アルミニウム貨を拾った https://suzuky.exblog.jp/238010699/
(拾ってしまった)のは、昨年11月も後半の出来事
でした。「一銭」と言う、現在は流通もしていない
文字通り「一銭にもならない」モノに対して
、千円札を添えて神社にお焚き上げに出すと言う
全く持ってワケのわからない結末を迎えた富士一銭アルミニウム貨
でした。(ちょっと筆舌には尽くし難い出来事とは
信じる信じないに関わらず起こる時は起こるモノで
何かがその要因たる場合もあるのです)

様々なモノたちと足もとで出会い
、手に取ってしまう(人はソレを「拾う(ひろう)」と呼ぶ)
僕の悪い癖は、時としてとんでもないモノとの出会い
、とんでもない事態を招き入れてしまったりするので
「出来るだけ道に落ちている物は拾わないようにしよう!」
をスローガン(笑)に、
この半年を生きております。


たぶん
、、
a0199297_18492512.jpg
「マンモス」(牙の生育状態から判断すると
若いマンモス?)だと思います


a0199297_18504320.jpg


このマンモスは、
「拾った」に近い状況ではありました
が実際には拾ったワケではないので
、、
a0199297_18512244.jpg
この表情に気を許して
ご紹介して仕舞ったの
でした。

a0199297_18510132.jpg
(どの角度から見ても
ギザカワユス!)


だって、、
a0199297_18534039.jpg
こんなに小ちゃいのに
マンモスなんですよー!! (カワユスカワユス)



昨日みた青空がウソのように
灰色をした今日の空でした。

太陽は顔を見せていないのに
、気温も湿度もとても高くて(いま現在白河市の気温は24℃で湿度78%)
長雨の季節を予感させる一日でした。



a0199297_18564921.jpg

a0199297_18570662.jpg

a0199297_18572259.jpg

a0199297_18573874.jpg


子どもたちの教室終わって
いま、大人の生徒さんの教室が始まりました




(微笑)






# by yoshikazusuzuky | 2018-05-17 19:01 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
自宅の庭
の草刈りを
しました。

a0199297_20310080.jpg


刈り取った草は「ネコ(運搬用一輪車)」
に山積み、十二往復して片付けをしましたので
、、

a0199297_20325339.jpg
とりあえずはスッキリしました
が、これから雨を繰り返す時期に入ればアッという間に植物たちは
その勢力を盛り返し、
景色は元に戻されるのです



「ネコ」と言えば我が愛猫、
黒猫のパトさんは夕方4時を過ぎるまで
、僕のベッドで眠っていました

a0199297_20344725.jpg

その理由

昨夜、ドコからか何者かが(?)僕の寝室の屋根裏に侵入しました。もちろんソレをパトさんが見逃す(聞き逃す)筈がありません。朝になりその何者かが活動を止めるまで、もちろん姿は見えないのですが動く気配を追いかけ続けたパトさんは、ベッドから棚に飛び移り棚から神威によじ登り、神威からベッドに(眠る僕の腹部や顔面に)着地して、、を繰り返し、寝室中を駆けずり回っていたのですから、朝にはすっかりくたびれ果てて、起きて来れるワケなどなかったのでした。



a0199297_20351733.jpg

今夜は大丈夫だろうか? (不安)



しかし昨日もお天気が素晴らしく良くて
暑かったけれど、今日はそれ以上に気温が上がりましたね

a0199297_20363551.jpg


白河は最高気温が29℃と表示されていましたが
、体感的にはそれ以上!
熱中症になりそうな草刈り
でした。


しかし、そんな高温注意報で熱中症になろうがなるまいが何よりも
、またまた僕は刈り取ってはいけない何かを刈ってしまった
ようなのでした。

a0199297_20395079.jpg

a0199297_20402781.jpg

が、花が終わって葉だけになって、背の高い草に埋もれていたら何を言われても
「わかりません」「気づきませんでした」「すみませんでした」
で、非難の視線を「やりすごす(?)」しか手は無いの
でした。 (クワバラクワバラ)








昨日に戻る
お話しです
が、、
a0199297_20412388.jpg

a0199297_20414195.jpg

初めて喜多方市美術館を訪れました。


a0199297_20405945.jpg


齋藤ナオ展、素晴らしかったです。


美術大学修了制作々品から
最新作まで、
とても見応えのある展覧会
でした。


テーマや筆致だけでなく、
「画家が成長してゆくとはこう言うコトであるのか」
と、一作品一作品を噛みしめ味わうように
観覧させていただきました。



あらためて齋藤ナオに魅せられました。



a0199297_21395967.jpg

『齋藤ナオ展 蜘蛛の糸 〜夢掴りに行く日~』

2018年4月21日(土)〜5月27日(日)

「喜多方市美術館」
福島県喜多方市字押切2−2
Tel:0241-23-0404

午前10時〜午後6時(最終入館:午後5時30分)
休館日:水曜日



幻燈画室(だ〜れも知らないし
存在すらしていないのではないかと自分でも時々思うコトがある
僕のアトリエです)で所蔵している作品も展示されています



ぜひとも足を運んでいただきたい展覧会です。




(微笑)






おまけの画像
は、きのう喜多方で出逢った
黒猫さん
と、、


a0199297_20433762.jpg

a0199297_20435286.jpg

穏やかな
夕暮れる空
です







# by yoshikazusuzuky | 2018-05-16 20:51 | | Comments(0)
午前中にカメちゃんの教室
が仕舞いとなってから
、福島市の風花画廊(かざはながろう)
で『齋藤ナオ展』を観て来ました


a0199297_22103222.jpg

a0199297_22113341.jpg

a0199297_22115722.jpg

『憧憬(あこがれ)』

「しょうけい」或は「どうけい」と書いて
「あこがれ」と読ませたいと、齋藤ナオは言いました

展示された作品の
一枚一枚が
映写機の役割
を果たし、

「齋藤ナオの想い」あるいは「齋藤ナオの思い出」

が、漂う光のひと粒ひと粒に
投影され、

展覧会場に満ち満ちて
おりました



(深々と想う)



とても素敵な作品たちと
、いま現在に鼓動する
齋藤ナオに、、

出逢えた様な
気がしました

。 (静かに微笑む)


a0199297_21192030.jpeg

『齋藤ナオ』
憧憬 ~君に手を伸ばす君~
2018年 5月11日(金) ~ 5月20日(日)
11:00 ~ 19:00 *会期中無休
齋藤ナオ在廊日 / 15日(火)・19日(土)・20日(日)
「風花画廊(かざはながろう)」
福島県福島市荒井字横塚3-252
TEL : 024-593-0450




ぜひ、足を運んでいただきたい
展覧会です。




(微笑)





なかなか時間のやり繰り
が、つかないので
、、

あすは教室をお休みにして
喜多方市美術館に齋藤ナオ展を観に行って来ます

a0199297_21395967.jpg

『齋藤ナオ展 蜘蛛の糸 〜夢掴りに行く日~』

2018年4月21日(土)〜5月27日(日)

「喜多方市美術館」
福島県喜多方市字押切2−2
Tel:0241-23-0404

午前10時〜午後6時(最終入館:午後5時30分)
休館日:水曜日




明日は、

どんな齋藤ナオに出逢えるのか?

とても楽しみです




(微笑)





# by yoshikazusuzuky | 2018-05-15 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)
子どもたちが
みんなそろって下絵描きに入る
と、鉛筆を削る作業も
毎日の教室が終わってからだけでは追いつかず
、、
a0199297_23140514.jpg
教室中でも削り続けるコト
になります

白箱の中
の、ちびた鉛筆たちの
数も、、
a0199297_23144184.jpg
どんどん
どんどん増えてゆくの
です
。 (^〜^)



アイちゃんは教会と
その窓、を描いているの
ですが、壁板や屋根の銅板
の重なり合いとか
、かなり細かい作業
ばかりなので、、
a0199297_23171994.jpg

a0199297_23174216.jpg

a0199297_23170126.jpg


「疲れたから休憩するね」(90分間程描き続けた頃に)
そう言って、マリノさんの猫(銅版画家 三浦麻梨乃さんの
銅版画の猫)の模写などを
、シャープペンシル使用で描き始めたりするの
でした。(模写の方がはるかに細かい作業で大変だと思うの
ですが) f^^:


a0199297_23181755.jpg

a0199297_23183413.jpg



昨日から、後頭部(頸椎)が
痛くて重くて何かヘンだぞ
ヘンだぞ? と思っていたらお天気が変わり
、昼前から雨が降り始めました。

黒猫のパトさん
の、お昼ご飯を準備しに
帰宅しましたが
、、
a0199297_23185523.jpg
黒猫のパトさん
も、雨降りに気が曇っている様子
でした


夕方からは、
中学生
高校生の三時間教室

a0199297_23194396.jpg
前半は、先週から取り組んでもらっている
手の鉛筆デッサンの講評会で熱量放出しまくったの
で、いまエネルギー残量がピンチ
です。(ピコンピコンピコンピコンピコン
ピコンピコンピコンピコン)


カラータイマー
「赤」で点滅中
です。



あすは月曜日。

カメちゃん教室から
始まります




では
またあした





(微笑)












# by yoshikazusuzuky | 2018-05-14 00:07 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)
a0199297_21400680.jpg


「鳥が放たれました」




ピアニスト、
フジコ・ヘミング氏
の演奏を聴き
ました

a0199297_21444028.jpg


「turquoise・トルコ石」
そして
、「obsidian・黒曜石」

。 録音以外で初めて聴いた
フジコ・ヘミング氏の奏でる音
は、トルコ石(とるこいし)
と黒曜石(こくようせき)でした。



a0199297_21411027.jpg


あすの日曜日教室は
、通常通りの時間割り
です





# by yoshikazusuzuky | 2018-05-13 00:00 | | Comments(0)
金曜日の教室
でした。

a0199297_20004087.jpg

a0199297_20005834.jpg

教室時間の二時間
が、長いか短いか?
と問われれば、
「人(その子)それぞれ」
と、答えるしかないの
ですが、、
a0199297_20054534.jpg
小学校一年生になったばかりの二人
にとっては、とても長い時間だ
と思うのです。

が、なんともハンパない集中力で
パワフルな、一年生二人組が
金曜日にはおりまして、古株のリベラっ子たちに
二人の「爪の垢」ならぬ「消しゴムのカス」を、
煎じて飲ませてやったら、、児童虐待で訴えられますかね?
ねえねえねえ。 僕は訴えられて仕舞うのですかねえ? (わらわら)



a0199297_20232986.jpg
アヤカちゃん
は、「小峰城(こみねじょう)」を
、描いています。


a0199297_20230830.jpg
ニーナちゃん
は、「赤煉瓦と石造りのトンネル」を
、描いています。


どちらも、
パワフルで素晴らしい絵
でしょう?
と、皆に同意を求めたくなるほど
チカラみなぎる、
小学校一年生にしか描けない絵
だと思うのです

色付けでどんなふうに変わってゆくの
か、とてもとても楽しみなの
です。 (^〜^)




よるの教室
コウキはヨシさんの「ウルトラマン・ファン」仲間
でして、52歳のイイ大人(オヤジ)が
中学一年生からガチャガチャのダブったのを
もらって喜んでいる、と言うのは
世間(体)的に
「如何なものか」
とも思われますが
、、
a0199297_20470891.jpg
『ウルトラマン・ネクサス(ジュネッス)』
を、もらって「スゲー」喜んでいる
52歳のイイ大人(オヤジ)
な、僕です


今のガチャガチャの
ウルトラマンフィギュアは
スゴいのですよ!


なんと!!

a0199297_20510842.jpg
「ウルトラアイ」 * 目(め)
と「カラータイマー(エナジーコア)」 * 地球上での活動限界時間を
「青」から「赤」で表示するバロメーター
が発光するのです

「スゴいでしょう!」

「カッコいいでしょう!!」(ちなみにこの暗闇の向こう側で
コウキは絵を描いています わら)


今夜は寝るとき
ベットの枕元で光らせて眠ろうっと!
黒猫パトさん
びっくりするかな?
するかな?



(^0^)



きょうも教室が仕舞いとなりました。



(^〜^)




# by yoshikazusuzuky | 2018-05-12 00:00 | かいがきょうしつ リベラ | Comments(0)

by yoshikazusuzuky