ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

凍りついた海

夜の間に
雪が降りました

a0199297_19184640.jpg
(なんだかふしぎに
ふわふわした羽毛のようなゆき
でした)


勝手口から外をのぞいた我が愛猫
黒猫のパトさんは
、、
a0199297_19270826.jpg
数分間の熟考の末
きょうは家の中で過ごすコトにしたの
でした


ですから
きょうの温室には
だ〜れもいなくて
、、
a0199297_19304307.jpg
空っぽの
お留守でした






さくねんの11月以来ひさしぶりに
我が愛車・青のプリウス君を朝日に向かって走らせました。

遥かはるかな
太古の海(とおいうみ)
への入り口は
、、

a0199297_19424119.jpg

a0199297_19444312.jpg


厚く氷に
閉ざされた世界
でした



2月の凍りついたこの時期に
この場所(うみ)を訪れるのは
始めてかもしれないなあ
a0199297_19460138.jpg

a0199297_19470577.jpg

不思議な氷の幼生(妖精?)たちに
そこココで出逢いましたよ
。 (微笑)



ほんとうはこの場所を目指して行ったワケではないです。


講師を辞めた教室の生徒さんのコトが
ここ数日とても気になって思い出していたの
です。(僕は講師を退きましたが教室は
生徒さんどうしアドバイスしあい支えあいながら続けてくれているの
です)

顔を出したらまた迷惑がかかってしまうかもしれないと思いつつも
教室終了前の30分間だけ(「ごめんなさいかいかせき」今回の貝化石鉱山訪問は
教室終了30分前までに合わせた
時間の調整
でした)


生徒さんみなさんの顔を見るコト出来て安心、、安心と言うのもヘンな話し
ですが、、安心しました。




氷の壁から
抜け落ちて
「ころころころ」
とおりました
、、
a0199297_20215542.jpg
とても
素敵な形(カタチ)の貝化石
でした




(微笑)








昼ご飯を食べて一度は外出した
黒猫のパトさんでしたが
僕が教室に出かけるときには帰宅して(また雪が降り始めましたので)
ストーブの前におりました。


a0199297_21355460.jpg


金曜日の教室
でした



体験教室
に、、

a0199297_21364007.jpg

ニーナちゃんが
来てくれました


いつもの面々は
「たのむからきょう何とかしてくれ!」
と言うヨシさんの
必死な懇願に左右されるコトなどは
全く無く(泣くよホントに
ヨシさんは)
、、
a0199297_20281191.jpg

a0199297_20282620.jpg

a0199297_20284653.jpg

a0199297_20291665.jpg

急ぐコトなくマイペースで
制作を続行
です


オウガ(ちゅうが)
の作品は
、、
a0199297_20325194.jpg
ココまでで仕舞い
となった様
です





a0199297_20333302.jpg
ケントとマサト



a0199297_20353565.jpg
フーちゃんとオウガ(しょうが)
の作品は、

またまた来週へ(来週は3月2日だよ
3月なのだよ)完成は持ち越しと
なりました。(ギリギリだあ〜
めっちゃ搬入ギリギリなんだよお〜) ><



(泣)




ニーナちゃん
には
、、
a0199297_20370497.jpg
『光のうろこ(ヒカリノウロコ)』
作りに挑戦してもらいました




ニーナちゃん
は金曜日のリベラっ子に
なるのかな?

a0199297_20433619.jpg
リベラっ子になってくれると良いね
フーちゃん?(あまりにも男の子ばかりの中での教室が長すぎて
男前に成長してしまったフーちゃんですので
ニーナちゃん来てくれたらフーちゃんもうれしいよね?
どうかな?) f^^:



ニーナちゃんの
『光のうろこ(ヒカリノウロコ)』
は、、

a0199297_20381948.jpg
素敵なブレスレット
とネックレスに
仕上がりました




(^〜^)




、と
ほんわりした気持ちになっていたの
に、

夜の中学生2人組みが
コレがまた一筋縄ではイかないどころか
全くコントロールもブレーキも利かなくて
、、

a0199297_20552111.jpg


「ウがあ〜〜〜
ウガガがあ〜〜〜!」

と絶叫頻りのヨシさんだったの
でした




明日は土曜日だあ




今夜はココまで








by yoshikazusuzuky | 2018-02-24 00:01 | 繋がる想い | Comments(0)

by yoshikazusuzuky