ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

蜘蛛の糸 ~ 夢掴りに行く日~

昨日の夜、偶然に
このページを開いたのでした。

このページ → https://suzuky.exblog.jp/12318883/

かんたろうとりゅうのすけ
は、中学3年生に
なりました
。 (微笑)



暖かかった
と言うより
は、一日フルに暑かった
ので、、(昨晩は稲光して雷鳴轟いて
雨も降っていたのにね)

a0199297_20140253.jpg

a0199297_20143519.jpg

猫たちもとろけて
おりました
。 (^〜^)




きょうも
美術全集の一日
でした

a0199297_20194464.jpg



小1のふたりも
パウル・クレー:作
『北方の花たちのハーモニー』
から感じた色たち
を、、

a0199297_20200904.jpg

a0199297_20215755.jpg

おもいおもいに
描き留めておりました
し、


a0199297_20212940.jpg

パブロ・ピカソの不思議に感化
された子は
ヨシさんの顔を
、、

a0199297_20352904.jpg

a0199297_20354616.jpg

a0199297_20361018.jpg

思いっ切りに
変化(へんげ)
させました



ファン・ゴッホ
に挑んだ子は
、、

a0199297_20384181.jpg

「きれいだなあ〜」
と感じた土台と成っている
筆跡(ふであと)の流れと、重厚で緻密な色の重なり
から産み出される効果に、
感嘆のため息をもらしておりました


好きになろうと嫌いになろうと
何も感じるコトが
なかろうと、

a0199297_20531012.jpg


自分の中を通り抜けた画家たちの想いは
自分なりの色や形として
表現されていましたよ
。 (びしょう)



「素敵ですね」 (微笑)



夜の教室
にも、、

a0199297_21355338.jpg

a0199297_21361549.jpg

同じ空気が
満たされていました

。 (微笑)






展覧会のご案内です

リベラっ子たちが『リベラ・ガチャガチャ大会』でも
お世話になっている郡山市在住のテンペラ画家:
齋藤ナオちゃんの展覧会が、明日(21日)から
「喜多方市美術館」にて開催されます

a0199297_21395967.jpg

『齋藤ナオ展 蜘蛛の糸 〜夢掴りに行く日~』

2018年4月21日(土)〜5月27日(日)

「喜多方市美術館」
福島県喜多方市字押切2−2
Tel:0241-23-0404

午前10時〜午後6時(最終入館:午後5時30分)
休館日:水曜日

初日、4月21日(土)の午後1時30分からは
作家によるギャラリートークが
。(参加自由)

次の日、4月22日(日)には、
齋藤ナオちゃん自身が講師をつとめてテンペラ技法を学ぶ
ワークショップも開催されます。(要申込)



齋藤ナオ(1982− ) は福島県郡山市出身。東北芸術工科大学芸術学部洋画コースを卒業後、当館が主催している2007 公募: ふるさとの風景展 in 喜多方で大賞を受賞しました。郡山市を拠点として作品を精力的に制作し、全国各地で個展やグループ展を中心に活動しています。また、二紀展や福島県総合美術展などに出品し高い評価を得ています。  齋藤の絵画作品はテンペラと油彩で描かれています。作品に吹き込んだ物語には、キラリと煌めく希望や不意に訪れる寂しさ、自然の中で時に耳を澄ませ感じとった静寂など、幻想的な世界が表現されています。  本展では2003年から新作までの絵画や立体、スケッチ約50点でその変遷を辿りながら、齋藤ナオの世界を紹介します。「蜘蛛の糸~夢掴りに行く日~」とは、制作の足跡を蜘蛛の糸に例え、これからも夢へと強く伸びた糸を掴み伝っていくという齋藤の思いが込められています。

(喜多方市美術館HPより)




展覧会の盛況を
お祈りしています




(微笑)







by yoshikazusuzuky | 2018-04-21 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)