ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

オフィス3OO(さんじゅうまる)・渡辺えりさんのコト

3月11日から三日間、
「コラッセふくしま」(福島県福島市)
で開催された、『復興の祈り・ふくしま2018』(国民みらい出版主催)
展覧会々場に、
女優の渡辺えりさんが来場して下さいました。
その時に、リベラっ子たちの絵を見ながら色々なお話しを
させていただいたのですが、渡辺えりさんは子どもたちの絵を
とても気に入って下さって、

「いま、新しい芝居の構想を練っているのですが
公演のチラシを子どもたちの絵で作ったら素敵じゃない?
子どもたちの絵を使わせてもらってもいいですか?」

との申し出をいただいたの
でした。

ポスターやチラシを作るだけでもたくさんの
(様々な分野の)方々が関わっている
仕事だし、「すでに絵描きさんに発注を考えていた」とのお話しだったので、
とても嬉しい申し入れでしたが、その場限りのお話しになってしまうかもしれないな
と思い、子どもたちにも、この話しの件は内緒にしていたのです。

ですが、展覧会終了後に渡辺えりさんご本人からお電話をいただき
企画は実現へ向けて、ほんとうに(「ほんとうに」って言い方は失礼ですが
でも「ほんとうに」)動き始めたの
でした

渡辺えりさんご本人の選により、
9名の子たちの10作品が選び出され、
デザイナーさん(デザインユニット「ワンツーパンチ!」)によって色彩に変化が加えられ
コラージュ(十倉彩子さん)されて、
9名のリベラっ子たちとの合作々品
が誕生したのでした。

校正前の原稿が送られて来た時
僕は、ここ数年間感じたコトが無いくらいの衝撃を受け
激しく感動する心を抑え切れなくなりました。

リベラっ子たちの合作々品がベースとなったパンフレット
がコチラです。


a0199297_11285529.jpg

a0199297_11302793.jpg


僕はもう感動し過ぎていて
ただただ「素晴らしい」としか
言葉が出て来ません

公演は、渡辺えりさんが主宰する劇団「オフィス3OO(さんじゅうまる)」
と三島由紀夫賞受賞作家・上田岳弘氏原作の小説『塔と重力』
のコラボレーションによる演劇作品です。

「阪神淡路の震災がテーマになっていて
過去と未来が混沌の中に交差する物語りです」

と、渡辺えりさんが
話して下さいました



公演とチラシの仔細については、
「オフィス3OO(さんじゅうまる)」
HP(ホームページ)から、
ご覧になって下さい。(拡大して細部までじっくりと見ることが出来ます)

ホームページアドレス:
渡辺えりオフィシャルブログ:


素晴らしい演者の方々が出演する舞台
。そのチラシのベースとなっているのが
リベラっ子たちの作品であるコトに、
限りない喜びと誇りを感じています。

リベラっ子たちの作品に目をとめ、
その絵をこんなに素晴らしい芸術作品へと昇華させて下さった
渡辺えりさんとスタッフのみなさん、
そして、渡辺えりさんとの出逢いの場に導いて下さった
国民みらい出版関係者の皆々さま方に、
心から感謝したいです。


「ありがとうございました!」



(微笑)








「暑かったですね!」


羆(ヒグマ)の温度計は
「46℃!」
とか言ってますが、、

a0199297_18295843.jpg


コレは、いくら何でも
ウソだと思います
。 f^^:


a0199297_18303960.jpg

「27℃」を指している
壁の温度計が本当だと思いますが
、27℃ ってスゴいですよね!(今朝の黒猫パトさんは僕のベットで眠っていたので
そのままそ〜っと出かけて来たのでちょっと熱中症を心配してしまいましたが
帰宅したら元気いっぱい外遊びに出かけて行ったので良かった良かった)



暑い暑い
日曜日の教室
でした。



a0199297_18311292.jpg

小学生クラスで現代世界美術全集を見てもらうのは
今日で一巡りしました。



夕方からの教室
では、、

a0199297_18324137.jpg

『現代日本美術全集』
(日本画家17名、洋画家14名、)
を観てもらうコトを
始めました。



a0199297_18321355.jpg

来週一週間は
子どもたちに日本人の絵描きさんの絵を
見てもらいます。



今夜はココまで
明日はカメちゃん(ヨシト君)の教室から
始まりますよ。




(微笑)





by yoshikazusuzuky | 2018-04-23 00:00 | 繋がる想い | Comments(0)