人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

太古の海(とおいうみ)からの手紙

軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱
フネガイ目フネガイ超科フネガイ科
リュウキュウサルボウ亜科サルボウガイ属
サルボウガイと言うのが
『サルボウガイ』
の正式な名前なのですね。

「長いね」f^^:

猿頬貝』
と漢字で書くのは
サルが食べ物を口いっぱいに頬張ったときの
ほっぺたの膨らみのように
ぷっくりとした姿をしている貝なので
猿頬貝と書くのだそうです。

「なるほどなるほど」(^^)




久しぶりに
塙町(はなわまち)の藤田砿業株式会社さんを訪ねました。
貝化石を採集のため貝化石鉱山入山の許可をいただきたく
訪問しました。

今回も有り難いコトに快諾いただき
その足で単身、
貝化石鉱山へと向かいました。(僕が毎回採集させていただいているのは
閉山になった坑道近くの場所です)

太古の海(とおいうみ)からの手紙_a0199297_22205272.jpg

入山前の着替えはひと目気にせず
すっぽんぽん!(と言うか「ひと目」が無いので)
雨合羽を来て
長靴に履き替えます。(沢なのでマムシも出るので足もと防備は重要です)


太古の海(とおいうみ)からの手紙_a0199297_22205268.jpg

空は今にも泣き出しそう。


太古の海(とおいうみ)からの手紙_a0199297_22205302.jpg

七つ道具と言いたいトコロですが
六つ道具(タガネ、カナヅチ、採集用ピッケル、刷毛、鉈、折りたたみスコップ)
を広げて採掘を開始しました。


太古の海(とおいうみ)からの手紙_a0199297_22205335.jpg

太古の海(とおいうみ)からの手紙_a0199297_22205314.jpg

「あ?」

何でいきなり貝化石を掘りに来ているか
まだお話ししてなかったですね? f^^:

三日ほど前のコト
「喜多方市美術館」の学芸員さんから
夏のワールショップ講師の打診がありました。
日程をたずねると、なんとか空けられそうな
7月下旬だったので「お受けします」と即答しました。
「鉱物関連で」というお話しだったので(ほんとは絵描きなんだけど
副業の方を頼まれるのが嬉しい絵描きなので)f^^:
化石標本作りをと思い貝化石の藤田砿業さん訪問、
そして雨が止んでいるのを良いコトに(と言っても鉱山内は前夜までの雨で
大変なコトになっていたのでしたが)f^^:
その足での採掘採集作業となったのでした。

作業開始から
4時間
、、

太古の海(とおいうみ)からの手紙_a0199297_22205397.jpg


軍手が破れたので
とりあえず、、

太古の海(とおいうみ)からの手紙_a0199297_22205349.jpg
(なんだか「不思議な潮干狩り」的な光景)



今日の作業はココまでとさせて
いただきました。


ワークショップ募集定員は20名なのですが
コレだけ掘らせていただいても、、

太古の海(とおいうみ)からの手紙_a0199297_22205343.jpg

太古の海(とおいうみ)からの手紙_a0199297_22205363.jpg

二枚貝が合わさった
完全体は数個に過ぎず、
まだ足らないかも
なのです。 ><

ちなみにこの貝を
「サルボウガイ」
と言います。


コレは標本用ではないけれども
本日採集の中での
僕のお気に入り

太古の海(とおいうみ)からの手紙_a0199297_22405133.jpg


貝の凹型の中にたまった砂が固まったモノですが
何に見えますか?

「餃子?」
と思ったあなた!!
「ブッブー!」

正解は、、
太古の海(とおいうみ)からの手紙_a0199297_22405113.jpg


未確認水棲生物の水面に現した背中
でした!


太古の海(とおいうみ)からの手紙_a0199297_22413123.jpg
「どっちでもおなじニャん」



え〜〜〜
そんなコトないよお〜
パトさ〜ん


(^〜^)




りょうぜんこどもの村 遊びと学びのミュージアム
で開催されたワークショップ、、

『太古の海(とおいうみ)からの手紙』
https://suzuky.exblog.jp/237823278/
https://suzuky.exblog.jp/237293773/
https://suzuky.exblog.jp/23897810/

その第二弾を
7月27日(土)、
喜多方市美術館にて開催予定です。

今夜はこれから
その広告のための原稿作り(明日入稿いそげやいそげや^^)
です。

またご報告しますよ!



(^0^)/








by yoshikazusuzuky | 2019-06-12 00:00 | 理科室の記憶 | Comments(0)