人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

岩を見る一日

車載温度計はずっと33℃を表示していました。何もこんなに暑い一日を外で過ごさなくとも良いではないかと思うのですが、朝から川を源流へと遡ったり地層を見たり感じたり岩の洞窟にもぐったりしていました。本当は川の中を何処までも行けるところ迄歩くコトをメインにしたかったのですが、人家に近い川原にもかなりの山奥の川原にも人が居たので(県外から来ているらしいかなりの数の若い男子たちが歓声を上げて水飛沫をまといメチャメチャ楽しく大騒ぎで川遊びして居たので)水の声や石たちの囁き声に耳を傾けるコトは困難だと感じて水辺を離れて山に入りました。

改めて画像は載せませんがInstagramの@yoshikazu.suzuky か、Facebookのスズキヨシカズ で見てみて下さいね。

那須火山帯(甲子高原付近)の裾野に分布する石英安山岩と火山灰の凝灰岩などの端っこをつかまえようと追いかけてみるのは、知識より空想(妄想)が先走る僕のようなモノにもかなり楽しい作業なのです。

地質学はかじったコトも無いし化学的な解釈が出来るワケでもありませんが、石たちが語ってくれるコトは(語ってくれたと僕が感じたコトは)たぶん間違ってはいないのではないかなあ~と思うのです。


出逢って
ドキドキしない(
感動を覚えない)モノ
なんて、、

岩を見る一日_a0199297_00061317.jpg

自然界には
存在しないですよ

ですよね



(微笑)



@

by yoshikazusuzuky | 2020-06-11 00:00 | 理科室の記憶 | Comments(0)