人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

22日後に思い出したコト

今朝、マルは温室にいました。
22日後に思い出したコト_a0199297_20430986.jpg
不規則に顔をだす太陽から出来る限り暖かさをもらおうとして、マルは温室にいました。
22日後に思い出したコト_a0199297_20435227.jpg
縁側に腰掛けて朝ご飯のパンを食べながらマルをながめなていたら「そうだ山本不動尊に参拝しよう」と唐突に思いました。『山本不動尊』は東白川郡棚倉町にあります。数年前まで棚倉町にも10年以上続いたリベラの出張教室があったのですが、妬みの心をもった誰かの手による誹謗中傷の手紙が公的教育機関に送られたり教室の生徒さんに送られたり、ひどい脅迫電話も受けるようになって棚倉教室が閉鎖に追い込まれてしまってからは棚倉町から離れておりました。なんの前触れがあったワケでもなく唐突に「行きたい」と思ったのにも何か理由はあったのでしょう。お不動様に参拝しました。たぶん大雨で被害を受けたのでしょうか、、
22日後に思い出したコト_a0199297_20442382.jpg
岩山の頂へと続く長い石段もお不動様が祀られている岩窟も修繕修復の工事が行なわれていて渓谷をはさんで対岸よりの参拝となりました。棚倉町より石川町へと移動しました。
22日後に思い出したコト_a0199297_20445677.jpg
『石川町立歴史民俗資料館』を訪問して鉱物たちを観ました。
22日後に思い出したコト_a0199297_20451591.jpg
たくさんの鉱物たちを巡った後にもう一度その前に立ったのは、、
22日後に思い出したコト_a0199297_20462509.jpg
22日後に思い出したコト_a0199297_20463783.jpg
『珪化木(けいかぼく)・ Wood opal(ウッドオパール)』でした。土中に埋もれた樹木が長い長い年月の中で石になりました。成分の違う鉱物により刻まれた年輪がレコード盤に切られた溝のように見えました。
22日後に思い出したコト_a0199297_20501731.jpg
22日後に思い出したコト_a0199297_20504155.jpg
細い針を落としたら、封じ込められた時間たちが語り出すかに錯覚しました。珪化木は地味な化石であると思います。個人の感想です。けれどもそれを見過ごすコトは決してありません。
22日後に思い出したコト_a0199297_20523423.jpg
22日後に思い出したコト_a0199297_20525313.jpg
目を留め、見つめ逢うと、心に人肌の温かさを覚え愛おしさに包まれるのです。(微笑)石川町立歴史民俗資料館を後にして車を走らせていると父の命日を思い出しました。思い出してももう遅かったのです。父の命日は10月31日でした。もう22日間も過ぎていました。毎日欠かすコト無く仏壇に手を合わせているにもかかわらず、22日間も経ってから思い出したのです。10月31日、僕は東京にいました。ライブハウスの舞台に立ち怪談話を語っていたのでした。2015年10月31日の朝に電話が鳴ったのです。父は棚倉町の先に在る病院で亡くなりました。それを知らせる電話でした。その後、嫌がらせの脅迫電話や無言電話を受けるようになって自宅の固定電話を取り外すまで毎年のように10月31日の朝に電話が数回鳴って切れました。2年前に固定電話がなくなってからはどうだったろう?今年の10月31日の朝、僕はホテルの部屋で目をさましました。そしてヒドい頭痛に襲われ何も出てくるモノは無いのにトイレの便器を抱え込んで嗚咽していました。二日酔いするほど前日飲んではいませんでした。そして体を動かせなくなったのです。しかし不思議なコトにホテルを出てライブハウスに向かわなければならない時刻の10分前に、全ての不快な症状は消え失せていました。父からの合図だったのかな?そしてその合図から22日間も経ってから、僕は父の命日を思い出しました。まったく呆れた話しです。今日、棚倉町の方向へと引っぱられたのは父の命日を思い出す為だったようです。帰宅したら仏前で謝ります。 #山本不動尊 #東白川郡棚倉町 #石川町立歴史民俗資料館 #東白川郡石川町 #鉱物 #化石 #珪化木 #Woodopal #父の命日
by yoshikazusuzuky | 2020-11-23 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)