人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

リベラの樹

毎年のコトだけれども年末直前でバタバタしています。リベラ教室のウッドデッキの飾りモノにも全く手を着けられないでいます。今年は自画像を二週間使って描いてもらったので手の込んだ工作を子どもたちに急かすワケにもいかないな。と言うワケで「折り紙にしよう!」になりました。外に飾るには素材強度に不安はありますが、そこはアイデアでカバーしてキラキラの折り紙をイルミネーション周りに飾りましょう。いつもは天井に這わせるイルミネーションを天井から床に垂らして、その周りにキラキラ折り紙を飾りましょう。だいぶイメージが固まって来たけど「イルミネーションの中心に何か柱となるオブジェがほしいなあ」とウッドデッキ奥の吹き溜まり的空間に目をやると、、

リベラの樹_a0199297_16023693.jpg

十数年間放置され埃と排ガスのススで真っ黒になった『リベラの樹(りべらのき)』が目に入りました。水彩絵の具を混ぜ込んだ紙粘土で作った色タイルで、子どもたちは色あざやかな『リベラの樹』を作ったのです。ととと言うワケでそれを引っ張り出したいのですが、何枚も貼り合わせたダンボールを削って硬い芯を作り張り子細工の要領でその芯に幾重にも新聞紙を貼って固めて土台の柱にしました。そしてその柱に紙粘土で作った色タイルを貼りつけているのでかなり腰にくる重量があるのです。それを何とか埃だらけススだらけになりながら移動させ、、

リベラの樹_a0199297_16040348.jpg

リベラの樹_a0199297_16043870.jpg

「ジャブジャブジャブ」とシャボンを泡立てタワシでこすり洗いました。当たり前ですが水に濡れれば紙粘土は溶け出します。時間との勝負で手早く手早く洗ったら、乾燥させるべく再び移動。今度は溶けた紙粘土と絵の具だらけになりながら、とりあえず軒下まで移動させました。

しかし日頃の行いは
こんな時に出ますね

リベラの樹_a0199297_16064028.jpg

一天にわかにかき曇り
降りだした強い雨。

リベラの樹_a0199297_16082943.jpg

しかもその雨が金平糖ほどの大きさの雹(ひょう)に変わったのです。

「よっぽど普段の行いが悪いんだな」そう思ってリベラ犬のカイとリラを見たら、、

リベラの樹_a0199297_16114426.jpg

「そのとおりだワン」
と言いました

一時間後に青空が戻りました。

リベラの樹_a0199297_16125395.jpg

『リベラの樹』をウッドデッキに戻すには、手すりを乗り越えねばならないのですが、水に濡れて強度が下がっている上に重量も増しています。

リベラの樹_a0199297_16142454.jpg

取りあえずは明日の月曜日教室が終わるまで軒下で待機です。少しでも水分が抜けるのを待ってから持ち上げるコトにしましょう。

リベラの樹_a0199297_21435777.jpg

日曜日の教室おわりました。

リベラの樹_a0199297_21444146.jpg

今週はこんなにたくさんのチビた鉛筆たちが殿堂入りを果たしました「お疲れさまでした!」(微笑)

今夜はいよいよ『美術の窓』絵画技法講座作品仕上げのニスがけです。明日か明後日には最後の原稿の入稿が出来そうです。

では、また明日
です。

#かいがきょうしつリベラ #絵画造形教室 #リベラの樹 #紙粘土細工 #イルミネーション #雹 #自画像 #自我像 #チビた鉛筆 #美術の窓 #絵画技法講座 #生活の友社 #スズキヨシカズ

by yoshikazusuzuky | 2020-12-14 00:00 | 記憶の欠片 | Comments(0)