ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

2015年 06月 02日 ( 1 )

「高速道路を走行中に大型車が弾いた小石がフロントガラスで跳ねて出来た小さな小さな蜘蛛の巣か ら銀色の細い光の芽が出ました」

「その光の芽は僕の目の前で
 みるみるうちに成長してゆき」


と言うワケで
オー怖いオー怖い、、
a0199297_21344124.jpg
フロントガラスに『ヒビ』が入り
ました。



大袈裟な表現では無くて
「ヒビ」は昼夜の寒暖の差によって、、
a0199297_21341270.jpg
恐ろしいスピードで
拡がってゆくのです。



整備工場でフロントガラス交換の見積もりを作ってもらったら、、


思わず「うっ」と
声を漏らしてしまった
僕でした。




(ううっ)





カメちゃんの教室の
月曜日でした。



カメちゃんがキャンバスへと向かう
優しい時間が
優しい筆遣いとともに、、
a0199297_2137878.jpg
ゆっくりゆっくり
進んでゆきます。




パレットまでもが
優しい色に満たされて
いた、、
a0199297_21372648.jpg
カメちゃんの
教室でした。





(微笑)







余談では
ないけれど
余談。




お守りの石が何の前触れも無く
何の衝撃の痕跡も無く
割れました。

しかもそれは
鉱物の中でも硬度の高い
『翡翠(ひすい)』
だったのでした。

僕の「気」が乱れている 、、と
ある方から指摘を受けました。

翡翠は僕の
何を引き受けてくれたの
だろうか?





昨晩は遅くまでを
病院の救急室で過ごしました。

退院して来て一週間目、、

父はまた病室のベッドに
戻って来てしまいま
した。






明日の午前中は中島村立中島幼稚園の授業。
そのあと展覧会(公募展)の搬出。
そして市役所へ行き
早朝深夜時刻を問わずに僕が自由に使用させてもらえる
壁画(実寸大)制作場所として市が用意してくれた
広い広い空間に移動しての打ち合わせ。

それらがすんだら
夕方の教室時間まで
父の病室にいます。






(翡翠は僕の
何を引き受けてくれたの
だろうか?)






目がさめたら明日です。(たぶん?)
by yoshikazusuzuky | 2015-06-02 00:25 | 非日常 | Comments(0)