ブログトップ

スズキヨシカズ幻燈画室

suzuky.exblog.jp

満月ノ晩ノ蒼色幻燈会 ... 始マリ始マリ

2018年 02月 04日 ( 1 )

風がどうどう大きな音を立てて吹いているので
いろいろなコトを考えて眠れなくなってしまいます。

昨夜も眠りに落ちたのは午前4時過ぎで、病気を患っている時は眠りも浅いからなのか、小間切れのおかしな夢ばかり見て、とても熟睡出来ません。

昨日はそんなショートショートみたいな夢のオンパレードでした。

覚えているだけを羅列すると‥

手塚治虫先生の忘れ形見は生身の鉄腕アトム少年で、アトム少年は漫画家で僕とチームを組んでいて(事務所は山の中の木造の古い小学校)、アメリカが手塚先生の全漫画をアニメシリーズ化する計画があるらしいが手塚先生の漫画をアメリカにアニメ化させるなんてガマンならない、アトム!お父さんの漫画は僕たちでアニメ化しよう!

‥とか、

幅は2メールくらいしかないのに長さは15メール以上もある格闘リングが夏草の鬱蒼と生い茂る中に設置されていて、「僕」対「メキシコ人覆面レスラー11人」の対決。1対11では勝負になどならないのに覆面レスラー達はめちゃくちゃ本気で、僕の首をほどいたコーナーロープでコーナーポストに固定して「ルチャ〜!ルチャルチャルチャ〜!」と叫びながらニードロップをカまし続けている

‥とか

雨降りの道路にうずくまっている猫がいたから「どうしたの?道路は危ないよ」と抱き上げたら猫の格好をした小さなお婆さんだつた

‥とか

大きな犬が嬉しそうに僕の首筋に噛みついて、嬉しそうに僕を裏庭まで引きずって行って、嬉しそうに穴を掘って僕を埋めた

‥とか

むかし僕が働いていたスナックに来てくれていた女の子がカウンターに座って、好きだったスクリュードライバー(ウオッカ少なめ)には口もつけずに、ただ黙ってグラスを見つめ続けている

‥とか

ちょっと口にするのははばかられるほどグロテスクな姿の生き物に「お前もな」と言われた

‥とか。

そしてそれよりもっと断片的なイメージで、脅迫電話だとか嫌がらせの手紙だとか、いま起こっている全てのコトが、夢と夢の間に埋め込まれているのでした。

何だか悔しくて仕方がない。まだまだ写真を探し足りないのかブログ探索は過去へ過去へとさかのぼって今も続いています。ブログ記事をメッセージに差し替えても何をしてもおさまりはつかないのですね。集めた写真には、また記事の内容とは全く関係の無い文句が添えられるのでしょう。関連したブログを削除しようかとも思ったけど、それらの記事には思い出も詰まっているからね。

同じような嫌がらせに長く苦しめられていると打ち明け話しをしてくれた若い友だちもあったけど、その子もだけど、やっぱり悔しくてたまらないよね。

人を信じられなくなるより先に、自分が信じて歩んできた足元が危うくなる。ガラガラ音を発てて崩れ落ちそうになる。

今回のコトで繰り返し悔しく思い出すのは教育長さんに言われた‥

「そんなにその(リベラの)子が好きなら個人的にその子の写真を財布に入れて持ち歩きなさい」

‥という僕にとっては理解不能で意味不明で侮辱的で屈辱的な一言。

今までの僕という存在意義の全てを否定されたようで‥

いかん思い出すと涙出る。


やっぱり僕に長い休みは向かないのです。考え事する時間は短ければ短いほど良いのです。「はいおとなしく療養します」なんて言ったばかりなのに、本当は早く余計なコト考えらんないほど忙しい日々に戻りたいです。もう何も思い返したくない。今のコトだけで手一杯、明日からのことで精一杯がイイ。あと2、3日もこんなしてたら気が変になってしまう!


ああ‥


今夜も眠気が来ないなあ‥
by yoshikazusuzuky | 2018-02-04 00:04 | 非日常 | Comments(0)